• ホーム
  • 学ぶ
  • インターナショナルスクールってどうですか?

インターナショナルスクールってどうですか?

レス28
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

インターナショナル

小4年の息子(日本人)の進路について色々と考えています。
中学受験も一つですが、インターナショナルスクールの中学部はどうだろうと浮かびました。

息子は今まで、英会話も何も習ったことがないのですが、それは入った後で面倒みてくださると書いてあります。

これからの時代、国際社会に羽ばたいていく上で、一つの案であるとも思いますが、やはり、日本人は日本の学校を出た方がいいのかなと思ったり。
もちろん、最終的には息子の意見も大事ですが、私の知識が0に近いので、こうして質問させて頂きました。

実際に通われた方、情報をお持ちの方、インターナショナルスクールの近隣にお住まいの方、どんな情報でもいいですので、よろしければ教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • インターにもよりますが

    どのインターをお考えなのでしょうか?
    100%英語主体の所もあれば、
    日本語にも力を入れる場所もあります。

    僕はアメリカンスクールを卒業しましたが、
    とりあえず、内容としては:

    1)授業は全て英語である。
    モチロンESLなど、英語が上手くない子供のための
    補習授業はありますが、
    それでも他の授業の内容についていく必要はあります。

    2)高校はどうするのか?
    中学をインター、高校を普通の日本学校にするのでしたら
    オススメしません。
    日本の受験で必要な勉強をするわけではないので、
    高校受験でかなり困ると思います。

    3)もし高校もインターの場合:
    文部省はインターナショナル・スクールを
    公式の学校として認めていないので
    「専門学校」扱いになります。
    なので、文部省的には高卒として認められません。
    最近はインター卒の学生を受け入れる大学も
    増えましたが、やはり限られています。
    なので、大学は海外になる事も視野に入れておく事を
    オススメしますよ。

    あとは、本人のやる気ですね。
    英語についていけるかどうかが鍵だと思います。

    ユーザーID:

  • 国際社会ってなんでしょうね?

    日本人が海外や外資系で働く時に必要なのは、語学力や知識だけじゃなく、日本人としての自負心じゃないかしら?
    内戦があるわけでもない、教育環境が貧困なわけでもない、多民族国家でもない、国際結婚の子供でもないのに自国の学校へ行かないなんて、おかしくないですか?
    アメリカでもどこでも、特別な事情がない限り、自国の教育を優先すると思います。
    それが国際社会の常識じゃないでしょうか?
    自国の歴史文化の知識なくして国際人って変です。
    お子さんを何国人にしたいんでしょうか?

    インター自体は悪いとは思いませんが、特段の事情もないのに入れるのはおかしいと思います。
    日本の教育環境は国際レベルと比較しても決して悪くはないですよ。

    ユーザーID:

  • 完璧な英語にはなりません。

    英語がそれほど出来ない人にとって、インター上がり(卒)の子の英語は流暢に聞こえるかもしれないですが、全然ダメです。
    そして日本語(漢字)もソコソコですよ。

    宇多田ヒカルの英語も現地では「変なの」という感じです。歌詞の発音はともかくとして。
    彼女の目上の人に対する日本語も変だと思いませんか?

    結局どちらも完璧ではないです。某大学のある学部にはインター卒の子が多くいますが、日本語の授業があり、普通の大学生レベルの内容ではないですよ。

    本来、インターは日本の公立校に通うには言語(日本語)に問題があったり、帰国子女などのためにある学校です。
    最近は芸能人の子供など、公立校ではいじめに合う可能性が高い子を通わせる風潮もありますよね。

    生まれも育ちも日本で、両親も日本人だとしたら、英語を話せるようにしたいという理由で通わせるのは違うと思います。
    インターじゃなくても英語を話せるようになる人は沢山いますから。

    今もこれからも「英語ができる」だけでは世の中渡っていけない時代です。

    ユーザーID:

  • 近い将来

     具体的に、英語圏の国で生活する予定があるのでしょうか?でないと、逆に、インターナショナルスクールに子供を入れることが、子供の将来の選択肢を狭める結果にもなりかねませんよ。
     インターでは、日本史などは教えてもらえないでしょうし、当然、中学で習うべき漢字も覚える機会を失するでしょう。(ちなみに日本の新聞は中学レベルの漢字を使用しております)
     なのに、別に英語圏の国で生活する予定があるわけでもなく単に、それも親の「将来、そうなればいいなぁ」というレベルの希望でインターにいれることが、、後々、子供本人の日本での就学、就職の選択肢を狭めることになります。
     この先、日本で日常使用する言語が、英語になることは万に一つもあり得ないでしょう。お子さんが将来英語圏で生活したり、英語を使って仕事をしたりする可能性はそれよりもずっと高いでしょう。しかし、それ以上に、ずっと日本で日本語を使って生活する可能性の方が、今、現時点でははるかに高いのではないですか?ならば、普通の日本の中学、高校に通わせる方がずっと将来の選択肢は広がります。お子さん自身が、その気になれば、自分で英語を習得することも可能です。

    ユーザーID:

  • 息子さんの資質にもよるのでは?

    どなたかもおっしゃってらっしゃるようですが、やっぱりまずは言葉の問題です。

    私は違いますが、従姉妹がインター・ナショナルスクールに通ってました。
    彼女ら(2人)はもともと基地の近くに実家があったというのもあり、幼年時代から多少は英語に親しんでいて、性格も非常に外交的、積極的でメゲないので比較的早く馴染めたようですが、親も伝達事項や交流などの関係でやはり英語が出来ないと苦労するらしいです。

    あと、同じように中学から入った日本人の子で、英語がなかなか覚えられなかったり消極的な事でイジメに遭い、引きこもりになったケースも聞きました。

    とにかく息子さんご自身のガッツと向き不向きだと思います。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 気をつけて

    子供をアメリカンスクールに入れています。我が家の場合は海外での生活が長かったので、子供は日本の学校を経験しておりません。現在通っている学校は日本人の方もいらっしゃいますが、みなさん大体うちと同じような経緯で入られていますので、英語のほうが日本語よりもラクというお子さんばかりです。

    他のインターについては詳しくは知りませんが、友人のお子さんが通っているインターは日本で育っている日本人が大勢いらして、結局日本語ばかりになってしまうので、ものすごく中途半端らしいですよ。

    何を目的としてインターにいれるのかもう一度深くお考えになり、通うのはお子様ですから、その環境の変化が子供にとってどのような影響を及ぼすか真剣に見据えたほうがいいと思います。

    はやりだからと簡単に決めてしまうのは危ないと思います。私立中学進学とはまったく違う選択になるということをしっかり認識しておいたほうがよいですよ。

    ユーザーID:

  • 母国語第一

    日本にいれば日本語は自然に身につく、と安易に考えている人がほとんどですが、それは毎日学校で学び、日本語の新聞を読み、テレビを見、日本語のみの環境で生活しているからです。それでも日本語の下手な人、いっぱいいますよね。ほかの方もおっしゃっているとおり、近い将来、英語圏で生活する予定がない限り、日本の学校で学ばれることを強く推奨します。大人になってから日本語も中途半端、英語も中途半端では人生の選択肢が本当に狭くなりますよ。英語は何もインターに行かなくても十分習得できます(経験者は語る)。豊かな母国語を取得しているほうが長い将来、絶対有利です。また、外国語はどんなにがんばっても母国語以上に上手にはなりません。当然ですよね。つまり、母国語の下手な人は外国語も下手だということです。日本語力、語彙や表現力などを高めることに力を入れてください。一生の財産になりますから。

    ユーザーID:

  • プラスとマイナスがあります

    ある程度国際感覚がつくのと英語がしゃべれるようになるのがプラス。

    マイナスは、カリキュラムが全然違うので受験には向かないことと、日本の大学受験の資格がとれないので、大学受験する場合は大検をうけなくてはいけないこと。

    あと、授業料がとっても高いことや、親参加のイベントが多いので、親も結構大変というのもあります。

    海外の大学にやるならまだしも、国内の大学に行かせるつもりならば、インターナショナルのスクールはスクールの勉強と受験用の勉強でお子さんが大変です。

    ユーザーID:

  • インターについてずいぶん誤解があるようですね

    はじめはスルーするつもりでしたが、実際インターナショナルスクールを卒業した方からひとつもレスがないので、同校を卒業した者としてレスします。

    みなさん、先入観だけで書き込みしているので、誤解を解きたいと思います。

    ☆インターナショナルスクールは、日本にたくさんあるので、それをすべて「ひとくくり」にしない。日本の学校だって、ピンからキリまでで、「ひとくくり」に出来ないですよね?

    ★インターにも、日本史の授業もあれば日本語の授業もあります。但し、選択制のところもあります。

    ☆日本語力は、確かに全般的には「劣る」かもしれませんが、本人次第です。普通に日本の小学校から高校まで行っても、「概ね」を「がいね」、「実子」を「じつご」などと読む若者はいくらでもいます。

    ☆わたしを含めてインターを卒業しても、日本にある銀行や証券会社、シンクタンク、航空会社などごくごく普通に就職しています。インターを「特別視」しすぎる日本人が多すぎですよ。

    ユーザーID:

  • 日本人には日本語が一番大切

    私は留学生に日本語を教えています。ヨーロッパの某国にて教えていたこともあります。どの国の学生も、自国に誇りを持ち(日本人よりはるかに!)、それを他国の学生に語ります。

    真の国際人というのは、自国のこと−歴史、文化など−について深い知識を持ち、それを表現できる言語能力を有しています。

    日本人を両親に持つ日本人の子供にとって必要なのは、まず日本について知るための日本語能力です(日本人は、日本語が話せると思わないでください。語彙能力、表現能力、コミュニケーション能力など人によって全く違います)。

    そして日本語能力を伸ばすために何より必要なのは、漢字能力なのです。これは抽象語が漢語から成立していることをみればよくわかります。その漢字能力を養う中学時代を子供から取り上げることは、後々悔恨を残すと思います。

    子供がその気になれば、英語なんていくらでも自分で勉強できます。でも母語である日本語がしっかりしていないと、第二言語になるはず(?)の英語も充分なものにはなりません。なぜなら母語で表現できない概念は、外国語で表現できないからです。

    日本人であることをもっと大切にしませんか。

    ユーザーID:

  • 国際社会?英語?

    私は20歳を過ぎて初めて渡米しましたが、せめて高校までは日本の学校で日本人としての教育をされたほうがいいと思います。インターへ入れざるを得ない事情があるなら別ですが、多感な子供時代に日本人としてのアイデンティティーを確立しないと、将来根無し草になってしまう可能性があります。将来日本の会社に就職するなら、やはり日本人としての常識や感性が重要になります(採用されたとしても人間関係でつまずくかもしれません)。
    インターを考えておられる趣旨が単に「英語力」なら、高校・大学生になってからでも十分です。プラス面、マイナス面を考えると、マイナス面の方が多いんではないかと感じました。

    ユーザーID:

  • 経験者の親御さんの話を聞いた。

    まずは日本語が上手に話せ、読み書きができるようになってからの方が良いと思います。
    ですから高校を卒業してからでも遅くはないです。
    早いうちにインターナショナルスクールみたいな所へ
    行くと、漢字が書けなかったり、変な日本語を話したりします。
    日本語も英語もそれなりに話せるが、漢字が書けなかったり、字が読めなかったりして、可哀想なことをした。と親御さんは言っていました。
    どのみち、ネイティブ並に話せないなら、ある程度日本語の教養を身に付けないと、将来困るのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • え?てか・・・

    インターって、中学から入れるんですか?
    幼稚部入園の、3歳児クラスなら、各学校の「日本人枠」の数だけは比較的簡単に入れるらしいですが。(あくまでインターは、在日外国人で、自分の民族学校が近くになく、日本の学校の授業についていくのは難しいというさまざまな国籍の子供たちが、英語で勉強するための、学校ですよぉお)4歳や5歳で入るのすら、ちょっと難しいと言うような事を聞きましたが、中学からというものは、一体入れるものなのでしょうか・・・?

    というか、ぶっちゃけ、自分の妹(中1)も、最近インターに興味を持って、妙に入りたがってるので、私もこのトピの経過に注目しています(笑)姉としては、妹の望む所で勉強して欲しいですが・・・。

    ユーザーID:

  • 息子さん本人の意志は?

    どうなのでしょう。
    私は小学校の頃、近くのインターナショナルスクールの中学部転入試験の案内を見て、親に行きたい、受験したいとねだりましたが、親は「ふーん」で終わり。相手にもしてもらえませんでした(笑)。
    普通の公立中学へ行き、それはそれで楽しかったのですが、今でも、あのとき行ってたら人生変わったのかな?とも思います。

    息子さんは行きたいとお考えですか?

    ユーザーID:

  • インターの謎

    私の通っていた学校の近くにインターナショナルスクールが2、3校あったので、通学中にはよくインター生グループと遭遇しました。

    たまに聞こえてくる会話

    「Me〜 Mike、Loveだからぁ〜」(英単語部分の発音はとてもよい)

    (登校中に女の子が息せき切って友達グループに追い付いてきて)
    「大変、大変、Me、Bag!!!」
    (友達)
    「えぇ〜、どうしよう」「駅員さんに知らせなきゃ」

    どうやら鞄を電車の中に置き忘れたらしい。どうしてこれで即座に話が通じるのか、本当に不思議だった。

    (何かの拍子で兄弟でインターに通ってる子と会話。両親とも日本人で、英語はあまり得意ではないらしい。)
    「俺たちが何言ってるか分からないように、親の前でわざと英語で喋るんだー」

    私は内情を知らないし、インターに通った経験のある親しい友達もいないので何とも言えないけど・・・「国際感覚」が身に付いても、失うものがあるような気がしてなりません。

    ユーザーID:

  • 金銭面で・・・

    1.学校にもよりますが、ちゃんとしたところを選んだほうが良いと思います。日本人だらけということにもなりかねません。

    2.授業料が高いです。
    私の通っているインターは年間約300万。
    中高6年間毎年それだけずつ払わなければなりません。

    3.大学はどこを希望されているのですか?
    日本の大学への進学は難しいでしょう。英語圏の大学へ行く予定なら良いと思いますが。
    お金の話ばかりで悪いのですが、アメリカの私立大学に通うということになると年間500万は見ておいたほうが良いでしょう。

    4.色々と大変なことばかり書きましたが、外国人と一緒に学ぶことで国際感覚が身につくのは確かです。ただ個人差は大きいですが。

    ユーザーID:

  • ここできくより

    インターナショナルスクールについては、まとまったガイドブックを本屋で売ってます。そちらを読まれてから、質問する方が時間をかけずに的確な情報が得られるのでは?私がその本を読んだ限りでは、
    ・そもそも本国に戻る人の子供が対象。日本人や日本に居続ける人はメインではない。
    ・本人だけではなく、親もその学校の第一言語を使いこなせることが求められる.
    ・一年間の授業料が2、300万円かかる。
    ・夏休みに行かせる(本国の)サマーキャンプ代も必要。
    ・親が駐在員で、こづかいを多く与えられている子供が多く、遊びやつきあいに金がかかる。
    ・教育熱心な親が多いので、勉強のレベルは高い。
    ・生徒の家は散らばっており、近所に友達はできないことも多い。
     
     何より帰国子女でもなく、一方の親がその学校の国の人でもなく、英語の勉強をしたことがないなら、中学からの受け入れはないのではないのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 英語はプラスアルファとして

     英語はそれはできるに越したことはないですが、
     これからの時代、英語ができますだけでは、
     なかなか売りにならないと思います。
      日本の中高を出て、自分で努力すれば、英語を使った仕事のプロにはなれないとしても、英語で用を足すことでしたら、充分にできるようになります。ですから、通訳を必要とする人がずいぶん減少しています。
     英語だけ際立ってできてそれが売りという人よりも、
    例えば、法律、会計、工学など自分の専門分野をしっかり持っていて、さらに英語もある程度は堪能だという人の方が重宝されると思うのです。
     中高は学問の基礎の大切な時代で、授業もどんどん難しくなりますから、英語がわからなくて他の授業もわからなくなってしまっては大変だと思いますが、いかがでしょう。
     やはり帰国子女とか転勤族とか、国際結婚の子供とか、将来外国で生活することが予想されている人に適していると思いますし、もし、日本にいて英語を習得するためのみに行くなら、もっと小さいとき(勉強の簡単な小学校1年生くらいならいいかな?)から行くべきだと思います。

    ユーザーID:

  • テラスさんに同感です(1/2)

    私は日本の大学まで終えてから、奨学金とTAで海外大学院留学をし現地で就職しました。現地での就職は、VISAを申請する際、何でそこの現地人ではなくてその日本人を雇いたいのか会社が政府に示さなければならない為、現地人以上の知識と技術、その上日本人としての価値が問われます。
    小さい頃私は、親の都合での帰国子女や、インターに通っていた為に大学から海外に行く人々を羨ましく思っていましたが、こちらでそういった人々に出会ってからは、そうではない自分で良かったとつくづく思います。また、会社での周りの目も随分違います。
    英語力こそありますが、とても中途半端な文化感覚で、外国かぶれの国際意識を見ます。間違った知識で日本の批判なども平気でしています。(続きます)

    ユーザーID:

  • テラスさんに同感です(2/2)

    けれどそういった方のほとんどが(両)親が外国籍であったり海外生活が既に長かった方で、むしろ日本人としての教育よりもその方が必要だったのではないかと納得できます。
    要点は、ご両親とも日本人で、そのお子さんに日本人として国際社会に貢献して欲しいとお考えなら、是非日本人として将来活躍できるように支えてあげて欲しいと思います。私は両親がそうしてくれたこと、そして自分の力と意思で外に出られたと自信を持たせてくれたことに感謝しています。

    ユーザーID:

  • 現実的に考えると

    お子さんの場合、海外からの帰国子女でも両親のどちらかが外国籍でもないとなると、入学そのものが非常に難しいと思われます。
    全ての学校ではないですが、ウェイティングリストに名前がびっしりというところもありますから。

    次に、英語の知識が今の時点で0に近いとなると、中学入学までにかなりの猛特訓をしたとしても、入学後かなりお子さんが辛いと思います。使い古された感のある言葉ですが「インターは英語で勉強するところであって、英語を勉強するところではない」ですから。
    勉強についていけるだけの英語力を日本国内のインターでつけるとなると、3年では済まないと思われます。これも学校によりますが、(英語力不足による)成績不振の場合、留年、退学もあり得ます。

    ユーザーID:

  • インド人の英語教育

    私はアメリカの会社で働いています。専門職的な会社なので、博士号や専門職の学位を持っているインド人がかなりの人数いて、皆、流暢な英語を話します。最初は、インドは英語も公用語の1つだから皆話せるのかと思っていました。
    ところが、この前、ボンベイから来たインド人に聞いてみたら、インドでは6歳で学校を選ぶ時に現地の言葉で教育する学校か、英語で教育する学校か選ぶそうです。現地の言葉で教育する学校の卒業生は労働者階級の人が多いそうです。アメリカに来て英語を話して働いているような人は皆英語で教育する学校を選んだ人だということです。
    今日、たまたま、インド・レストランのボーイをしているインド人と話しましたが、その人はあまり英語をきちんと話せませんでした。英語で教育する学校を卒業していないとのことでした。
    私が観察するところ、私の会社で働いているインド人は皆、流暢な英語を話し、書く英語もりっぱな英語で、アメリカ社会で自信を持ってきちんと機能することが出来ています。小学校や中学校では、日本語をきちんと勉強しないと、どちらの言語も中途半端になってしまうと言っている人がいますが、本当にそうなのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 誰でも入れるの?

    知人が幼稚園年齢の子供をインターナショナル
    スクールに入れてるという話をききました
    (東京23区内です。)。

    学費がものすごく高いという話を聞きましたよ。
    その知人は日本人です(ちなみにお金持ち)。
    芸能人の子供もよく行ってますよね。

    インターナショナルスクールって
    誰でも簡単にホイホイ入学できるものじゃないと
    思ってたんですが、ちがうのですか?

    ユーザーID:

  • 思い切り端折って言うと

    日本国で生き辛い大人に成長する場所です。学歴としても、人間性としても。
    日本国の制度をバカにして育つようになりやすい。しかし、現実には日本で生きるしか術がない。ジレンマ。社会に馴染めず引き籠もる人も多く出てきます。ま、それはどこを出ても同じですが。

    海外で就職しようと思っても、現実にはビザの再発行手続きに半年毎に帰国しなければならない等、色々と面倒ばかりです。
    また現実には、向こうで「所詮日本人」との差別を受けて、大きなプロジェクトに参加させて貰えないなどの事態も珍しくありません。日本人相手の仕事なら需要もありますが。
    余程実力のある者しか、海外では受け入れて貰えません。


    現実は甘くない、ってことですよ。
    結局端折ってない長い話になってしまいましたね(苦笑)

    ユーザーID:

  • ずいぶん前の話ですが・・・

    私が通っていた学校の近くに、某有名女子校系列のインターがあり、良く電車でそこの生徒と一緒になってました。

    まず、皆さんが言われているように英語と日本語がチャンポンで「???」っていう会話が多かった印象が強いです。
    また、私の知り合いがそこの女子校(インターでは無い有名女子校の方です)に通っていたのですが、そのインターの方では帰国子女が多いので、海外で今で言う合法ドラッグをやっていた子が多く、「何時にどこに行けば手に入る」っていう情報が簡単に手に入ると言っていました。

    今ではどこでもドラッグの情報など手に入るのかもしれませんが、私が高校生の頃は高校生がドラッグをやるんなんて!!とびっくりしたのを覚えています。

    ユーザーID:

  • 日本人の場合は中途半端になる理由

    それは、日本語が世界でも難解とされる言語の一つだからではないでしょうか?
    あられさんのお話のインドのことは知りませんが、日本語は文字数だけでも多種多様。
    それらを駆使した無数の単語を操るのは、恐らく世界でも日本人が一番長けているのではないでしょうか?

    同じローマ語を祖にするフランス人やスペイン人が英語を学ぶのとは事情が全く違い、日本人に限っては『中途半端になる』と言われているのは、その為だと思います。
    義務教育の意味を考えれば、国語が完成するのは中学卒業レベルなのでしょう。

    トピ主さんのお子さんが並外れて、国語力が堪能でこれ以上学ぶことなど無く、また学習面でもずば抜けて優秀ならば、インターへ入ってもしばらく他の学習は休んで、英語習得に時間を割く余裕があると思います。

    が、もし人並みであるならば一般日本人同様に日本の学校へ進み高校で1年程度の交換留学。または大学や院へ行ってから奨学金で留学の道を考える方が無難でしょう。
    国際人を目指すのは大学生になってからでも決して遅くはありません。

    ユーザーID:

  • 選択肢が狭くなる恐れがあります。

    将来は解りませんが、今のところ、日本で国内インター卒に無条件で受験資格を与える大学は限られています。

    一般的に海外の現地校でIBやアビトゥアなど、大学受験資格試験に合格した帰国子女には、帰国生枠での受験が多くの大学で認められています。

    しかし、その帰国生枠の中にも選別があり、保護者の都合で、仕方なく同伴した子女に限る、と条件付きの大学が珍しくなく、大学によって子供が単身で留学した場合は、親同伴の帰国生と同じようにIBやアビトゥーアに合格しても受験資格がない。と言うことです。

    私が知る限り他の先進国で、このように子供を区別(差別?)する国は知りません。
    どうすれば子供に不利益を与えずにケアできるだろうか?
    どうすれば子供によりよい環境を提供できるだろうか?

    と考える国はあっても日本国籍を有する自国の子供達に、実力はあるにも関わらず、受験資格を与えず門前払いする大学が存在するのは日本だけじゃないでしょうか?

    裏を返せば国内のインターへお子さんを入れれば、日本を別の面から見ることができるようになると思います。
    それが良いか悪いかは個人の受け止め方次第ではありますが・・・・

    ユーザーID:

  • トピ主です

    沢山のお返事、アドバイス、ご意見、本当に有難うございました。
    とても参考になりました。

    やはり、単に英会話が身について、国際感覚のある国際人になるという考えは単純すぎたと思います。

    色々と考えて、やはり日本の学校に進ませたいと思います。でも、このトピをのぞいた方で、もしかしたらインターナショナルスクールに興味がわく方もいらっしゃるかもしれないなと感じました。

    沢山の方のご意見、有難うございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧