医師または医療従事者の方に質問です。

レス10
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

まーち

今日、大学の「救急医学」という講義で、止血法の説明がありました。それは出血している部分よりも心臓に近い所を駆血帯を巻く程度の強さで布を使って縛るというものでした。でもさっき、出血部位よりも心臓に近い部分を縛るのはよくないと以前テレビで言っていたのを思い出したのです。何でも、心臓に近い部分を縛っても動脈血は止まらないので、末梢までどんどん流れた後、静脈を通って心臓に戻ろうとする時に布で縛られている部分で行き場を失った血液が傷の部分から大量に流れ出るということでした。そう言われると何だか信憑性があるような気もします。ずっと前者が正しいと思っていたのですが、本当に正しいのはどちらなのでしょうか。教えて頂けたら嬉しいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 救急の現場では・・・

    動脈を切ったときは患部の直接圧迫します。
    それでも出血が止まらないときは心臓に近い位置で縛ります。

    静脈を切ったときはトピ主さんがおっしゃる方法も一理ありそうですが静脈からの出血ならたいていは患部の圧迫止血で止まりますよ。

    救急の現場に4年間いましたがトピ主さんの説は聞いた事が無いです。

    ユーザーID:

  • 質問するのは、いいですが

    動脈って、心臓からの圧力で積極的で出血するんですよ。
    つまり、体中にある血が押し出される。

    静脈は、もし、トピ主さんの言うように、血が戻れなかったとしても、戻れなかった血だけが出血することになるでしょ。

    「出血部位よりも心臓に近い部分を縛る」って、どこを縛ることをイメージしていますか?
    まさか、ウエストとか、首とかですか?

    「出血部位の位置」と「縛る位置」の関係を勉強なされば、縛る意味が理解できると思いました。

    ユーザーID:

  • そういうこともあるかも

    縛る圧力によるのではないでしょうか。
    動脈圧より(血圧より)十分高い圧力で縛れば、動脈血も行かなくなって出血は止まると思います。
    中途半端で弱い圧力だと、動脈血が流れて、静脈血は遮断されるので(うっ血という状態)創部から静脈血だどんどん出て行きます。

    ユーザーID:

  • 止血帯をすると

    動脈血が完全に止まるかどうかは別として、止血帯から先の末端部に流れる血流の圧力や量は減るのではないでしょうか。
    また、傷口からの流出もあるので・・・傷口につながる静脈を戻る血流量も限られ、止血点に過大な圧力がかかって逆流するというのも「?」です。

    止血点を間違えた場合はどうなるかわかりませんけどね。

    ユーザーID:

  • 解決しましたか?

    出血部位より心臓に近い部分で駆血帯を巻く程度の強さで縛ると言うことは、普通の採血と同じく「動脈血は遮断せず、静脈血の流れを止めて鬱血状態にする」ということですよね。これだと静脈出血であれ動脈出血であれ、なんの止血効果もないような気がするのですが。あまり聞いたことのない方法です。やはり基本は出血部位の圧迫止血ではないでしょうか。動脈出血であれば心臓に近い部位をかなり強く縛ることで出血を防げるけど、長時間その状態が続くと末端部が壊死を起こしてしまうので判断が難しいですよね。

    トピ主さんの書き込みをそのまま読んだらどちらも正しくない、若しくは言葉が足りない気がします。テレビの説も”駆血帯程度の弱さで”縛っても動脈血は止まらないから正しいと言えば正しいでしょう。大学で学んでいるのなら講師に直接確認するのが一番だと思います。もしかしたら抗議の時に「静脈出血の時に駆血帯ぐらいの強さで心臓から”遠い”部位を縛る」というのを言い間違え書き間違えただけかもしれません。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • はいはーい便乗質問です

    血圧測定って、収縮期圧より強い圧をかけて脈が聞こえなくなるポイントを探しますよね?
    あれって、動脈の血流が抑えられているのではないのですか??

    それでは止血には不充分ということでしょうか?

    ユーザーID:

  • どしろうとさん。お答えしまーす

    動脈血を血圧帯のようなもので止血する場合は
    大体血圧の1.5倍〜2倍の圧をかけます。
    通常300mmHGの圧をかけて止血しますが
    長時間すると血流が抹消にいかないので壊死してしまいます。手術などで例えば足などの手術は手術部位より上に駆血帯をまいて行うと出血が少なくてすみます

    ユーザーID:

  • るん。さん、レスありがとうございます!

    ええっとですね、私が疑問に思ったのは、血圧測定時の駆血帯?でかける圧力程度の縛り方なら動脈血は十分止血できるのでは?という意味で、トピ主さんがTVで静脈血しか止血できないというのは間違いになるのでは、と思ったから質問しました。

    実際には救急現場では患部の圧迫止血がファーストチョイスというのは理解しましたが。

    私自身は、皆さんの話の流れを総合すると、駆血帯程度の圧迫なら上部動脈による止血は可能であること、トピ主さんの言うTVは不完全な止血だと静脈だけ止めることになるという意味の放送の一部を誤解された可能性、と理解しました。
    誤解がありましたらご指摘お願いします

    ユーザーID:

  • あぁ、勘違い。

    先日の私の投稿の中の「駆血帯」は採血の駆血帯を想定したもので、血圧測定の「駆血帯」に考えが及びませんでした。

    そう考えると、テレビの言っている方が少し変な感じです。血圧測定時の駆血帯緊縛の強さであれば止血可能です。ただし、長時間に及ぶと末端部が壊死する可能性があります。

    ユーザーID:

  • (^^)さん、ありがとうございます!

    そういえば、採血でも縛りますものね。

    るん。さんとさんのご説明で、血圧測定くらいの圧ならば止血は可能ということがわかりました。
    お二人ともレスありがとうございます。

    短時間というのは、どのくらいが許容範囲なんでしょうねー。
    長時間に及ぶと震災時のクラッシュシンドロームのようになるのですよね。コワイコワイ・・・

    いずれにしても、止血には患部の直接圧迫ということも勉強になりました。

    実際に自分で試すような機会には遭遇したくありませんが
    (苦笑)
    レスありがとうございました!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧