地理に興味が持てるきっかけ

レス49
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

STA波

中1の娘のことなのですが、地理を勉強するにあたって、興味が持てなくてなかなか、学習が進まず悩んでいる、と相談されました。この子は暗記が苦手でやや論理性に富む学習傾向をもちます。(女子ですが理屈っぽい所有り)
なお、娘は本は大好きで何でも読みます。今、パールバックの「大地」読んでます。

私自身も見識も乏しく特に好きだった記憶もなく「まず、教科書をよみなさい」くらいしか結局言えなかったのです。それは、必要最低限のことなのでしょうが、やはり勉強は興味を持ってするのとそうでないのとでは違うし又なるべく若い頃により多くの世界に触れて教養ある女性になってもらいたいのです。しかし、このジャンルに親としての力量不足を感じました。

で、地理がお好きな方、詳しい方。あるいはこの本を読むと考えがかわるよ、このTVみれば?この漫画は?この参考書いいよ?等何でも良いので情報教えてくださいませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうだなあ

    地理が大好きで、中学時代はいつも満点でした。
    小学生の頃から地図帳が大好きで、毎日毎日いろんな想像力を膨らませて世界地図帳を眺めてました。

    学校で使っている地図帳にはすべてが書いてあります。世界で一番面積の大きい国、流域面積の大きい河、最長の河・・・。公用語が何で、首都がどこで、国旗のデザインも、民族も、図法も気候も特産品も山脈名も砂漠名もすべて。
    中学入学の時にはすべて暗記するほど覚えていました。超マイナーな国の首都も全部知っていたくらい。
    結局は興味じゃないでしょうか。私はそこから広がっていろんな本を読み漁り、続いて世界史にも興味を持つようになりました。

    どんな本を読めば・・という質問には確実に地図帳とお答えしたいです。

    ユーザーID:

  • 旅行にいってみては?

    個人的には昔から地理がとても好きだったので、アドバイスにはならないかも知れませんが、ご参考まで。

    日本国内でも、海外でもどこか旅行にいってみてはいかがですか?そこで地図を見ながらあるいたり、その土地の名物・特徴などを実感すれば、地理の勉強が楽しくなるのでは?
    中学生の頃は私は映画や洋楽が好きだったので、そのタレントの住んでる国とか土地柄とか習慣を勉強するのが好きでした。また世界地図を見て、こんな国にもいきたいあんな国にもいきたいっていつも思ってたので地理は好きでした・・・まずは他の土地・国に対する興味深いエピソードなどを教えてあげて、実際にいったり、調べたりして自然に興味がでてもらうといいですね!

    ユーザーID:

  • 言語

    日本なら方言への興味、世界なら各国語・民族語への興味。私の場合は、それらが先にあって、地理に興味を持ちました。その意味ではまた、歴史も不可欠です。結局は日本史に進みましたが、単に地理を飲み込むのではなく、それらがお互いに絡み合っている様子を理解することが大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 漫画と動物で地理が好きになりました

    私が子供の頃好きだった漫画『キン肉マン』には超人というキャラクターが多数登場し、彼らは世界各国の代表として戦う設定でした。ラーメンマンは中国、テリーマンはアメリカと超人の出身地も設定されていて、その国について興味を持ち学校や公共の図書館で調べたりしました。それと動物園によく行っていて、展示されている動物の解説版にあった生息地についても興味ありました。自分のいる地域の外の世界について知りたいという欲望が私を地理好きにし、高校・大学入試では社会科の専攻科目として受験した程です。つまり外の世界への興味が地理好きを生むといえますね。

    ユーザーID:

  • 旅行

    地理は苦手でした。
    神戸県!?名古屋県!?っていう感じでした。
    親族が皆近くに住んでいていろんなところへ行く機会もなかったからかもしれません。

    仕事をして日本中の全都道府県に行きました。(皆に仕事内容を聞かれますが・・・)
    今では市町名で都道府県名がわかります。
    人口数千人の町へも行っています。

    出張先の住所を聞いてから、自分で『鉄道の時刻表の地図』を見て最寄り駅を調べて、電車の時刻を調べて切符を買って行っていました。
    飛行機と電車のどっちがいいかなどもです。

    『電車の時刻表の地図』をお勧めします。
    一度お子さんが計画を立てて小旅行でもすれば、地図を見る面白さを体験できると思います。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 地理大好き

    私は、地理大好きですよーー。小学校4年生で配られた地図帳、学校いる間中ずーっと見てたんですよ(笑)授業なんてそっちのけです。(笑)見てるだけで楽しかったです。(笑)いつのまにか、いろんな地名や、その人口や場所を覚えていました。
    で、それだけじゃあきたらず、親に、大人用のぶっとい地図帳をかっていただきました。4年生の時です。

    周りからは、おかしな人だと思われてたと思いますけどね(笑)あはは・・・。
    でも、私は、他の理数系が大嫌いで、全然やらなかったです(笑)
    だから、地理の興味を持てる方法と聞かれても、こればっかは「生まれつきそうでした」としか言いようがない(笑)
    世界地理でしょうか?毎週土曜にやってる「ポカポカ地球家族」とか見ると、いろんな国の暮らしが分かって、私的にはかなりおもしろいです。テレビだし、良いかも。
    http://www.tv-asahi.co.jp/chikyukazoku/

    ユーザーID:

  • よい地図帳を

    地理に興味を持つには、やっぱり地図帳の詳しいやつが必要かなと思います。
    学校で使うもの以上に情報豊富なものを。

    地図はもちろんですが、地区の情報がたくさん載ったものはおもしろいです。
    娘さんが読書好きなら、読んだ話に出てきた地名を調べたり、地域の特産物や風土、土地の人々の気質などを読み込んで、あれこれ空想するのも楽しいかと思います。

    ユーザーID:

  • 本でも、番組でも参考書でもないんですが・・・

    子供のころから社会科が大好きでした。
    地図ってめくって見ているだけでも、楽しいです。
    (今でも)

    地理に興味を持つ・・・
    やっぱり本やメディアだけではなくて、
    実際に、日本なら何が採れて、どんな産業で
    成り立ってる地域とか、関連付けて
    興味を持たせた方が、只単に記憶させるのではなくて、(Ex:尾鷲は降水量が多いから、それを利用して、杉の生産量が多いなど)覚えやすいし、忘れにくいと思います。

    後は、実際現地に行ってみるとか。
    私は、兄が社会科教諭志望だったので、
    しょっちゅう問題を出されていました。(メキシコの
    首都は?とか、滋賀の県庁所在地は?とか)
    そんなゲーム感覚で、日本地理から世界地理まで
    親子で楽しまれてはどうでしょうか?

    少しでもお役に立てば・・・幸いです。

    ユーザーID:

  • 地理大好き

    GPS持って山歩きとか、旅行や出張で訪れた外国の街を歩くのが大好きで、学校の地理も得意でした。

    理系だったのですが、多分数学よりも得意でした。

    私は地図さえ見ていれば一日暇つぶしができるぐらいの地図好きです。これは多分小学校の社会科の先生のおかげだと思います。小学校3年から5年にかけて教わった先生なのですが、毎回社会の時間の前にクラスを6っつぐらいのグループに分けて、白地図(日本地図だったり世界地図だったり)を前に河川だの山脈だのの名前をグループ対抗で当てさせるのです。

    これは競争心も働き本当に刺激になりました。不思議な事に普段勉強のできない子も、この対抗試合は気合を入れて臨んでいました。

    パールバックが20年に渡って住んだ江蘇省の鎮江は、今「やずやの黒酢」で有名です。私も仕事でしょっちゅう出張するようになってから知ったのですが。中国は揚子江を一キロ上ると時代が一年逆行すると言われていますが、帝国陸軍の南京攻略の際に中国国民軍が最後の大反撃をした城塞都市でもあります。この辺のトリビアから興味を持たせてみては?あと地図を眺めさせる、そこへの旅行に夢を膨らまさせることなどが重要です。

    ユーザーID:

  • 世界地図を手近に置く・旅行に行く 2

    ・地図帳と蛍光ペンをテレビ横に置こう!
    旅行・クイズ・自然紹介番組などで知らない地名を聞くたび、「何処だっけ・・・?」と地図帳を開いて蛍光ペンで印を付けるといいと思います。学校と同じ地図帳を別に買い求めてもいいし、最近は時事記事を盛り込んだ地図を書店で売ってますので、その方が、記事を読めて興味深いかもしれません。印を付けることで、「ここなんで付けたんだっけ・・あのニュースで付けたんだ」と後から思い返すきっかけにもなります。

    ・雑誌「ナショナルジオグラフィック」を読もう!
    世界の色々な地域の自然や人々について載ってます。私は家の娘が小学校高学年くらいになったら、この本を何年か購読して娘の目の届くところにおいておきたいと思っています。

    ・旅行に行こう!
    ほんとはこれが一番興味を持つきっかけになります。一度行った所はその後ずっと気になりますので・・・。

    お嬢さん、本が大好きと言うのは心強いですね。「若い頃により多くの世界に触れて教養ある女性になってもらいたい」のは私も同感です。

    ユーザーID:

  • 好きこそ物の上手なれ

    本好きのお嬢様との事、知的好奇心が強いんでしょうね。
    地理、歴史など世界規模の話でしたら、必ず縦横無尽に関連がありますよね。地図帳と世界歴史の本をマメに見ては如何ですか?歴史物の本でしたら、時代背景、歴史の転換期をクローズアップして題材になってるはずです。ベルサイユのばらの愛読者は、フランス革命についての知識ばっちりというのと同じですよ。
    燃えよ剣、新撰組など和物でも読み応えの有る話も多そうですよね。丸暗記も必要ですが読書がお好きなら興味を持つきっかけにつながりそうですよ。
    家族旅行の計画をお願いして興味の有るテーマの地に行かれるのも楽しいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 地図を横に置く

    比較的簡単だと思うんですが。

    お嬢さんが読書が好きなのであれば,そこに登場する地名を片っ端から地図で調べるようにすればいいのでは?
    今お読みの「大地」だって,中国の地名が結構出てきたはずですし,そこに描かれている気候や主な産業はだいたい把握できるはずです(もちろん産業は今は違うけど,歴史を勉強すれば流れってものは理解できると思います)。
    ほかにも,海外物の名作小説を読むときは地図を見ながら。
    あと,旅行のパンフレットなんかもいいですね。

    私が勉強するときには「海流」と緯度の理解と把握,大陸の移動(ゴンドワナ大陸が現在の形の5大大陸に変化する様子)とかを中心に勉強しました。
    そうすると,似たような気象条件が見えてくるし,大陸の様子がつかめると主な鉱物・資源がどこにあるのかだいたい読めてくるんですよね。

    丸暗記しようとすると,ちょっとキツイけど,探偵の気分で「探す」これが私は一番勉強しやすかったです。

    ユーザーID:

  • 教科書はあかんよ

    地理も地学も好きでした。大人になっても,旅行が他人さまの何倍も楽しめて,得した気分です。

    なぜ,ここはこんな作物がとれるのか・・・こういう気候的な特徴があるからね,
    なぜ,こんな海岸の形になったのか・・・こういう変動があったからか,この海岸の特徴は・・・だから港に適して工業地域として発展したのね・・・

    等々。論理的な(理屈っぽいとは違います)思考力や推察力があるお子さんでしたら,きっと楽しめると思います。

    お母様にひとこと。
    教科書はあかんです。断片的な知識を少しだけ書いてあり,あれだけで興味を持てという方が間違っています。地理は暗記科目とも違います。

    中学生であれば,高校生向きの資料集などを1冊与えてさらっと目を通して全体像が見えてきたら,もう少し詳しいデータと地図が一緒になった本などに目を向ければいいと思います。

    ユーザーID:

  • お茶の間に地図帳

    男です。私の父が茶の間(リビング)に高校か中学で使うような地図帳をおいており、ニュースなどのTV番組で地名を聞いては調べていましたね。遺伝なのかも知れませんがおかげで私も地図(帳)見るのが大好きになりました。いろんな記号とかは面倒くさいかも知れませんがとにかく地名、場所を地図で探す、ことに興味を持てるようにする事でしょう。でも一般的?に女性は地図・地理はあまり好きではないような気がします。これって偏見?そういえばウチの姉はそうでもないか...。

    ユーザーID:

  • 世界地図を手近に置く・旅行に行く1

    ・「おふろシール 世界地図&国旗おぼえちゃおう!」を、お風呂にはろう!

    これ、世界地図に国旗と地名が載っていて、国名はお湯を掛けると浮き出てきます。おもしろいですよー。旧ソ連・ユーゴスラビアなんて知らない国名がいっぱい。
    エリトリア・モルドバ・スリナムなんて何処にあるかご存知ですか?
    クイズ感覚で風呂に入るたびにちょっとづづ覚えて、国名と場所が基礎知識として頭に在ると、テレビや本でその国名に出会ったとき「あ、あの国」と興味が湧くと思います。漢字を知らなきゃ日本語の本が読めないのと同じように、国名くらいはまず知っていると良いかと。

    ・本「成美堂出版 世界の国旗」を手元に置こう!

    国旗の成り立ちが載ってる本なら何でもいいと思います。何処の国も自国旗に思い入れがありますから、意味から入ると覚えやすいし、その意味が国に興味を持つきっかけになると思います。

    ユーザーID:

  • ゲームはダメですか?

    私はテレビゲームからでした。
    「大航海時代」「信長の野望」「三国志」です。
    (どれもPC版・PS版共にあります)
    歴史と地理が一度で学習できます。
    (もちろん、シミュレーションゲームなので、史実通りではないですが・・・)

    大航海時代はその名の通り、
    プレイヤーはあの時代に生きる冒険家や海賊、軍人、商人として、七つの海を自分の船で航海して、
    自分のキャラの目的を遂行していくゲームです。
    これ、今とは港の名前や国名が違ったりしていて、
    その違いを調べたりも楽しかったです。

    信長〜と三国志は有名なので説明は割愛しますが、
    結構、ハマリますよ。

    ユーザーID:

  • もし食べることが好きなのであれば

    ご当地名物を買ってきて、それを食べながら勉強をするというのはどうでしょうか?

    ユーザーID:

  • 戦争ですね

    兵器と戦争に興味を持って
    その勉強をしていく内に
    地理の勉強にもなっていました。

    あ、娘さんですか。
    近代戦車の始祖とかそんなの およびでない 失礼

    ユーザーID:

  • テレビ横の地図について

    私自身がテレビ横に置いているのは
    昭文社の「世界・日本地図帳 グローバルアクセス」です。
    なんとも色合いが落ち着いていて目にやさしい。

    お嬢さんが地理に興味を持つきっかけとしては例えば
    今がわかる時代がわかる世界地図 (2004年版) Seibido mook
    今がわかる時代がわかる日本地図 (2004年版) Seibido mook

    こんなのどうでしょう。時事記事が満載で、読書好きなお嬢さんの読み物としても面白いと思います。
    但し去年の12月出版なので、もうそろそろ2005年版が出るかも。

    ユーザーID:

  • もう一息だ!

    STA波さんのお嬢様、パール・バックの「大地」を読んでいるというなら、地理好きまであと一歩じゃないですか!
    パール・バックの夫だった(後に離婚したけど・・・)ロッシング・バックは、農業経済学者で、中国の農業地域区分の研究で知られている人です。中華民国期に大規模な農村調査を行ない、「Land Utilization in China」という論文にまとめました。今でも学校の地理の教科書の中国の項には、バック原図による農業区分図が付されているのが普通だと思います。
    中国の農村に生きる人々を描いたパール・バックの小説は、夫であったロッシング・バックの影響を少なからず受けていると思います。

    バックの研究はその後批判にさらされ、問題がある部分もあるのですが、区分図そのものは基本的には今もそのまま地理の教科書に引き継がれています。

    ユーザーID:

  • ビジュアル大事典・この本も興味が湧きそう。

    「ビジュアル大事典世界の国々―美しい写真と地図が世界を語る」昭文社

    百科事典のような感じで小さな国まで写真つきで紹介されていますし、とても写真がきれいでした。

    ちょっとお高い本ではありますけど、文章を読んで、写真を眺めて、何時間でも楽しめそうです。

    ユーザーID:

  • パズル

    7歳くらいの時だっと思うのですが、親が世界地図のパズルを買ってくれました。
    各国がバラバラになっているパズルです。

    あのおかげで、小さいながらに、アフリカのソマリアの位置とか覚えました。

    今、38歳ですが、さまざまな出身国の人にあったり、ニュースをみたりする旅に、あのパズルで覚えた国の位置を思い浮かべます。

    ユーザーID:

  • 思い切り横ですが

    むっ娘さん、中一でパールバック読むなんてすごっ!!!!!偉っっっ!!!!

    今、そんなトピ主様の娘さんに心うたれました。たぶんそんじょそこらの大学生なんぞよりよほど
    教養ある、聡明なお嬢様と思われます・・。


    もうすでにレス中にありますが、今まで大して興味なくきたのなら、自分の興味あるものから広げていくのが一番かと私も思いますよ。

    「大地」なら、出てきた地名を地図で調べてより小説の理解を立体的なものにするとか。全部完ぺきにやろうとか、地理好きになろうとか、無理に思わないで、読書中、ちょっとこれ調べてみるか、と思えたときに地名を調べる、と言う感じで。それを癖にしていったら、地理だけじゃなく歴史やら言葉やら思想やらなんやらかんやら、たくさんの知識が得られる事と思います。
    学問は、何でも、どこかで関連しているものですよね。
    だから、読書をとっかかりにして、知識を深めるくらいの気持ちでやったら良いかと。

    ユーザーID:

  • 自分とのつながりから

    私は、小学生の時から地図を見るのが大好き人間だったので、地名はマイナーなところまで自然と覚え、地理も得意でした。
    私はニュースが好きだったので、事件が報道されれば、その地域を地図で探してました。
    どうやら、娘さんは、論理性があるということなので、「自分が今の暮らしはどのようになりたっているのか」という視点から芋ずる式に追跡すれば良いかもしれません。例えば、電気を使うならエネルギーが必要。そのエネルギーの石油は中東から来る(これで、イラク戦争の意味合いもわかってきます)。原子力のウランは、カナダから来る。自動車の鉄はオーストラリアから来る。野菜が台風のため高騰していますが、これを機会に野菜の産地を調べれば良いと思います。インターネットで検索して、複合的に検証すれば簡単にわかります。

    ユーザーID:

  • あー地図

    地理は一番得意でした。

    でもなんで地理が得意だったのかわからなかったのですが、皆さんのレスを読んで思い出しました。
    私も地図が大好きでした。とにかく授業中でもずーっと地図を眺めていたような気がします。ここにこんな山が…農産物が…
    数学のように公式を覚える必要もなく、英語のように文法を覚える必要もなく…。地理ってあたりまえのことばっかりだなーと。

    ユーザーID:

  • 感謝です。トビ主です。

    本当にありがとう存じます。やはり、好きな方のお話は説得力がありすばらしいです。私までもが地理、好きになってきそうな勢いです。

    皆様のお話を一人一人じっくり読ませていただきました。気がつかなかったことばかりで、新鮮で楽しいです。コピぺしてワードに残そうと思います。またこれから、必要な資料等を集め様とあれこれと作戦を練ってます。TVも録画して休日に見てみたくなりました。(私もみたくなりました)ゲームも私がほしい・・・。

    今日早速、リブロで大きめの世界地図を買いました。居間の壁に貼ったら、なんて素敵!地理が好きな方の気持ち少しわかってきたように感じます。ニュージーランドってなんて南の方にあるんだろう、って改めて思います。この日曜日には地図帳も色々見たてて買ってみようと思ってます。

    娘は絶滅種の動物に興味あるようなのでそこからも入れそうだな、などとおかげで気がつかせてもらいました。
    ほんとうに、ありがとうございます!

    ユーザーID:

  • トイレに。

    小学生の頃、トイレに日本地図をはってありました。(市名とかがでてる大きいやつと高速とか電車とかがのってるやつ)
    それを見て、「長野市」だったら、あぁ長野博だなぁ。とか芸能人と同じ名前の地名をみつけたりしてなんとなーーーく覚えていきました。

    トイレの地図、ふんばってるときの気晴らしにもなっていいですよ(笑)

    ユーザーID:

  • 大航海時代に一票!

    私も同じ事思ってレスしようと思ってました!
    同じ事思ってる方がいらしたので、何だか嬉しいわ。

    「大航海時代」は、中世の都市を貿易などして、レベル
    をあげていくゲームなんです。
    世界を実際に船で旅して、あの都市でこれを買って、
    こちらに何日か旅してこちらで売って、などを
    するゲームです。
    世界を隅々まで旅して、色んな発見物を見つけたり
    もします。
    都市の名前は本当の物です、地図見ながら旅をします。
    中学受験で詰め込んだ白地図の知識よりも、はるかに
    効率良く脳みそに入って来ますよ〜。
    ただし、ネットゲームじゃないタイプをさせましょう。

    ユーザーID:

  • 車もナビ無し(貧乏だから)

     私も地理好きでした。成績もよかったです、はい。
     子供の時から新聞などの読めない地名を親に聞いたり、電車で出かけたときも、ホームの駅名を読むのが好きでした。今も地図を見るのが好きで、一人で行った旅行先でもレンタカーをかりて観光地めぐりをします。ちょっとしたきっかけで(小説にでてきた地名、友達が越していった場所など)そこから自分で調べたり、興味がでるのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • トレーシングペーパーで長編小説専用地図を作る

    小説に地名が沢山出てきて、本に挿入された地図では細かい地名が載ってなかったりしたときに、自分の頭の中を整理するのに作ります。

    まず、地図帳の小説の舞台が載ってる辺りのページを広げる。
    トレーシングペーパーを乗せる。
    中国なら、海岸線・国境線・大河2本・北京くらいをなぞって書く。
    それから、小説に出てくる地名を全部書き込む。
    地名から矢印を書いてその先にその地でどんな出来事があったか書き込む。
    土地の食べ物や風俗について言及されていれば、そんなことを書き込んでも楽しい。
    同縮尺の日本地図を余白に書き込むと距離感がつかみやすくてなお良し。
    この地図を手元においてもう一度小説を読み直す。

    同じ小説が別口から観光ガイドのように楽しめます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧