• ホーム
  • 健康
  • 埋立地はやめた方が無難でしょうか?(住宅購入)

埋立地はやめた方が無難でしょうか?(住宅購入)

レス30
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

りえ

住宅購入を考えているのですが、
主人と意見が合わず悩んでおります。

というのは、主人は埋立地の海が見えるマンションを
希望しており、私は今回の新潟の地震を見る限り地盤が弱い場所や埋立地はどういう被害があるか不安な為、
地盤のしっかりした場所に戸建をと希望しているのですが、主人曰く、現在のマンションは埋立地に対応した
しっかりした基礎で耐震構造もきちんとしているから
液状化等にも問題ないはずだ!木造の戸建の方が倒壊する可能性が高い、マンションの方がよっぽど安全だと言うのです。100%安全な場所など無いとは分かっているのですが、埋立地のマンションはどういう危険があるかとても不安でいまいち購入に踏み切れません。

皆さんはどう思われますか?
ご意見いただければ幸いです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 液状化しても、大丈夫?

    ってどういうことですか?私は建築の専門家でもなんでもないですが、免震っていうのは見た限り床のしたにばねのようなものをつけてゆれを少なくするのでしょう?あと、建物の屋上に重りをつけてゆれるのと反対側にその重りがゆれて結果ゆれを少なくして地震から建物をまもるんですよね、確か。

    で、その地面が液状化してどうして耐震ができるんですか?本当にそのわけが知りたいです。

    私だったら、これが解明されないのであれば買いません。

    どなたか建築や地盤に詳しい方是非教えて!

    ユーザーID:

  • 私なら買いません

    阪神大震災のとき、神戸のポートピアのマンションや橋脚が埋め立て地の液状化によってかなり露出しているのをテレビ報道で見ました。

    関西国際空港は震災前に地面(埋め立て地)と建物との間に大きな段差ができているのが報道されていました。

    一生一度の大きな買い物に不安材料をもったなら、私は買いません。
    今年の台風や地震を見る限り、子供達と「シーサイド、リバーサイド、ヒルサイドの家は買わない事だね。」と言っています。

    ユーザーID:

  • 埋立地に買っちゃいました。

    私も地盤の堅牢さを考えると内陸に買いたかったのですが、値段の安さに惹かれ湾岸に買いました。私もトピ主さんのご主人と同じ意見です。
    もちろん値段が安い=地震の不安ありということもわかっています。

    テレビで中越の地震の2,3日前に本物のマンションの10分の1のスケールで現在の耐震規制で立てられたマンションが震度6の地震に襲われた場合っていう実験をしていたのですが、基礎の部分のコンクリートが割れてずれちゃってました。コンクリートの周りを囲む鉄の網でかろうじて立っているかんじ。「倒れてないけど建物として機能してない」ってアナウンスが恐怖を増しました。

    でのあれってマンションの免震構造とかはつけてない状態だったような気がするので、ま、いっかと思いました。ただ新しいマンションで最新の技術を用いているところを選んだほうがいいですよね。
    私も他のかたの意見が聞きたいです。

    ユーザーID:

  • 海が見える埋立地とは

    海を埋め立てているのでしょうか?
    埋立地は海や田んぼなどを埋め立ててるのですが、どんなにがんばって固めても岩盤級になるわけないですよね。
    だから、基礎で長い杭を打っておくわけなんですが。(CMで豆腐に杭をさすと揺らしても崩れないっていうのみたことないですか?)
    それでも私だったら埋立地はちょっと怖いかな。
    マンションにしても、一戸建てにしても。。。
    地盤沈下や大雨なんか降ったら土がえぐれる可能性があるし。。。
    一戸建てと、マンションでどちらが安全かということになると、なんともいえませんが、
    しかし、木造の一戸建てでもちゃんと設計施工されているものでしたら大丈夫です。(ちゃんとある間隔で柱が入っている、壁がある、地盤調査・基礎工事をちゃんとする等)
    ちなみに阪神大震災の時倒壊したのは、築年数が結構古いものが殆どだったようです。
    よく研究されてお二人で納得されてから購入に入ってくださいね!

    ユーザーID:

  • 大変ですね

    埋立地の液状化、地盤沈下。地盤は改良できても
    万全にはならないでしょ。
    心配なら、最初から住まない方がよいですよ。
    阪神の震災のときに、防波堤は液状化しました。
    埋め立てが行われてから、どれほどの年数が経過
    しているかで、地盤の安定化が進んでいるか違いも
    あるでしょうが、安心して住むのは無理です。
    建物の下(権利関係の及ぶ土地)だけ地盤改良
    されても、周りが液状化してしまったらどうします?
    心配いらないのであれば、地盤の良し悪しをうたい文句になんかしませんよ。まぁ、数十年に1回くる
    大地震をどこまでリスクとして見るかでしょうね。
    塩害、水害も一緒に、後々の人生で身をもって体験
    してみてください。地盤の安定した場所から見守って
    いますね。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 神戸の埋め立て地のマンションは

    東灘区の、埋め立て地のマンションで、阪神大震災を経験しました。

    マンションは、震度6で一部損壊。壁の一部がはがれ落ち、壁にひびが入り、窓ガラスに亀裂が入った程度です。

    もともと海だったところですから、かなり深い所まで杭を打って、基礎をかためて建てていたようです。建物が傾くことも、沈み込むこともありませんでした。

    が、周りの土地は、マンション部分を残して30センチほど地盤沈下しましたし、液状化も見られました。

    結果、マンション玄関と道路との間に段差ができ、震災後には階段が2段、増えました。

    ご参考までに。

    ユーザーID:

  • 液状化も倒れますが、断層のほうが怖い

     地震に遭った関西の者です。神戸の海沿いに今また、人も住まなかった倉庫街に見事な復興マンションが建っています。構造を主張されるご主人の意見はこれから建造されるのならある程度安心かと思います。

     ただ、地震直後の見たままを言えばとても海辺には住めません。埠頭が壊れ、船積みクレーンが倒れ、きれいな夜景に灯はともらず、余震のたびに亀裂が広がる。。。
     断層地図が売られています。山沿いでも高台でもここにかかる場所は建てないし住まないのが一番だと思っています。大きなビルも簡単に倒れましたし、一階が駐車場にとってあるマンションは神戸の街中で倒壊してました。どこに居ても地震には遭うかもしれませんが、生き延びる気力と家族がある程度結束してないと乗り切れません。揉めるならとことんご主人とマンションが安全か調べましょう。地震の後に離婚した夫婦を何人も知っています。自分の実家だけに連絡したり配給の食べ物を全部先に食べたりするご主人が居るんです。生きてこそですが。。。。。

    ユーザーID:

  • まわりを見てみたらどうでしょう?

    杭をうつって言っても、埋め立てた土の下の岩盤にまでうてるのかなあ?どうなってるんだろう。
    私はトピ主さんと同じく、埋め立て地は恐いので嫌です。

    マンションのまわりの埋め立て地をちょっとうろうろしてみて下さい。建ててからしばらく経ったマンションや一戸建てなどの建物。
    まわりの歩道のブロックはしっかり平らになってますか?家の塀やブロックが歪んだりしてませんか?建物の下の方が湿気で緑色になったりしてませんか?
    地盤が緩いとどことなく歩道が波打ってたり、盛り土のまわりのブロックやコンクリートにひびが入ってたりして不安な感じがします。ま、近ごろまで海だったんですもんね。
    実際、とある埋め立て地の住宅地(1戸建1億弱くらいのお値段)を見てきました。上記のような感じでした。まあ、全部が全部そんな感じではないと思いますけど。

    ユーザーID:

  • 買いません・・

    東京在住です。
    私が東京湾岸のマンションを買うか自問自答したとして。

    羽田空港の沖合展開(新滑走路建設)工事でも液状化がそこかしこに見られたそうです。あそこは当然埋立地ですよね。
    今回の中越地震でマンホールが浮き上がって(というか、回りが液状化減少で沈んで)いましたが、湾岸の葛西の高架下の橋脚部分も液状化こそしていませんが似た状態で、ずいぶん沈んでいて、走行していても車がかなり上下します。

    あれが、マンションの下で起こると思うと恐いですね。
    どんなに最新の耐震構造になっていても、です。
    見晴らしを謳っている高層マンションでも杭が30mあるような、弱い地盤の上に建つマンションだとわかった時点で買わないでしょうねぇ・・。

    私の回りの土木関係の人は、住所名に「沢」や「海」のように「さんずい」の漢字が入っている所と、「谷」がつくところ、それと法面のように後ろが斜めに切ってある土地の前に住宅は買わない!と言ってます。

    地震があったばかりなので考えちゃいますよね。
    代々住んでいるのではなくて、これから買うというのであれば、私でしたら硬い地盤の上に建つ耐震住宅を念頭において選ぶと思います。

    ユーザーID:

  • 液状化に関して

    海浜跡、河川敷跡の土地、いわゆる砂質土の地域は、震度5を超える地震により液状化を起こしやすくなります。トピ主さんのおっしゃる埋立地(元々海ですよね?)は当然液状化の可能性が高いですが、マンションの場合、しっかりした堅固な地盤まで、長さ数十メートルの杭を打っています。その上に基礎を載せているので、マンションの下で液状化が起こっても建物の傾きはありません。そして、マンションは耐震もしくは免震構造ですので、地震後も財産価値は保たれるでしょう。但し、周辺の土地や道路は液状化を起こし、地震直後に生活道路が使えず不便を感じる可能性があります。最悪の場合、マンションは本当に孤島になることも考えられます。

    ユーザーID:

  • 続き

    木造の戸建住宅にも耐震および免震基準があります。(免震住宅は極稀なのでここでは述べません)今の耐震基準を満たしていれば、建物の倒壊により人命が奪われる可能性は低いです。ないと言っても過言ではありません。また、液状化の検討義務もビルダーにありますが、それを実践しているビルダーは僅かです。そういった土地に建物を建てる場合は、本当は木造であっても堅固な地盤まで杭を打ち、液状化の防止が必要です。料金が100〜200万かかるので、施主の立場からも、その工事が絶対必要なものなのか過剰なものなのかを見極めないと、全てビルダーの言いなりになってしまいます。ハウスメーカーでも担当者の知識不足で、本当は不要な補強工事費を請求してくるケースがあります。
    木造の件は少し横になりましたが、参考にしていただければと思います。

    ユーザーID:

  • 言い出すとキリがないけど

    「液状化」と「耐震、免震工法」というのは別物ですから。

    海岸部だけじゃなく、平野部だって元をただせば
    河川が運んで来た土砂の堆積して地面らしき物が
    広がってる場所って事ですから、地盤の弱さや液状化の
    可能性はあり、言い出すとキリがないです。

    今の海手のマンションはその前提で、堅い岩盤まで基礎を
    打って建築してるはず。阪神では、芦屋浜、六甲アイランド、
    ポートアイランド等で液状化の被害は出てましたが、
    建物そのものに大きな被害のあったのは芦屋浜の
    マンションだったと記憶してます。(それも一部損壊程度
    だったと思いますが違ったかな?築年数の差もあるでしょう。)

    液状化で土台と地面に大きな段差がついてしまい、出入り
    しにくくなったという映像は何度か見ましたが、それは
    埋め立て地なら戸建てだって同じ事ですね。
    (それで少々、土台や埋まってる地面が歪んでも外れない、
    伸縮性のあるパイプをガス管に埋め戻してました。)

    ユーザーID:

  • 埋立地はわからない…

    古い建物よりは、新しい時代に造ったマンションでしょうし、神戸の例でも、倒壊は避けられたものがほとんどです。もちろん、高層ほど揺れはひどいらしく、家具の倒壊やガラスが割れたりはあったようですし、液状化もあります。でも、マンションそのものが倒壊する恐ろしさを考えれば、断層の上だとか、古い家の方が倒壊の危険はあります。
    停電するとエレベーターは使えませんから、断水して水をもらって、高層階へ持ってあがるのは大変な事。家そのものは住めるのですが避難していた方も大勢いらっしゃいました。これは埋立地には限りませんね…海のそばならあとは潮風と塩害があるけれど、これも気になるかは人によります。
    神戸で危険だったのは、川の一部を埋め立てたところ、昔川だったところもありました。オフィスビルなどが一気に倒れていた様子ももとは大きな川だった通りですし、ある川の一部を埋め立て(幅を細くしている)た町内の家も新旧問わずすべて倒壊していました。
    川の埋め立てよりは、液状化などは避けられなくても海の埋立地の方が安心かもしれませんね。津波などの危険は高まりますよ。

    ユーザーID:

  • どっちもどっちです

    内陸の方が地盤が強いというイメージを持っている方が多いようですね。一般的には正しいでしょうけど、内陸部でも場所によっては弱いところもあります。ゆえに具体的な場所を差して話をしないと意味が無いかも。

    神戸の地震でも、内陸部のある区域は地盤が弱かったために被害が大きく、ほとんどの家が全壊だったとか。また、埋立地のマンションは周辺が液状化したが建物自体は大丈夫だったとか。

    要するに、どんな場所でも対策をしているかどうかが大事です。行政が出している災害発生予想地図などを見る方が良いと思います。

    奈良時代や平安時代から人が多く集まっていた都市は比較的安全だと聞きます。私なら内陸の海が見えるマンションが良いかなと思います。

    ユーザーID:

  • 完全に横&便乗質問ですが

    このほど新潟を襲った地震で、震度6強から震度5弱程度まで、かなりの広範囲にわたって揺れましたよね?でも新聞などをみると、距離的には近いにもかかわらず栃木県は震度3です。東京と同じ…。何故なのでしょう?栃木県全般に地盤が固いのでしょうか。それとも地勢学的にいって周囲とは乗っかっているプレートが異なるとか?この方面に関して知識をお持ちの方が、もしご覧になっていたらぜひ教えてください。

    ユーザーID:

  • 眺めはいいでしょうが……

    巨大ビルと木造一戸建てどちらが揺れるかは、地震の固有振動によって違うし、もうこれは「運」ですね。
    でも、海に近い高層マンションは塩害も怖いですよ。風台風の後一週間電気が止まって、タンクに水が上げられないからマンションだけ断水状態ってよく聞きます。
    エレベータも動かないので、トイレ用の水を一日何十リットルか自力で持ち上げなきゃなりません。
    二桁以上の階だときついと思う。

    活断層はDVDで詳しいのが出ているはずです。
    土砂災害を起こしやすい地名を集めて解説した本は図書館に行けば見つけられます。
    ややこしいけれど、大きな買い物なのでとことん調べて二人ともが納得した上で決められたらと思います。

    いいお住いがみつかるといいですね。

    ユーザーID:

  • 迷信

    昔、”とりあえず地名に『さんずい』など水を連想させる
    漢字や言葉の入っているところは家を建てるのはよしたほうがいい”と聞いたことがあります。

    って、うわぁぁウチもそうじゃないかぁ〜。

    気になるようだったら一生の買物ですからもう少し検討してみてください。
    素敵なお家が出来るのを祈ってます。

    ユーザーID:

  • 埋立地のマンションは意外と強いよ

    りえさんへ
    埋立地の高層マンションは、埋め立て部分より下の,海底
    の岩盤まで基礎が入り込みます
    その上に構造物を建築するので,まず倒壊等の心配は無
    いと思われます。
    但し、液状化が生じた場合、周りの地盤が軒並み下がる
    為階段の増設等が必要となる場合があります。
    又、地震の場合、建物自体に被害が少ない為、救援等の
    手配も余り期待出来ません。
    高層の場合、まずライフラインが整わない場合、住めな
    いと思われます。
    阪神淡路大震災の場合でも,埋立地のマンションが倒壊
    したケースは無かったと思われます。
    但し、筐体自体が軟弱な造りの物としっかり施工された物
    とでは被害の度合いは違います。

    まず,倒壊の心配は無いと思われますが、基礎(鉄筋部分)
    迄影響を受けた場合は,修復に費用がかかり,実際建物
    自体の資産価値も大幅に下がります。
    地震はいつ来るか判りませんし、杞憂に終わる場合もあり
    ますので,互いに良く話し、住みたい場所で住むのが一番
    体には良いと思われます。

    ユーザーID:

  • そりゃ本当の地面の方が良いんですが。

    安いんですよね。埋立地に建つマンションて。
    私の住んでいるところ辺りは、もう都心密着って感じですが、本当の地面の上の品川とかに較べれば全然安いですね。(場所がらはあえて無視し、アクセスだけで言ってます。)

    ご存知の様に埋立地と言っても、埋め立ててからの期間は、八重洲とか日比谷、深川辺りの江戸時代から大正昭和初期までの月島とか豊洲辺り、それ以降の地域など様々じゃないですか。古い所はあまり意識しなくても良いんじゃないのかなと...。むしろ、活断層直上ってことも無いと思うんで、良いかもしれませんよ。
    ただ、住んでいて思うのは戸建はやだなと言う点ですね。これは埋立地だけじゃなくて、造成地全般が好みじゃないってことなんで参考になりませんね。

    地震については、本当の地面の上だから安全と言う事も無いと思いますね。ただ、私の子供時分は船の科学館の横ってすぐ海だったんですよ。お台場は小さな島でしたしね。それを言えば、川崎の浮島だって先端で、空港やベイブリッジ周辺全部...。

    私個人は、本当の地面に終の住処があるんで、一時的に居住しているだけですね。でも、地震関係の心配はしていませんよ。

    ユーザーID:

  • 思い込み

    どこでも完璧に安全な場所などありませんよ。
    問題は思い込みです。
    失礼ですが、阪神にしても、中越にしても長い間地震が起きなかった。そのため住民の方に油断があったのかあまり堅固な建物が少なかったような気がします。
    阪神でも周囲は軒並み倒壊しているのに、一軒だけまったく無傷(中はぐちゃぐちゃだったそうですが)で建っていた光景が報道されました。
    要はそこに住む人の備えです。
    我が家も建てる時はかなり強固に造りましたよ。東京なので、地震が起こることが前提ですから。
    液状化は怖いですが、地震で家が倒壊して下敷きになって死ぬことはない。そこまでの地震が起きたら、財産は失っても命だけでも助かれば…と思っています。
    どこまでのリスクを想定するか、どうやって回避するか、よく考えて下さいね。
    ないと思っている事が起きた時の方が、本当に恐ろしい事になりますから。

    ユーザーID:

  • 私は買わない

    埋立地、地盤が悪く液状化しやすい土地、崖ぞい、谷になっている土地、傾斜のあるところ、前に化学工場とかあったところなどは、購入しません。

    いくつも家を買えて、そのうちの一つというなら、トピ主さんの御主人がいうところのマンションをかってもいいかもしれない。

    よく調べて、検討して下さい。営業マンの話しを鵜呑みにしないように。

    ユーザーID:

  • 海が近いことは?

    私もトピ主さんと同感で、埋立地は不安です。

    それと海が見えるなんて素敵!とってもあこがれますが、逆に「海が近い」ことによるデメリットはだいじょうぶですか?距離にもよるが、洗濯物や車など(さびやすい)に影響はないのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 便乗質問

    何も知らないので、頓珍漢な質問をお許しください。
    埋立地って、海抜どれくらいまで埋め立てるのでしょうか?
    地球の温暖化が進んでいますが、将来的に“海抜0メートル以下”なんて事にはならないのでしょうか?

    昔見た“日本沈没”(古い?)というドラマを思い出すのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私なら買いません

    こんにちは。

    私は都内の埋立地(デートスポットで有名)に行った事がありますが、必ずといっていいほど頭痛、風邪を引くなどの体調不良を起こしていました。

    人工的なところで生活すると体調崩す可能性があります。

    ここにもマンションが建っていましたが、なんだか人気もなく、ゴーストタウンのようでした。

    ユーザーID:

  • 海が目の前なんでしょうか?

    トピ主さんのお話は東京でのことですか?
    私は地方在住なので「埋め立て地」と聞くと、
    もう目の前は海で、海にほぼ面したような場所のマンションかしら?
    と思ってしまったもので。

    私の住む市も海がありますが、海沿いはかなり敬遠されています。
    それはまず、洗濯物や車、建物そのものが海の塩によって、
    影響が出るからです。
    車や建物は錆びやすいです。
    洗濯物にも、風向きによっては塩がつくし、
    車と建物のガラスにも塩はつきやすいです。

    そして、これも風向きによりますが、海独特の臭いがすることも。

    埋め立て地ということで、地盤をまず気にされていると思いますが、
    海に近い、と聞くと、私はそういう被害をすぐに想像してしまいます。
    そういう部分は大丈夫そうですか?

    ユーザーID:

  • 横 > 地震怖怖さん

    乗ってるプレートは同じですが、丘陵地と河川の扇状地
    とでは違います。乱暴なたとえをすると、一枚板と砂山、
    ゴンっと蹴ったら、どちらが壊れやすいか判りますね?

    全国各地調査してるとは言えませんが、お住まいの土地の
    地盤の堅さの参考になるサイトがありますのでご覧下さい。

     http://www.jiban.co.jp/geodas/

    ユーザーID:

  • ありがとうございました

    トピ主です。
    色々なご意見いただきましてありがとうございました。

    主人に皆様のご意見を読ませたところ
    考え直してみるとのことでした。

    ちなみに主人が希望しているエリアは、千葉の海浜幕張、
    新浦安、都内ですと豊洲辺りです。

    ご指摘の通り、地盤の問題以前に塩害も気になるところですが、住んでいる方によると気になる方は気になるし
    そうでない方もいるとさまざまでした。

    ベイエリアは価格がお安いというご意見がありましたが
    それがそうでも無いのです。
    人気の新浦安などは80?でも5千万など
    結構いい価格なんですよ。
    それでも人気なのは環境が良いからなのでしょうか・・・

    子供もいて、主人が都内まで通勤、都心に近く環境が良い場所でと考えると限られてきてしまって、なかなか全て揃った良い条件の物件がないんですよね。。。
    やはりどこかで妥協しなければいけないとは思うのですが・・・少し不便でも埋立地を避けるべきか悩むところです。

    ユーザーID:

  • 私なら埋立地は勘弁

    昔、建材関係の仕事していました。
    小さな会社でしたので勿論取引先も地元の工務店とかでした。

    そこであれこれと噂話が聞こえてくるわけですよ。
    「○○さんの所は造成やってるけどあそこの土は他の現場のゴミが入ってる」とかね。建築現場のゴミは産廃ですので分別されて産廃業者に引き取ってもらうのが正しいのですが、お金がかかりますので内々で処理していると言うわけです。
    実際そちらの現場では表面はならされているものの一部から塩ビのパイプが飛び出してましたが・・。

    どこもがそうだという訳ではないですが、何が入っているのかわからないところには住みたくないです。後々ゴミが腐って地盤沈下なんてこともありえますから。
    その点、一戸建てでも山を崩して造成なんていうのも嫌ですね。
    信頼できる業者さんかどうか、じっくり話を聞かせてもらって決めてください。

    ユーザーID:

  • マヤさん、ありがとうございます

    ご紹介のサイトさっそく見てみました。さまざまな疑問が解けました…新潟ってもともと危険な場所が多かったんですね。地価の問題とか経済界にはいろいろ事情があるのでしょうが、災害が起こるたびに思うのは「そもそも何でこんな危険な所に人が住んでるの〜?」という事でした。狭い国土だから仕方が無いとはいえ、これからはもっと安全面を重視してまちづくり、開発をすべきですよね。

    トピ主様、横にそれてしまってごめんなさい。でも一生のお買い物ですから、マヤさんご紹介のサイトなどもご覧になって慎重に検討なさってくださいね!では〜

    ユーザーID:

  • 東京湾岸埋め立て地

    東京の地震については、下記のURLに地震時の延焼の危険性と地震の地域危険度が出ているので参考にされてみてはいかがでしょうか。
    私は豊洲の近くに住んでいるのですが、その辺りは、延焼の危険性も倒壊の危険性も結構低いのが分かります。
    財産として土地を買うという意味では埋め立て地は魅力的ではありませんが、東京で日々生活する分には、地震の怖い私としては、むしろ埋め立て地の方が安心です。
    ちなみに以前、鎌倉に住んでいたときは、潮のにおいも塩害もあったのですが、こちらではあまり感じません。

    http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/bou_topic/bou_tp01.htm
    http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_5/8koutou.htm

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧