血液型Rhマイナスのみなさ〜ん

レス39
お気に入り1
トピ主のみ0

ちゃぶだい

健康

私はRhマイナスB型です。
高校生時代、「授業がさぼれる〜♪」と受けた初めての献血後、ひとり保健室に呼ばれ「あなたは大変貴重な血液だったのよ」とこんこんと説明され、「貴重・希少」という単語とは無縁の人生と思っていたので非常に驚きました。
日本において(他国もでしょうか?)珍しいとされるRhマイナスの血液型、どれくらいの方がここを見てくださるか楽しみです。
どんな風に自分がRhマイナスなのだと知りましたか?輸血に苦労したというのはもちろん、他にもなにか困った体験はありますか?
それと、万一の事態(事故、病気の際の輸血など)に備えてのことは私はなにもしておらず多少不安があるのですが、「Rhマイナスのための血液バンク」みたいなものってあるのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本当です。嘘では有りません。

    私は、RH−のAB型です。
    事故や大病になったらどうなるんだ〜!
    近所にはO型のマイナスの人もいるよ。

    でもABのマイナスですよ〜。
    何かあったら大変だー!
    死を待つしかないのかな(泣)

    ユーザーID:

  • 私の叔父さんが・・・

    私ではないのですが,
    私の叔父さんがRH−のAB型です。
    トピ主さんよりももっと少ないであろう血液型かと。
    田舎に住んでいることもあるのか?,病院などに登録されていて,同じ血液型が必要な時などに呼び出されることがあるそうです。
    これぞ助け合い!!なのかもしれません。
    あと,私の友達でRH−のA型が先日出産をしました。
    1年くらい前に1度流産したことがあるらしいのですが,そのときは結構大変だったらしいです。流産をした時から何時間?かのうちに母胎に抗体を作らないための注射をしないといけないのだとか・・・。
    出産は大きな総合病院でないと・・・と言ってましたよ。
    今は,元気な男の子と母ですが・・・。

    ユーザーID:

  • 男の子さん、そんなことありませんよ。横ですみません

    RH−の血液型ではありません。

    職場で聞いた話なんですが、職場にRH−AB型の男性がいて、その男性は時々献血をしているそうです。RH−、特にAB型の人は血液センターかどこかで希少な血液型として特別に登録をされるそうです。

    万が一、RH−AB型の血液が近くで必要になったら、その男性は血液センターらしきところから呼び出しがあるのだそうです。
    RH−AB型。2000人に1人しかいない希少な血液型。あなたはとても貴重な方ですね。
    ちなみに私は、AB+型です。

    ユーザーID:

  • 両親はプラス

    我が家の子どもたち。
    上はRHマイナスO型。
    下はRHマイナスA型。

    そして、私たち夫婦は旦那はRHプラスO型で
    私はプラスA型。

    プラスの両親からマイナスが二人生まれました。
    OとAのカップルからはOとAしか生まれない・・
    確かにOとAなんだけど、プラスとマイナスなので
    結果、家族4人が違う血液型になりました。

    ユーザーID:

  • 献血で初めて知りました

    私はRHマイナスA型です。
    血液型がAだとは親から聞いて知ってはいたんですけど、実際にマイナスだとわかったのは30才の献血の時でした(恥)。新宿のセンターで献血したんですが結果が出るやいなや、登録カードというものを作らされ、その年のお正月には日本赤十字社から年賀状が届いたくらいです。(一緒にいた友達はプラスだったのでそんな事はなかったそうです)それだけマイナスって貴重なんだ!!てびっくりしました。
    今年出産したばかりなんですが、マイナスのためやはり出産後抗体ができるといけないので(第一子は大丈夫だそうです)抗体の注射をしました。それがまた高くて3万もしました。マイナスの人って大変ですよね。。

    ユーザーID:

  • 横ですが、

    >miminさん
    >田舎に住んでいることもあるのか?,病院などに登録さ
    >れていて,同じ血液型が必要な時などに呼び出されるこ
    >とがあるそうです。

    私の部長の奥様がRH−だそうです。
    大きな町(政令指定都市)なのですが、やはり病院に登録されていて、緊急時には血液提供で呼び出されるそうですよ。大変そう〜

    あと、妹の友人の母親がRH−で、第一子出産の時に抗体ができてしまったのか、第二子出産の時は大変危険な状態だったそうです。
    そして無事出産して母子共に健康だったときは、こりゃめでたいということで地元紙がわざわざ取材に来ました。(このとき生まれたのが妹の友人。)
    その後その新聞がなぜか所ジョージの「笑ってコラえて!」スタッフの目に留まり、この記事の主人公は今?みたいなコーナーに取り上げられて、全国放送されたそうです。

    ユーザーID:

  • 私も

    RH−O型でーす!
    高校生の時やはり献血で知りました。
    ビックリしましたよ。
    で、赤十字血液センターに登録しましたヨ。
    何年かして勤務先に血液センターから電話があり
    至急血液が必要との事で呼び出されました。
    なんか人の為に役にたったなぁ〜と嬉しく思った
    ことを覚えています。
    アレから10年近く経つけどお呼びはかからないなぁ〜

    ユーザーID:

  • 私ではないのですが…

    遠い親戚のおじさんが、Rh−AB型だと言っていました。
    かな〜り昔に聞いたので、詳しくは覚えていないのですが、何処かの機関?に登録していて、月に一回、義務的に献血に行っていると言っていました。それ以外でも緊急に血が必要な時は、呼び出されることもあると言ってたと思います…
    その機関の証明書?のような、自分の血液型が書かれているカードを何時も運転免許証と一緒に入れて持ち歩いているようでした。

    また、逆に何らかの理由で、自分に血が必要になった時に、そう言う機関?に入っていると優先的に血を輸血して貰えるとも言っていたと思います…

    血が少ないので、皆さんでネットワークを組んで助け合って行かれているようでした…

    ユーザーID:

  • A型のマイナスです

    A型のマイナスは比較的多いと聞いていますが、AB型は少ないそうですね。
    私は中学生の頃、盲腸になり、運ばれた総合病院で、初めて自分がマイナスだと知りました。
    両親ともプラスなので、家族中でビックリした記憶があります。
    私は病院から赤十字の血液センターを紹介されました。そこに行って登録して、自分の血液を保存する事も可能です。
    万が一の場合は、優先的に輸血の血液が届くとも説明を受けました。
    貴重な血液ですからね。気になるようでしたら血液センターを一度調べてみたらいいかも。

    ユーザーID:

  • 友人の母が

    私の友人(RH+A型)のお母さんがRH−B型でした。
    彼女にはお兄さんも居るのですが、彼女を出産した時は大変だったそうです。
    お母さんが、というより、彼女自身が生まれてすぐ黄疸が出て死にかけたとか。
    お兄さんの出産の際に、+の血液型に対する抗体ができて云々・・・という話しでしたが、大変ですよねぇ。

    でも、ちょっぴり−の血液型って憧れますね。
    珍しいって事で(笑)
    私はノーマルRH+O型です。

    ユーザーID:

  • 中学の時同じクラスの二人が

    AB型RHマイナスでした!
    二人は「すごい偶然! 一生連絡取り合っていこう!」
    と冗談(!?)で話していましたが・・・。

    本当に凄い事だったんですね!
    今頃「登録」されているのかも・・・とこのトピ見て
    思い出しました。

    ユーザーID:

  • 私の周りには沢山いるんですよ。

    こんにちは! かおりと申します。アメリカ在住なのですが、実はアメリカ人の夫と義母がRhマイナスAB型です。友人二人もRhマイナスですし、職場の同僚の中にもRhマイナスがいます。

    さすがに最初はとっても驚きました。でも白人(といってもアングロサクソン系とかゲルマン系とか、細かい事は知らないのですが)には、Rhマイナス型が多いようです。何パーセントの割合なのか、是非知りたいですね。

    ちなみに、アメリカには血液型占いというもがありません。アメリカに来たばかりの頃、自己紹介の時に血液型を言ったら、「何、この人?」ってな顔をされました。

    ユーザーID:

  • 夜中に電話かかってきました

    夫がRh−のO型です。

    結婚前に彼の部屋に居るときに、夜中兵庫県の病院(?)から電話があり「輸血が必要なので至急、来てもらえませんか?」という内容でした(当方神奈川在住)。

    Rh−という事を知らなかったので、ビックリしたのですが、彼曰くRh−の血液型の人は希少なので、何とか血液センターのような所に登録されて、何かあった際に協力を求められるとの事でした。

    上京前に関西で登録してあったデータがそのままだったので、兵庫県から電話がかかってきたみたいです。

    あの、こんな事言うのってとても失礼なのかもしれませんが、初めて聞いた時なぜか「不治の病」のようなイメージをしてしまい、大変ショックを受けました。
    冷静に考えれば、もちろん病気でも何でもないのですが、ドラマか何かのイメージで、ものすごく体が弱いイメージを勝手に持っていました(汗)。

    ユーザーID:

  • はぁ〜いぃぃ

    B型ってだけで日頃バッシングが激しいのに、同じB型(Rhプラス)の友人からも「やっぱりー!あなたと私が同じ血液型なんておかしいと思ったー。私の方が優秀だからね。Rhマイナスっていうのは、生命体としてマイノリティー、つまりRhプラスより劣っているってことよ」と言われ、しょぼん・・・。本気で落ち込んでしまいました。

    ユーザーID:

  • わ〜うれしい!!(トピ主です)

    初めて自分でトピを立てたのですが、こんなにたくさんのお返事がいただけて感激しております。「批判レスが来たらどうしよう・・・」とこのトピでどーやって批判が入るのか、いらぬ心配したりして。

    男の子さん、miminさん、ピタゴラスさん、マイナスさん、アップルさん、RH+B型さん、ちゃむさん、遠い親戚さん、ゆずみつさん、萌さん、ちぇるしーさん、私はO型プラスさん、かおりさん(なんと海外からも・・・)、もんさん、劣等動物(ヒドイ言われよう(笑))さん、お返事本当にありがとうございました。

    献血の呼び出し!そんなことがあるんですか。私のところに連絡きたら、もちろん喜んで協力しますよー!

    そうそう、妊娠(特に第二子)のことは保健の先生から説明受けたと思います。私は30代なかばで出産経験がまだなので、心配いらなそうです(ちと寂しい)。
    続きます。

    ユーザーID:

  • 続きです(トピ主です)

    無事出産で地方紙に載り、さらには全国ネットのテレビ番組!すごい!マイナスお母さんそして娘さんアッパレ!でも、それだけ大変なんだってことですよね。だって3万円の注射って・・・。

    白人系の方々は、マイナスって珍しいことではないんですね〜。知りませんでした!日本では、なぜこんなにかたよった配分になっているんでしょうね?興味あるなぁ。

    私の両親もプラス同士。不思議ですよね、プラス+プラス=マイナス?お子さん二人がマイナスだというお話にはほんとに驚きました。そんなことってあるんだ〜。

    そういえば昔のドラマって、薄幸の少女役といえば不治の病でRhマイナスで・・・がお決まりでしたよね〜
    しか〜し、なにを〜!Rhマイナスは劣等じゃないぞー!・・・でも「マイナス」って、なにやらヨワヨワなイメージ確かにありますね(笑)

    それでは引き続き、Rhマイナスの方もしくは知ってるよ〜という方、よかったら書き込みよろしくお願いいたします!

    ユーザーID:

  • 劣等動物さま

    二度目の投稿です。

    >劣等動物さま
    書き込み内容の意味が少々分からないのですが、劣等動物さまはRHマイナスのB型なのでしょうか?
    そしてB型というだけで日常周囲からバッシングが激しいのに、同じB型でもRHプラスの友人に、「私の方が優秀」と言われ、落ち込んだ、ということでしょうか?

    勝手な解釈で間違っていましたら申し訳ありません。

    とりあえず、プラスだろうがマイナスだろうが、B型というのは「他人に厳しく己に甘い、他人は加害者自分は被害者」が特徴です。

    ユーザーID:

  • 無題

    親戚夫婦に赤ちゃんが生まれましたが生後数週間で亡くなりました。当時私はまだ子供で詳しい病名などは解りませんでしたが、赤ちゃんの血液型はRh-AB型。輸血が必要でローカルニュースなどでも献血を呼びかけてもらったそうですが助かりませんでした・・・

    もう10数年も前のことですが、このトピを読んで思い出してしまいました。

    ユーザーID:

  • Rh+Oさん(トピ主です)

    小さな小さな赤ちゃん、血液が足りなかったのでしょうか・・・。日本では2000人に一人というAB型ほど少なくありませんが、同じ見つけにくい血液保有者として胸の詰まる思いです。

    反面このトピを立ち上げて、初めてRhマイナス同士による「助け合い」が当たり前に行われている様子をみなさんから教えていただき、なんというか一人じゃないんだな、という温かな思いも感じています。
    不幸な方を一人でも出さないよう、私もできる協力はなんでもしていきたいと感じました。

    ユーザーID:

  • ピタゴラスさんへ

    有難うございます。
    そういう制度があるのを知らなかったです。
    私も献血した事があります。
    知らない間に、ひょっとして登録されてるのですね。
    私も呼び出し受ければ、協力します。
    でも、AB自体少ないのにRH−のABって本当に貴重なんですね。

    ユーザーID:

  • もっと少ないサブタイプもありますから

    あまり心配しないように。

    ユーザーID:

  • 知らなかったです。

    献血するとそのようにいつのまにか登録されてるなんて初めて知りました。
    私も弟もAB型RHマイナスです。
    お互いに何かあったら助け合うようにと、幼い頃から言われ続けていました。
    ちなみに父もB型RHマイナス。
    大手術をしましたが、すべて自分の血液をあらかじめ多めに採血し、手術に備えて臨みました。

    ユーザーID:

  • 知人の話ですが

     RH−ではありませんが、友人がAB型+で、時々赤十字から「血液が不足していますので、献血にご協力ください」と連絡がくるそうです。なんかAB型友の会みたいな組織があるそうで。
     職場の人が超多量出血したときは、職場の同僚のみならず、その親戚他多数の人から輸血されて、「生きているのが奇跡」と言われたその人は今元気に働いています。確かAB型だった。
     あと、職場の先輩の姑が倒れた時、その人がそれこそRH−AB型で、全国規模で手術に必要な血液を確保したとか。貴重な血液型なので登録しているんだそうです。私ど田舎で看護師16年してますが、じつはRH−の人この時初めてお会いしました。しかもAB型なんて。

    ユーザーID:

  • 親子でO型RH(−)です。

    父と私がOのマイナスです。
    今までに父以外でマイナスの人に会った事なかったので、なんだか嬉しくて書き込みしました。
    自分の血を採っておけることとか知らないことも書かれていて為になるトピだな〜と思いました。
    以前、私は父から輸血して貰ったことがあるんですよ。
    病気の時に、病院にマイナスの血液がなく、父から貰いました。
    あのとき父がいなかったら、私やばかったかもです。
    献血はしたことがないのですが、登録とかして貰えるなら今度献血しに行ってみようと思いました。

    ユーザーID:

  • さっそく実行(トピ主です)

    職場近くで献血車を見かけたので、仕事さぼって行ってまいりました。
    20歳前後にヒドイ貧血を患い、以来どうも血が薄かったらしく、献血のたびに検査の段で「残念だけど」と断られ続けていましたが、実に久しぶりに健康な血だと太鼓判。400ml搾り取ってきました。

    医師さん、アルフォンスさん、書き込みをいただいてありがとうございました。

    むむ「サブタイプ」?初めて耳にする単語です。
    ちまたでは血液型占いが全盛ですが、血液型は決して4種類だけでくくれませんね。

    アルフォンスさんはご家族の中にRhマイナスが3人もいらっしゃる!それだけでも驚きましたが、ごきょうだいがそろってABマイナスとは・・・!文字通りにかけがえのない肉親なのですね。
    お父様(私と同じ!)の大変な手術は無事成功されたのですね、本当に良かったですね!そして事前に多めに採血しておくという方法も始めて知りました。

    ユーザーID:

  • 横にそれるのだけど・・・

    O型RH−の娘がいます。
    まだ献血できる歳までだいぶ間があるんですけど、
    16歳未満でも血液型登録出来る機関はないのでしょうかねぇ?
    (今のところ超健康そのものの娘ですが。)
    検索しても見つからない・・・

    ユーザーID:

  • 全くヨコデすが(わたしは+)

    RhーAB型といえば、山口百恵さんの「赤い??」。わたしはあのドラマでマイナスという血液型があること、それからそれが、特にABがすごく希少であることを知りました。

    あのころ、まだ小学生だったんですが、話題になり、マイナスの人が周囲にもいること(姉のクラスメート)が分かったんですが、その人は、実は親戚にも結構いる、と言っていました。トピ主さんはじめ、皆さんはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • ちょっと違うのですが

    私の兄はB型です。そしてなんとRH±!
    3000人だか5000人だかに1人という
    おそろしくレアな血液型だそうです。
    (父はAB+・母と私はB+)

    私か母以外のB型の血液を輸血してはいけない
    そうです。輸血できるのはO型の血液だとか。
    日本ではB型よりO型の方が多いそうなので
    問題ない・・・かな(笑)

    ユーザーID:

  • RH−の会

    私の母親がRH−B型でした。亡くなった母方の祖父も−だったようです。18年ぐらい前に母が事故で手術が必要となったときに、初めて知ったそうで、「RH−の会」の人から輸血して貰ったようです。母もすぐ入会して、何かあったときは献血するみたいです。ちなみにこの会、全国にあるのかはわかりませんが、2年に一度ぐらいの割合で集まって会合(?)みたいことをするようです。

    出産時に第2子がどうのこうの・・・って、前にも聞いたことがありますが、私が第2子なのですが、そう言う話は聞かなかったですね。今度聞いてみよう・・・・

    ユーザーID:

  • 私もです

    O型Rh-です。
    家は父がO型のマイナスで母がO型プラス。
    家族の半数がマイナスです。

    通常の献血はあまり保存が利かずに捨てられる事が多いと聞き(本当でしょうか?)
    少し前に成分献血をしに行きました。
    しかし血液を戻す際の血液の凝固を止める薬が合わなかったらしく両足が一時間もつりっぱなしで血圧が下がり点滴を受け、献血センターの閉館後も歩くこともままならなかった為タクシー券を頂きタクシーで帰りました。

    ボランティアのつもりがかえって迷惑をかけたと思い丁重に謝りました。
    献血センターの方も「二度と来ないで」と思ってるだろうと思いきや次の日に電話が入り体調を気遣っていただき「日にちも経ちましたら二回目いかがですか?」との事です。
    やはりマイナスは貴重との事ですし自分もお世話になる可能性もあります。

    成分献血は怖いですが普通の献血なら是非したいと思います。輸血の血が足りないがために命を落とす方がいては気の毒すぎますよね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧