• ホーム
  • ひと
  • シングルマザーの財産管理−子供に教えますか?

シングルマザーの財産管理−子供に教えますか?

レス10
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

昼あんどん

夫と離婚後、中学生の二人の息子と暮らしています。
ささやかな貯金と、私に何かあった時のために生命保険を掛けています。

このご時世、いつなんどきどんなことが起こるかわからないので、万が一の時のために子供たちに、預金通帳や印鑑のありか、保険のことなどを知らせておいた方が良いのかなと思うのですが、
「お母さんが万が一の時には、ここに通帳と印鑑、ここに保険証書があるから保険会社に連絡して保険金を請求するように」などと話していいものかどうか。。そんなことを聞いて魔が差したりしたら困るし。。

同じような立場の方はどうされているのかなと思い、トピックを立てさせていただきました。
ちなみに両親は、遠方に住んでおり、高齢で頼りにはできません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 理想は

    銀行の貸し金庫に重要なもの、証書、通帳、実印を預けて
    その上で2人のお子さんに話すのが一番だと思います。

    ユーザーID:

  • 難しい年齢です

    私も娘を信用して、小学生の頃、貸金庫に一緒に行ったり、カードの番号も教えていました。

    ところが、中学に入ってから、悪い友達と付き合うようになり、親の財布から大分お金を抜いていたようです。私の財布からではなく、夫の財布だったので発見が遅れました。

    それからは、お金に関する事は一切知らせていません。小学生だったので、教えた番号は覚えていないようです。

    最近、大分落ち着いてきましたが、残念ながら、まだまだ安心はできません。

    他の方が書いているように、貸金庫がいいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    上司の僕さん、時期そうしょうさんありがとうございます。
    アドバイスいただいた貸し金庫のことも考えてみたのですが、通帳や印鑑を入れてしまうのも不便になりそうな気がします。それと実際問題として貸し金庫はなかなか空きがないとも聞いたことがあります。
    わが家にはお金がないんじゃないかと心配する子供たちに、「贅沢はできないけど、あなたたちが将来好きな勉強をできるぐらいの準備はしているからお金のことは心配する必要なし!」というふうに話してはありますが、全部オープンにするには、まだ微妙な年齢なんですよね。
    あと実は私が一番心配しているのは、私に何かあった時に、子供はまず父親に連絡するでしょうから、子供名義の貯金や保険金を掠め取られてしまわないだろうか、ということなんです。学資にと貯めたお金なので、確実に子供の手に渡るようにしておく方法があればいいのですが。。

    ユーザーID:

  • 学資保険

    郵便局の学資保険、入ってますか?今、利率は良くないけど、親に何かあった時、学費が出ます。これなら、学費という目的でないと出ないので(と思う)、父親に掠め取られる事はないでしょう。

    ユーザーID:

  • こんなのはいかがでしょうか?

    まず銀行の口座は2つ用意。お給料の振込み用と日常生活用。お給料がふりこまれたらすぐに日常生活用の口座に一定額振り込まれるように銀行で手配しておきます。同じ支店の口座にしておけば毎月の手数料もそれほどかからないはずです。お給料の振込口座の通帳、学資保険などは預けてしまいましょう。家に置いておくのは日常生活用の口座の通帳一つのみ、です。
    こうしておけばお子さんが悪い道に走りかけてもたいした被害は出ないと思います。

    さて、その後の手配ですが一度弁護士さんに相談してみてはいかがでしょうか?元のご主人がお子さん名義の蓄えに手を出せなくする方法があるかもしれません。知っている弁護士さんがいなければ、お住まいの都道府県の弁護士会に相談すれば適任者を紹介してくれるでしょう。

    また、市役所等の福祉課(地域によって名称は違うと思います)に相談してみてください。トピ主さまに何かあった時に対応してくれるような部署や施設について教えてくれると思います。電話のところにそこの連絡先を貼っておいて「何かあったらここに電話しなさい」と教えるというのはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 誰かには話しておくべき。

    誰かには話しておくべきだと思います。

    生命保険などは、自分が死んだからといって、
    自動的に死亡通知や保険金支払義務が生命保険会社に届くわけではありません。
    死亡届を契約者側の者が届けないかぎり、何も支払われません。
    年間何百億という保険金がそれで、うやむやに浮いてしまっています。

    もし、信頼できる身内がいらっしゃるなら、死んだ場合の保険の手続き方法を、
    そういう人がいらっしゃらない場合は
    銀行の貸し金庫を借りて、子供さんにその存在だけでも、
    教えておくのをオススメします。

    ユーザーID:

  • 後見人

    お子さんが未成年だと、後見人が決められるのではないでしょうか。その人に頼んでおけば、どうでしょう。信頼できる人は誰かいませんか。

    ユーザーID:

  • 時期そうしょうさま

    横ですが、学資保険についてひとこと。
    学資保険は、親が子どもの名前で加入しますが、保険金は加入者である親のものです。 ですから、親に万が一のことがあった場合は、相続の対象になると思います。 この場合の相続人はお子さんだけでしょうか?
    それから、満期保険金につては、満期が来ればすぐ払い戻せます。 使途は聞かれなかったと思いますよ。 うちでは、進学させるつもりが就職してしまったので、そのまま残っています。 それを、進学した娘と差がつき過ぎないように息子の名義の預金にしようとすると、贈与になってしまいますので、贈与税のかからない金額(一年に百万円)づつを数年かけて移しています。

    わたしは死別ですが、息子には(金融機関の)ここに我が家の全財産があるからね、と貸し金庫に預けてあることは話してあります。 縁起でもないと、イヤそうでした。 母子4人で夫の遺産を相続しているのでわかりやすいように明細をパソコンに保存しておきます。

    ユーザーID:

  • トピ主です!

    みなさま、いろいろなご提案ありがとうございます。親身に相談にのってくださり、感謝しております。
    今日郵便局で、住友信託銀行で扱っている「メッセージトラスト」なる商品のパンフレットを見つけましたのでまずは報告いたします。
    これは、もしもの時のために、資産情報などをメッセージとして預け、申込人の死亡後、指定した受取人(法定相続人たりうる人)に本人限定受け取り郵便で送ってもらう、というものだそうです(死亡時送付型)。請求時には死亡届(除籍謄本等)が必要ということで、興味本位で見ることはできないようになっています。メッセージを託してあるということがわかるように、「発行されるカードを万が一の時に発見できるように大事に保管してください。」とありました。費用は当初5年分で15,750円、その後契約継続時に再び5年分を支払うそうです。
    例えば・・・として、「通帳や印鑑のありかを愛する妻に・・・」「財産情報を頼りになる弟に・・・」などと書いてありました。

    ユーザーID:

  • トピ主です(続き)

    このようなものがあるとは、知りませんでした。
    これなら、大事なものを家のどこかに隠してしまっておくにせよ、貸し金庫に預けるにせよ、情報を全部書いておけば知られず埋もれてしまうことはなさそうですよね。ただ、万が一のときにメッセージを請求できるようしっかり教えておかなければなりませんけど。早速資料を請求してみたいと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧