獣医になりたい私を諦めさせて下さい

レス61
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

めんたいこ

どうしても獣医になりたいと、高校卒業して何年も何年も試行錯誤してきました。
推薦も一般入試も、私立も国立も、日本の大学は受けまくりました。
何浪かして、海外に目を転じました。
イギリスで語学学校からファンデーションまで行きましたが獣医の大学に入ることも出来ず、帰国せざるを得ませんでした。
また日本で受験生。でも受かりません。
アメリカかオーストラリアに行くしかないかもと思っています。

しかし。
日本の獣医の大学は、学力ももちろんですが倍率が高くて、1問のミスが命取りになるような世界です。
海外の大学は、やはり学力も倍率も非常に高く、海外である分、日本人の私には日本の大学よりもハードルが高いです。
いつまでも自分は獣医にはなれないのでは・・・そんな気がします。

気付けば20代も後半。
親が比較的裕福なのと自分が一人っ子なのをいいことに甘えてきましたが、いつまでもこれではいけないと思います。
獣医師の方、獣医学生の方、もしくは獣医を目指していた方、私に獣医への希望を諦めさせていただけませんか。
ちなみに動物病院にしばらく行ってみたこともあって、内情は良くわかっているつもりです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あきらめ時

    ご自分でもわかっていらっしゃるようですが、諦め時だと思います。

    国立私立、それだけ受けてダメなのならこの先も受からないでしょうし、何よりも入学試験を勝ち抜けない学力では獣医師になってからのほうが大変です。国家試験も通らない可能性がありますね。

    人には向き不向き、器があります。努力してもだめなのなら、自分にあった職業を選ぶべきではないでしょうか。トピ主さんはできることは十分されたと思いますが、獣医師の適性はなかったのでしょう。

    でも実家が裕福でいらっしゃるようなのに、20代で「これではいけない」と気づかれたこと、すばらしいと思います。きっと他にトピ主さんに合う職業があると思います。がんばってください。

    ユーザーID:

  • じゃあ、あきらめましょう

    時々、日本の獣医学科に入れずに海外を目指す方いらっしゃいますね。
    はっきり言って、無理です。

    アメリカでは通常の4年制の大学を卒業した後に獣医大学に入り直し、さらに4年間みっちり専門科目を勉強しなければなりません。いくら入りやすく出にくいといっても、日本の大学に入るのに加えて高度な語学力も要求されます。

    これからアメリカで獣医師になろうと思ったら、ストレートでも8年間必要なわけです。その覚悟はおありでしょうか。

    日本人がアメリカで獣医師免許を取得するケースは、日本でまず免許を取得した後に、さらに専門分野の研究を目指して挑戦する、といった場合がほとんどです。
    それよりも、もっと自分を追い込んでまずは日本の大学に入れるよう努力された方が早いと思いますが。

    あと、蛇足ですが獣医師の業務は町の動物病院ばかりではありません。仮に大学に入学されたとしても公衆衛生、産業動物に関する科目がかなりあることもお忘れなく。

    厳しいレスになってしまったかもしれません。お気を悪くされたらお詫びいたします。

    ユーザーID:

  • 獣医師になってから自律できるまで。。

    たとえ資格とっても?!兎、ネコ、犬、牛、、その犬でも又、大小、特徴が千差万別。。それら全経験を積んでやっと!一人前。。
    手術の腕にも年齢(手の振るえ、目、集中力)が邪魔をしてくる?? ピークが短い職業かも??
    なにより!多くの動物実験をしいらる??

    例えば・・人間の歯科でも犬一匹全ての歯を抜く過程がある??

    動物好きでは、腕の良い獣医にはなれない??
    動物を一種冷たく対象「物」?見放せるからこその名医??  かも。。

    ユーザーID:

  • うーん

    獣医師をやってるものから、申しますと二十代後半という年齢はそんなに気にならないです。別の職業に就職してから、入学してくる人がいたり他の学科から転入してくる人のいるので年齢はそれぞれです。ただ、入学試験は本当に最初の一歩でしかありません。厳しいようですがその一歩を、クリアできない学力ならばその後もっと苦しむと思います。
    獣医師になるには、6年間の結構厳しい学生生活と最大の難関国家試験があります。国家試験は、かなり勉強しないと合格しません。合格率8割ではありますが、皆相当量の勉強をして受けるものです。受験のときより何倍も大変です。私自身も、人生で一番勉強しました。

    貴方はどうして獣医に、なりたいと思ったのでしょうか?
    動物の事を、愛し救いたいと言う気持ちならば動物看護士という選択はどうですか?(動物病院に行かれて、内情は知っているとのこと。小動物臨床希望と思いますので)
    動物看護士さんも、素晴らしい職業と思いますが。

    ユーザーID:

  • 難関中の難関みたいですね

    獣医の世界は門外漢の私ですが。
    昨今の獣医学部の狭き門の度合いはいったいどうしたことなんですか?!
    と私が逆に質問しても仕方ないですが。

    親戚の子が、この子は小さい頃から秀才だったんですが、獣医への道を諦めて他の学部へ進みました。
    諦めたのはあまりにも難関だから、というのとそこまでしてまで興味ある方面でもなかったからということ。
    とにかく今は難関中の難関みたいですね。
    畜産の遺伝子操作とかそういうことの影響なんですか、
    これからももっと難関になりそうですね。
    そして後10年もすると獣医学部へ入れるのは並みの秀才でも難しいということになってそれが世間にも知れ渡るかも。

    つまり獣医になるのを諦めてもそれが無能力だとは誰も思わないってことになりますね。
    そんじょうそこいらの秀才でもなれない職業、となれば諦めることはーーー出来ない??

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 父が獣医です。

    私の父は獣医です。祖父も獣医です。
    父も祖父も浪人して獣医科に入っていません。現役ストレートです。
    正直言って2浪くらいした時点で目を覚ますべきでしたね。獣医学科に入れたとしてもあなたは相当苦労するでしょうし、やっとこさ卒業したところであなたほどの年齢の獣医を雇う獣医さんがあるか問題です。
    ちなみにうちにも沢山のインターン生やら新米獣医が来ますが、皆30代手前くらいの人です。
    あなたが今から入れたとしても・・・もう遅いです。

    獣医とか医者になる人はもう生まれたときからなることが決められているような人が多いですよ。
    うちの父の場合も小さいころから自分の父(私の祖父)の姿を見てきて幼稚園のころにはもう動物のお医者さんになる!と言っていたそうです。

    (辛口ごめんなさいね)

    ユーザーID:

  • 動物看護士は?

    私は現在アメリカで動物看護士の資格を取る勉強を短大でしています。やっぱり獣医への道はかなり厳しく、始めたのが20代後半だったため、時間的経済的に余裕がないと分かっていました。それでも動物に何らかしら関わる仕事をしたくてこの道を選びました。
    人間の医者で言うところの看護士ですよね。できることに多少は制限もありますし、収入も獣医に比べれば1/3以下です。日本ではそのための専門学校しかなく、国家試験もないようですが、アメリカでは大学で学べる学問ですし、きちんと州試験もある、れっきとした専門職です。そして何よりの魅力は最短2年で試験を受ける資格が取れることです。
    もしトピ主さんが獣医は無理でも動物関係の仕事に……とお思いでしたら、そんな選択肢もあるということをお知らせしたくて書き込みました。Veterinary Technicianで検索すれば情報は得られると思います。頑張って下さいね♪

    ユーザーID:

  • 割りに合わないと聞いたよ

    獣医になるには受験も大変だが、なってからも大変。その割には医者ほど収入がよくない。聞くところによると勤務医は年収300万円〜500万円だそうだ。開業しても医者ほど儲からない。なぜなら、動物病院は医療保険が適用されないからだ。スレ主さんはご実家が裕福なら、なおさら贅沢が身についているはず。親が一生面倒をみてくれるならいいが、そんな安サラリーで生活できますか?

    ユーザーID:

  • 区切りをつけて・・・

    今度の春、これが最後と心に決めて受検して、ダメだったらあきらめる  と、自分にも親にも友人にも宣言して、チャレンジしたらどうでしょうか? どこかで区切りをつけないとあきらめきれないと思いますよ。

    トピを読んで思ったのですが、受検の仕方が悪いのではないですか? 受験は、偏差値で決まります。偏差値は足りてますか? たくさん受ければどこかに受かるかも? などというのは大間違いです。偏差値が足りなければ絶対受かりません。海外もです。

    今度の春、日本一偏差値の低い大学1校に的を絞り、そこの受験科目・出題傾向に合わせて死ぬ気でがんばってください。それで受からなければ、100%一生受かりませんので、あきらめざるを得ないでしょう。

    あとは、動物の看護婦や、美容師、訓練士という道もあります。獣医でなくても、あなたにできることはたくさんあるのです。

    ユーザーID:

  • 是非!動物看護士に!

    獣医士とは無縁な私ですが。

    よくがんばられましたね。(ご両親も)
    どういう理由で目指されていたのか分かりませんが、
    たくさんの動物達の命を助けるのは獣医士だけではありません。
    今までは試験に受からず苦しい思いをされていたでしょうが、それらの時間が無駄にならないよう次のステップに進んで欲しいです。
    動物看護士にはもったいない知識がおありだとは思いますが、そういう看護士は重宝されるのではないでしょうか?
    諦めるのではなく、新たな道へ進んでください。
    そしてたくさんの動物達を助けてあげてください。

    ユーザーID:

  • 国家試験で最高??!

    最高に勉強したのは、実際の患者に当たって始めてのメソッドにあたる前、毎晩毎晩。。

    命がかかってるので、死に物狂いで勉強せざるを得なかった。。

    ユーザーID:

  • 向いていることが他にあるはず

    私の友人、日本で医大にいくため何年か浪人して、結局普通の大学に行き就職しました。 社会人になってもしばらく医大をうけていましたが、ある時期にふと、MBA用のテストをうけたら高得点がとれたので願書を整えて有名校に出したら合格してしまいました。 MBA後、本人は医療業界で仕事をしています。

    さて、とぴ主さん、獣医になれないのなら、動物関連の仕事にはつきたくない、ということではないですよね?

    獣医大、受験しつづけたらいつかは受かるかもしれませんが、ねばればねばるほど、確実に社会人としてのスタートが遅れます。 まずは、獣医に固執せずに、動物関連業界に身をおくことのできる職業で、トピ主さんに向いているものを考慮したらどうでしょうか。 

    ユーザーID:

  • たかが大学入試

    が突破できないなら、やはり適正が無いのだと思います。

    獣医学部というのはよく知りませんが、倍率が高いというのはどれぐらいですか?30倍ぐらいですか?もし、2〜3倍ぐらいで高倍率などと言っているのでしたら、笑止千万です。(もし100倍ぐらいだとしたらごめんなさい。それなら確かに難関です)

    「なんとしても東大理IIIに入るのだ」というならば、よほど秀才でないとダメだし、「1問のミスが命取りになるような世界」のようですが、これはあくまでも特殊な例で、普通の大学入試は、高校までの内容が身についていれば普通は通るもんです。「日東駒専」の時代ですらそうだったのですから、「全入」と言われている現在ならなおさらでしょう。

    大学入試を突破できない人間がダメ人間、などと言うつもりはありません。貴女の適正はたぶん高度専門職とは違うところにあるのだと思います。

    ユーザーID:

  • 友達に獣医学科卒がいますけど

    東京の国立大学の獣医学科を出た友達がいるのですが、同級生のなかで獣医になった人は1人もいないと言っていました。獣医の資格で就職した人は1人とか。
    就職浪人している人もいましたし、私の友達は製薬会社に勤めていました。

    運もあるみたいですしね。

    ユーザーID:

  • 動物にかかわる職業につけば…

     特に獣医さんにこだわらなくてもトリマーやペットショップの店員、たとえアルバイトでも動物病院の受付や内勤などではダメですか?

    ユーザーID:

  • 私はただの動物好きでいたかった

    同級生に獣医の娘さんがおり、
    「この間、母犬のお腹の中で死んで腐った胎児を、引っ張り出す手術の手伝いをさせられた」
    と聞きました。

    獣医になる事は子供の頃からの夢ではありましたが、その時はっきりと
    「あぁ、私がしてはいけない仕事だ」
    と悟りました。

    ユーザーID:

  • どんな努力をしているのですか

    あちこちに挑戦されたことはよくわかりましたが、それまでどのような勉強をされたのでしょうか?
    具体的にいうと、一日何時間勉強しましたか?

    努力の証が見えないので、辛口意見が集まってしまうと思います。
    そういう情報を出さないということは、努力してないんじゃないの、と思われますよ。

    ユーザーID:

  • もう少し頑張ったら

    獣医さんになりたいのですね、
    もう少し納得のいくまで頑張ってみたらどうでしょう?
    幸いお金の心配がないことですし。

    なりたい職業となれる職業って違うこともありますよね?
    例えば、獣医さん・お医者さん・看護士さん・弁護士さんは能力があって努力すれば年齢に関係なく実現可能ですよね?
    フライトアテンダントやモデルなどはなりたくて努力しても、自分が選んでもらえなければなれません。

    自分には無理かどうか自分でわかるまであきらめない方が後悔しなくていいと思うんですが。

    ユーザーID:

  • トピずれですが。。。。。

    今、獣医学部に入学するのってそんなに大変なことなんですか!?

    私が入学した当時(1990年代前半)はそんなに難関ではなかったのですが・・・・。

    今受験したら絶対落ちますね、私。。。

    ユーザーID:

  • 後悔しない?

    学力や知識の問題もあるけど、
    何年も何年も何回も何回も受験して
    きたんですよね。

    ずっとそうしてきたのに、諦めて、
    後悔しないですか?

    ユーザーID:

  • 獣医師から諦めさせられた一言

    と言っても、私が小学校高学年の頃のことですが。。

    当時の私は音楽の道or獣医の道で迷っていました。
    毎週、従姉の病院に行き、お散歩や手術の手伝い(手術中に
    手を握る、励まし係)トイレ掃除やエサやりなど、子供にも
    できる仕事を与えてくれて貰っていました。

    ある時、従姉に相談してみたら 返答はこうでした。
    (つづく)
     

    ユーザーID:

  • 獣医師から諦めさせられた一言

    (つづきです)

    あんたは動物が好き?それなら止めなさい。獣医は完璧じゃあ
    ないんだよ。小さなリスがハンカチ一枚真っ赤になるほど血を
    吐いても、助けてあげられないことあるんだよ。全部助けてあ
    げられないんだよ。 それでもお金貰う仕事なのよ。あんたに
    できる?

    ...衝撃でした。好きすぎても 自分の心が痛むばかりで向いて
    ないんだとも教えられました。
    開業してからも、ものすごく勉強していました。「心を鬼にす
    る」ことも苦しみながら学んでいたそうです。

    成績や学校のことに意見が集中していたので、別の観点からの
    意見を書いてみました。
    お気持ちは判るので、応援したいけど...向き不向きということも
    あるのだと、もし早く悟れば 別の道も開けているのじゃないか
    しら、と思いました。 

    うまく気持ちの切り替え(続ける、諦める)できるといいですね。
     

    ユーザーID:

  • ここまでの投稿を読んで

    私も「獣医がダメなら看護士とかトリマー」という意見には反対です。
    本人は「なんでもいいから動物に関わりたい」ではなく「獣医師になりたい」と言っているのですし。

    かくいう私は、某大学獣医学科の5年生。
    うちの大学の入試倍率は30倍ぐらいだそうです。
    普通の学力があれば受かるとか仰っていた人もいましたが、私はそうは思いません。
    それに、入試にも受からないぐらいだから獣医の適性が無いとも思えません。
    今の時点でわかることは、あなたには入試の適性があまり無いということだけだと思います。

    あと「私立にさえ受からないなんて」という投稿があったようですが、獣医は国立より私立のほうが難易度は高いです。

    本当になりたいのであれば、状況が許す限りは(ここ重要です)がんばっても良いのではないですか?
    でないと今後どの職業についても後悔し続けるのではないですか?

    それから蛇足ですがnobさん、あなたの言っている意味が全くわかりません。
    少なくとも何か言いたいことがあるのなら、きちんとした日本語でお願いします。

    ユーザーID:

  • 自分の能力を知る

    トピ主さんは家庭環境に恵まれたおかげで、日本の大学もたくさん受けることができたし、海外にも行くことができたのでしょう。
    でもそのせいで、普通の学生ならとっくに直面して受け入れざるを得ない自分の能力の限界を知る機会を逃してしまったのですね。

    ストレートで獣医学部に入りストレートに獣医になる人はたくさんいます。
    獣医になる人というのは、そういう能力の持ち主たちであるべきでしょう。
    それが動物たちのためにもなると思います。

    己を知ることが大事だと思います。

    ユーザーID:

  • 学力がないのだから、あきらめるのが当たり前

    学力がないのだから、しょうがないでしょう。

    それに獣医は動物好きなだけではつとまりません。

    学生の間世話していた動物たちを解剖したり、意図的にやけどの傷を負わせて治療したり、がん細胞を植え付けて…ということを余儀なくされる場合もあります。

    もちろん安楽死させてからの解剖だし、痛み止めなどの処置をしてからいろいろ実験をしますが。

    それでも、耐えられますか?

    たんなる動物好きで入学しても、転部する人が多いのも事実。

    ムツゴロウさんは獣医学部ではないけど、生物を専攻していて、毎日解剖にあけくれていたと言ってました。

    動物に対する情と非情さを兼ね備えなければ出来ません。

    貴女のような考えの甘い人には例え入学できても卒業できないでしょうね。

    悩む前にパスできるだけの学力をみにつけましょう。倍率が高いなんてたんなるいいわけです。医学部よりはるかに偏差値は低いし、そこそこの大学の理工学部よりも下ですよ。

    充分学力があって、可能性もあっての悩みなら聞く耳もちますが、可能性が0なのになんでこちらに投稿しているのかもまったく不思議な話です。

    ユーザーID:

  • 獣医師の立場から

    こんにちは
    少し前のトピックですが、まだめんたいこさんが記事をチェックされていることを願いつつ発言しています。

    現在獣医師の免許を持つ者です。
    約10年前に自己推薦入試で獣医学部に合格しました。
    めんたいこさん同様動物が大好きで、私は獣医を生業にしたい!動物の命を救うのは獣医師だ!と思っていました。

    卒業後、動物病院での勤務は激務で(どのような職業でも実際に働いてみなければわからない悩みがあるのは当然だと思いますが)
    精神面、肉体面でもかなりつらくなる部分が多くありました。
    そんなとき、周りを見回しアニテク(アニマルテクニシャン)さんたちの働きぶりを見て、脱帽する思いを感じたことが多々あります。

    動物と飼い主さんとさらには獣医師たちの間に挟まれて(?)
    それは大きなプレッシャーの中で、病院業務が潤滑に運べるよう心を砕き、
    気を使い、てきぱきと働く姿。
    実際、アニテクさんたちがいないと業務は滞りがちです。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • 全然違う分野からですが・・・

    私は獣医関係はよくわかりません。でも、なんか発言したくなって。諦める方法というか、提案です。
    その1 
    「なぜ獣医になりたいのか?」その理由と、獣医の他にもペット関係などに関わるさまざまな職種を総ざらいして研究してみる。
    一応動物病院に行って見たと書いておられますが、獣医の仕事を含め、もっと他の仕事も見てみるべきです!なんだか情報収集が足りないような印象を受けます。
    その2 
    タイムリミットを設ける。
    感じておられるとおり、いつまでもっていうわけにはいかないと思います。今度のチャンスで最後。だめだったら就職もしくは違う分野に進むと決断する。

    私はその1 をご自分でよく情報収集しつつ考えられて、気持ちを整理し、目標と期間を定めてから行動に移されたほうがいいかと思います。それで、やっぱり獣医だという決断にもなり得るし、やりたいことが獣医でなくても出来るということがわかれば、あなたの人生の選択を広げることにもなります。
    私は、今があなたの人生の転換期だと思うんです。チャンスでもあります。逃げないで、しっかりと自分を見つめて、そしてどんな決断でも決めたら死に物狂いでがんばってください!

    ユーザーID:

  • 獣医師の立場から(続き)

    自分を振り返って見て、もし、あの時獣医学部の試験に受からず、アニテクさんの道を勧められていたら
    果たしてトライしていたかどうかわかりません。
    あの頃はアニテクの仕事に対する認識が「獣医さんのお手伝いさん」
    と言う程度だったと恥ずかしい思いです。
    現在の私は、アニテクの仕事を獣医師と同様、もしくはそれ以上の尊い仕事と考えています。
    実際、古株のアニテクさんからは教えられることも多いですし、
    若手のアニテクさんたちも日々、一生懸命勉強されていて(最近のアニテクさんたちのレベルはとても高いと思います)
    鋭い観察眼や的を得た質問にこちらが感心させられることも多いです。

    もし、めんたいこさんが獣医学部への入学が困難で、
    その他の動物に関連する仕事を考えていられるなら
    アニテクさんというのは、十分にやりがいがあり
    素晴らしい仕事であり、もちろん動物を愛する気持ちに溢れたあなたなら
    きっと満足できるのでは?と思いました。
    獣医師からは「アニテク様様」と、大事にされますよ。(笑)

    ユーザーID:

  • 獣医師の立場から(続き2)

    最後に、既にご存知かもしれませんが、
    海外での獣医師のステイタスはとても高く、
    日本で言う「医師や弁護士」のような扱いを受けます。同時に、大学への入学、卒業はかなり難しいと言えます。
    アメリカについての話題は既出ですが、オーストラリアでもやはり難度は高いです。
    また、入学も海外からだと留学生扱いになり地元の学生の2〜3倍の学費が要求されます。
    TOEFLでもおよそCBT230というかなり高いレベルが
    必要になりますし、
    周りを見渡せば国内でも優秀な学生さんが、必死で授業についていく・・・・、そんな状況です。
    オーストラリアでは5年制ですが、留年する学生も
    現地の人でさえ少なくありません。
    その辺りも含めて将来のことを検討されるとよいかと思います。
    まだまだ20代後半、人生これからですよ!
    悔いの残らない道を選ばれるよう、願っています。

    ユーザーID:

  • 何回「諦」←この文字が出てくるか

    人から「諦めろ」と言われたら諦められるのでしょうか。なら言ってあげます。
    「諦めろ!」
    どうです?
    それでキッパリ諦められたのなら、そんな程度の夢だったのですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧