どこに住んでも働ける仕事は?

レス82
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

真里菜

レス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 海外なら美容師!

    海外なら美容師が重宝されますよ。
    地方だと特に。
    私はイギリスに住んでいますが、
    日本人の留学生はたくさんいるのに地方なので、
    日本人の美容師さんがいません。
    なので、わざわざロンドンの日系美容室まで行く人もいます。
    皆、日本人に切って貰いたがっているので、
    もし美容師免許を持っていたらいい商売になるのになぁーとつくづく思っています。

    ユーザーID:

  • コーダーでいいんですね>横レス

    WEB制作者さん、再びレス有り難うございました。
    コーダーでいいんですね…。

    とりあえず表には名前と連絡先にします>名刺

    有り難うございました。
    お互いお仕事頑張りましょう。(ぺこり)

    ユーザーID:

  • いい医局ですね

    大学病院と基幹病院との繰り返しだなんて医師さんの医局はいい医局ですね。うちの夫の前にいた医局は関連病院が多いのと、医局員の数が多いのとでへき地→基幹→慢性期→大学で長いところで1年から1年半、短いと半年で異動なんてところでしたから。医局を辞めてからのほうが臨床力がつくなんて申しております。一応今後のことも考えていろいろな認定医を取れる施設を選んで紹介はしてるんですけど。幸い私もまったく関係のないように見える業界ですが一応のコネクションがありますので、一応ステップアップにはなってるようです。急性期でない病院ばかりを転々としていたら確かに技術は衰えますよね。違う医局の方がいることのいづらさはまるで関知しない夫なので。医局にどっぷりつかって生きてきて教授のポスト争いで負けた医師がどうなるのか、身近に見てきたこともありますし。ご心配ありがとうございます。

    私は基本的に医局解体論者なので(そもそも関連病院の人事に関して何の任命権も持たない教授が人事を牛耳っていること自体が矛盾していると思っているので)これ以上ここのスレで議論することはスレ汚しになりますのでワタクシはこの辺で失礼いたします。

    ユーザーID:

  • 看護師・時給

    横レスにご忠告があったので再度レスします。
    何も全ての看護師さんの時給が2000円と書いた訳ではなくて私の勤めている所はたまたま時給も良くて短期で稼げて助かっていると書きたかったのです。
    上手く伝わらなかった事、失礼しました。
    住む所や、病院、医院によっては確かに待遇の格差はありますが大体私が知る所では1000円以上は貰っていると思います。

    ユーザーID:

  • 横レスですが>医師さま

    >これまでも基幹病院で、医局から離れた医師がいることはありました。けれど新しい医療を知らないままで淀んでいますよ。大学病院で新しい医療を学んでまた地域の病院に出る、この繰り返しで病院も医師も進歩していくのです。転々としていたら、古い医療のままで進歩なんてありません。お金は稼げても、知識を吸収できないのです。


    ・・・ということは、やはり開業医の先生は進歩がないということでしょうか?私のかかりつけの先生は地元の日赤に10年近く勤務されている方なのですが、こういう先生はやはり信頼できないということで転院したほうがいいのでしょうか?日赤ですし、ずっと信頼してきたのですが不安になりました。日赤の前はどこにいたのかはよく知りません。教えてください。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 作家!その二

    たかが中篇程度、「書いたことがある」なんて、作家には程遠いです。

    どこかのコンテストに応募して賞を取る程度にでもならなければ、そんなもの、書いていないも同然、そういう世界です。

    もっとも、ちゃんと作家としてデビューするには、やはり長編が書けないと話にならないですね。長編で賞を取って出版してもらうのが最低限必要でしょう。

    でも、華々しく賞を取ったわりには、一冊出してそれっきりという人が、実は「ほとんど」です。最初のレスで「成功率が低過ぎる」「失敗した時のリスクが大きい」と言ったのは、こういうのが現状だからです。

    私が言っていること、意地悪だと感じますか? でもこれが現実です。と言うより、現実は私の言葉なんかより、何千倍、何万倍も意地悪ですよ。

    それでも、というのなら、うだうだ言ってないでさっさと書く! さっさと挑戦する! こんなところにトピ立ててる場合じゃないでしょ。

    ユーザーID:

  • 医療系

    とくに看護師は国内ならどこでも仕事は得られるだろうし、皆さんおっっしゃってるとおり良いと思うのですが、最初にトピ主さんが挙げられている職種が、自宅でできるようなものばかりだったので・・

    トピ主さんは医療系には興味はないですか?
    もの書きで、自宅でできるような職種がご希望なのですか?

    ユーザーID:

  • 医療系主婦さんへ

     >海外で使えないから看護師はダメ、と仰るかた、なぜですか?

    トピ主さんが最初に、「海外に渡ったとしても収入を得られる仕事につきたい」とおっしゃってるからじゃないですか?
    読まれました?

    ユーザーID:

  • やはりネットトレード

    ずっと見てきましたが、時間や資格や条件でネットトレーダーに勝るものはないようですね。

    年齢制限なし、資格いらない、学歴不要、男女差不問。パソコンさえ繋がれば世界中どこででも取引できます。

    ただ必要なのは勇気と才覚。資金に応じて儲けは変わりますが、土地柄に関係なく同じ収入を見込めます。トピ主さんの望む、「どこの地方でも」に一番相応しい職業です。

    私はこの仕事を誇りにしています。

    ユーザーID:

  • コーダー

    >ではそういう仕事をしている人はなんと言えば良いのでしょう。
    コーダーかオペレーターですね。

    ちなみに私も名刺は@ひららんさんのように、名刺の裏にいろいろ書いてます。
    ただ、書きすぎても「どれがメインやねん」ってことになりかねないので、メインを大きく、あとは小さい字で。(笑)

    お互い仕事頑張りましょうねぇ。

    ユーザーID:

  • なぜ、海外で使えない免許はだめなの?

     看護師です。夫の転勤で海外や国内を転々としています。
     
     海外で使えないから看護師はダメ、と仰るかた、なぜですか?トピ主さんは、世界を旅するのが目的ではなく、一生食べていける仕事を得たい、と書かれていますよね。

     もしも一生独身ならばわざわざ海外に出ていく必要はありません。国内で働ければ十分でしょう。ですから海外で使えない件まで心配する必要はないと思います。

     もしも、結婚後に夫の転勤で海外を転々とすることも見こしているのなら、看護師おすすめです。そもそも駐在員を派遣する会社は、妻の労働を禁止することが多いです。私は夫のアメリカ駐在中に看護の勉強をし、日本に帰ってから給与が上がりましたよ。

    アメリカのほうが看護のレベルは高いので、駐在妻生活を踏み台にして自分もステップアップすることができました。東南アジアでは、日赤関連のボランティアをしました。この時はむしろ私が「医療レベルの高い国からきた人」として活動できました。

     夫の都合で海外を転々とするなら、どうせまともには働けません。それ以外に、海外に出ていく理由があるでしょうか?

    ユーザーID:

  • 看護師の時給2000円?

     横ですが
     そんなに明確に決まってないですよ。
     看護師の時給。

     地方や働く場所によってちがいます。

     私は正看護師で今3つ掛け持っていますが

     ひとつは美容整形関係で
     時給2000円を越えています。

     ひとつは
     1900円でコレは危険手当込み。

     ひとつは
     1400円

     そしてこの辺りの市民病院クラスは
     諸手当がつくものの
     時給1000円切ります。

     1200円と言われた医院では
     正看護婦のプライドが
     「よろしくお願いします」と頭を下げることを
     拒否しましたが。

     私の住む地域では
     働く場所の時給、待遇、人間関係にこだわりがなければ、他職種より求人は多いです。

    ただ、この仕事に対する敬意がないと、長続きするとは思いませんし、
    医療費の削減、健康保険の見直しなど
    国が福祉をないがしろにしていけば
    今後伸びる仕事でないと思います。

    ユーザーID:

  • @ひららんさんへ。有り難うございました。(横)

    @ひららんさん、レス有り難うございます。トピ主さん、話が横にそれてすみません。

    >Webデザイナーの立場で言わせていただければデザイン一本で
    >食べていけるというのが私の「Webデザイナー」としての定義です。

    それは先にお答え下さったWeb制作者さんのお答えと同様ですね。

    >その時の名刺は肩書きを書かず表に自分の名前と連絡先等、裏に自分が請け負える業務を何でも書きました。

    成る程!@ひららんさんの名刺のアイディア、頂きます。(すみません…)

    >制作した事なくても「できる!」と思ったものは書きました。
    >売り込みに行く時には言ったもの勝ちです。

    そうですね。私もハッタリかまして(言葉汚くてすみません)仕事取った事あります。大変だったですが、すごい良い経験ができました。

    >まずはクオリティの高い作品を(ポートフォリオ)作る事をおすすめします。

    アドバイス有り難うございます。少しずつ作っていきます。

    >働くお母さんでいらっしゃる地方で下請けさん。
    >頑張って下さい!応援してます。

    この一言に涙が出そうになりました。有り難うございます。頑張ります!!

    ユーザーID:

  • WEB制作者さん、お答え有り難うございます。(横)

    WEB制作者さん、レス有り難うございます。
    >「自称フリーライター」と同じで、名刺に「webデザイナー」って書いたらなれますね。

    そうですね。書いちゃえばなれますね。ごもっともです・・・

    >画像やテキストを配置して、色や装飾をし、ページにすることがデザインではないでしょう?そういった仕事内容でwebデザイナーと名乗る人もいるのです。

    確かに、それは違いますね...。デザインはしていない。
    ではそういう仕事をしている人はなんと言えば良いのでしょう。別に職業名にこだわる訳ではないのですが。ふと疑問に思ったもので。

    >私はデザイン内容で指名されての仕事がくるくらいでないと、
    >単なる「自称webデザイナー」だと思います。

    成る程。そうなるとかなりの人が自称Webデザイナーとなりそうな気がしますね。そういわれると自信がなくなりますね。私も”自称”かも。(一応自らデザインしてますが…)

    >地方で下請けさんの場合、「デジタル何でも屋」の方が「webデザイナー」と名乗るより、よっぽど仕事が入ってきそうな気がしますが。。

    そんな気もします。笑。お答え有り難うございました。

    ユーザーID:

  • どこでもと言っても。。。

    看護師です。

    看護師をすすめていらっしゃる方が多いのですが、日本の看護師免許は海外では使用出来なかったという記憶があります。

    アメリカで言えば、アメリカは州免許であり、別の州に行けば、また試験を受ける必要があったように思います。また、アメリカの看護学教育は日本よりレベルが高く、求められる力量が違います。

    たとえば、日本では看護師が薬を処方することはありませんが、アメリカでは看護師が処方するという話を本で読んだことがあります。また、処置のことで言えば、日本の看護師って縫合しませんよね?出来ませんよね?

    トリアジでは、同じ看護師というライセンスを持っている以上、他の看護師が出来て、私は出来ませんなんていうことは言えないそうですよ。

    看護学という目指すところは同じでしょうけれど、免許が印籠のようにどこでも使えるというわけでもないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • まだ出ていないので、、

    パチンコ屋はいいですよ〜
    今は女性でも役職になれるし、
    店長にでもなれれば、転職先はすぐに見つかります。

    現にうちの主人もこの間転職しましたが、
    業者からの紹介ですぐに次の店も見つかり、
    年収は700万です。
    (ちなみに中卒)

    パチンコ屋なら、全国にあるし、都会でも田舎でも好きな所に行けます。

    ユーザーID:

  • トピ主です(2)

    お蛾婦人さん「あなたは、たぶん世間をあまり知らず、ご自分のこともよくわかっていないのでしょう」そのとおりです。また、何人かの方がおっしゃっていた「飽きっぽい性格」もそのとおりです。けれど、これだと思ったものにはとことん入れ込むA型です。

    各専門職の方の現場からのご意見、参考になります。
    厳しいお言葉も有り難いです。

    どのくらいの給料を望むのか?「一生、なんとか食べていけるくらい」です。

    しかし気になるのは小説家。文章を書くのはすきです。長編は書いたことないですが、中編程度は書いたことがあります。

    それから料理人。学校で3年間勉強し、現場で3年ほど働いた経験があります。料理もすきなんです。ただ、少しどんくさいとこがあるので、スピードを要する料理人には向いていない。

    はやく進む道を決めたい。あせりますね。

    ユーザーID:

  • 医療は×

     医療関係はだめですよ。国内にいるならいいですが、海外では国によって免許体系が異なりますから、そのまま日本の医師、看護士免許は通用しません。


     もっとも汎用性が高い職業は、売春婦です。男が居ればどこでも開業可能です。

    ユーザーID:

  • トピ主です(1)

    いつのまにかこんなにたくさんのレスがついていてびっくりしました。ためになるアドバイスも多く、ありがとうございます。

    医療関係の仕事を挙げる方が多いですね。

    Mさんの「何かの資格だけでなく、自身に誇りや自信を持った人はおそらく、どこに行っても、強いのでは?」というのは本当にそうだなあと思います。

    旅の仲間さんの「そもそも自由にどこにでも行きたいって思っているのに、行った先で、誰かに雇われたり、フリーランスになってこき使われたりして、そんなんでいいんですか?まずは自分の全ての情熱を捧げられるものを探しましょう。」これもそうですね。

    ユーザーID:

  • 地方で下請けさんへ。横ですみません2

    かくいう私も以前フリーランスでイラストからWEBまで細かい仕事問わず
    何でも請け負っておりました。

    その時の名刺は肩書きを書かず表に自分の名前と連絡先等、裏に自分が請け負える業務を何でも書きました。
    制作した事なくても「できる!」と思ったものは書きました。
    もし肩書きを書く場合は「Webデザイナー」ではなく「デザイナー」とお書きになった方がよいのでは?
    限定されるイメージがありますので。

    売り込みに行く時には言ったもの勝ちです。
    あとは作品で評価されれば良いのですから。
    まずはクオリティの高い作品を(ポートフォリオ)作る事をおすすめします。

    働くお母さんでいらっしゃる地方で下請けさん。
    頑張って下さい!応援してます。

    ユーザーID:

  • 地方で下請けさんへ。横ですみません1

    Webデザイナーの立場で言わせていただければデザイン一本で
    食べていけるというのが私の「Webデザイナー」としての定義です。

    ただWebデザインだけではなくDTP、キャラクターデザイン等々の
    ディレクション業務もやっておりますので、外注で
    デザイナーやイラストレータの方にお願いする事もあります。

    ディレクターの立場で思うのは「作品次第」です。
    それに「Web」しかできない方より地方で下請けさんの様に
    なんでもできるデザイナーさんの方が助かります。

    フリーランスは「できない」事より「できる」事が多い方が
    重宝されますから。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私は日本で教員免許、イギリスでアロマセラピー、マッサージ、リフレクソロジーの資格を取り、現在海外在住です。
    子供がいるのでバリバリとはいえませんが、資格を生かして、収入を得ています。

    ユーザーID:

  • 会計士

    私の職業は米国公認会計士(監査)です。 アメリカでプラクティスしております。 日本、アメリカ、中国等、様々な国を行ったりきたりしています。 私はあなたと同じ、20代後半女性です。別に、米国の会計士の資格を進めているわけではないのですが、公認会計士という職業は万国共通です。 下記の点で、あなたの言う条件は満たしております。

    1.世界どこでも仕事が見つけられる(但し、二ヶ国語以上ネイティブ並みに使いこなせること必須だが、これはどの職業でも同じと思われる)
    2.一生使えるテクニカルな資格である
    3.本とのかかわりは強い(分厚い本を何冊も読まなければなりません)
    4.何歳からでも始められる

    難点は、試験が難しいかも知れないと言うことです(国による)。私にとっては試験自体は難しくなかったけど、やっぱりかなり我慢大会状態でした。 血を見る努力が必要と思われます。 それに耐えられるなら、あなたの言う条件をすべて満たしておりますので、是非お勧めします。 

    ユーザーID:

  • それはやっぱり

    寿司職人、板前、生け花の先生、柔道などの武道家、
    美容師…あたりが確実に需要があると思うし、
    ビザ取得も比較的容易なんだろうなと思います。

    特に柔道や剣道の先生はどこに行っても
    非常にわかりやすい職業なので尊敬もされるようです。

    医者や看護婦はどうかな〜
    ボランティアならいくらでもできるでしょうけど、
    勤務先となると…?

    ユーザーID:

  • あっちさま

    まともな病院でしょうねぇ。いわゆる基幹病院ですから。ま、何をもって「まとも」とおっしゃるかは知りませんが。
    資格はメジャー科の認定医資格を持ってます。
    ある意味私の仕事が彼の新規の職場を探すのに役立っているともいえるかもしれませんが。ちなみにMRではないですよ。

    ユーザーID:

  • 地方で下請けさん

    @ひららんさんではないですし、思いっきり横ですが。
    webデザイナーは他の方が書かれている「自称フリーライター」と同じで、名刺に「webデザイナー」って書いたらなれますね。

    画像やテキストを配置して、色や装飾をし、ページにすることがデザインではないでしょう?
    そういった仕事内容でwebデザイナーと名乗る人もいるのです。
    デザインの意味をはき違えているのかも。
    私はデザイン内容で指名されての仕事がくるくらいでないと、単なる「自称webデザイナー」だと思います。いくら大手と取引があっても。

    地方で下請けさんの場合、「デジタル何でも屋」の方が「webデザイナー」と名乗るより、よっぽど仕事が入ってきそうな気がしますが。。

    ユーザーID:

  • さりーさん、わかっていないです。

    今、仕事があるからといってずっとあると限らないのです。今のポストがあったのはほんとうに運が良かっただけでしょう。そのうち新しい医局が関わってきて居づらくなるでしょう。

    これまでも基幹病院で、医局から離れた医師がいることはありました。けれど新しい医療を知らないままで淀んでいますよ。大学病院で新しい医療を学んでまた地域の病院に出る、この繰り返しで病院も医師も進歩していくのです。転々としていたら、古い医療のままで進歩なんてありません。お金は稼げても、知識を吸収できないのです。

    医学は日進月歩です。患者のためにもお金を得るための手段にしてもらいたくありませんね。

    ユーザーID:

  • もっと身近な仕事を・・・

    思いついたものはどれも難しそうですね。

    今までの経験やコネが物をいいそうだし、また才能もいりそう。周りにはまずいないのでちょっとわかりません。

    それよりも私は看護士、介護福祉士が思いつきましたよ。資格取得に時間がかかることはネックですが、例えば結婚してもパートとしても雇ってもらえる確率が高いですよね。
    私は主婦ですが、実際看護士のパートというママは結構いますし、転勤しても職にはあぶれず、比較的すぐ見つかるようです。

    私自身は完全在宅でパートしてますが、出社しなければならないので市内に居住していることが条件です。なので、夫の転勤とともにいずれ退職しなければなりません。
    完全在宅業務でさえもこれですから、どこでもできるというのはなかなか難しいと思います。

    ユーザーID:

  • 一歩も二歩も先を見る

    「なりたい」と「なれる」は違うし、
    「なれた」と「続けられる」も別物。

    「一度だけの人生だから」
    「後悔したくないから」なんて理由で
    つまみ食いして
    「やっぱり向かなかった」
    「あの業界って見掛け倒し」

    迷惑する側のことも考えてね。
    尤も転職を重ねる人は迷惑する側じゃないから
    考えてねって言っても無理かな。

    ユーザーID:

  • 収入に応じて

    トピ主さんはどの程度の収入を想定していらっしゃいますか?

    ファストフードやコンビニ、スーパーのアルバイトならある程度どこでも仕事が探せますよね。

    自分で家賃・生活費がまかなえるというレベルなら、翻訳者やライターがいいかもしれません。この場合は人脈と実績作りに成功すれば、ある程度の移住が可能だと思いますが、フリーランスでは収入に波があるので、事前にある程度貯蓄がないとたいへんでしょう。

    一定の収入を確保したいのなら、医師や弁護士、公認会計士などの国家資格が有効だと思います。大学教授も良いでしょう。ただし、しょっちゅう移住しているようですと、いずれの職業でもキャリアを積むことは難しいと思います。あくまで生活のためですね。

    上記は国内の例です。海外でも……となると、文芸に通じた翻訳家か世界的に名の知れた作家になって、現地の大学にビザを発給してもらって言語学か文学を教えれば、収入は安泰だと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧