独りで生きていくための心得

レス49
(トピ主0
お気に入り9

恋愛・結婚・離婚

Nao

 31歳、独身(キャリアあり、彼氏なし)の者です。これまでの自分の来し方を振り返るに、行く末に結婚はないだろうと思いました。

 「いつかあるかもしれないチャンス」を待っているのも我ながら痛々しい気がするので、今後は「独身という立ち位置と結婚した」つもりで生きていくことにしました。が、独り身の人間は(縁戚関係等の)しがらみが少ない分、気がつかないことも多いと思います。独り身の女性がひと様に嫌な思いをさせず生きていくにあたり、気をつけるべきこと・思いを至らせるべきこと等、アドバイスを戴ければと思ってトピを立てました。

 とりあえず、子供を生み育てることをしないかわりに、ということで31歳の誕生日を記念にフォスター・プランへの協力を開始しています。

 ほかにすべきこと、できること、気をつけるべきこと等ありましたらご助言をお願いします。

 なお、大変失礼とは存じますが『結婚をあきらめるな』等のコメントは求めておりません。他の方々が結婚相手を選ぶのと同様に私も独身を決めましたので、今後、既婚者と同様に恋愛は慎もうと考えております(まぁ、慎む以前に何もないよと苦笑する次第ですが)。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お幸せに

    独身女性が他人に嫌な思いをさせないような心得なんてとくにないのではないですか?好きなように生き生きしていてください。お仕事を続けるのでしょうし、立派な社会貢献をしてくださる方だと思います。

    わたしの尊敬する女性も、40代独身です。研究者で既にたいへんな功績をお残しになっています。人柄もとても素敵な方で憧れています。

    しかし老後に「家族がない」ってたいへんなことでしょうね。もしものときのために貯蓄はもちろんのこと、ご友人・ご親戚との関係も密に保たれますよう。そんなことはもうよくお考えだと思いますけれど。

    ユーザーID:

  • 他人と暮らす方が大変だよ

    一人暮らしの女性が,結婚に踏み切らない理由で最も多いのが「一人が楽」じゃなかったですか?
    好きなものを食べ,稼いだお金を自分のために使い、
    ひまな時間は自分の事をする。
    そんな悲壮な決心が要ることではないと思いますが。
    大人として,社会人としての道義に忠実に何かしなきゃ、
    と思ってらっしゃるなら,自分の家族がない分、
    できることはたくさんあると思います。
    障害のある子のためのボランティア・災害に遭われた方への
    寄付・手話通訳・・・。
    自分に何ができるだろう,ともう一度見つめて見られたら、
    自分が本当にその人生を全うしたいと望んでいるのかを
    考える事にもなるでしょう。
    今日一日を充実して過ごそう,と思ったら、そのうち
    人にしてあげられることが自然に見えてくると思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます

    ふしぎさん、匿名だよさん

    アドバイスどうもありがとうございました。
    立てたトピをなかなか見つけきれず、お返事が遅れました。申し訳ありません。

    確かに、一日一日を「よく」生きる、「なにができるだろう」と考えながら生きる、というのは基本ですね。肝に銘じて頑張りたいと思います。

    当方、ふしぎさんのお知り合いの方と同様、研究者(ただしこちらはまだまだ若造ですが)です。好きなことがやりたくて居ついた道ですが、『専門馬鹿』にならぬよう、社会に貢献する仕事ができるよう、そうして研究室しか知らない変人になってしまわぬよう、人から好もしく思って戴けるよう、心して参ります。

    また、「自分の時間を使って行う」ボランティアについてもこれから具体的に考えていこうと思います。「時間あんまりないし、しょうがないや」と、募金協力しかできないように思っていたのですが、その気になれば確かになんでもありそうですね。

    自分の家族が居ない分、自分の周りの人を大事に、という心構えで参りますね。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • ひきつづきアドバイスお願いいたします。

     トピ主です。

     ところで、「教えてくれ」ばかりで見苦しいかとは存じますが、独身女性に対して「やめたほうがいい」「しないでくれ」等、思われたことがありましたらお教え願えないでしょうか?

     結婚や子育てに伴って生じる人間関係を、今後、私は「自分では体験しない、想像するしかない」わけです。しかし、想像力を働かせても「地雷を踏んでしまう」ことはあります。相手を喜ばせようと思って行ったこと、何気ないつもりで言った意見が相手を深く傷つけてしまうこともあるかもしれません。

     特に、小町を読んでいますと、「相手がどう感じるかわかっていれば、お互いに嫌な思いもせず、疎遠にもならずに済んだのに」という状況が数多く起こっています。

     私は今私の身の回りにいる人を悲しませ、失いたくはありません。ならば、自分の想像の及ばないところは人に聞いて直すのがいいのだろうと思い、こうしてトピをたてています。

     身近な言動から「生き方」に至るまで、立場が違えば気づかずにいることも多いと思います。もしよろしかったらお教えいただければ本当にうれしいです。

     不躾で申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 友人関係が大切

    私は35歳です。フォスター・プランにも参加しています。
    私も結婚はしないかなと思っていましたが、今年2月に結婚したので、対象者からはずれるかもしれませんが、書き込みさせて頂きます。
    私自身も、一人のことを想定し、色々考えていました。
    そのとき、非常に参考になったのが翻訳された本ですが、「女性が一人で生きていくために」という本でした。
    友人・男性との関係、精神的な安定、住居の問題など
    様々な角度から、具体的な話が載っていました。
    その中でも、家族だけでなく友人との関わり、
    自分でサポートネットワークを相互に築くということが
    非常に考えさせられました。
    結婚しても、子供ができるかも不確定ですし、家族が
    当てになるかもわかりません。
    いずれにしろ、女性は平均寿命も長いので、様々な
    状況で一人になる可能性は非常に高いと思います。
    結婚はしましたが、上記の本は今でも私にとって
    非常に有益です。現在本が手元にないので、正確な
    書名がわからず、申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • まだ早い

    31歳で結婚できないかもしれないと決め付けることはないと思いますよ。まだ若いですよ。
    30代半ばの私はそう思います。
    独りで生きていこう、そう決めたことだけでも、その強さがすごいことだと思います。
    将来なんて不安がらずに、キャリアもあるのですから、日一日を楽しんで生きるのがいいですよ。
    私はつい最近結婚しましたが、もう離婚を考えています。結婚した意味があるのか?毎日問い続けています。それは妥協して結婚したせいです。
    独りは悪くないよ。
    結婚して不幸な人、いっぱいいるんだから。
    でも、結婚するなら、見てくれより、価値観の合う、なるべく趣味の合う、誠実な人を選んでくださいね。

    ユーザーID:

  • だから。と言われないように。

    同じ独身でも「だから独身なんだね。」と言われる人と「どうして独身なの?」と言われる人と2種類いると
    思います。
    前者にならない努力は必要かもしれません。
    大切なのは他人とのコミュニケーション能力でしょうか。

    ユーザーID:

  • がんばらない

    様々な人がいていろんな想いや願いがあります。
    トピ主さんに幸が多くありますように。

    さて、独りで生きていくのは簡単なようで寂しいようで・・・
    私も一人で生きていく事を決心していますのでね。
    まずは「頑張り過ぎない」ことですかね。
    お互い肩の力を抜いてふんわりと生きていきましょう。

    ユーザーID:

  • >かめさん

    「女性が一人で生きていくために」という本、正確な書名を思い出されたらぜひ教えてください。

    ユーザーID:

  • ちょっとズレてるんじゃないですか?

    >「いつかあるかもしれないチャンス」を待っている>のも我ながら痛々しい気がするので、
    >「独身という立ち位置と結婚した」つもりで生きて>いくことにしました。

    人が絡んだ物事はそう単純ではありません。
    もっと複雑でいくつも答えがあったり面白かったりしますよ。

    > 大変失礼とは存じますが『結婚をあきらめるな』>等のコメントは求めておりません。他の方々が結婚>相手を選ぶのと同様に私も独身を決めましたので、

    というのは人それぞれですのでご自由に。
    でも、違う意見に耳を貸す姿勢は大切と思います。
    親、親戚から色々言われうんざりなのでしょうか。
    親身になって心から気にかけてくれている人が誰なのかよく考えてみたらいいと思います。

    >独り身の人間は(縁戚関係等の)しがらみが少ない>分、気がつかないことも多いと思います。

    気が付かないうちに、聞く耳を持たない人、固定観念にとらわれた人、頭の硬い人になりがちなのでそれに気をつければよいのではありませんか?

    ユーザーID:

  • 独りかあ

    そんな風に覚悟しないまま、40歳まできちゃったな、私。

    「絶対結婚したい!」とも「このまま結婚できなかったら・・・」とも思わずに。考えなさすぎかな。反省。

    でも、最近、小町をのぞくようになって、目からウロコが落ちたこと。
    既婚女性は、「お祝い」「お返し」「お礼」に非常にこだわる。ということ。

    (もちろんすべての人がそうだとは申しませんし、家計を預かる責任とかもあるでしょう。あくまでも私個人の感想です)
    ですが、友達・友人・親友、金の切れ目が縁の切れ目とでもいうような、お付き合いぶりを頻繁に目にします。

    結婚した友達との付き合い方、これまでの自分を振り返って、色々考えています。

    ユーザーID:

  • 80過ぎた頃

     「独りで淋しい」とか「なんで私だけこんな不幸なんだ」とか言わない覚悟、訓練をしておきましょう。
     多分、私も似た立場です。最近88になる叔母の見舞いに行き(見舞い客が多い恵まれた立場です)それに比較してか 自分の年老いた姿とその時をリアルに想像してしまいました。長生きな家系だけにある意味恐怖を感じます。
     最近冗談で、自分で棺おけ担いで 焼き場に行かなきゃって 話してたんです。出来ることなら本当にそうしたいです。
     家族はなくとも、仲間は作っておきましょうね、やっぱり。

    ユーザーID:

  • すみません横です。

    トピ主さんの文章読んでとても理知的で
    思慮深い方だなと思いました。

    きっと母親になったらちゃんとしつけもできるだろう。
    でも、こういった方ほど結婚しない/できない
    つまり、子孫を残さない。(別にトピ主さんの
    生き方をどうこう言ってるのではありません。
    女性の傾向の一つとして。)

    逆に小町にもよくいますが、論理的な考えが出来ず
    自分の力で生きていくという心構えは全くなく
    いい男をつかまえるて自分は働かずに生きていく
    のが人生の目的。
    そして出来婚などで後先考えずに子供を作る。
    そして子供がいれば何をしても許されると思っていて
    子供は野放図に甘やかす。

    日本の未来は暗いなと思いました。

    ユーザーID:

  • しみじみと感じる・・

    35歳独身です。

    「孤独」と結婚したんだな、ってしみじみ感じます。

    覚悟は出来ていたつもりでしたが、幸せを感じている
    時はいいのですが、辛い苦しい時・・それを分かち合う
    相手がいない、一生いないのだ、ということが、身に
    沁みます。辛い苦しい時はズブズブと落ちて行くので、
    落ちていく自分を、自力で引っ張り上げる強さが必要、
    と思います。

    独身女性として、周りにいやな思いをさせない心構え、
    について。私は、既婚または、既婚&子供ありの、
    友人知人と付き合う時は、そちらに最大限合わせる、
    また、そういう人は、独身に比べて、予定変更を余儀なく
    されることが多いと思うので、ドタキャンや予定変更を
    快く受け入れる、を、心がけています。
    それと、食事やお祝いのやりとりの単価を、相手の基準
    に合わせること。

    それと・・物腰をやわらかくすること。年齢が上がるに
    したがって、女性って、キツくなりますから・・

    たいした意見ではありませんが・・

    ユーザーID:

  • 頑張り過ぎない

    具体的なことはアドバイスできないのですが、
    心得ということで一つ。
    本当に一人で生きていくことを望むなら、
    幸せも一人分だと言うことを覚悟する必要があるように思います。

    周りと自分を比べて、どうして一人なんだろうと
    思ったこともありますが、ある年のお正月に
    「今年の目標は『ちょうど一人分の幸せを見つけること』」と
    決めました。一人でいるのに、二人分以上に幸せになろうとするから
    つらいのかなと思ったからです。

    単純な言い方をすると「一人でもいろいろなことを
    楽しめるような自分になる」というところでしょうか。

    背筋をピンと伸ばし、でも肩に力を入れすぎない。
    「私は頑張るのよ!」って時があってもいいけど、
    基本的に自然体でいること。

    すみません、偉そうに。
    でも、いつ出会いがあるかわかりませんよ〜。

    ユーザーID:

  • 引用で申し訳ないですが

    とぴ主様には、この言葉を送りたいです。

    聡明な伴侶を得られぬならば、孤独に生きよ
    悪を為さず、求めるところ少なく
    林の中の象のように

    義務感ではなく、自身の心の平安を願い、
    そのために行動する。
    あなたはそれでよい方向へ向かえる人だと感じます。
    人の心は機械的な反応ではなく、誰にも不快な思いをさせずに人と関わることはできません。
    周囲の人を大切に思うのならば、彼らの幸せを心から願い、喜んであげる。それで充分かと思います。

    ユーザーID:

  • ホワイトさん

    独身でいるに当たって他人の評価を気にする必要がありますか?性格良くて仕事が出来て人望も厚くルックスも悪くなくて。だからこそ「アレじゃあ釣り合う男がいないよなあ」と言われる人は東京にはゴマンといますよ。

    トピ主さん。人の目を気にして汲々と「自分磨き」とやらに励んでいる女性こそが薄ら寒い独身者だと思います。お金と暇にあかせて・・・という女性にならないで下さいね。仰る通りご自分の今の友人知人は大切に。何でも話し合え喧嘩もできる関係作りをすることが大事です。
    そして恋愛の機会があれば臆せず飛び込んでください。恋愛にも結婚にもできればあえて背を向けずに生きていくのが、自分の幅を広げることだと思います。私もある時期は「結婚はいいかな」と思いましたが、その後縁あって結婚が決まりました。考え方の変化は別に恥じるものではありませんよ。楽しく豊な人生をお送りください。

    ユーザーID:

  • まいにち、きちんと

    宮沢りえさんの出ているシャンプーのCM知ってますか。「まいにち、きちんと生きてゆく」というキャッチコピーなんですが、この言葉大好きです。

    トピ主さんはすでにキャリアもあって、長期的な人生プランもお持ちのようなので、今度は逆に日々の日常生活のひととき、ひとときに目を向けて、今日を大切に生きていったらどうでしょうか。

    日本昔話なんかに、お百姓さんが1日の仕事を終えて、西の空のお天道様に向かって「あー、今日も無事に1日終えられてありがとうございました。」て感謝するシーンがよく出てきますよね。
    そんな素朴な生き方もいいなーって最近私は思います。

    ユーザーID:

  • 同類さん、誤解していますよ。

    結婚しているほうが、80過ぎて旦那の介護で疲れきっているとか、あるいは旦那がなくなり悲嘆にくれるとか大変ですって。

    或いは自分が寝たきりになり息子の鬼嫁にひどい介護をされるかもしれません。それなら公的施設に身よりなしってことで保護されるほうがなんぼかましですよ。(これいうと既婚者は激怒しますが。事実です。)

    被災地でもお年寄りだけの被災者多いでしょう?たいていは子供がよそにいるのに引き取らないでしょう?子供もあてになんかなりませんって。

    ユーザーID:

  • ひろみちさんのおっしゃるように

    >性格良くて仕事が出来て人望も厚くルックスも悪くなくて。だからこそ「アレじゃあ釣り合う男がいないよなあ」と言われる人は東京にはゴマンといますよ。

    このような人たちには、「どうして独身なの?」であって
    「だから独身なんだね。」ではないので。
    こんな人になれるといいですね。

    でもそんなにゴマンとはいませんよね。時々かな?

    ユーザーID:

  • 親の介護

    私は38歳で結婚したのですが、一人で生きていくのだろうな〜、と漠然と思っていた30代に自分が考えていたことを書きますね。

    私は一人っ子ですので、親の介護とキャリアの両立がポイントだと思っていました。いくらキャリアがあっても親の介護で仕事を辞めなければならないケースもあります。私は商社マン(女性だけど)だったので海外転勤の可能性もありました。その時重要なのは「お金」です。いざ、仕事をやめても暮らせるだけの貯蓄があるか、あるいは仕事を続けるなら介護を誰かに任せるだけの収入があるか。当時の私にとって、家族は「夫と子供」ではなく「両親」でしたから自分の手で家族を守ることをいつも考えていました。

    あとは将来住む家を確保することでしょうか。独身の友人の多くは30代後半にマンションを購入しています。

    現実的には「先立つものはお金」です。幾ら周囲の人と親しくお付き合いしていたとしても、親しい友人ほどお金のことなどで迷惑をかけるわけにはいきませんからね。

    ユーザーID:

  • 独身上司は歓迎されない

    私の同僚は結婚していて妻子があるのですが、その直属の上司は独身です。「上司が独身だと困る」と言っております。

    私自身は独身なのでよくわかりますが、独身だと自分の都合だけで行動できるので、ついつい無理をしてしまうのです。極端な話、寝てる時と食事の時以外仕事、ということも可能なのです。いや、「寝食を忘れて」も不可能ではありません。

    部下がそれをやる分にはあまり問題はないのです(労働管理的には問題があるかもしれませんが、それはちょっと脇に置いてください)。しかし、上司がそれをやると、たいていの場合部下まで巻き添えを食います。独身の部下ならともかく、家庭のある部下にしてみれば、たまったものではないでしょう。

    既婚部下には家庭があること、家庭のある人の生活がどのような物か理解することが重要だと思います。

    ユーザーID:

  • こんなかんじ

    30歳の主婦です。
    独身の友達が皆そうだとは言えませんが、中には
    やはり感覚が合わないと思う場面が出てきます。

    ・結婚すると家族が優先にならざるを得ないことがある。
    ・結婚した友人宅に遊びに行く時は、ご主人のことも
     考える。
    ・家計、職業、親戚関係に深くふれない。
    ・主婦なのだから食事を作ってくれて当然、と思わない。

    友達といつまでも仲良くしたいけれど
    これらのことでときどき苦痛に感じるときがあります。
    かなり個人的な思いなので、こんなこともあるかも
    という程度に読んでくださいね〜。

    ユーザーID:

  • 近所の独身婆さんが・・・・

    男なんてt必要ないと、キャリアバリバリで生きてきた78歳の独身婆さんがこの頃、他人に漏らすこと。(既に両親・兄弟は他界)

    「誰が私に線香をあげてくれるんだろ・・・・」

    今更言うなよ。と思ってしまいました。

    一人は寂しいよ。
    結婚は縁だから、自分からその縁を切るこたアナイ!

    ユーザーID:

  • 独身者ならではの心構えなど特にない

    >独り身の女性がひと様に嫌な思いをさせず生きていくにあたり、気をつけるべきこと・思いを至らせるべきこと等、アドバイスを戴ければと思ってトピを立てました。

    人様に嫌な思いをさせずに生きていくように心掛けることは、既婚独身・老若男女を問わずに大切なことだと思います。
    なにも独り身だからって特別に配慮することなどないし、「独り身だからという理由で」人様に気を使う必要などないはずです。

    社会人としてのマナー、人としての道を守ればいいだけのことです。これは結婚していようがいまいがすべての人に当てはまることです。
    独身者叩きが横行しているのでトピ主さんがこのようなトピを立てられたのでしょうが、何も特別に世間の顔色を伺う必要などないですよ。

    むしろ無神経に独身者を叩く人たちこそ、人様に嫌な思いをさせずに生きていくことを学んでほしいです。

    ユーザーID:

  • 勿論お金と友人

    既婚者ですが老後の為にいつも準備をしています。

    平均で行くと夫の方が先に逝きますので、当然女性は年下の配偶者を持たない限り誰もが独身で老後を迎えるわけです。私が準備しているのはグループホームを目指してタイトル通りの二つです。気の置けない数人の友人を時間をかけて作ること、とあっても邪魔にならないお金を出来る限り作ること。Naoさんのご質問は30歳のこれからの人生についてですので私の応答は一部の時間だけになりますが、「終わり良ければすべて良し」です。

    そのグループホーム要員として候補にあがっている人達は独身や子供のいない環境の似通った方々です。彼女達を参考にすると「波に漂う昆布のような性格に見せる」が一番かなぁ、と思えます。自分の時間を自分ひとりの為に使うけれど、対外的には「自分第一」には見せない。「私は、私は」と私を主張しない。数人の方ががんばらない事を挙げていらっしゃいましたが、人はがんばらないと生きていけない時があります。しかし「がんばりを見せない」事が必要。

    独身、既婚者、大家族色々ありますが人間基本的には独りで生きているのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 気がついたら、シングルでした

    31歳でのご決断、私の31歳の頃と違い、しっかりされているなと感じました。

    私は元々寂しがりやではないので、周りが考える程、シングルライフがつまらないものではありませんが、両親を亡くしてから、自分の味方がこの世に誰もいなくなったことを思うととても辛かったです。

    両親が長生きをした場合の介護の心配は私にはありませんが、経済的なサポートは誰にも期待できませんので、お金の件は特にしっかりしなければいけないと思って居ります。

    私の場合
    ○ 丈夫という程ではなくても、大病をしないように気をつけること(健康管理がよくても病気になる場合もありますが…)
    ○ 人にお金を借りない、貸さないこと
    ○ 人に連帯保証人の依頼をしない、依頼を受けないこと
    ○ 人のお金を当てに近付いてくる人、団体、宗教などを寄付けないこと

    などを心がけています。
    賢いトピ主さんにはお話する程のものではありませんが、私の契約している公認会計士からのアドバイスの一部です。

    ご参考にならないかもしれませんが…   

    ユーザーID:

  • おすすめ本について:かめより

    以前、投稿した「かめ」です。
    参考になればと記載した本の書名をお知らせします。
    ニュージーランドで30〜50代のシングルへの
    インタビューをもとに、シングルの生活で起きる
    様々な事例や精神的なものへの対処をインタビューも
    交え、具体的な対処法がかかれています。
    原書は 「Being Single and Happy」
    日本の書名は「女がひとりで生きるということ」
    作者はゲイル・ラトクリフとハミッシュ・キース
    翻訳は関口和子 出版社は日本ヴォーグ社(1997)

    内容は男性女性に関わりなくかかれていますし、
    離婚・死別などの場合で一人やシングルペアレントに
    なった場合など多様なケースが掲載されていますが、
    日本の書名ではなぜか「女」になっています。
    私は出版当時に図書館で見てすぐ購入し、今もよく読んでいます。
    心理学の本も色々読みましたが、この本は
    コミュニケーションについても非常に参考になります。
    読んで頂くとわかりますが、エッセイ的なものではなく、非常に生活全般の細かなところまで網羅され、
    実践的だと思います。
    みやさん及び皆さんの参考になればと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    沢山のアドバイス、どうもありがとうございます!
    数日アクセスできずにいるうちに、本当にいろいろなアドバイスをいただけて、感謝しています。
    「ああ、やっぱりこれは重要なんだな」と思わされることあり、「うわぁ、こんなこと考えてもみなかった!ヤバイヤバイ」と思うことありで、トピを立ててよかったと思いました。

    >かめさん
    フォスター・プランにも参加されていたのですね。先輩がいらっしゃると嬉しいです。
    本の推薦もありがとうございました。早速買ってきて読もうと思います。具体的なこともいろいろと書いてあるようですので、なかなか参考になりそうです。ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    >よっちゃんさん

     レスありがとうございました。私は褒めていただけるような強い人間ではないのです。
     正直なところ、振り返ってみるに「うーん、これは結婚しない可能性の方が大きいかも、だったら可能性の高い方の対策を真面目にやっておかないとそのうち大変なことになってしまうかも」というのがそもそもの発端なのです。

     そうですね、まずは1日1日を妥協せず生きることが大事……なのですよね。明日に対して肩肘張る前に、今日を大事に生きることを心がけようと思います。励ましてくださってありがとうございました。よっちゃんさんにもどうぞ納得の行く日々が待っていますよう、お祈りいたします。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧