• ホーム
  • ひと
  • 自分の話しに持っていってしまう傾向の私

自分の話しに持っていってしまう傾向の私

レス26
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

トンプソン

相談を受けたり、もらったメールに返信したりする場合、
自分のことを引き合いに出すことが多く、
「私もそうだったよ。私の場合は〜〜〜〜」という
自分の経験談、話題になってしまうことが多いです。

こういうのは、「あなたの話しを聞きたいんじゃないのよ!
私の話しを聞いてよ!」
と、思われちゃうんでしょうか?

自分の経験談や自分の話題にならないように、
会話・コミュニケーションを展開させるには、
どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • よくわかります

    トピ主さん、私も同じ悩みを持っています。
    特に小町で、ついつい自分の経験をつらつら書き連ねてしまい、「ああ、こんなに書いたら私が誰だかわかっちゃう…」と自覚しているのに相変わらず書き込み。懲りないやつです。

    どうすればよいか?ですが、人の話を聞いたときに、すぐに自分の記憶の中から似た体験を探さず、あくまで人の話をもとに想像する…だと思いますよ。

    後輩の話を聞いていると、つい自分の体験話にしてしまいませんか?私はそうです。上司や先輩と話すときは、あくまで相手の立場に立って話せるのですけど。
    ↑やっぱり自分の話してるし(笑)

    あまり参考にならなくてスミマセン。
    でも、トピ主さんは前向きに自分を省みる方でとっても好感持てますよ。そんなに気にしなくても大丈夫かもです。

    ユーザーID:

  • そうねー・・

    その人の自分話をうっとおしく感じる場合と
    「ふむふむ」と聞ける場合があります。
    前者は、まだ聞いてほしい事があるのに「私は〜」と話を持っていってしまわれたとき。
    後者は、こちらの話を全部聞いたうえで話してくれたとき。
    どこで自分話を始めるか・・そのタイミングは?と聞かれると難しいのですが。

    トピ主さまは、相手の話を聞いた(メールなら『読んだ』)後、共感したり疑問点を挙げたりして、より一層相手の気持ちを理解しようとする姿勢を見せていますか?
    それが相手に伝わらないまま、ただ体験談を話されると「すぐ自分の話にもっていく・・」と思われるのかも。会話って難しいですよね。

    ユーザーID:

  • 気にしなくてもいいんじゃないかな?

    私個人の意見としては、
    誰かから相談を持ちかけられたり、アドバイスが欲しいって言われたときには、自分かあるいは他人の経験談を引き合いに出したほうが、説得力があって相手も納得すると思うのですが・・・。

    机上の空論をアドバイスされても困りますから・・・。
    あまり気にしなくてもよいのでは?

    ユーザーID:

  • そう思われるかもしれませんね

    そういう知人がいますが、自分のことに限らず、「そういえば○○もそうだったよね」とも言いますね。

    「今は、私の話をしてるんだけど?」「○○の話と私の事情は違うでしょうに」という気分になるのが正直なところですね。

    ポイントは相手の立場に立って考えることかな。何かがあった報告を聞いたとき、相手の気持ちに寄り添ったレスをする。それが大切ではないでしょうか。

    「そんなことがあったの?それはつらかったねー。どんなに大変だったかと思うわ。私にもしできることがあれば言ってね」とか、あるいは、もう少し質問をしてみることもできますよね。

    「さしつかえがない範囲で教えてくれたらいいけれど、それって△△っていうことなの?」など、話をもっと深めたり広げたりするような質問を入れることも会話を膨らませるのではないでしょうか。これは聞いてはいけないことをわきまえる必要があるでしょうが。ポイントは「あなたの話を大切に思っているから、もっと聞きたいの。教えてほしい」という気持ちかなと。

    トピ主さんはご自分でよく自覚されているようですので、あくまで相手の気持ちに寄り添うことを忘れずに話を聞いてあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • いるいる私の周りにも

    私の周りにいます、そういう人。
    相談してもいつのまにかその人の話になってしまい、消化不良で終わります。逆に相談にのって終わることもしょっちゅうです。
    それで、その人へ相談するのは諦めました(笑)
    でもいい人だし、別に嫌いになったわけではないです。ただ相談や悩み事はしないというだけで。

    ユーザーID:

  • 知り合いに

    A君がお話してる最中にさえぎってまで、
    「あ、わかるぅ〜、私もね〜」って、・・・
    最後まで聞いてあげようよ。
    A君がかわいそうだよ。

    勘弁してほしいです。
    私が話してても、いつもの間にか彼女の話になってるし。正直うざい。

    ユーザーID:

  • 持って行き方では?

    必ずしも自分の話をしてはいけないわけではなく、もって行き方だと思います。

    あなたの体験が、友達に参考になる場合もあるかもしれないし、また、「こんな風に悩んでいたのは私だけじゃなかったんだ!」と励みになる場合もあるかもしれないから。

    しかし、「友達の本来の相談」を離れて、あなたが「単に自分のことを話したいだけ」ということでは、友達にすれば不快だと思います。

    どっちですか?

    自分でよく考えながら気を付けて話せばだいじょうぶだと思うのですが。

    ユーザーID:

  • 私も同じです・・。

    私も奥様方の集いの時や友人と話してるとき、
    結構自分の事を話してしまうことが多いです。

    つい、自分の話をしてしまうとキリがないんですよね、、、。

    でも、「話しすぎてるな」ってハッと気づいたときは
    相手に話をもちかけてみるなどして、
    自分の事は話したいけど、時にはちゃんと耳を傾けるように努力してます。

    ユーザーID:

  • 私の友人の場合

    私の友人もそうです。
    たとえばA子が「昨日、お寿司食べに行ったんだけど・・・」って話し始めると、「そうそう!私もこの前お寿司食べに行ってさ〜・・・」と、彼女自身の話が始まります。A子は自分の話の腰を折られてムッとしているのにも彼女は気づいていません。
    で、他のみんながA子に気を使って「で、お寿司がどうだったの?」なんて、話をA子に戻そうとするのですが、彼女は延々と話しています。

    結局、A子はお寿司屋で芸能人を見たという話、彼女は寿司屋ですごい高い料金を取られたという全く関係無い話でした。自分の体験談を話すのもいいのですが、まずは口火を切った本人の話を最後まで聞いてから、自分の話をするのがマナーかな。と、私は思います。

    ユーザーID:

  • そーゆー人とは関わりたくない

    それは思いますね〜。
    他の方もレスされてますが、
    相手の話を自分の話にすり替えてしまう人って、
    相手の立場に立って物を考えられない人だと思います。
    だって相手の人は話を聞いて欲しくてトピ主さんに話しているのに、なんで逆にトピ主さんの話を聞かないといけないんでしょう?
    言葉のキャッチボールって大事ですよ。
    常に相手の事を考えて、思いやりをもって接していれば、自分の話にはならないと思います。
    まあ、悪く言うと「自己中な人」になっちゃうので、気をつけてくださいね。
    女性グループの中でそれが頻繁だと、煙たがられちゃいますよ。
    「あの子、自分の事ばっかりで話しててもつまらな〜い」
    って言われたりしちゃうんです。
    それはどの環境にいても同じです。
    トピ主さんは気づいている様なので、今からでも自分に注意してみてくださいね。

    ユーザーID:

  • 仕事で相談業務をしていたことがあります

    相談をする人は、案外自分の話を聞いてほしいだけなことがままあるものです。
    「うん、うん。」と相槌をうって聞いて欲しいだけってことがけっこう多いような気がします。
    聞いてもらって、自分で話しているうちに、解決法を自分で見つけていくものです。
    相手の話を9聞いて、自分の経験等を1話すくらいでちょうどいいと思います。
    でも、そんなにいろいろと相談されるんですもの。トピ主さんはきっと、すてきな方なんだろうなぁって思いました。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、貴重なご意見をありがとうございました。レスの内容はどれもわかりやすくて、我が身を振り返り考えてみることしきりでした。

    自分がトピを立てレスをもらう立場になってみて、体験など具体的な例を出しての説明は、とてもすんなりと、受け止められました。でも、それは充分にこちらの意図を汲み取っていただいた上での話しなんですよね。

    以前は、「でもさ〜〜」で始まる自分の意見(反対、批判的)や感想を正直に言い過ぎ、「結構キツイ」と言われたりし、「愚痴系に私的意見は不要」と気が付き、今は相手に共感できることを探すように心がけているんですが・・・。
    それがつい「そうそう、私も〜」とあくまでも自分の過去の経験からになってしまうのです・・・。自分の経験からじゃなくて、相手の立場から想像するという意識は大切ですね。

    これからは、最低でも、話しが終るまではキチンと聞いて、さらに相手の話しを掘り下げるよう「質問!」をして、必要なら自分の体験談なども交えるけれども、再び相手の話しに戻るというスタンスを忘れないようにしたいと思います。

    ユーザーID:

  • うーむむ

    知り合いにいました。

    常に『私は』から話が始まるので
    カゲで「作文ちゃん」と呼ばれていました…。

    でも“自分の話をする”というのと、“その問題についての自分のケースを話す”というのは微妙に違うと思うので、トピ主さんが知り合いと同じタイプとは決めつけられないなぁ。

    美容師さんや販売員さんと話すのが好き、という傾向はありますか(ひたすら自分について話してくれる)?
    あるなら要注意かな。

    ユーザーID:

  • 「聞き役」になる

    男性が、他人に相談する時はアドバイスが欲しいものだが、
    女性が相談する場合は、アドバイスよりもただ聞いて欲しい。という傾向があるようです。

    トピ主さんはおそらく、友人の相談について、何か解決方法を示してあげたくて、つい自分の経験などを語ってしまうのでしょう。

    なので、ここは「聞き上手」に徹して、相手の話を相槌を打ちながら引き出してあげることに努めたらどうでしょう?

    自分で「自分の話しにもっていってしまう傾向がある」と気づいておられるトピ主さんですから、変わることはそう難しいことではないと思います。

    ユーザーID:

  • みなさんの返事

    自分のことばかり話しちゃうトピに、自分のことばかり話しちゃう返事がついてますね(一部の人ですけど)。
    トピ主さんはこれを反面教師にしたらいいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私も同じ傾向が・・・

    私もトピ主さんと同じかなあと自覚しています。で、対策は、「なぜ耳が二つで、口が一つなのか」考えることです。つまり、自分の話をするより、人の話を2倍聞きなさいということですね。

    私はこの言葉を知ってから、自分がしゃべりすぎないように気をつけています。でも、もう性格ができあがってるから、時々「アッ、しまった。また自分のことばかりになったなあ」と気がついて、「ごめん、話を戻すから続きを教えて」と謝ることもあります。
    自分で自覚しているなら、心がけしだいだと思います。

    ユーザーID:

  • 一言さん、それは別でしょー

    自分の事ばかり話しちゃうトピに、自分の事ばかり話しちゃう返事。確かにありますね。
    でもそれを反面教師にって言うと、所詮土俵が違う話なんだから、違うと思いますよ。

    掲示板の場合は、私はこうこう、こうなんです・・と自分の事をトピでさらけだす。さて、皆さんはそういう事、ありますか?教えて下さい。。というトピには当然、自分の体験、経験ばかりを話すレスがつきます。
    あなたの事なんて聞いてないのに・・なんてシチュエーションに元からならない世界ですよ。

    トピ主さんがお友達と普通に話してる時とは全然状況が違いますよね。
    横で失礼しましたー。

    ユーザーID:

  • 気をつけた方がいいね。

    タイトルは、自分自身にもいい聞かせています。
    自分の話に持っていってばかりの傾向により、言葉で失敗した経験が何回も自分にはあるからです。
    友達にも、説教をされました。
    「ねえ、正孝さんって何でいつも、自分の話しかしないの?人の話は聞かないしさーっ!」
    更に、そういう説教をされていたにも関わらず、高校生のアルバイトの時に、ちょっと無口で不器用そうな女の子が居て、その子に人のこと言える立場じゃないくせに、「おしゃべり下手、自分の話だけしかしないんだ!周りの空気を把握して大人になれ!」などと、怒鳴ってしまったのです。自分が子供っぽいくせに、まるで、自分が自分に説教をしていたようでした。
    自分は、精神的に未熟で、言葉での失敗が本当に多いです。
    自分のことを話すより、人のはなしを聞いてあげる人って、やはり、モテています。
    器の広さを感じて、私も好きです。
    その人を利用したいって訳ではないですが、そこに居るだけで、優しさが伝わってくると思います。
    私もそういう大人目指して頑張りたいです。

    ユーザーID:

  • 人の話を聞いてないと思う

     トピ主さんとしては、自分の体験から何かを語ろうと思って、つい「私は〜」となってしまうのだと思います。が、それも度が過ぎると、「この人、私の話を聞いているのか?」と思われる原因になると思います。 
     体験談を前面に出すのではなく、体験から学んだことを端的に話すようにしてみては? 

     

    ユーザーID:

  • 具体例という考え方で

    まず相手の話を聞いた時に、ただ同意・共感していればいいのか、具体的アドバイスが必要なのか、判断すべき、と最近悟りました。

    前者だった場合、何も考えずに頷いていればいいみたいです。
    私はすぐアドバイスを考えてしまう人間なのですが、
    そんなの全然必要ない人がたくさんいるのが最近わかってきました。

    しかし、後者だった場合、同意・共感しか得られないとぐったりします。
    結局人の話なんてどうでもいいんじゃないか、とすら思えます。
    アドバイスや励ましを入れた方がいい場合、体験談は混ぜた方が効果的だと思います。
    何かを論じなければならない時、具体例を混ぜると説得力がありますよね。
    重要なのは、具体例のさじ加減だと思います。
    それが全面に出ると、ただの思い出話になってしまうので。
    具体例→相手の話への結論、にもっていくようにすればいいのでは。

    横ですけど・・・
    前者のような話にどうしても体験談を交えたくなったら、
    「横ですけど」という言葉を使えるといいですよね(笑
    「横ですけど・・・」と自分の話を交え
    「横ですみませんでした」と元に戻る。
    自分の話が横かどうか意識しているかしていないかの問題か。

    ユーザーID:

  • >相談役様

    >自分の話が横かどうか意識しているかしていないかの問題か。
    納得〜〜〜です。今度から「横か縦か?直か?」を意識して会話してみますね。ありがとうございます。
     

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    引き続きレスをありがとうございました。
    >つやかさん
    美容師さんとの話すのは苦手で、雑誌ばかり読んでいます。どちらかといえば聞き役タイプと自分では思っていたのに、なぜかいつの間にか自分のことを語っていたり。
    やはり、相手より自分中心の思考になっているのが原因だと思いました。よかれと思って「こうした方がいいよ」なんてことも言っていましたが、果たして相手にとって、良いかどうかは怪しかったなと、反省しています。すぐに「自分だったらこうする」と結論を出して、相手に意見するのではなくて、相手の考え、望むこと、そんなことをよく聞かなければいけなかったんですね。ももたろさんのおっしゃるように、そうしていくうちに本人が自分で解決法を見つけられるのがベストですもんね。
    >てんぷらさん
    端的に話すことも苦手かもしれないです。余計な描写が多いかも・・・。「あれっ、言いたかったのなんだっけ」ってことも。
    「ごめん、話を戻すから続きを教えて」「横ですみませんでした」「端的にいうとね」「言いたかったことはね」など話しをもとにもどすためのお役立ち文句を覚えましたので、これからは聞き上手になれればなぁと、思います。

    ユーザーID:

  • 誕生日〜

    人から誕生日や記念日を聞く度
    「あ、それ私の友達の誕生日と同じだ〜」
    「7月14日?私の友達は21日だよ〜」
    「あ、うちのお父さんも同じ山羊座〜」

    聞いてねえっちゅうの、、、、、って言葉を飲み込み過ぎて喉乾いちゃう。

    ユーザーID:

  • 誰も触れないので

    誰も触れていませんが、トピ主さんが今後恥をかかぬようあえて指摘します。
    「はなし」は名詞で使う場合は「話」です。
    「話し」では「はなしし」になってしまいます。

    ユーザーID:

  • 相談のときは仕方がない

    確かに、普段の会話やメールで、あまりにも自分の話にもっていかれると、腹が立ちますし、ウンザリします。

    しかし、相談のときは仕方ないのでは?と思います。

    相談されたら、まず、自分がどうだったか過去の記憶からたどり、自分がこうだったけど、こうしたらどうでしょう?って提案やアドバイスをします。自分の経験になければ、周りで同じようなケースの人がいなかったかさがして答え、さらに、自分ならこうするだろうという考えを言います。

    相談に対するアドバイスや参考になるかな?という経験談を話すのは、相談者にとって参考になる場合もあるかと思います。そのような場合なら、自分はこうだったという経験談として話をもっていくのは悪くないと思います。

    ただ、くれぐれも相談じゃなくて、世間話のときに、あまりにも自分の話ばかりにもっていくと、不愉快に思われやすいでしょうね。

    ユーザーID:

  • 良い人達だ!!

    元彼と私、私の友人とその彼女の4人でのみに行っていた時のこと。私とその友人は職探し中。
    友人「履歴書送って、面接受けるのって結構プレッシャーあるよね」
    私「そうそう、いかに自分が使える人間か示さないといけないしさ」
    友人「何度も受けると、神経にきてさ」
    私「そうだよねー」
    そこで元彼は朗らかに言い放ちました。
    「僕なんてね、たった一通の履歴書とたった一回の面接で受かっちゃったもんねー。こんなこと、そうそう無いんだよね。皆10通は書いてるっていうもんね」
    もちろん、その後は、即解散でした。
    何でこんな彼持っちゃったんだろうと思った夜でした。
    こりゃひどいと思うあなた、あなたは大丈夫。
    彼は歴史から消したい男No.1です。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧