アラジンストーブ

レス11
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

ありありあり

アラジンストーブ(ブルーフレーム)を購入しようか迷っています。もしも愛用されてらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ぜひお聞かせ願いたいのが、灯油の注ぎ方です。自分なりにいろいろ調べてみたのですが・・・。今のファンヒーターのように、灯油缶が取り出せないので工夫が必要かと思います。どんな方法で灯油を注いでいますか?教えて下さい。とても素敵なストーブですので購入したいのですが、注ぎ方で悩んでます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合ですけど・・・

    アラジンストーブ使っています。
    10年使っております。
    丈夫で故障は一切ありませんです。

    確かに給油作業がいまの石油ストーブに較べると面倒です。

    私は次のようにして給油しております。

    火を消してからストーブを灯油タンクのある場所に持って行き手動ポンプのホースをストーブのタンクの入口に指し込みゆっくり給油します。オーバーフローさせたことがありますから気をつけてください。
    マンタンになると少し重いですけど女性でも持てます。

    ユーザーID:

  • 私も悩み中です。

    私の場合はアラジンストーブと日本船燈(株)の石油ストーブ。
    アラジンの方が使い手がありそうだけれど(上にヤカンも乗せられるし)、今ひとつ小学校で使っていたストーブを彷彿とさせるもので、ちょっとデザインがなあ、と(笑)。

    で、お尋ねの給油ですが、小学校のころ使っていたアラジンと同じ形の石油ストーブは、高学年になるとストーブ係が居て、自分たちで給油していたぐらいだから難しいこともなにもないと思います。
    コツがあるとしたら、給油は必ずストーブが冷えてから、ストーブの下に新聞紙を厚めに引く、それとボロ布(今はウェスって言うんですよね?)をタンク給油口の周りにおいて零れないようにあらかじめ予防をする、ぐらいかなあ。
    そうそう、口の周りにボロ布をぐるりと置いておくと、タンクから抜いたとき石油ポンプ(手動のヤツですね)のホースから石油の滴ってくるのを受け止められるので便利です。
    それと、ホースはできるだけタンクの奥のほうへ差し込むこと。
    小学生でも日常茶飯事で出来たんですから、大丈夫だと思います。

    ユーザーID:

  • どんなお住まいですか?

    灯油の注ぎ方はブルーフレームさんと同じです。

    ところで、普通のストーブが横向きに熱を出すデザインなのに対して、ブルーフレームって上に熱が出ますよね。 結構熱効率は悪いと思います。
    お住まいがアパートやマンションであれば、上の階のお宅の床暖房になるでしょう。

    それでも40年以上使っており(何度も買い換えてはいますが)とても気に入って使っています。

    ユーザーID:

  • コロコロ台で楽々よ

    灯油ポリを入れるコロコロ付きの容器が売っています。それにポリ缶を入れてストーブのところまで転がして行き、電動ポンプでオーバーしなように目盛りを見ながら入れてます。

    ユーザーID:

  • 自動停止機能付きもあります

    手動のポンプだとオーバーフローすることがありますが、最近の電動ポンプだと、ホースの注ぎ先に印があって、そこまで灯油がくると自動停止するようになってます。
    これにしてから、一度もオーバーフローしたことがありません。便利ですよ〜。

    (電池式ですが、あのこぼれた後の面倒さを考えたら電池代など安いもの・・・でした)

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 20年以上前だけど

    なつかしい!
    あの癒される青い炎、ほんのり暖まるかんじは、
    他の暖房では味わえませんね。
    ウチもかつては各部屋に置いてました。計4台。
    それにしてもみなさん、思い切ったことしてますね。
    がさつな私は直接入れるなんてこわくてできません。
    ウチでは、いったんヤカンにいれて、そこから給油
    してましたね。
    二階にも置いていたからそうせざるをえなかった
    といえばそうだけど、でも便利でしたよ。
    たしか、アラジンには付属で漏斗があったような・・・

    ユーザーID:

  • 灯油の減り方

    灯油の減り方が普通の石油ストーブより早いよ〜と友達二人が言ってましたが。。

    ユーザーID:

  • 横ですが

    いいですね〜お使いの方!実家で長らく使い、結婚して持ってきたのですが、出産したあとうまく手入れが出来ず、気がついたら部屋がすすだらけ。。。というちょっとひやっとしたことがあってから、別れてしまいました。あのう、それは製品が悪かったからではなく、20年近く前の古いタイプ、それも修理にもってゆくにはものすごく遠くて、なおかつ、小さい子がいて持ってゆけなかったからです。これから購入される方はそんな事ないから心配しないでください。

    今はアパートなので置けませんが、いずれ持ち家になったら絶対買いたいです。
    あのなんともいえない暖かさとにおい、また味わいたいな〜。

    ユーザーID:

  • ちょっと横ですが

    うちはパーフェクションのストーブを使っていますが、
    これは灯油入れが取り外しできるので給油は楽ちんですよ。
    アラジンがお好きならばきっとこれもお好きなのではと
    思いましたので!
    上にやかんが乗らないのが難ですが、
    加湿器と併用すれば問題なしですよ。

    ユーザーID:

  • 使ってます

    こちらは東北ですが、灯油の継ぎ足しは日課です。
    空焚してしまうと芯を交換しなければならないので
    気をつけるようにしています。
    大きなポリタンクをリビングまで持っていくのは
    匂いも気になりますので灯油置き場で小さな容器に入れ替えています。
    ちょっと面倒ですが、電気ポンプならばあふれることもありません。
    ホームセンターで5Lの容器を買いました。
    灯油は金属製容器でなければだめだと思っていましたが
    店員さんに聞くと、長期保存するわけでないのなら
    ポリ容器で十分ですよと言われました。
    混合溶剤を作るジャバラの注ぎ口のついた容器を
    持ってきてくれたのがジャストサイズでした。

    日石の「もてもてタンクん」9Lも便利そうです。
    今のが古くなったら買おうかと考えています。

    ユーザーID:

  • アラジン!!!なつかし〜ですね

    横になってすみませんが、、、

    アラジンのストーブ!!
    なつかしいですね〜。

    初めてうちで使った時には日本の豊かさを感じました。
    記憶は定かではありませんが、何となく1950年代の後半だったと思います。
    所帯を持った折りに確か父より買って貰い新築するまでの1975年頃までは使っておりました。
    あたくしの青春を暖めてくれた品です。
    その後、新築に伴い導入した温風ヒータは実家に移り、未だに健在、活躍中です。

    良い品は長生きしてくれますね。とても嬉しいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧