「子供料金」はなぜ有るの?

レス10
お気に入り0

o

学ぶ

はじめまして。
少し意見を聞いてみたいのですが、もし子供(自分の子でもそうでなくても)に、「子供料金」はなぜ有るの?みたいなことを聞かれたら(「子供は何で安いの?」という感じで)どう答えられますか・・?
【21歳、女】

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何か「子ども相談室」みたいな感じですね

    バイキングなどでは、単純に「子どもは身体が小さいから食べる量が少ないだろう」などの理由でしょうね。

    (しかし、高学年の食べ盛りの子なら、少食の大人の私より軽く2、3倍は食べそうだが。笑)

    基本的には「子ども自身にはまだ収入が無いし、親がその費用を負担することになるので、親の負担を軽減してあげるため」でしょうね。

    乗り物の座席など、子どもでも大人と同じサービスを受ける、同じコストが掛かるのに「子どもの方が大人より安くなっている」場合もあります。

    海外旅行バックツアーなど、掛かる原価は大人でも子どももまったく同じなので従来は「子供でも大人と同一料金」というのが大半だったようですが、最近は行き先によっては、誘客につなげるために、「子ども料金」を設定しているものもあるようです。

    お次の質問は「どうして女性料金というのがあるの?」と言うことかな?(笑)

    ユーザーID:

  • それはね

    顧客獲得のサービスですよ。

    ユーザーID:

  • あくまで親のためです。

    イマドキ核家族で、ちょっとどこか出かけるのにも、0歳や1歳の子も気軽において出かけられません。で、電車に乗りますよね。0歳の赤ちゃんも、まともに大人料金とか取られたら、あほらしくないですか?
    うちの母も「本当は店側だってお金なんて多くくれた方がいいに決まってるのよ。けど、ちっちゃな子と、大人を同じだけとると、親が「なんでよ!」って文句を言うから、親のために少なくしてくれてんのよ」って言っていました。
    ま、コレが本当の所でしょうから、子供には説明するのは難しいでしょうね。。
    子供にも「自分はもうおっきい」っていう自尊心?がありますから。

    ユーザーID:

  • 半人前

    子供への説明のしかたということですが、私が子供の頃には、「一人前じゃなく半人前だからだ」と言われていたと思います。子供心には、「半」人前だから「半」額なんだとなんとなく納得していたような気がしますが、今になって思えば全然論理的ではないですね。
    本当は、収入の無い(=半人前の)子供にも利用してもらうためのサービス料金という意味だと思います。
    子供料金というのは施設側にとって直接的なメリットはありませんが、子供時代によく利用してもらえれば、大人になってからも利用してもらえるという期待があるのでしょう。

    ユーザーID:

  • 小さいから&親がタイヘンだから

    こんなもんじゃ、だめですか?

    ユーザーID:

  • ぼてちん うざい

    ぼてちんさんへ。「あなただったらどう答えますか」って聞かれてるんだから「私ならこう答えます」といえばいいだけの話じゃないですか。見下したよな文章が鼻につきます。

    ユーザーID:

  • 差別料金

    経済学的に理由があったような・・・・。
    「差別料金」って言って、企業側にもメリットがあったと思います。
    経済学部にいたときにならった記憶があります。
    間違ってたらごめんなさい。

    もちろん、こんな事子供さんに言っても、「?」でしょうけど。
    横レスでした〜。ごめんなさ〜い。

    ユーザーID:

  • 親を客として呼びたいから

    だと思う。

    ユーザーID:

  • 子供の存在、今昔。。

    一世代前まで。。
    日本社会は、「よく言えば」、今ほどヨユーがありませんでした。。毎日、生活に追われ・・家事も仕事も人手、人技、人心、配慮、気遣い、努力、誠意・・と言うモンに依存してた。。

    どこかへ出掛けるのも、子供は「ついでに」「一緒に」連れて行かないとどうしようもない。。それが当たり前!社会常識だった!? 子連れで職場に来ることも雇い主側の人柄によって許された時代。。

    そういう点では、子供の大切さ、尊厳を社会が認めていた。と言えるし、又、「ついでに」に「仕方なく」連れ歩くのだから、それは社会的に当たり前に認められたことだから、、電車賃も半額、入場券も半額、レストランもお料理も「ちゃんとしたお料理でないから」、半額・・今みたいに「お子様ランチ」という地位を確立したのはいつ頃だったか。。
    うちでは子供用に食べやすくしてもらっていて、旅行で出された食事を見て、「大人」と「こども」の社会が明確にする「差」に気付かされたものです...
    食べ物にまつわる思い出。。
    ただし!子供料金が「半額」でなく「えっ」って驚いた思い出は・・子供用の映画、、アニメ?遊園地?だったかなぁ。。

    ユーザーID:

  • 今は。。

    今の時代では、、前述のようなことは薄れて消えてしまったかも。。

    ただ、子供は日本社会の将来を担う存在、財産と言う視点だけが「辛うじて」残っている?!

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧