夫との生活習慣の違い

レス32
(トピ主0
お気に入り3

恋愛・結婚・離婚

ベビーのママ

結婚して約1年半、夫はイスラム教徒でお祈りをします。ラマダンも朝の3,4時に目覚ましで、起きて食事をしお祈りをしようとしていました。

私は12時くらいにねていましたが、日中食べれない彼がどんどんさらにやせていくので、見るに見かねて、3,4時におきれない彼を起こして朝食を作ったりしました。私の生活時間も彼にとってよくないし、彼を支えようとすると、私は本当に寝不足で、ベビーのためにも不規則なのに、とてもしんどかったです。彼は料理が得意ではないので、自分の健康を守る食事ができていません。

また、日本はイスラム社会でないので、楽に生活習慣や食事をマネジメントすることは彼にとって困難です。私も働きながらなので、彼のために主婦をすることもできません。お互い自立して、かつ、協力しあえない限り、継続困難な結婚でした。ベビーもいるので、真剣に離婚か結婚継続か考えているところです。

生活資金は私がかせがざるをえないので、自分の生活を変更できません。食事、生活習慣の2点で、離婚を考えています。ご意見ください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ダルビッシュ投手のような子供が生まれても?

    きれいですよね。
    お母さんはふつうの日本女性の顔なのに、、、。

    ユーザーID:

  • んーっ

    ベビーのママさん優し過ぎるかも。
    料理が得意じゃなければ、
    教えてみてはいかがでしょう?
    それか、朝食は作りおきして、
    温めて食べてもらえる様にしてみては?
    3,4時におきれない彼なら、
    ほっておけばいかかでしょ?
    だってそれは彼の習慣で、
    ベビーのママさんに関係ないですしね。
    なんか旦那さん甘えてませんか?

    ユーザーID:

  • 順番違いますが

    普通は、やっていけるのかどうか、結婚前に自分自身で具体的に考えて、相手ともよく話し合ってそれから結婚するかどうかを決めると思うのですが。

    日本でイスラム教徒の配偶者を持てば、食生活など生活習慣の違いで苦労することはわかっていたはずなのにと少し不思議。

    貴女自身は改宗されてない?子どもはどうする?給食でもいろいろわずらわしい問題が起こるかもしれません。

    全般的によく考えて判断されることだと思います。
    普通は結婚前に考えるべきことですが、順番は逆ですが、結婚して今になってから「やっていけない」という結論になっても仕方ないかもしれない。

    イスラム教徒+日本人妻のカップルも少なくないと思うので、ご夫婦でそういうカップルにお話をいてどう切り抜けているか参考にさせてもらったら?

    励まされる思いがするかも?彼自身も自分で努力する気になるかもしれないし。

    あるいは彼の国に行けば、周りの多くがイスラム教徒でしょうから戒律は守りやすくなるだろうし、そういう選択肢も含めていろいろ検討してみればどうでしょうか。

    ユーザーID:

  • 離婚しましょう

    「ご意見を」ということなので思ったままを言いますが、では離婚しましょう。

    ただ、すごく不思議なのですが(それに他にも同じ意見の方がおられるでしょうが)ご主人は結婚後にイスラム教徒に改宗されたのでしょうか?
    もしも最初からそういう方だったのなら、結婚の時点の見通しが甘かったということもあるだろうと思います。
    もちろん今、言ってもしかたないことですし、離婚しようと思うとお考えのようだから言いますが、離婚しましょう。

    ユーザーID:

  • 何で結婚後に悩むの??

    結婚する前からご主人はイスラム教だったんでしょう??なぜ今になって生活習慣の違いで悩むんですか??
    私の主人はベジタリアンの中でもチーズ、卵などすべてだめなヴィーガンで結婚前はやはりうまくやっていけるか不安でした。結婚するからには離婚はしたくないので結婚前に2年間一緒に住みかれの生活習慣の違いをとことん理解しました。
    宗教の違いは結婚生活においてかなり重要な要素だと結婚前に気づかなかったんですか?
    なんと言っていいのかわかりません。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 離婚しては?

    子供みたいだね・・
    イスラムの人と日本人の違いを知らなかったですか?
    悔やまれるね・・それは・・・
    離婚するのが手っ取り早いです。

    ユーザーID:

  • 日本の他の宗教信者でも

    私は、日本におけるいくつかの宗教信者の方との交流があります。その中で、某宗教の教会を都会でなさってる方とお話する機会があったので、参考になればと思い書いてみますね。
    その宗教も、総本山的なところでは、夜中と思える早朝からお掃除やお勤めが始まります。ですが、各地の自分の教会では、地元の方々の生活時間帯に合わせて、内容を変化させていらっしゃるそうです。でないと、非常に近所迷惑ですし。
    教典って奥が深いもので、決して時間を定めて、行いを規制することではないのですよね。もし、本気で彼とうまくやっていこう!って覚悟しておいででしたら、まずトピ主様が、彼の宗教の教典など、悟りの部分を学んで、そして日本の現在の社会の中での生き方を彼に説明してみてください。

    ユーザーID:

  • 続きです。

    もし、彼の母国へ行かれても、こんどはトピ主様が馴染めずに体調を崩してしまいかねないです。最終的には離婚もやむを得ないかもしれませんが、まずは、できる限りの努力をしてみましょう。ただ、決して無理はなさらないで欲しいです。
    かつて、私が放送大学の多文化共生社会関連の科目を聴講したときも、同じ様な内容のフィールドワークの講義がありました。ふっと思い出したものですから、投稿させていただきますね。
    うまく、ご家族がお幸せにお暮らしになることを応援しています。

    ユーザーID:

  • 日本人はどういうわけか

    宗教が異なる人同士結婚しても何も問題がないと考える人が多いんですよね。

    もちろん、「異教徒と結婚したらダメ」と説いている宗教は、(メジャーな物では)寡聞にして聞いたことが無いので、そういう観点では確かに問題は無いのでしょうが、どの宗教も大抵は独特の生活習慣を伴うわけです(イスラム教のラマダンとか日々の礼拝などは非常にわかりやすい例です)。「文化が違う」とまで言い切っても良いのではないかと思います。

    文化が異なる人同士で結婚するというのは、相当な覚悟を持って臨む必要があるはずなのですが・・・。恋愛ならともかく、結婚は日常生活ですから。

    宗教というものに対して無関心なのも不熱心なのもその人の勝手というもので、私なぞが口を挟むことでは無いのですが、やはり「無宗教ボケ」は拙いだろうと思います。

    ユーザーID:

  • イスラム教

    イスラム教徒と結婚できるのはイスラム教徒だけだとおもったのですが。結婚するときに改宗しませんでしたか?

    ユーザーID:

  • こうなることは予測済みなんじゃないの?

     ふつうの日本人にとったらイスラム圏の教徒の生活って、私みたいな素人でも大体想像がつくし、ましてやお付き合いしてるときに生活習慣の違いを感じたり、色々質問してみなかったんでしょうか?
     ラマダンの断食や生肉を口にしない(でしたっけ)、アラーだかの神の方角にどこに住んでいようとお祈り、相手の国に行けば、チャドル(でしたっけ)とかで肌を覆う。男性主権の社会、etc,etc。
     イスラム圏、文化に対しズブの素人の自分でさえ、容易に結婚となると色々深く考えさせられる要素が多いな想像でき結婚は慎重になると思います。。。
     
     トピ主さんは、愛する人が国籍関係なく出会えるのは素晴らしいことだけど、相手と将来の未来図が描けず、子供のいる今、あーだ、こーだ言っても少し自業自得だと思います。私も国際結婚してますが、お付き合いの時に、自分の生活ペースに、この人なら無理はなさそうと判断しやはり正解で、相手の異なる文化生活習慣に違和感はなく順応してます。

    ユーザーID:

  • 私の夫もイスラム教徒です

    トピ主さんの大変さ理解できます。
    うちの主人は熱心なイスラム教徒ではないので、ラマダンもしてませんでしたし、お祈りも全然しませんが、やはり大変な部分が沢山あります。(食事とか生活習慣とか)

    ここは思うのですが、ラマダンの際に痩せていくのは当然だと思うので、ラマダンは永遠に続くわけでもなし、そのまま放っておいても大丈夫じゃないですか?

    旦那様が料理が得意でないと書いてありましたが、作りおきしてそれを食べてもらうのはどうでしょうか?(うちは主人の分はハラルフードで食材を買って、カレーを作りおきします。冷凍にしたりします。)
    もしくは旦那様にも最低限の料理はしてもらうとか・・・うちの場合、野菜(栄養)など足りない分は、簡単に取れるように野菜ジュースをジューサーで飲ませています。

    お子さんもいる事ですし、確かにイスラム教徒と暮らすのは面倒ですが、もう少し頑張ってはどうでしょうか?
    暴力や金銭面のトラブルや浮気があるわけじゃないんですよね? それなら、トピ主さんが放任してしまっても大丈夫ですよ。 彼も大人なんだし。

    ユーザーID:

  • 本当に大変ですよね

    なぜ結婚前にわからないのか、という不毛な議論は置いといて、今後のことですよね。

    まず実際的な改善策は本当に底を尽きているのでしょうか。
    朝食は、昨晩の残り物中心に前の晩に用意し、夜明け前にチンして食べてもらったり、イスラム系のスーパーが近くにあれば、ハラールのインスタント食品を買うことはできませんか。

    そしてトピ主さんの心の中の問題の本質は、本当に食事と生活習慣の2点だけなのでしょうか。
    お祈りがなぜそんなに大切なのか、彼にとって宗教が人生の中でどのような位置を占めているのか理解できますか。
    私の経験から言わせてもらえば、信仰生活を本当に理解することは、特に日本人には非常に難しいことです。
    信仰は信じる者にとって、人生の中心であり、生きる理由であり、何者にも冒し難い、唯一無二の神聖なものです。
    信仰者と信仰の間には、家族と言えども入り込めるものではありません。
    家族が同じ信仰でない場合、家族の疎外感の大きさは想像に余りあるものがあります。
    もし離婚したい理由の本質がそこにあるなら、修復は難しいかもしれません。

    ユーザーID:

  • よく分かりませんが、、

    イスラム社会で5年ほど生活していました。
    ラマダーンの月に断食したこともあります。
    でも、ラマダーンは1ヶ月しか続かないので、
    痩せても、元に戻れます。
    食生活と言っても、豚肉とアルコール以外は大丈夫でしょう。
    あとは、こだわるなら肉が問題ですね。
    でも、ちゃんと処理された肉を売っている店も探せばあるでしょう。
    それとも、彼は日本食が苦手なのでしょうか。

    >>また、日本はイスラム社会でないので、楽に生活習慣や食事をマネジメントすることは彼にとって困難です。

    イスラム社会以外で生活しているイスラム教徒は沢山います。
    『日本がイスラム社会ではない』という事実は変えようがないけれど、実際問題なにがそんなに大変なのか、
    文章からでは分かりません。
    お祈りすることが、『生活習慣の違い』という意味なんでしょうか。

    ところで、彼の方はこの問題をどう考えているのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 甘えすぎ

    中東に住み、現地企業で働いていたことがありました。

    ラマダンで痩せ細る? 通常は食いだめするから太るんですよね、あの期間…。ラマダンの後に「ダイエットしましょう」なんていう番組をよくやっていました。

    ラマダンが大変だと言いますが、考えてみてください。
    つまりは「朝が早くて、昼抜き、夕飯が遅い」という程度です。仕事がハードな人なら当たり前にいますよ。それを「痩せていってかわいそう」と考えるなんて甘すぎではないでしょうか。

    働いていた時、ラマダンを理由に遅刻早退する人もいましたが、社長に怒られ、ひどい人は減給されていました。イスラム社会だからって甘くはありませんでしたよ。
    ラマダンは彼らの神との契約です。朝が早かろうがお腹が空こうが、それでも日常生活をこなすところに意味があるのです。

    ユーザーID:

  • 起きられないのは放っておけば?

    友人のカップルが同じような環境です(未婚姻)。
    旦那さんがあなたに改宗を求めていないのでしたら互いの環境を尊重したいですね。
    食事は夜作りおきしておく等で回避したいですね。
    旦那さんが起きられないのは他人から言わせていただくと論外と言うか、ちょっと違うような気がします。

    あなたが睡眠不足等で仕事に支障をきたすと収入も影響を及ぼし生活自体が破綻すると思います。

    無理をするところ、我慢をするところ、を2人でよく話し合い軌道修正できたらと思います。
    そこでもし旦那さんが「君は僕のことを理解していない」的な発言があったのならさらに話し合うか、別の道を選択するかした方がよいと思います。

    ユーザーID:

  • 無理する事は無いですよ

    彼が起きれなかったら、それは神の思し召しでそうなったのですから、それで良いのです。彼が起きようと思った事に意味が有るのです。トピ主さんの日本人的生真面目さで相手をするのが間違いです。適当に温めれば食べられる物(スープとか、料理を冷凍してストックしておくとか)を勝手に食べさせましょう。神の思し召しで彼が起きれれば、勝手に祈って、勝手に食べますよ。

    それよりも、問題点は「生活資金は私がかせがざるをえないので」という点です。普通、イスラムの男なら、女性の父親にお金を渡して、つまり、経済的に安定を証明して、結婚の承諾を得る筈なのですが?彼は日本で仕事が無いのですか?彼の実家がそこそこの家庭なら彼の祖国、若しくは近隣の国に移ることも視野に入れて検討する事をお薦めします。(勿論、戦争の心配が無い場合です。)

    ユーザーID:

  • 日本人同士でもあると思います。

    トビ主さん、仕事に、ベビ−にだんな様と大変ですね。私にも外国人の夫がおり、夫の習慣になかなかなじめず苦労しています。確かに皆様のおっしゃる通り、「見通し」が甘かったのかもしれません。

     しかし、今回の問題に限っていえば、まずはだんな様にお料理を覚えてもらうまたは、インスタントの食事を覚えてもらえばいいのではないですか?女性が食事を作るべき!とのお考えをお持ちかもしれませんが、トビ主さんがお仕事もされているのですから・・・
     私が以前留学していた国の寮にも、イスラム圏の方が沢山おりましたが、毎年この時期は皆スリムになっていましたよ。終わればすぐに元通りでした。

     また、朝の6時ごろ食事をしている方もいました。太陽が出るまでに食事はいいといっていました。

    ユーザーID:

  • 秋さんへ

    ダルビッシュのような子供欲しいですか?

    幾ら報道陣に対していらついていたとはいえ、報道陣に対して「死ね」と言い放った男ですよ。しかも、喫煙疑惑まであるんですけど。

    幾ら、スポーツが出来ても、性格・生活態度がそんなんじゃね・・・。

    ユーザーID:

  • イスラムの彼と住んでいます

    私の彼もイスラムですが、私は放置していますよ。
    彼はかなり不真面目な信者なので、お酒は飲むし、豚肉は食べるし、お祈りなんてラマダン中に5日ほど、しかも1日1回〜3回しかしませんでした。ラマダン自体も守っているようには見えませんでした。だから、一緒に居て違和感がないのかも知れませんが。。。

    で、その気が向いた時のラマダン行動として、早朝の食事やお祈りはしていましたが、私は特に何もしませんでした。物音でこちらも起きてしまいますが、自分の生活ペースを崩したくないので、ひたすら寝ます。

    旦那さんが食事の用意を強要しているのでなければ、他の方もおっしゃるように、温めるだけのものがあれば良いのではないでしょうか??

    ユーザーID:

  • 工夫できますよ

    私の夫はスーダン出身のイスラム教徒です。宗教というものは(特にイスラム教徒にとっては)おなかすいたなーとか面倒だなーとかいう感情とは全く別個のところにある、本質的な心の支えであり、柱であり、一番大切にしているものだと思います。だから、ラマダンで痩せて心配、というのも、本人が断食実行することで神に忠実であるという自尊心を満足させているのですし、したくてしているのですから、口をはさむことではないと思います。そのぶん、食事できるときは栄養素の高いものにするとかの工夫をすればいいのでは。(ちなみにうちは断食する時もそれほど痩せないしつらそうじゃないんですが・・・個人差でしょうか?)朝食も、作り置きで良いのでは?パンとおかずと・・・チンできるようにテーブルに寝る前に置いておくことはできないんですか?その他生活習慣については、私はお祈りとラマダン以外特に大きな違いを感じないのですが、そんなに大きなことでしょうか?そういえばお祈りの前は必ず足を洗いますよね。それくらい?とにかくイスラムを意識しすぎだと思います。相手が日本人でも生活してれば習慣の違いなんかは出てきますよ。

    ユーザーID:

  • これくらいで、離婚????

    周囲にムスリムと結婚している友人が多いです。
    私自身、イスラムにはかなり深く傾倒しています。

    まず、結婚前に色々な生活習慣の違いを話さなかったのは???。
    だんな様が、ゆるゆるムスリムならともかく、
    それだけ厳格な方だったら、余計に。
    そういうことは、結婚前に分かっていたことですよね。
    奥様の改宗は義務だと思われますが、形だけで良し、ということになってますか?
    ストリクトなムスリムのだんなさんだと、
    今後子供の食生活に関しても、
    かなり問題が出てくるのではないかと思います。
    特に、子供を保育園に預ける場合などに。
    私の友人は、豚肉が出る時はお弁当を持たせるとか、
    自衛しています。
    アレルギーのある子供のお母さん達に比べれば、
    自分は楽な方よーとも言っています。

    だんな様の収入が少ないのであれば、
    料理を覚えてもらうとか、
    それを期待しないのであれば、
    お弁当を持たせるとかしないと。

    縁があって結婚したのですから、
    これくらいの習慣の違いで簡単に離婚、
    なんていわないでください。
    安易に結婚、安易に離婚・・・
    では、お子さんがかわいそうですよ。

    ユーザーID:

  • 日本の方と思って書きましたが

    赤ちゃんがいらっしゃるのですから、赤ちゃんにとっていちばんいい方法を考えてあげてほしいです。もちろんトピ主さんのお身体も大切です。トピ主さんがダウンしてしまったら、赤ちゃんも困りますしね。ご夫婦で相談されて、最終的には赤ちゃんを優先させてあげるかなあ。

    ところで、私はトピ主さんの旦那様は日本人でイスラム教徒かとお話を読んで感じたのですが、国際結婚なさったのですか?国際結婚だとしても、インドネシアやマレ─シアかもしれないし、アメリカにも中国にもイスラム教徒の方はいらっしゃるはずですし(もちろん日本にも)。
    あと、ダルビッシュさんのご家族はムスリムではなかったように思うのですが…お父様はイラン人ですけれどね、そして確かに美少年ですが…

    ユーザーID:

  • ママさんへ。

    ちょっと、考えてみました。(詳しい状況がわからないので、的はずれな提案だったらごめんなさいね。)

    ・まず、旦那さんにママさんの困った気持ちや精神的な疲れを正直に話してみて、旦那さんの反応・考えを聞いてみては?その上で、旦那さんに、ママさんに心配をかけないよう、もう少し自立してもらう(みゃーさんのように、食事面からでもスタートする)。

    ・最寄りのイスラム寺院に足を運ぶなど、似たような人たちのコミュニティに参加してみる。アドバイスとか、乗り切る策とか教えてもらえるかも。

    ・旦那さんにも、日本の生活習慣を身に付けてもらうなど、ママさんと上手にバランスがとれる努力をしてくれるといいですね。では。

    ユーザーID:

  • うーん

    結婚する前から分かっていたことではないのでしょうか?生活習慣の違いは、日本人同士の結婚においても
    生まれ育った環境等により違います。赤ちゃんも
    いる事ですし、乗り越えていってほしいです。
    とは言え、トピ主さんの選択あるのみです。
    誰も発言に責任はもてないのですから。

    ユーザーID:

  • 生活習慣の違いというより

    ・彼は料理が得意ではない
    (自分で自分の世話をみれない)
    ・生活資金は私がかせがざるをえない
    (彼に生活力がない)

    この2点の不満を、食事と生活習慣が
    違うという問題にすりかえているのでは?
    と思ってしまいました。

    手のかかる乳幼児の世話をしながら、
    世話のやける夫の面倒を見るのだけでも大変なのに、
    稼いできて養ってくれてる訳でもない。

    ってことですものね?
    こういう夫婦の負担分担がうまくできていない
    問題なら、宗教関係なくよくある話だと思います。
    この場合、話し合って改善する余地があると思いますが・・・

    本当に食事と生活習慣の2点が問題なら
    変えられるものでもないでしょうから
    離婚するしかないでしょうね。
    ただ、私も「何で今更?」とは思います。

    ユーザーID:

  • 放っておけば良いと思いますが・・・

    私も朝起きれない事や、食事の面に関しては彼が自分ですべきだと思います。
    みなさんの言う通り宗教は深くてなかなか理解出来ない面もありますが、彼があなたに朝起こす事や、食事の面倒を望んでいないのであれば、今のままでも良いのではと思います。恐らくあなたがとても優しい方だと思うので、ご自身が絶えられないので?と思います。
    元々生活習慣が違うのですから、あなたが無理してしまうと、お子さんまで犠牲になってしまうような気がします。
    イスラムの方と結婚するのは、私も改宗しないとダメなのかな〜と思っていましたが、別に必要無ければ、彼は彼、あなたはあなたでそれぞれの事は自分ですべきでは。私は日本人の無宗教感は(基本的には日本人は神道らしいですが)日本の素晴らしい面でもあると思っていますので、変に自分の望んでいない宗教を信仰する必要は無いと思います。(トピずれて、すみません)。

    ユーザーID:

  • 相談する場所。

    http://islamcenter.or.jp/
     イスラム教の日本内団体などが存在し、Webサイトもありますので、日本の生活との折り合い方法等は、このような場所で相談されてみてはいかがでしょうか。
     また、コーランでは、命の危険が発生した時や回避できずに戒律を犯す事については意外と寛容に書いてあります(矛盾しかねない事も書いてある!)ので、コーランの該当箇所を探して旦那さんに読んでもらう方法もあります。(絶食に関しても、体調が優れない時はお休みしたり回避できるとコーランに書いてあります。休んだ分は別の時期にやればいい話です。)

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    いろいろとご助言ありがとうございます。
    私に精神的苦しみがあり、彼はそれを助けたかったし、私は彼の不法滞在を解除したかった。ただ、ほとんど、メールと電話だけの友人でした。苦しみの中でキリストの人類に与えたインパクト・意味を理解し、その延長でマホメットのしたことの意義を理解しています。風習は違うけど、そこにある愛は同じである。キリスト教の延長で、名前だけつけてモスクでも、4人の前で結婚を宣誓しました。ただ、私の家族の許可と祝福はないままに。風習を中からみるのは 興味深かったし、心の安らぎを得られた瞬間もあった。しかし、生活し食べていかなければならない現実のなかで、私は自分の職場・目標を捨てられず、私の生活圏内に彼を呼びました。一緒に暮らすことがビザを認められるために必要だったので。

    ユーザーID:

  • それから。

    資金のないままの結婚で、彼も私も真剣に働いてためなければならない状況でしたが、私に彼に百万円単位の資金提供を行うゆとりはなく、貸してほしいといわれて貸した30万円でもへとへとでした。ビザを得るまで、働かないでもらうため、自分の収入が右から左へ流れた上に、アクシデントで妊娠してしまいました。妊娠しないから、といわれつつ、アウト。で、中絶はしたくなかったものの、経済的事情を考えたら、無理、、、そこを押して出産がんばりましたが、彼はそれまでのけんかで、私からのクレームで疲れ果て、私は資金の不安で疲れ果て、彼は離婚を決意しました。出産後、ビザが取れたにもかかわらず、彼は自分の稼ぎがすべて生活費に消えるのもいやだったのか、彼はお金を借りて2ヶ月近く帰国し、わたしはへとへとになりながら、子育てしました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧