学芸大学付属世田谷小学校について知りたいです。

レス7
お気に入り2
トピ主のみ0

しのり

学ぶ

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 教育実習行きました。

    私立と違いますから、近所に住むというだけで受験して入っている子ども達ももちろんいます。
    一方で、自宅とは別に学校の近所にマンション買って通わせてるなんていう家もあります。
    1部の私立のように、層が揃っているわけではありません。

    私が実習に行っていた時、5年生で九九の出来ない子がいました。苛められていました。

    「教育学部附属」の学校ですから、子ども達はある意味「実験材料」でもあるわけです。
    教育実習も、年間に何週間も(しかも1クラスに何人も)あります。その間教えるのは素人の学生、レベルの高い授業は期待できません。

    一方で子供達が幅広い刺激を受けるというメリットもあります。
    研究授業が多いので、色んな人が学校に入ってきます。
    親もよく出入りしています。先生達にとっても、それはいい刺激になるようで、プロとしての誇りを持って仕事をしている先生が多いように思いました。

    メリットデメリット、いろいろあります。
    ここで情報を集めた上で、やはりご自分達の目で確かめられるといいと思います。

    ユーザーID:

  • 追加書き込み

    2度目の書き込みになります。

    前の方でPTA活動が忙しいとか交際費がかかるとかいう意見があったようですが、多分私立と比べたら大した事ないです(私立には行った事がないのでよく知りませんけど)。
    他の父兄との交際も、基本的には必要ありません。
    一部のベタベタしたお付き合いが好きな人はやっているようだけれど、それはどこでも同じでしょ?

    附属は進学が大変なので、ママ友グループを作って変に固まってしまうと、後が大変かもしれませんよ。
    仲間内の子供の中で誰は上の学校に行けて誰は行けなかった、なんて事から友情(?)に亀裂が入って面倒な事にならないとも限らないから。
    ふじだなさんのところはまだ進学は体験なさっていないんじゃないかな。

    ユーザーID:

  • 楽しかった

    小学校は徒歩10分くらいだったので記念受験でなぜか合格したそうです。塾等はまったく行ってませんでした。

    一般の公立小学校との比較はわかりませんが、大学の教育機関として設立してあるので、研究という名目で研修生がよく来ていたし、知能テストをやった記憶があります。

    中学へは難関中学受験を志望した子は推薦をけって他中学に進学していきましたが、友達はほとんど残留してました。

    高校の推薦はぎりぎりとれたけど、半数以上は推薦をとれなかったり、早いうちから他高校受験に切り替えて受験勉強して他高校に進学していきました。

    開成に行った友人以外はほとんど偏差値的には低い高校しか行けず、大学もそうだったな。

    都立も内申書が悪い(中学のレベルが普通の公立より高いから不利です)ので低い学校しか受けられないという子がたくさんいました。

    ここが落とし穴。

    同じ国立でも高校まで基本的に全員進学できるところの方が安心かも。

    ユーザーID:

  • とぴ主です。

     うさぎさん、ふじだなさん、お返事有難うございます。
    私は仕事をもっておりますので、PTAに積極的に参加するのは難しいですし、交際費を沢山使えるほどの所得もありません。けれども運動も遊びも熱心で楽しく通っていらっしゃると言う事、やはり魅力を感じております。
     主人と良く話し合い、今後の教育方針や進路を考えて
    いきたいと思います。

      (誤字のご指摘お恥ずかしいかぎりです。)

    ユーザーID:

  • 中学に入ってからと高校受験が大変

    。。。でした。

    中学には受験なし進めますが、中学受験を突破して入学してくる外部生は優秀ですから、ついていけなくなる子もでてきます。
    さらに、学大附属は中学が4つなのに、高校は一つ。
    4中学から附高に進めるのは約半分で激戦です。
    外部から附高に入るのはもっともっと難しいですけどね。

    もう大昔の話なので今は違うかもしれませんが、
    私の時代は公立高校受験の時に中学の内申書が重視されていたので
    附属中学の子は圧倒的に不利でした。
    都立高校はレベルの低いところしか併願できなかったので、
    附高に入れなかったら私立高校に行くしかなかった。

    受験の苦労をさせたくない、というなら私立の付属をお勧めします。

    ユーザーID:

  • 「しっかり」は勉強しません。

    子供が通っています。
    受け持ちの先生の性格にも拠りますがしっかり勉強させたいのであれば、少々ガッカリするかも知れません。
    区立のほうが場合によってはしっかり宿題を出したりして面倒見がいいこともあるようです。
    先生は学者ですから「教育の研究」に主眼がおかれることもあり、細かく勉強の面倒を見てくださらない先生もいらっしゃいます。苛めもあります。

    ただ、子供はとにかく楽しく通えます。周りのお子さんも教育熱心な家庭からきている確率が高いので、そういった環境もいいとは思います。
    が、居住範囲に厳しいこと(居住区に店があり住居が1ブロック外れていた為辞めさせられたお子さんがいます)、PTAにも積極的に参加される家庭が殆どですので、非協力的だと白い眼で見られる可能性が高いです。
    学費は年間50万以下です。かかるのは交際費ですね。

    ユーザーID:

  • 学大附属、いいですよ〜♪

    もとが良い子供が集まるし、先生も熱心な方が多いので、学習環境として最高ですよ。
    しかも勉強だけのガリ勉チャンの集まりではなくて、運動も遊びも熱心なのがまた良い!
    公立はもちろん、そこらの有名私立も問題にならないくらい良い学校だと思います。

    ただし、小学校から中学校、中学校から高校、全員がエスカレーターで上がれる訳ではありませんので要注意。

    それから学大附属は「付属」ではなくて「附属」です。ご参考までに。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧