実両親の仲が・・悪すぎる

レス14
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

困った娘

8月の父の定年を境に、どんどん険悪になっています。
母の言い分:主に父の金遣いについて。
嘱託で収入も減ったのに、ギャンブルやゴルフ等、
現役時と頻度が変わらない。老後が不安。

父の言い分:遊びは小遣いの範囲内。
パチンコで勝ってお金がある時は、病院の
診療費だって家計から出してくれない者に言われる筋合いはない。小遣いの決まっていない母の方がパチンコと洋服代でよっぽど遣っている。

それぞれの文句を一人娘の私(31歳既婚)
が聞いています。
説得しましたが話し合う意思は双方にありません。

母は身辺整理を始め、父はそれを自分への見せしめ
及び私の同情を買う為だから放っておけと言います。
こう書くと父が非道に見えますが、
父が母に対してしてきた相当な我慢も
私は知っています。
細かい事情に関しては、トピが反映されてから
書こうと思います。

両親の離婚が人格形成に関わる年齢は過ぎましたが、
話し合いもしないで別れるのは余りに寂しい。

私は黙って離婚に至るのを待つしかないでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピが反映されたので多少詳しく。

    険悪になるまでの両親は
    毎週末一緒に出掛け、週末は実家に電話しても
    まずつかまらない程仲は良かったのです。
    母は、父が定年となれば、飲み会、麻雀、ゴルフ等
    会社の人との付き合いも控え、
    夫婦を大切に思ってくれると理想を描いていました。
    しかし現役の時と変化はなし。
    買ってきた刺身(父の好物、母は嫌い)や、
    漬けたぬか漬けを
    何度母が一人で食べることになったか数え切れません。
    寂しいと言う言葉は、母は絶対使いませんので
    どうしても、文句や嫌味の様に父に言います。
    父は「しょうがないだろ、サラリーマンの女房を
    一体何年やってるんだ!」で一蹴します。
    その繰り返しが、母が「話し合っても無駄」と
    考えるに至ったプロセスです。
    続きます

    ユーザーID:

  • 詳細、続きです

    老後の心配も、最初はメインの心配では
    ありませんでした。
    それを言えば多少なりとも
    父も考えると思い、言い始めた事が
    父が「お金、お金うるさいんだよ」と言うまでに
    メイン化してしまったような感を受けます。
    あくまで最初は、
    「夫婦でいる意味がない、付き合いばっかりで晩御飯が一人ばっかり。今後が思いやられる」という
    言い分だったので。

    次に父の長年の我慢です。
    母は、人が買おうと思ったもの、しようとした事に
    何かしら一つは難癖をつけます。
    自分の意見を押し付け、そのとおりにならないと
    機嫌が悪くなる上、必要以上に人の決めたことを
    けなします。
    次で詳細の最後です。

    ユーザーID:

  • 詳細の最後です。

    ちなみに私も子供の頃から、母のそういう部分は
    分かっていて、随分と嫌な思いをしました。
    自分の気に入る話ではないと分かると、
    返事は生返事、目を見ない、ため息ばっかり、
    散々「でもさ」と否定して、それが通らないと分かると
    「もう何言っても通じないんじゃ、好きにすればいいじゃない」と言って席を立ち、足音や、ドアの開け閉めで全身を使って不快感を表します。
    30余年も母のそういう性格を我慢してきた父が
    「まともに話のできる相手じゃないから、話し合いはしない」と言うのもわかるのです。
    私は子供の分際で
    「自分の気に入らない話は聞かないよね」と
    母に指摘したこともあります。
    でも
    「ふーん、アンタはそう思ってたの。じゃ、それでいいんじゃない?」で終わりでした。
    そういう母です。
    以上を踏まえて、ご意見頂ければと思います。

    ユーザーID:

  • 私もです・・

    私の両親も危ないですよ。どちらか一方に非があるのではなく完全な平行線。
    今の所お互いの老後や経済的な面、不仲なりに長年暮らしてきた情という部分で何とか繋がってはいます。
    しかしいつ離婚してもおかしくない爆弾状態です。
    今年の初めに母が離婚を決意し、準備を始めた事がありましたが、何とか思い止まってくれました。
    母の年齢・健康状態からいって、独りで生活できるのか、私は結婚している為「じゃあ私が面倒みるよ」と簡単には言えない等々、冷たいようですが現実的に話し合いました。
    そして両方に言ったのですが、離婚しても私にとってはどちらも大切な親である事に変わりはない。結婚して一人前になったとはいっても、まだまだ未熟。二人を頼りにしている部分はある。幾つになっても私はあなた達の子供です。離婚するとしてもそれだけは忘れないでほしい。
    そのような事を伝えました。
    とりあえず両親も考えなおしたようです。ただ、まだぎくしゃくしている状態ですので私も覚悟してます。
    しかし、二人がこれでよかったんだと思えるようにするには私はどうあるべきなのか、と常に自問してます。

    ユーザーID:

  • スコールさんありがとうございます

    私も、両親各々にとって最善の環境に
    落ち着くことがいいと思っています。
    母は精神的にも落ち込みやすく、体も弱いので
    放っておけない気持ちはありますが、
    どちらか一方だけと暮らすことには抵抗があります。
    私も自問自答の繰り返しです。(以上、スコールさんへ)

    一昨日、また事件がありました。
    母が例のごとく、「相手が断れない提案」をし、
    嫌々ながら言うとおりにした父が
    足に大怪我を負いました。
    骨折しなかったのが不思議な位の怪我でした。
    父は痛みが怒りに変わり、声を振り絞って
    「やらなきゃどうせ後でグチグチうるさいから、
    しょうがなかった」と言いました。
    母は自分の強引な性格はさておき、
    的外れな言い訳や開き直りばかり。
    私は父が今まで言わなかった母の性格への
    本音だと思っています。
    母が言った通りにしないと、後でツンケンされて
    嫌な思いをするのは自分だとわかっているのです。
    叱りつけても聞いていない振りをし、
    時には「ふふん」と鼻で笑い、時にはふてくされで、
    結局何も言わずに言うとおりやっていれば、
    母も機嫌がいいし、自分も嫌な思いをせずにすむと
    悟った父の自衛策だったのでしょう。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • もう好きなようにさせてあげたら

    一人娘でご両親のことが心配なのは判りますが、もういい大人でしょ。停年までお互いに頑張ってきたのですから、もうご両親に関わらないで開放してあげたら如何ですか。

    夫婦間のことは夫婦しか判らないと思います。私も停年間近か。何かあっても、子供には干渉されたくないな。一応夫婦仲良好ですが、自分のことは自分で決めますよ。

    これからは親子間の自立だけでなく、夫婦それぞれが自立して生きていく時代ですね。そのためには多少の蓄えも必要、妻も私もお互い努力しています。

    ユーザーID:

  • 山歩きさん、ありがとうございます

    暫くレスがつかなかったので、
    半分諦めて見ていませんでした。
    お返事が遅れて申し訳ありません。
    そうですねぇ。。すんなり放っておければ
    それが良かったんですが、
    放っておいたらおいたで、私から見たら
    話し合えば理解できそうな事まで話し合わずに、
    非常にもったいない形で離婚に至るかも知れないと
    少し焦っていました。
    でも、話し合いがメリットとなる可能性は
    私が感じた物であって、本人達はそうでない。
    これは変え様のない事実なんですよね。
    本人達にとって一番良い将来を選んでもらえるのが
    私にとっても一番、と感じている以上は、
    黙って愚痴に耳を傾け、事の次第を見守るより他
    ないと、少しずつでも意識改革をしなければ
    いけないかなと思い始めてきました。
    暫く時間は要しますが、努力します。
    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 今後あなたはそのままの状態で大丈夫ですか?

    私は18の時に両親(とくに母)へ離婚してくれと懇願しました。
    私の高校卒業後、数ヶ月で離婚してくれましたが大変嬉しかったですよ。
    母が殺されるよりは親と兄弟3人で長く暮らしたい、そう思っていました。
    お小遣いなんて結構な身分ですよ、母は母の食いぶちを自分で稼いで食い繋いでいました。
    私は家の一階を店舗に貸していた家賃で学校を出たと後で聞きました。
    そんなことより、私は小さい時からの家地獄で結婚願望が一切失せて30出るまでその気は無かった、ということです。
    一種の心的障害です、兄は独身のまま昨年他界しました。
    お蔭様で父は反面教師、私は晩婚。
    同年代の人様より10年、幸せが遅れました。
    あなたの幸せを考えて、今を行動してください。

    ユーザーID:

  • 別居は?

    ご両親、一度、別居されてみてはどうでしょう。
    あなたは、双方の話は聞いても、どちらとも一緒に暮らさない。
    それぞれ、お互いのいない生活をしてみるのも、良い経験かもしれません。
    それで、歩み寄りがあれば結構。無ければ、それはそれでご両親の下した決断を静かに受け入れるしかないんじゃないでしょうか。
    冷静な時間と場所が必要なのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • あなたの先輩その1さん、ありがとうございます1

    殺すの殺されるのと、そういったことはありませんが
    たまに母が
    「死にたいと思うことがある。
    でも、○○(私の息子)の顔が浮かぶと。。。。
    そのことさえ考えなければね」とは言います。
    私は冷たいのか、自分に言い聞かせているのか
    死ぬ死ぬ言う人に限って。。と思います。
    いえ、やっぱり思うようにしているのかもしれません。
    「お先真っ暗。将来楽しい事があるなんて思えない」
    と言う母に、自殺の危機感は見えます。
    母は月8万程度ですが、パートで稼いでいます。
    ゴメンナサイ。始めに書かなくて。
    やはり前回までの文章だと、
    母が経済的に父におんぶに抱っこのように
    読めますね。失礼しました。
    でも、この8万と言う額で満足していたのは
    父の収入あってのことですから、
    到底一人になって暮らしていける額ではありません。
    このことに関して父は
    「一人になりたいんだったらなればいい、たちまち暮らしていけなくなるだろうよ。」と。
    いや〜な言い方するなぁ、と我が父ながら。。。
    それだけ険悪って事ですね。

    ユーザーID:

  • あなたの先輩その1さん、ありがとうございます2

    私の幸せ。。どうなんでしょう?
    改めて考えてみました。
    この事においての一番の理想は、
    もちろん離婚しないで仲良く暮らしてもらう事。
    だけど離婚するなら、一度くらいは話し合ってから、
    と言う事でしょうか?
    でもやはりそれを促す事が「干渉」と感じる方もあり、
    せっかく子育てが終わったのに「子供」という
    足かせを再び履かせてしまう事になるなら
    それは結果的に私の幸せにもならない、と言う面では
    とてもうなづけるご意見でした。
    もう何だか頭の中ゴチャゴチャです。
    つい最近まで(父の定年前)、
    飛行機嫌いの父が、母の希望をかなえて
    一度は海外へ旅行しよう、また、私たちとは
    2世帯住宅(完全分離)を建てて
    一緒に住もうなんて事まで話し合っていたのに、
    何でこんなになっちゃったんでしょう。。。

    ユーザーID:

  • 親自身の問題です。

    親の離婚を娘の貴方が心配する。
    これは、実は「親の年齢」の者からみると、筋違いなのですね。子にとっては「親の離婚」は全宇宙の崩壊に似ているかもしれません。

    けれど、親には結婚前に既にいろいろな人生(貴方のこれまでの人生ぐらいの長さ)がありました。
    長命時代のこれから、さらに20,30年の長さの人生があります。それは若い人には、単なる老親の灰色の「老後」としか見えません。が、老親本人にとってみれば、人生に残された貴重であるとともに、実に長い時間です。
    それを如何に過ごすか?はもう娘や息子の問題ではありません。
    経済も関わり老い先の不安もあって、実際は別れられない夫婦が多い。それでも親本人達が解決するほかありません。ですから、老後の夫婦の形はいろいろです。妻が一人で逃げ出す型、同居離婚型、別居で仲良し型、ベッタリ型、どれでもいいのです。

    ユーザーID:

  • ワイン好きさん、ありがとうございます

    別居、これも一つの手かもしれませんね。

    母は
    「もし出て行くとしたらカードの類は全部持って出る」
    と言います。

    父の思惑にはまるつもりはないようです。

    ユーザーID:

  • 親の年齢さん、ありがとうございます

    もし、突然の離婚であったなら、
    私にも悩む要素はなかったかもしれません。

    双方の悪い話を双方から聞くようになり、
    私にもまるで当事者であるかのような
    思考が生まれてしまったことは確かです。

    仰るように私の知らない両親の
    各々の過去があったわけで、
    子の私から見て申し分のない仲のよさと
    感じていた部分が実はポーズであったり、
    子供の為にお互いの嫌な部分を
    我慢し続けてきた可能性は大きいですね。

    子供が独立した今こそ、
    今後の身の振り方を個人レベルで考える事が
    できるようになったのですから、
    「別れる」と言う物を「いや、別れないで」と
    否定するつもりは最初からありません。

    別れるのは話し合ってからでも遅くないのに、
    と思っているだけなんです。

    まぁ。。話し合うかどうかも両親が決める事ですが。
    誰の意見も聞かない、夫婦の間でも
    お互いが「自分の意見が絶対」と思っている両親に
    もはや打つ手はないんでしょうね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧