夫婦共働きの方に質問です。

レス22
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

さよ

私は現在、大学3年で、就職について色々と考えています。その中でハッキリしていることは、定年まで正社員として働きたいということです。
リストラとか、倒産とかで正社員ではなくなるというのは仕方ないと思っていますが(非常に困るけど)、悩んでいるのは、結婚してからも続けられるかどうかです。
私の目指している職種だと、転勤がある会社が多いようです。転勤自体はどうってことありません。
でも、もし結婚したら……と余計な心配をしてしまいます。
ご夫婦で、別居してそれぞれ仕事を続けていらっしゃる方々って多いのでしょうか?
もしいらっしゃるなら、ご意見聞かせてください。
就職活動もろくにしてないのに、ホントいらぬ心配かもしれませんが。
というか、女性がずっと働き続けるのって今でも難しいですか?
結婚とか、出産とかそういうものを諦めないといけないのでしょうか?
結局、どちらを優先するか ということなのかな。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たいへんではあります。

    仕事と家庭の両立、ラクチンとは言えません。

    わたしは既婚ですが新婚でまだ子供がいないので、共働きでもそれほど負担には思いませんが、出産・育児をなさっている働く奥様方(周りにいっぱいいます)はやっぱりたいへんそうだなぁと思います。

    でも、たいへんそうだけどすごく幸せそうで充実なさっている方が多いのもワーキング・マザーの皆さんです。いろんな価値観があると思いますが、わたしから見ると女性として人間としてしたいことやすべきことをして、すごくカッコイイなぁと思って憧れています。

    さよさんはどんな人生が歩みたいですか?どういう人生を望むも、さよさん自身だと思いますよ。

    ちなみにわたしは今のところ転勤のない仕事ですが、もし別居になることがあったとしても夫は納得してくれるそうです。ですので、転勤についてはそれを許容してくれる配偶者との結婚であれば問題にはならないと思います。

    ユーザーID:

  • どこかに妥協を

    私の場合やはり、結婚後も定年まで働きたいという希望が大学時代からありました。
    そこで、まず就職時につきたい職業(勤務先)のところを目指さず、とにかく続けれそうなところを探して就職しました。当時私の職種は引っ張りだこで(専門職)就職を決めれば就職祝い金が出るところや、高待遇で就職させてくれるところが多かったです。
    同級生はそれにひかれたり、おだてられて就職した人も多かったですが結局ハードな仕事なので結婚後はその職種のパートに切り替えています。私は結婚後そうなることは充分わかっていたので、当時は彼女達より、地味で給料が低い所で出世も遅い所を選びましたが、コツコツ共働きをして満足した生活を送っています。同級生の彼女達は今私の職場のパートで数名来ていますが、私より大学時代、成績もよくとてもよくできた子だったのに下働きのようで本当に正職員で働かないことは能力が充分発揮できずにもったいないことだと実感しています。あなたも今少し就きたい仕事を少し柔軟性をもって続けられる仕事は何か考えて活動してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • ある意味可能、別居は反対だけど。

    主人が子供のお世話も良くしてくれるので私は働いています。買い物も一緒に2週間に一回皆で買出しに行ったり幼稚園の送り迎えも二人で分担、忙しいときは主人に食事も作ってもらってます。ただし別居は主人の国ここヨーロッパではあまり考えられません。
    子供も可哀想だし、やはりパートナーと一緒に過ごす事が大切なんですよね。
    私も家庭を第一にした上での仕事です。だから成り立っているのかも?ちなみにフルタイムではありません。子供のお友達を家に呼んだり、習い事もありますから。月から金までスケジュールびっしり 笑
    朝も5時起き。
    子供が病気をすれば休めるほうが休みますし、子供の夏、冬休みも計画して一緒に休暇をとります。
    結構考えているより大変です。海外在住なので家族のヘルプも一切ないですし。
    でもお互いの努力とあなたのパワーで可能にはなるのではないかしら?

    上手くいくといいですね。

    ユーザーID:

  • いっぱいいますよ

    教育関連の会社に勤めています。社内に託児所があるような会社なので、ワーキングマザーは多いです。一生働き続けたいなら女性にとって働きやすい会社を選ぶことが重要です。女性総合職を積極採用していても、結婚退職が不文律のようになっている会社もあります。特に社内結婚だと、女性が退職するのはあたりまえという会社は多いです。学生時代の同期の話を聞いていて、妊娠をきっかけに肩たたきがあった人が沢山いますから。会社を選ぶときは会社パンフや説明会だけじゃなく、OGに会って話を聞いてみてくださいね。

    ただし、女性にとって働きやすい会社とは、女性が優遇される会社ではありません。子供がいようが男性と同じ働きを求められます。その変わり昇進、待遇の差別もありませんけれど、子供が熱を出しても夜の8時9時までは退社できません。託児所があるのでなんとかやっていけてますが、時にはシッターさんを頼むこともあります。子供に申し訳ないと思うこともありますが、私の両親も共働きで母をとても尊敬していたので、私も母と同じ生き方を選びました。よく考えてくださいね。

    ユーザーID:

  • 要は職業の選び方につきます

    大学卒業時に地方公務員と企業に受かったのですが、
    給料や最先端!といったビルの雰囲気、
    勤めている人々のスマートな服装などに圧倒されて、
    有名企業に就職しました。愚かで笑ってしまいます。

    出産も育児もしながら、しなやかに生きていきたい!
    と思っても無理だったので、26歳で辞めました。
    その後大学院で勉強して、
    今度は子育てと両立可能な仕事に就きました。
    夫とは、家事育児は半分ずつ分担しています。
    しなやかではなく、ヘトヘトボロボロな毎日ですが、
    子供は日々大きくなるのでこういう生活も
    長くてあと10年でしょう。

    医師になった友人は、子育てしながらパートタイマー
    として1日5時間働いています。
    会計士の友人もパートタイマーで6時間勤務。
    弁理士の友人も同じく。

    要するに、専門性と希少性がキーワードで、
    一時期仕事のペースを落としても継続していれば
    フルタイマーに戻れる仕事はたくさんあります。

    私は愚かで回り道をしましたが、
    さよさんは若いときに大切なことに気づいていて
    頼もしいですね。
    どんな職業が両立可能か、
    その職業に就くためにどんな努力をするべきか、
    よく情報収集してください。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 多分大変だよ

    現在子なし共働き(私は正社員です)

    就職先はできれば大手OR外資で女性の職場復帰が多いところが良いです。(公務員もいいですね)

    よくを言えば女性管理職が多いところが良いでしょう。
    その会社で産休復帰、管理職など第一号とならぬことです。

    また、夫の理解、援護は当然ないと正社員続けるのは
    難しいです。

    あと、40,50歳で大手企業一般職で末永くというのは将来は通用しないでしょう。常にスキルUPの精神が必要です。(現在での40歳ただの一般職を雇える会社は若干ですので)

    上記、条件満たす会社、環境は少ないので、結婚、出産を機会に退社する人は非常に多いです。

    私自身も定年までと思ってますが、なかなか管理職
    の椅子を得るにはイバラの道かなと思います。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    夫は同業者で,仕事の都合で別居中です.
    夫は私が仕事をすることにとても理解があって,私が挫折しそうになっても,励ましてくれます.
    仕事を続けながら出産するのは大変そうですが,不可能ではなさそうです.いざとなったら辞めてもいいと覚悟を決めて出産を試みたいと思っているところです.

    幸せの形は人それぞれ.多分私たち夫婦にとっては,二人とも仕事を続けるのがいいような気がしています.
    やりがいが感じられて,ずっと続けていける仕事をじっくり探してくださいね.
    それから,結婚する相手次第でもあると思いますので,価値観の合う人と出会うことを祈っています.

    ユーザーID:

  • わたしのアドバイス

    コドモが5歳になり、保育園に預け仕事をしています。
    社員ではありません。平日5日間です。
    うちはだんなさんも土日休みで、比較的帰りが早いので家族でいる時間も長く今のペースがとても心地よいです。
     
    私は5歳まで専業主婦でコドモと一緒におりました。
    赤ちゃんの頃から預けて働いているお母さんはきっととても大変だろうなと思いますよ。

    私が言えることは、実家の近くに住んで祖父母を頼る・甘える事!ができたらいいなと思います。私は自分の実家が近いのでその点、アドバイスさせていただきます。

    将来就く仕事や、結婚するだんなさまの仕事や性格にも左右されると思いますので今はなんとも言えませんが、とりあえず転勤のない正社員の仕事を(できれば地元で)探すのがトピ主さんの希望に(今の段階で)1番はずれない道かなと思います。

    あとは「絶対負けない!くじけない!」という気持ちを持ち続ける事です。

    ユーザーID:

  • 完全な予測は不可能

    今定年まで働くつもりでいても、会社が倒産するかもしれないし、合併してリストラされるかもしれないし、会社の将来を予測することはできません。(今、15年前に社会に出た時には全く想像もしなかった世の中になっています。)

    また、会社が安泰だったとしても、自分に何が起こるかわからないし、家族の誰かに何が起こるかもわからない。とにかく、どんな状況になろうと、生き抜いていける力をつけていくことが大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 確かに難しい。

    私も一生働き続けるものだという前提の下、
    就職しました。
    就職活動でもそのように述べました。

    しかし、現在は、3児の母、専業主婦です。

    1児の母、の時点までは産後復帰して、がんばりました。
    しかし、それは、実母が全面的に、育児、家事をフォローしてくれたからです。

    私の職種は国内・海外出張あり、夜は23時帰宅、というのも当たり前でした。(もちろん節度をもって働いているママもいますが、私は仕事を優先させた。)
    出張中や、深夜、子供が病弱で、熱を頻繁に出したり、アレルギーをもっているとなると、乳飲み子の育児を代行してくれる誰か、(実母でもベビーシッターでも)が必ず必要になります。
    そして、やっぱり育児、家庭のあり方、に自分自身疑問を感じ始めました。選んだのは家庭、で退職しました。

    子供を人任せではなく、自分で躾、教育したかった、というのもありました。

    ユーザーID:

  • 覚悟でしょう

    結婚後、子供を育てながら共働きが可能か?
    難しいです.本当に.本人の覚悟と夫の覚悟.双方、及び子供の健康が最低前提だと思います.

    我が家では3年前から夫が単身赴任です.期限なしなのでいつまで続くかわかりません.幼い子供のことを考えると一緒に暮らすのが一番です.私も(他にも理由はありましたが)うつで休職しました.

    でも、我が家では、「リスク分散、共働き」が大前提として決められているため、転勤、発病の際も私が仕事を辞めるという選択肢はありませんでした.ある意味変かもしれません.(職場でも変人扱い)

    金額的なものではないんです.生き方です.
    結局のところ、まず自分の覚悟があって、その考えにどれだけ本気で賛同してくれるパートナーを見つけられるか、が重要ではないでしょうか?家事の分担がよ話題になりますが、本気で共働きを望む夫は何も言わなくても家事をします(一緒に住んでいる時).育児に料理、買い物、全てやります.

    繰り返します.自分の覚悟とパートナーの覚悟、そして運です.

    ちなみに、子供を産む前は、もし子供が虚弱だった場合は、いくらなんでも仕事を辞める事も考えていました.

    ユーザーID:

  • 別居しないなら転勤もあり。

     私も現在1歳半の子供がいるワ-キングマザ-です。シフト勤務で、主人と休みが合わない事も多く、それだけでもすれ違いを感じます。もちろん休みが合う日や自分が休みの日の夜は家族団らんの時間としてとても有意義に過しています。

     ただ、子供を欲しいと考えているのであれば旦那さんを専業主夫にするか、パ-トにしてあなたの転勤に融通を利かせられるようにしなければ難しいと思います。

     子供は思っている以上にデリケ-トで、スキンシップが足りなくても病気になります。私の仕事が一番忙しく、朝しか子供と接する時間が無かった時期がありましたが、その間子供はず-っと風邪をひきっぱなしで、しまいには入院してしまいました。以来、私は子供との時間が取れることを最優先に考えて仕事を調整しています。

     そしてこんなに小さくても両親そろって食卓にいるときの顔は全然違います。ものすごくうれしそうだし、食べる量も増えます。家族でそろってご飯を食べるということはとても大切なんです。

     後一年、色々な企業でバイトをして働くお母さんたちを見てみるのもいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • FTA締結に期待していまーす

    私は30ですが、私達の世代ではたしかに一生正社員でいるのは難しいです。色々な条件が揃っていて、かつ多くの犠牲を払わないと正社員は続けられません。
    でも、世の中はどんどん変わっています。20年後には、女性でも定年まで働くのが当然の社会になっているかも知れません。
    うーん例えば、テレビのニュースでもやっているように東南アジアとのFTA協定により福祉分野に労働力を輸入する見とおしです。介護を安い労働力に任せられるし、シンガポールや欧米諸国のように安い賃金で住みこみベビーシッターを雇うようになれば、子どもへの精神的負担をあまりかけることなく母親が外で働けるようになります。そして少子化にも歯止めがかかるでしょうね。
    移民についての話は、長くなるのでここでは書きませんが、私はFTAが締結されることで日本の労働環境、、、特に日本女性の生き方は大きく変わると思っています。未来はどうなるか分かりません。トピ主さん、まだ若いのですから、制約に負けて縮小均衡しないで、一生やりたいと思えることを仕事にしてください。

    ユーザーID:

  • やってみなくちゃわからない

    私もずっと働き続けたいと思っています。
    今度結婚して、遠距離別居婚になります。
    子供ができたら・・・とかいろいろ考えますが、
    できるところまでやって、できなかったら仕事変えればいいかなと思っています。

    就職の状況とかも時代によって変わるし、
    周りの状況も変わります。
    20歳の時の考えと25歳の時の考えも変わります。
    何がそのとき大事かなんて、そのときによって変わります。

    今、仕事は大切だと思っていますが、
    仮に両親がいっぺんに倒れたら、すぐやめて地元に帰るだろうし、結婚してだんなが大病でもして働けなくなったら、どんなに大変でも自分が働き続けるだろうし。

    今、自分がしたいことをするのがいいと思いますよ。

    それから、どんなに大変でもすっごい楽しいこともあるし、らくだからって楽しいわけでもないでしょ?

    がんばってくださいね〜

    ユーザーID:

  • 全てあなた次第

    私は既に会社に勤めている転勤もあるいわゆる世間でいうキャリアウーマンというやつです。ウチでは海外転勤している女性もいます。でもどれを見ても旦那様の理解と、自分の努力次第だと思います。うまくいく人とは、仕事とか離れて暮らしている事なんて、関係ないと実感させられます。
    それから、実際に仕事し始めると、本当に自分の価値観は変わりますよ。だからまだ先の事を心配して行動を制限するのはお勧めしません。今やりたい事をやってみて、駄目ならきっと何か別の事をやるでしょう。でも、就職だけは、特に女性総合職なら、新卒でないとなかなかなれるものではありません。だから兎に角就職だけはすると良いのではないでしょうか。辞めることはいつでもできるのですから。それに仕事を始めれば、そんな簡単な気持ちでは仕事はできないとわかると思いますが。本当に仕事をしたいのなら、結婚とか転勤とかそれが原因で就職で悩むような事はないと思いますよ。仕事も恋愛も両方とも私には大切だし、以外と理解してくれる男性は最近は多いのでは。就職一生懸命頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • 将来は誰もわかりません

    大学生でそこまで考えているのはすばらしいと思います。
    ただ言えることは、将来は誰にもわかりません。
    私は結婚を期に、地元を離れそして会社を辞めました。(今はフルタイム契約、残業あり、で働いています)。ただ大学時代はそのようなことは夢にも思わず、就職した会社で働いてキャリアを積むのであろうと思っていました。現在住んでいるところは、プライベート、仕事どちらにおいても全く縁の無い土地でした。前置きが長くなりましたが、本当にこの先何が起こるかわかりません。その備えとして、何が起きてもいいように3年(とりあえず)くらい先までのキャリアパスを考えて仕事はしていくといいかも知れません。私の周りでは結婚による退職は余り見かけなくなりましたが、出産して退職されるかはまだ全体の半分くらいいらっしゃいます。(コンピュータ関連でとても忙しいので)ちなみに私は今就職活動中ですが、転勤で別居でもいいかなと考えています。(但し夫やその土地の環境によるので要注意、こればっかりは一概に言えません)。最後に「そのときはそのとき」が救いになります。

    ユーザーID:

  • 難しい場合もありますが

    わたしも定年まで勤めるつもりで共働きをしてきました。わたしが選んだ職業は定年まで共働きで勤める人の多い,女性には働きやすい職業でした。出産・育児で辞める必要はありませんでした。
    が,親の介護だけはどうにもならず,誰かが辞めなければどうにもならない,となったときに誰が辞めるかと考えたら,それはわたしでした。
    悔しかったですよ。さんざん泣きました。人生努力だけでは思うようにならないこともあるんだなと思いました。
    でも,今はその介護も終わり,フルタイムでバリバリやっていた頃とは違う形で職歴を生かした仕事をのんびりとやっています。

    正直言って,女性が仕事を続けるのは今でも難しい部分はあると思います。(何事も起こらず平穏に過ぎればいいのですが)
    でも,先を案じてやる前から諦めても仕方ない。
    もし途中で自分が思い描いたような人生が予定通りに歩めないことになっても,やってきたことは決して無駄にはなりません。
    ぜひがんばってください。

    ユーザーID:

  • みなさんスゴイですねぇ。。

    横ですが、レスされてる方のほとんどが専門職とか海外出張があるとか、いわゆる普通の一般職でない事にビックリしました。小町の利用者ってそういう方が多いのかな??
    私は俗に言う一般職、12年目の古株です。会社は従業員4000名程度の規模で、地元本社の自宅から通勤できる会社です。子供は3歳と1歳、正規従業員です。職場は就職活動の学生の方にはおなじみ(笑)の、人事担当者です。
    仕事は基本的に「残業はしない」「休日出勤はしない」をモットーにしています。子供ができる前は深夜労働当たり前、休日も普通に出勤してました。
    女性が働き続ける事ができるポイントはいくつかあるでしょうが、そういう私のスタンスを認めてくれる職場である事と周りと信頼関係を築ける事、子供がいる事で仕事から逃げない事、パートナーが自分の職種及び職場を理解してくれている事が大切じゃないかな?
    総合職も専門職もそこで頑張っているハハは社内にもいますが、息長くやってゆきたいと思うのであれば一般職も捨てたもんじゃありませんよ。

    ユーザーID:

  • もう疲れました

    この8年、ずっと共働きで家事も98%しています。旦那を教育する暇も根性もありません。手伝ってといってもテレビを見ながら転がっています。それに腹を立てているような暇がないのです。

    自分の母親に「経済的自由がない=本当の自由がない」というようなことを言われ続けてきたので、ずっと、「一生働こう」と思っていましたが、33歳になって体力も失ってくると、「もっと稼ぐ旦那と結婚して仕事やめたほうがよかった。。。」とおもいます。

    それに仕事が事務とはいえハードでもあるので、こんな生活を続けていると返って体をダメにしているんだろうなーと実感します。

    新卒の頃は営業もしましたが、あんなことはもうできません。

    トピ主サンの考えにはエールを送りますが、逃げ道と言うか、保険(ある程度の稼ぎの男性と結婚)も用意されたほうがいいかな(笑)

    ユーザーID:

  • もう疲れました 2

    楽な仕事じゃないと結婚も子供もっていう状況では、仕事は続かないです。私は転職を重ねて比較的楽に高給になってきましたが、なかなか、、、、仕事が超楽なときは家事も元気にこなせましたが、部署がちょっと移動していままでの10倍くらいのいそがしさになったら途端に家事がとどこってきました。。。。

    仕事が続けやすいかどうかっていうとかなり限られるのではないでしょうか。仕事の続けやすさを優先するなら、仕事の面白さとか好みはこの際、考えないほうがいい選択になるかもしれません。

    私はそのときの興味、楽しみのありそうな仕事ばかりしてきたので、その分ハードでした。絶対に続けたいなら公務員系の仕事を勧めます。一般企業ではまだまだ理解がないところが大半です。

    ユーザーID:

  • よ〜く考えてね。

    基本的には本人の覚悟だと思います。
    転勤があろうが残業があろうが、使えるものは全部使ってバリバリ働く!という方もたくさんいますし、自分の信念を理解してくれる夫を見つければよいのです。

    でも、仕事内容より「定年まで働くこと」の優先度が高いなら、公務員や一般職(会社の雰囲気によりますが)の方がお勧めかもしれません。

    私は全国転勤のある企業で働いていますが、一般職で育児と両立しつつ定年まで勤める人は珍しくありませんが、総合職で育児と両立している人はまだ少数です。

    総合職の場合は、転勤や労働時間・仕事内容等、男性と同等レベルを求められるため、仕事と育児を両立するためのハードルが高いのだと思います。(その代わり、チャンスも給与も男性と平等ですが)

    総合職はキャリア志向も高いので、よけいに悩んでいる人が多いです。志望の会社の人によく話を聞いてみて下さい。

    それでも、やりたい仕事があるなら、仕事内容を優先する方がよいと思います。リスクを減らすことはできても、将来どうなるかなんてわかりませんから。
    そもそも結婚しないかも知れないし、夫が専業主夫になってくれるかも知れないですしね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、本当に為になる回答、ありがとうございました。
    自分の中では、まだ固まっていませんが、これからじっくり考えたいと思います。
    とりあえず、卒業後3年間のことを中心に考えることにします。
    多くの方がおっしゃられたように、将来どうなるかなんて、分かりませんもんね。
    それに、このままだと柔軟に考えることが出来なくなりそうなので。

    こんなにたくさん答えて頂けるなんて、驚きです。
    しかも、みなさん丁寧で具体的でとても分かりやすかったです。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧