キャンプ用品について教えてください

レス44
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ボールマン

デイキャンプばかりの、初心者です。
何度かBBQを楽しみましたが、そろそろ他にも挑戦してみたくなりました。

ツーバーナーを購入しようと思ってますが、
ガスorガソリン、どちらが使いやすく経済的ですか?

家にあるカセットコンロはアウトドアでは使えませんか?

ランタンも検討中ですが、こちらもガスがいいのかガソリンか...迷っています。

店頭に行っても、沢山商品があり過ぎて迷い過ぎてしまいます。

どなたか教えてください。よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • よそだけど

    こちらでいいレスがつけばそれでもいいのですが・・・ヤ○ーの掲示板、おすすめです。http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&board=1834977&sid=1834977&type=r

    キャンプ道具の揃え方についてはいいトピがたくさんありますし、みなさん親切で、私もいろいろ教えていただいて道具一式そろえました。

    ユーザーID:

  • ガソリン

     コンロもランタンも、使いやすく初心者向きなのがガス、経済的なのがガソリンです。
     カセットコンロも十分使えます。風よけを用意したほうがいいかもしれません。

     私としては、車の燃料と共用でき、余分な荷物を持たずにすむガソリン派です。

    ユーザーID:

  • キャンプ歴10年になります。

    まだまだベテランとまではいきませんが
    年に20回位、家族や友人とキャンプを
    楽しんでいます。

    まず、きちんとした泊まりがけのキャンプ
    をするのでしたら、ツーバーナーよりも
    ランタンの方が必要性は高くなります。

    ツーバーナーはBBQコンロで代用できますが
    夜のキャンプ場は、ランタン無しで過ごす事は
    まず不可能です。
    乾電池使用のランタンをお持ちだとしても
    明るさが未熟な為、数が必要となります。

    また、ランタンもタープ・スクリーンテント
    用に一つ、テーブルの近く用に一つ、テントの
    中用に一つ、計三つくらい必要かと思います。

    続く

    ユーザーID:

  • キャンプ歴10年になります。

    続きです。

    ガスがいいか、ホワイトガソリンがいいかは
    個人の趣味となると思いますが、ランタンと
    ツーバーナーを買うのでしたら、共通した
    物を揃えた方が合理的だと思います。

    私が今まで見た限りでは、ホワイトガソリン
    使用が圧倒的に多いですね。(我が家もランタン
    ツーバーナーともガソリン使用の物です)

    また、家で使っているガスコンロは使えない
    と思います。理由は風を防ぐ盾がない事。
    火力が弱すぎる事などです。

    参考までに我が家が使っている物は
    ランタン=コールマン/パワーハウス・ツーマントル
    ランタン
    ツーバーナー=コールマン/パワーハウス・ツーバーナー どちらも最も一般的なものです。

    キャンプ泊に、取り合えず必要な物をいくつか
    あげておきますね。

    ・テント
    ・タープ、スクリーンテント
    ・テーブル、イス
    ・大型のクーラーボックス
    ・寝具
    ・ランタン
    ・クッキング用品

    ユーザーID:

  • まずはガス

    何を買えばいいのかわからないのならまずは、ガスのバーナーやランタンをお勧めします。
    簡単にすぐ使えて便利です。
    現在はガスでも風に強く氷点下でも使えるものがありますので
    ガソリンじゃないといけないということはなくなっています。
    家庭用のコンロがあればそれを使うのもいいでしょう。
    風が吹かなければ十分使えますし、安定感もあります。
    コンロはシングルバーナーとツーバーナーがありますが、
    荷物を少なくしたいならシングルバーナー、荷物が多くなってもいいならツーバーナーを買えばいいです。
    ガソリンは扱いがガスより難しく、また、操作を間違うと燃料が床に漏れて床が焦げることもあります。
    今の時代、ガソリンは趣味で使うようなものです。

    私が持ってるのは、
    スノーピークの地チタンガス用
    プリムスのガス用
    プリムスのランタン
    プリムスの家庭用コンロ
    スノーピークのWGストーブラージアーバー ガソリンバーナー

    あと、圧力鍋があれば大変重宝します。
    ご飯は約3分火にかければできるし、煮込み料理もコンロからおろしても余熱で料理してくれるので限りあるガスコンロを効率よく使用できます。 

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • アウトさんへお願い

    >明るさが未熟な為、数が必要となります。
    >また、ランタンもタープ・スクリーンテント
    >用に一つ、テーブルの近く用に一つ、テントの中用に一つ、
    キャンプ場でのキャンプはいろいろな人が来ます。
    まったり静かに楽しみたい人も来ます。
    自分のテントを明るくするのは結構なのですが、
    他の場所に明かりが漏れないようにランタンの外側にシールドを張るなどの工夫を希望します。

    私達は雰囲気をゆっくり楽しむためにキャンプをしています。
    ランタンもやわらかい光しか使っていません。
    周りに強い明かりをもらしている人がいると目障りでもあるし、雰囲気も悪くなります。
    強い明かりは他の人の迷惑になることを肝に銘じてキャンプを楽しんでいただけたらと思います。

    あと、必要なものとしてあげてらっしゃいますがこれは必要ではありません。
    >・タープ、スクリーンテント
    >・大型のクーラーボックス
    テーブルや椅子も人によっては不要でしょう。

    私が必要と思うのはヘッドランプです。
    就寝中のテントの中や食器を洗うとき、トイレに行くときにないと困るくらいです。
    私達は皆一人に1つはヘッドランプを持ってきています。

    ユーザーID:

  • 何がしたいの?

    アウトドアといってもいろいろで、雨露がしのげればという人から、家に居るのと同等の快適性を求める勘違いな人まで様々でしょう。
    アウトドアで何がしたいのか、何を求めるのかをはっきりさせないと、意見が分かれてしまいそうですね。

    今後のことを考えるとバーナーやランタンの燃料は統一して揃えるようにしておいたほうが効率的だと思います。
    テント内では燃焼系の照明は危険なので電池式のものも一つ位は必要だと思います。
    それから家庭用のコンロは気温が低いところではちょっと能力不足かと思います。(寒い時期に山へ行ったりしなければ平気かも)

    自分がどんなことをしたいのかをよく考えて、相談しながら少しずつ揃えて行けば良いんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 隣接テントへの配慮欠如は確かに迷惑

    アウトさんの明るさについての一件ですが、確かに気遣いなく、やたら明るいランタンを使う人が時々いますが、あれは迷惑です。

    それと高山帯ではほぼありませんが、平地や海岸沿いのキャンプだと夜遅くまで騒ぎ立てるのも、これまた大迷惑(特にラジカセ?の音量を気にしなかったり、カラオケを始めたり)。周りの雰囲気を読み取って、常識的な就寝時間に寝ましょう(燃料もムダです)。

    特に、一度でも他のテントから怒鳴られるなど、明らかに迷惑をかけた場合は、翌朝周囲に謝って回るぐらいの心遣いがあっても良いと思います。

    3000mさんではりませんが、高山帯はまだ良識のある人が多いのか、あるいは荷物を増やしたくない人がいるせいか、天気予報以外は語らいの方を大切にする人が多いのはいいですね。まぁ、山屋さんは早起きが多いからという理由もありそうですが。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。

    参考になります!ありがとうございます。

    初心者はやはり、ガスのほうがよさそうですね。
    でも、経済的なことを考えると、ガソリンもいいし...。
    ヘッドランプは思い付きませんでした。
    両手が使えてよさそうですね。

    実はテントもまだ、持ってないんです。家族4人でそのうち幼児が2人です。おススメはありますか?

    またお店に行って見てきたいと思います。キャンプ用品見に行くだけでも、今は楽しですが、
    手に入れて、使う楽しみも早く味わいたいです。
    と言ってももうシーズンではないですよね。

    テント内での防寒対策ってどんなものがあるのですか? やはりもう寒いですよね?

    ユーザーID:

  • 特別な道具は不要

     色々と、皆さん勧めていらっしゃいますが、別に特別な道具はいりません。特にキャンプ地に車で行かれる場合には。
     コンロだって家庭用のカセットコンロで十分です。むしろ慣れないうちは、点火が消火がワンタッチですから非常に楽です。風なんて、ホームセンターなんかで売ってるマグネット式の家庭用コンロの油よけを周りに立ててやれば、十分に防げます。
     食器や調理器具だって、家で使っているのものをそのまま使えます。
     明かりも、大型の懐中電灯で十分です。
     まずは、何度かキャンプに行かれることです。

    ユーザーID:

  • ダウン

    夏秋のみのキャンプでもマイナス5度くらいまで使える
    ダウンのマミー型シュラフがいいです。
    夏暑いときはシュラフの上に寝るだけでも十分気持ちいいです。
    封筒型のシュラフは夏のみ適用というのが多いので寒いときも使うならマミー型をお勧めします。
    テントは前室があった方が何かと便利です。
    夏の晴れの時しかキャンプしないと決まっているなら前室はなくてもいいと思います。
    テントはファミリー用で数千円から10万円以上までいろいろあります。
    高いのは、雨に強かったり風に強かったりします。
    逆に安いのは悪天候に弱いです。
    その辺を考えてテントを買えばいいと思います。
    だいたい値段と品質は比例していますので、用途に応じて選択してください。
    最初は、食器や調理道具は家庭で使用しているのを流用して、必要なものを買い揃えていけばいいと思います。

    ユーザーID:

  • 寒くなりましたね

    キャンプ、楽しいですよね。うちはのんべぇ一家なので、キャンプ場で飲んでるだけで幸せです。
    でも、結構ランタンで明かりを煌々としているサイトだったりするので、反省して次回からはちょっと暗めにしておきます。。。

    おすすめのキャンプグッズですけど、お子さん連れで最初にいかれるなら、最近は手ぶらでキャンプのできるところとかもありますよね。とりあえず、そういうところでキャンプというもの体験してみるのもお勧めです。そういうところは、スタッフの方も親切で色々教えてくれたりします。その体験を通じて、最初にそろえなければならないもの、徐々にそろえていけばいいものなど、わかってくると思います。逆に、一度やったら懲りちゃうかもしれないし?? 
    これから寒くなってオフシーズンですが、キャンプ場は空いていていいかもしれないですよー。できれば、最初は気候のいいときのほうが、「キャンプ」にたいして良いイメージを抱けるとは思います。
    それでは楽しんでいらしてください!

    ユーザーID:

  • 初心者はガスの方がいいかも?

    ガソリンかガスかは好みにもよりますがガスがバーナーにボンベを装着してすぐ着火できメインテンスがほとんど必要でないのに対しガソリンバーナーはポンピングと呼ばれる圧縮、ジェネレーターと呼ばれる部品を暖めるプレヒートなどの儀式が必要で若干のメインテナンスも必要です、レギュラーガソリンが使えるタイプもありますがそれはホワイトガソリンが入手出来なくなったときの非常用と考えてください、レギュラーガソリンの方が安いからと常時使っているとジェネレターがタールで目詰まりを起こし清掃が必要になり最悪の場合は交換しなければならなくなります、家庭用カセットコンロは使えないと思ってください、ブースターと呼ばれるボンベを暖める器具が付いていれば別ですが付いてない場合は少し気温が下がるとガスが出てこなくなり着火すら出来なくなります、

    ユーザーID:

  • 特別な道具は不要・・・

    私もばんさんの意見に同意します。
    ん十年前からアウトドアを楽しんでいます。
    今までいろんな道具をつかってきましたが、やはりシンプルが一番です。
    最初からいろいろ揃えると結構荷物の置く場所に苦労します。
    結論から言いますと料理の内容にも寄りますがツーバーナーは必要ありませんでした。お湯を沸かすだけですので片方だけ使っている事が多かったです。

    これからもアウトドアを楽しみましょう。

    ユーザーID:

  • 公共のキャンプ場

    まだテントを購入していないのでしたら、県や市営のキャンプ場を利用してテントや道具一式をレンタルしてみたらどうでしょう。利用金額やレンタル料が無料の所もあるのでお勧めです。レンタルできるものはレンタルして使い勝手を試してから購入してもいいと思います。

    私はこの秋からキャンプを初めました。まだツーバーナーなど持っていませんがキャンプ場に釜戸が設置してある所に行っているので特に不便を感じません。
    道具は追々揃えていく予定ですが、今在庫一掃セールをやっている所が多いので財布が心配です。

    ユーザーID:

  • 必要に感じたら買う

    寒さ対策で寝袋(シュラフ)についてですが子供さんがまだ小さい方のようなので大人用のを2枚つないで使えるものが便利だと思います。子供さんの成長に合わせて大人2人子供2人で使うとか大人1人子供2人とか。お手入れは少し面倒ですがダウンはやはり暖かいです。
    あとテントですが、やはり子供さんが小さいので最悪1人で組み立て、片付けが出来るものが初心者さんでもありいいと思います。最近はどれも簡単に組み立てる事が出来ますが。お店の方にそう言って相談されたらいかがでしょう。
    コンロもホワイトガソリンのものは準備と片付けが必須ですから子供さんがお手伝い出来るようになってからがいいかも。カートリッジのガスだとかさばりますが、すぐ使え、残ったガスは次までそのままでいいですから。残量には気をつけないといけませんが。最初のうちはカセットコンロでも悪くはないと思います。

    ユーザーID:

  • 自分はガス派

    自分はキャンプは年に数回しかしませんが、キャリアはそこそこあります。
    キャンプ楽しいですね。子供もいい思い出になると思いますよ。

    道具は、あったらあったで便利だけど、なかったらなかったで、それなりになるものです。自分もツインバーナー揃えたのは数年前です。
    最初は簡単に始められたらどうですか。そのうち嫌でも道具は増えていきますよ。(笑)

    家庭用ガスコンロは、気圧の関係で高所のキャンプ場では使えません。あとちょっとした風でも火力が弱くなるので、囲いが必要です。
    でもまー夏場に海辺とかのキャンプ場で使う分には問題なく使えますよ。

    最近のテントは、どのテントも簡単に設営できるようになってますからそれほど心配しなくてもいいと思いますよ。買う際、目安の人数も書いてありますが、これはかなりきつめです。少し余裕をもった大きさの方がイイかもしれません。

    今からの季節は、寒いのでちょっとキャンプシーズンは終わりって感じでしょう。お楽しみは来年のゴールデンウィークからって感じでしょうか。それでも夜は冷えるので厚着が必要ですけどね。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます2

    トピ主です。皆様ありがとうございます!

    レンタルというのは思い付きませんでした。
    腕に自信をつけてから、購入するのもよい方法ですね。
    バンガローなどに泊まったりして、いろんなサイト見学して勉強しようかな〜とも思っています。

    ユーザーID:

  • 代用できない物もある

    カセットコンロを薦める人が多いですが少し待ってください、家の中で使うことを想定したカセットコンロ用ガスとアウトドア用のガスではその成分が違います、カセットコンロ用のガスは「ノルマルブタン」が主成分で約70%で残りが「イソブタン」と言うガスです、「ノルマルブタン」の沸点(液体からガスに気化する温度)は−0.5℃「イソブタン」は−11℃ 「ノルマルブタン」の沸点が−0.5℃だからそんなに寒いところには行かないから大丈夫と思ったら大間違いです! 

    ガスを消費してガスボンベの圧力が下がるに従い気化熱を奪われボンベ自体が急速に冷えてきて素手では触れないくらいになります、「イソブタン」はボンベが凍り付く位ボンベが冷えても気化出来るので最初は使うことが出来るでしょう、しかし「イソブタン」を消費し「ノルマルブタン」だけになったら気化出来ずボンベからガスが出てこなくなります、そのため着火すら出来なくなります、だいたい気温が12℃を下回ったらそのような現象が起こる事を覚悟してください、私も実際に経験済みです、キャンプ場などは日中暖かくても夜になると急激に冷え込む事があります、

    ユーザーID:

  • ガスについてもう一言

    カセットコンロはガスを消費して気化熱を奪われても通常室温でボンベが暖められるのでガスが気化できます、しかし気温が低いとボンベを暖める事が出来ずガスが気化できなくなります、ただカセットコンロ用のガスを使うアウトドア用ツーバーナーもあります、これはバーナーの熱をボンベにに伝えるための「ブースター」と言う部品が付いている物でカセットコンロでも付いている物があります アウトドア用のガスに使用されているガスはイソブタン、ノルマルブタンの他にプロパン(沸点−40℃)も、そのガスの使用が想定される温度に応じてガスの種類と配分が替えられます、低温用のガスには「プロパン」の割合を多く通常用は少なくあるいは「ブタンガス」のみと言う具合に、通常沸点の低いガスから(プロパンから)消費されていくので冬季はもちろん早春や晩秋ではたとえアウトドア用のガスボンベでもガス(液体)が残っているのに途中で気化出来なくなり使用不能になってしまう事があり、まだガスの入ったボンベを無造作に捨ててしまう者が居り、それ知らない人が処理のため焼却したところ爆発と言う事故が多発しています、ガスの取り扱いには十分注意したい物です

    ユーザーID:

  • ガスについて

    野比のび太さんの意見の通り、ガスについての説明が不足していましたね。
    自分が当たり前のように使っていることでも知らない人は多いですよね。
    一般の家庭用ガス器は夏やGWなどの熱い時期の低地のキャンプ場で使用します。
    朝などの15度くらいの気温のところではなかなか使用できない(お湯などわかない)ため、
    山岳用のシングルバーナーを使用します。
    冬季や高所など条件が悪いときはプロパンが多く含まれるスノーピークのガスカートリッジを使用しています。
    プリムスのパワーガスでもOKです。
    ガスを捨てるときは穴を開けてすないといけないですね。
    専用の工具がないときは、缶きりで開けてもいいです。
    家庭用のコンロは場所を限定されますが使えないことはないので
    一応キャンプ場に持っていって、どのくらい使用できるのか「試しに」使ってみるのもいいと思います。

    ユーザーID:

  • 3000mキャンプ女さんへ

    我が家はいつも行くキャンプ場は
    サイトの広さも日本屈指な所で
    当然となりのサイトまでの距離が
    かなりある所です。

    他のキャンパーの方々も、ランタンは2つ
    位は常備されています。
    もちろん、眩しいほどの光を放しているわけでも
    ありませんし、夜に自分のサイトを遠くから見て
    眩しすぎないかのチェックくらいはしていますよ。

    >あと、必要なものとしてあげてらっしゃいますがこれは必要ではありません。
    >・タープ、スクリーンテント
    >・大型のクーラーボックス
    テーブルや椅子も人によっては不要でしょう。
    ...とありますが、トピ主さんにはお子様がいらっしゃるようです。同じ子供がいる母親として、安全な
    レジャーにするのでしたら、上記のものは
    必要になると思いますよ。

    私は家族と、特に子供を連れたキャンプ泊を
    しているので、その頭で書きました。

    それぞれのライフスタイルによって道具も変わって
    くるんじゃないでしょうか??

    ユーザーID:

  • マットは大切です

    シュラフ(寝袋)についてのレスは結構あるのですが大切な事を忘れているような気がします、それはマット、いくら保温性の良いシュラフだとしても銀マット一枚ではその性能は半減してしまいます、保温の要である綿(羽毛)のカサ(ふくらみ)が体重で潰れるので体温が地面にどんどん逃げていってしまいます、だいたい地面の凹凸(小石なども)が痛くて寝られたものでは有りません、これはたとえバンガローであっても板の間では同じ事です、保温性そしていい寝心地を保つためにも性能の良いマットが必要です、銀マットはキャンプ用のマットがたいていインフレータブルタイプ(空気をいれる)なのでとがった石なので破損するのを防止するためと考えた方がいいようです あとWベッドサイズのエアーマットもありますが使ってみるとあまり感心する物ではないですね、腰の部分が沈み込んでしまうので翌朝腰が痛くなったり一緒に寝ている人が寝返りを打つと空気の反動でこちらの方まで影響を受けそのたびに起こされてしまいます

    ユーザーID:

  • 明るさ

    アウトさん

    隣へ迷惑をかけない気遣いをしてくれていれば問題ないのです。
    しかし、離れているとは言っても、明かりは声と違って遠くまで明るいものです。
    また、本を読めるくらい明るいのが好みの人もいれば相手の顔が認識できればいい人までいます。
    念のため、隣の人に一声欲しいと思います。

    >...とありますが、トピ主さんにはお子様がいらっしゃるようです。同じ子供がいる母親として、安全な
    >レジャーにするのでしたら、上記のものは
    >必要になると思いますよ。
    私も1歳の子供とキャンプをしております。
    しかし、スクリーンタープまで必要なことはありません。
    去年、乗鞍でキャンプしたときは、隣のサイトの人も子供二人連れでしたが
    テントのみでした。
    今年のGWに阿蘇でキャンプしたときは3泊しましたが、テントのみの人は3割くらいいました。スクリーンタープを持つ人は1組のみ。
    他の人はタープくらいです。
    子供がいるところはタープのみでも十分そうでした。

    快適さと自然とのバランスをどこで取るかの違いなんでしょうね。
    アウトさんは快適さ重視なんだと思います。

    ユーザーID:

  • 食器のお勧め

    アウトドアで使用する食器類ですがファミリーキャンプを前提とすれば一番のお薦めは「コレール」と呼ばれる耐熱ガラス食器だと思います。これなら普段ご家庭でも使えるし丈夫なので多少手荒に扱っても大丈夫、重ね合わせるとぴったり重なり非常にコンパクトになる事。(百円ショップなどに売って居る洗濯バサミなどを入れるビニール製のカゴに重ねて押し込むとがたつかず破損防止になります)そして何よりも一番のメリットは表面が堅いので汚れ落ちが良いこと、お湯はもちろん洗剤だって自由に使えないアウトドアでは非常に重要なことです。
    反対に避けた方が良い食器はまずプラスチック製の物、これは表面が柔らかいため汚れ落ちが非常に悪くキャンプ場の冷たい水では油汚れなどはぬるぬるがとれません。あとキャンプ用として売られて居るホーローの物も避けた方が良いでしょう。金属なので熱い物を入れると口が付けられなくなります。そしてたいてい紺色などの濃い色の物が多いと思いますがこれでは料理が美味しく見えません。それとホーローは衝撃に弱いので縁を保護するためステンレスで縁巻きしてあるのが多いのですが、ここに雑菌が繁殖し易く食中毒の原因になります。

    ユーザーID:

  • マナー

    初心者向けにキャンプでのマナーを。

    ・洗剤は使わない
     食器は水のみで洗う。キャンプ場は排水を川へ垂れ流しの為です。
     どうしても使うときはしゃぼん石けんなどの石けん洗剤を使用しましょう。

    ・朝は5時前から起きる人がいますがこれは普通です。
     反対に夜10時以降も騒ぐ人がいますがこれはマナー違反です。

    ・直火はしない
     当たり前と思いますが、たまにする人がいるのです。

    ・ペットと一緒になるべく行かない
     ペットが嫌いな人もいます。
     管理人がOKを出しても、テントは周りの人にペット同伴でキャンプしていいか確認しましょう。

    ・バーベキューも気をつけて
     テントどうしが近いときは煙も気になるものです。
     やってる人たちは楽しくても、風下でくつろいでいる人にはバーベキューの臭いや煙は迷惑なものです。

    ・子供から目を離さない
     タープの張り綱や火器があちこちにあり危険です。
     よそのサイトに入って迷惑をかけるかもしれません。

    ・夜ご飯を食べたらすぐ片付ける
     朝まで食器や鍋をそのままの人がいます。
     見た目もよくないですし、夜行動物に荒らされるかもしれません。

    ユーザーID:

  • マナーの追加で

    自然の中でのアウトドアの遊びは
    「ミニマムインパクト」
    が基本です。
    自然にできるだけ影響を与えないようにするということです。
    人が自然の中に入ると何かしらの影響があるけど、
    なるべく元の状態に影響を与えないようにする。
    「ミニマムインパクト」を常に考えていればマナーがどういうものか分かって来ると思います。

    ユーザーID:

  • キャンプスタイルも色々

    必要とする用品ですがそのキャンプスタイルによって違います、3000mキャンプ女さんは登山やトレッキングの延長線上でキャンプを始められたのでは無いでしょうか? そのような場合は出来るだけ用品を少なくするのは当然の事です、また今までの書き込みを見ていると標高の高い森林限界に近いところでキャンプを行ってい居るのでは? そのようなところは虫も少ないでしょう しかしほとんどオートキャンプ場はそれほど標高も高くなく周りが森林と言う所が多いので虫が居て当然、蛾などが飛び込んできたりして食事もままならない事などしょっちゅうです、以前行ったキャンプ場ではアブが大量に発生していてタープの内側一面数百匹止まってサイトを占拠された事があります そのような場所ではどうしてもスクリーンタープが欲しくなります、また木の多いところは夜露が凄いし日本のように雨の多い所では突然の雨で持参したキャンプ用品が濡れるのを防ぐためにタープを張るのは当然の選択だと思います ただ私も経験がありますが標高の高い山の上のキャンプ場ではタープを張らず満天の星空の下と言うのも大変気持ちのいいものです

    ユーザーID:

  • 決まりはないのでは?

    基本的にどんな道具でも有れば便利だと思います。
    何が必要だとか必要でないとかは、個人個人の基準であって、決め付けるのはどうかと思います。
    極端な話ではありますが、私の友人は食料だけ持って山へ行き、夜は落ち葉の中で寝るなどと言う人もいます。
    キャンプ場にも色々な人が来ていて、それぞれキャンプを楽しんでいます。中には明るさを迷惑に感じる人もいるのでしょうが、キャンプに来て小さな子の泣き声が聞こえたらそれも迷惑な行為だと思います。
    いずれにしても自分の基準だけで、ものごとを決め付けるような意見はどうかと思います。
    ちなみに私は目が悪いので明るくないと物が良く見えません。

    ユーザーID:

  • 私の家の場合

    必須の道具はベビーキャリーです。
    料理などで子供に手をかけられないときは、ベビーキャリーに入れています。
    キャンプに必ず持って行くのがブルーシート。
    雨が降りそうなときはロープワークを駆使してテントの上に張ります。
    下に敷くグランドシート代わりにも使用します。
    私は今は高山のキャンプは少なく5M〜1500mくらいの所でキャンプをします。
    時々虫もいますが、大量の虫に困った経験は今まで2回くらいかな?
    多分、他のランタンが明るいサイトに虫が集まってくれたおかげで少ないのかも。
    今年の夏は5泊ほど海水浴場沿いでキャンプしました。
    海キャンプでは虫にはまったく悩まされませんでした。
    イラクラゲには参りましたが。

    私も必要な道具は人それぞれだと思うので、必要なものを順次集めればいいと思います。
    ただ、タープをするならプラスチックやアルミの短いペグでなく長いペグは必須かな。ソリッドステークとか。
    私は工事現場や農業用のペグ(杭)があったのでそれを持って行ってます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧