面白かった間違い電話の話

レス145
(トピ主0
お気に入り22

心や体の悩み

トピ主

レス

レス数145

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ネコがかけた間違い国際電話

    在米です。

    FAXに日本の実家の番号を短縮ボタンとして登録してありました。 

    ある夜、電気も消えている部屋の中、飼いネコが机の上に設置してあったFAXの上をそそ〜っと歩いてる気配。 いたずらすんなよ...と眠い頭で思った途端、「ピッ」!

    そう、例の短縮ボタンをネコが踏んでしまったのです!

    あ!っと思う間もなく、ピポパポピポピポ...と日本へ国際電話が! あ、そんな、そんな...と焦るも、眠っていた上、当然コンタクトも外していた私はベッドの上でじたばたもがくのが精一杯。 何度もつまずきそうになりながら、やっとFAXにたどり着き受話器を持ち上げてそのままガチャンと切りました。

    後で聞いた話ですが、その電話は母がとったものの、何も聞こえてこないので、じっと耳を澄まして様子を窺っていたそうです。

    その後FAXに、カセットケースを半分に分けたものを短縮ボタンの上にセロハンテープで止めただけという、なんともダサい「ネコの間違い踏み防止」が付けられたことは言うまでもありません。

    それにしても、私が留守中にやられなくてよかった... 国際電話は高いです...

    ユーザーID:

  • 私も仲間に入れてあそばせ1

    FAXですが、聞いて下さい。

    引っ越して間もない頃(3年前)、私が帰宅すると
    いきなり、「まさか、これってフリーダじゃないよね・・・?」と涙ぐみながら母に見せられたのが間違えFAXでした。今でも覚えています。

    どうやら出産され、退院してきたばかりの女性からで、「今実家についたばかり。連絡せずにごめんね。私のせい・・・でも今日無事に男の子!(赤ちゃんのイラスト)○クンそっくりで私はなんて幸せモノだろう・・・。驚いただろうね。できることなら会わせてあげたい。結局はこういうカタチになったけれど、産んでいいって言ってくれてありがとう。こんな私に最高の幸せをありがとう。実家には今月イッパイいるけれど、違うアパート見つけたので。(ゴメン)

    続かせてください

    ユーザーID:

  • 私も仲間に入れてあそばせ2

    ココにいる間○クンに会えなかったら、ホントもう・・・がんばります。だって、赤ちゃんがいるんだもん。・・・・続く」
    と深刻な内容でした。母と相談し、立ち入った事だけど、今月この間違えFAXの為に○クンが赤ちゃんに会えなかったらどうしよう・・・ということで、急いで送信番号へ電話しました。私からの電話が○クンと思ったのか、フェーンと若い女性が泣きながら電話に出たのですが。。。

    今思うと、FAXで送信しなおせばよかったのでしょうけれど(反省)
    つい、「頑張ってください」と余計な事まで言ってしまいました。
    あの親子元気かなー。

    長文、すいませんでした。

    ユーザーID:

  • 追:

    ごめんなさい。トピ題の、「面白かった間違い電話の話」ではなく、私の場合「心に残った」話でした。。。

    すいません。。。

    ユーザーID:

  • 間違えたのは母ですが・・・

    数年前のある日1本の電話がかかってきて、母が出ました。
    母は始めのうちは「この度はおめでとうございますぅ」などと言っていたのですがそのうち「・・・え?あらあら、そうなんですか・・・、それはそれは・・・」としどろもどろに。なんの電話かと思ったらその時ちょうど選挙があって、落選した候補の後援会事務所からのご声援ありがとうコールだったのでした。間違い電話ではないのですが、
    母が政治に疎いのが災いした勘違い電話となってしまったのでした。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 友人の話ですが

    もうひとつ思い出したので、2度目のレスです。

    イタリアに短期留学した友人が、そこで知り合った別の国の同級生と電話番号を交換しました。そこには、ちゃんと国番号から始まる電話番号が書かれてたそうです。
    日本に帰国後、友人はその番号に電話しました。

    友人「(カチャ)もしもし、○○さんのお宅ですか?(もちろん英語)」
    相手「@〜×*+?%#」
    友人「(あれ?)あの、、、××さんとお話したいんですけど…」
    相手「$×<○+&*〜〜〜?」
    友人「……(なんで?)」
    相手「*#@+=&%!!!」

    …さっぱり通じない電話、何語か分からない言葉に、動揺した友人はそのままガチャン!と電話を切ってしまったそうです。

    「あとで調べたら、その国番号、インドの番号やってん!インドに間違い電話かけてしまってん〜!」
    友人は、ケラケラ笑って教えてくれました。

    ユーザーID:

  • ばらしちゃった・・・。

    海外在住です。
    ある日携帯電話に着信がありました。
    忙しくしてて出れなかったので、見覚えない番号でしたが、友達だろう、と思って折り返し電話しました。
    ちなみに私と友達の良子(仮)は同じ苗字(田中・仮)なんです。
    私「Hallo」
    相手(男)「Hallo・・・あ、もしもし?」
    私「あ、もしもし?あー、日本人の方ですか、えーー、あのーーー、私の携帯に電話頂いたみたいなんですがーー」
    相手「え?あの、どちら様で」
    私「あ、田中と申します」
    相手「あ、良子さんのご家族の方ですか?」
    私「・・・・あ、良子!あ、もしかしてこれ、良子の会社の電話番号ですか?・・・という事は社長様?あーー、申し訳ございません、良子の携帯電話に掛けなおさせていただきます」

    良子、会社から私用電話してたの、社長にばらしてごめんね・・・。

    ユーザーID:

  • うちは

    引っ越してきた当初はクリーニング屋さん。
    「●●(洋服店?)ですが、きょう集配お願いします」のようなのが続々と。
    自分がでたとき、きちんと教えてあげてたから、最近はほとんどなくなったけど、
    入れ替わりのようにFAX送ってくるようになったのが病院。しかも、ひとつじゃない。
    「HIV検査依頼」だの「●●さんの白内障手術の件」だの、びっくりするようなのばかり。発信元示すものが何もついてないから、どうしていいか分からないし、着信履歴からかけ直してもピーッというばかりだし…。
    どうすりゃいいのさ。

    ユーザーID:

  • 夫の上司から

    夫の上司からよく間違い電話があります。もちろん夫のデスクにかけるつもりで、出先から携帯でかけているようです。その上司とは何度か面識があり、声もよく覚えています。

    私 「はい、もしもし」
    上司「あれ?田中(仮名)さんではないですか?」
    私 「はい。田中ですけど」
    上司「えーと。田中さんの番号ですよね?」
    私 「失礼ですが、佐藤(上司 仮名)さんでいらっしゃいますか?
       こちらは田中の自宅です」
    上司「あ!すみません。」

    このような会話を何度となく繰り返して慣れっこです。最近は、その上司の第一声を聞いただけで「はい。田中の自宅です」と答えるようになりました。時には「うぉ〜。またやっちゃった」と小声が聞こえることもあります。

    ユーザーID:

  • はい、東京駅向ってます

    友人が遊びに来るので、東京駅に車で迎えに行きました
    途中電話が。

    友人「今東京駅着いてんけど、携帯電池切れて公衆電話からやねん。どこまで行けばええ?」
    私「今、東京駅向ってるよ。丸の内出口辺りで待ってて」
    友人「はいよっ、じゃ、よろしく」

    東京駅について、探しても友人はいない。
    電話をかけてみると「もうすぐ着く」とのこと。
    え?????

    そう、最初の電話は友人ではなかったのです
    同じ関西弁だったので、お互い全く疑うことなく話してたようです
    そういえば、友人が言ってた時間より早いなーとは思ってたのですが…
    携帯の電池が切れたと言っていたので、教えてあげた方がいいかと思ったのですが、それらしき人が見つからず…
    結局、そのままで帰ってきました

    彼女はお友達と会えたのでしょうか??

    ユーザーID:

  • 日本の間違い、海外の間違い

    1、私が勤めていた会社は、某サラ金会社と同じ名前でして、よくかかってきていたのは、
    「すみません。返済を延ばしたいのですが、、、」
    1度冗談ででも「いいですよ」って言ってみたいね。と会社で話をしていましたが、
    やはりその方が後で困るので、
    ちゃんと「間違い電話ですよ」と言ってました。

    2、ココ最近我が家にかかっていた電話@海外は
    「アウデイー買いたいのですが」
    どうも何かの新聞に、家の電話番号でアウデイーを売っていた人がいたらしくて、別に嫌がらせでもなく、単なる間違いだったみたいです。

    3、以前の家でよくかかっていた@海外のは
    「オタクの家の支払いが遅れているんだけどねえ〜」とマフィアまがいの声で電話がかかっていました。だんなが出て、終いには喧嘩になっていましたが、、、(汗

    4、最後に極めつけ@海外は、
    「オタクが**をオーダーされたはずなんですが、オーダーされた商品の確認をしたいのですが、、、」「うちじゃないですよ」
    「うちじゃないと言われても、それじゃ困るんです。**さんって方知りません?」知るわけない。

    ユーザーID:

  • 「お前誰ぞ?」

    真夜中の二時・・・
    電話が鳴って、布団の中で「誰?」と思ってたら
    まだ起きてリビングに居た旦那が出た様子。

    なんか話してる・・・

    リビングに出て行き、「こんな夜中に誰やったん?」と聞いたら、

    電話に「はい。」と出たら男に
    「お前誰ぞ!」と怒鳴られたという。

    旦那は「どこにおかけですか?」と言うと
    「・・・あ、すみません、間違えました・・」と切ったらしいんだけど、

    迷惑なー。。。でも笑えた。

    ユーザーID:

  • 後ろめたいことはなくても焦ります

    新婚ホヤホヤのある日、電話に出た途端、
    「このあばずれ女! 一人幸せになるなんて許さない! 今まで主人と付き合ってたこと、ダンナに喋ってやったっていいんだから!」
    とヒステリックに泣き喚かれました。
    どちらへおかけですか? お間違えじゃないですか?
    と確認しようとしても、シラを切ってるとしか思ってもらえず、
    結局こちらもガチャ切りすることに。
    その後も毎日のように電話がかかってきました。
    多分、間違い電話か、
    我が家の番号を前に使っていた人が不倫をしていたかでしょう。
    今思えば、NTTに番号を変えてもらうとか、
    ナンバーディスプレイにして着信拒否をするとか、
    いろいろ手段はあったのでしょうが、
    あまりに度重なる泣き喚きっぷりに私もビクビクしてしまい、
    “もしこの電話を夫がとったらどうなるんだろう?”
    などとヒヤヒヤしてしまいました。

    ユーザーID:

  • ありますねぇ

    隣町の中古ゲームソフト屋と市外局番が1つ違い。
    春休み・夏休み・冬休みには
    「スーファミの中古ありますか?」
    「ドラクエ4入荷しましたか??」
    こんな電話がわんさかと(笑)
    しかもゲームソフトなので、かけてくるほとんどが
    おこちゃまなんですよ。
    市外局番が違うんだよと教えても礼も言わないし
    間違ったことに対して謝らない子がほとんど。

    それがある年間違い電話が激増しました。
    同じ人が何度も何度もかけてきます…4回かけてきた
    オバサンには怒鳴りましたよ。
    (1)「○○ですか〜?」
       「違いますよ」 ガチャ
    (2)「○○ですか〜?」
       「違いますってば。市外きょく…」 ガチャ
    (3)「○○ですよねぇ」
       「違う言うてるでしょ!ちゃんと確かめよ!」
       ガチャ
    (4)「○○…」
       「さっきからなんべんも違う言うてるやろが。
        ええ加減にせい!」 こっちがガチャ

    その店の広告に間違って記載されていたのでした。
    連絡をしたら、店長さんがゲームソフトをいっぱい
    持って家まで謝罪しに来ました。

    ユーザーID:

  • おまけ

    数年前携帯に入っていた留守番電話…
    「えりちゃん〜体操服忘れてるよ〜」
    優しい優しいおばあちゃんの声でした。
    当時高校生に携帯は普及していなかったのに、
    携帯持たせてもらっておばあちゃんに世話かけて、
    えりちゃんとやらは幸せやな〜と思いました(笑)

    ユーザーID:

  • 某保険会社から

    間違い電話でなく、間違いFAXなんですが・・・
    何故か、うちのFAXに、保険の書類、それも検査結果内容。
    個人情報もバッチリ、交通事故の状態とか、ナントか・・・
    (おいおい、いいのか?重要なマル秘を流して〜)

    今も間違いFAXが同じ会社から受信され続いてます。
    いちいち、指摘するのも面倒なのでほっといてありますが。
    (もう10年以上もだよ!いいかげん気付よ〜)
    まあ、ナンバーが似てるんだけどさ〜

    ユーザーID:

  • 夫のはずが・・・

    結婚したての頃、職場の夫にラブラブ電話をかけてしまったことがありました。
    仕事の帰りに一寸した買い物を頼むためのものだったんですけど、当時は携帯電話もなく、直接職場にかけたんですね。
    「家の者ですが、カトウをお願い致します」
    『お待ちください』との声の後、『はい、かわりました』と男性の声。私はもう、疑うこともなく
    「あ・な・たぁ〜んvちゃんと、おちごとしてまちたかぁ?」ラブラブ全開の問いかけに、相手は『・・は?はぁ・・』。
    なんか、変かも?と感じつつ、「あ・た・し♪わかるでしょ?」『えーと・・(小声で)マ、ママ?困るよ・・職場に』
    ・・ママぁ!?新婚早々どこのママに入れ込んでるんだ、この馬鹿は!と頭に血が上った私は「ママって誰よ!私はあんたの妻よ!!」・・・と怒鳴りつけてしまいました。
    すると電話の向こうでなにやらゴソゴソわやわやと気配があり、『もしもし、俺だよ。○○子か?』
    あら・・?これはまごう事なき夫の声。では先程までの方は?
    『お前・・さっきの『課長』だよ・・』
    きゃ〜っ!やってしまったーっ!!
    もう平謝りでした。
    でも課長さん、『ママ』って?

    ユーザーID:

  • 叔母の家にはアイドルが?

    もう30年も前の話ですが。
    東京の某所に在住している叔母夫婦の電話番号は、今は結婚して幸せ〜〜な生活を送っている大物歌手○○さんの自宅の電話番号とそっくりだったらしく、よくこんな電話がかかって来たそうです。

    「○○ちゃんいる?」「○○ちゃん出してよ」「いるんなら、ちゃんと出て!!」

    叔母は、時にはお手伝いさん、時には彼女に間違わされました。
    始めは叔母本人も「いたずらだな〜」と思っていたらしいのですが、あまりに頻繁で、しかもいつも違う女性からの電話で、朝でも夜中でもかかってくるようになったので、これはいたずらではないと実感したようです。
    叔母は電話の度に「うちは○○さんの家じゃないの。いつも間違い電話が来てとても困っているの」と説明していたそうです。

    当時大変なアイドルだった○○さんですから、女性にモテてしょうがなかったとは思いますが、叔母ほんと〜〜〜〜うに辛い思いをしていました。
    TVに○○さんが出る度に「あなたね、正しい電話番号を教えてよね・・・」と溜息ついていました。

    ユーザーID:

  • 私も入れてくださいな

    ある朝電話が鳴りました。

    私「もしもし」
    謎の男性「あ♪○○さん?(私の名字を言いました。ちなみにそんなに多い名字ではありません)」

    私「そうですが(誰この人?)」
    謎の男性「ああよかった〜○○さんが出てくれて。あのさ〜僕昨日から風邪ひいちゃって、熱もでるし、食事は吐いてしまうし・・・(と延々と5分ほど病状説明、こちらが口をはさむ余地なし)・・・というわけで、今日お休みしたいので、うまく課長に伝えてもらえないかな?」

    私「はあ、大変ですが、あなたどなた?」
    謎の男性「え!?○○さんですよね?」

    私「ええ○○ですけど、ここは会社ではありませんし・・・」
    謎の男性「(明らかに狼狽して)あの・・・○○ミキさんですよね?」

    私「いえ、違います」
    謎の男性「あの・・・番号○○番ですよね?」

    私「違いますね」
    謎の男性「・・・すみませんでした・・・(消え入りそうな声)」

    私「いえ・・・お大事に・・・」
    謎の男性「・・・ありがとうございます・・・」

    ごめんね、ミキさんじゃなくて。課長は怖い人なんですね。
    ちゃんと休んで、身体は治りましたか?

    ユーザーID:

  • ○○ケーブルテレビですか?

    これが頻繁にかかってきたことがあって
    HPから苦情を申し立てました。
    しかし、何と間違えているのか判明せず
    私もケーブルテレビ側も困っていたところに
    再度、待っていた間違え電話が
    若い男性でしたが
    「実は、頻繁で困ってるので
    本当は何処にかけようとしているのか教えてもらえないでしょうか?」
    と伺ったところ、市外局番違いの隣の市に
    メンテナンスの会社が。。。
    市内の人が市外局番つけずにかけているようなのです
    それを伝えて、表示に注意してもらえるようになりました
    そして、ナンバーディスプレイにしたので
    知らない番号に出ないし、
    本当に間違え電話がなくなりました。

    もう1つは留守電に学校の連絡網が来た
    うちは子供がいないのに、、、
    そのころはナンバー表示していなかったので
    かけなおせず、気になってしまった。
    どうなったんだろう???

    ユーザーID:

  • シネマ○○

    みなさんいろいろな経験をなさっているのですね!
    昼食休憩中に読ませていただきましたが、画面を見ながら笑いをこらえているので、隣の後輩に心配されてしまいました(恥)。

    では、私も・・・
    私の実家の昔の電話番号は、どうやら映画館のものと
    1桁しか違っていなかったらしく、よく間違い電話が
    かかってきました。

    私「もしもし山田(仮名)です」
    相手「ちょっと、ゴジラ何時から?」
    私「どちらにおかけですか?」
    相手「だから何時?」
    ・・・てな具合に(笑)
    だから、山田(仮名)だって言うとろーに!

    最初は「間違いですよ。シネマ○○(仮名)はXXXXXX(番号)です」
    と丁寧に教えてあげていましたが、あまりに数が多いのと、無礼な人が多いのでイヤになり、適当に「ゴジラは○時○分からです」「そうですね〜今とても混んでます」とか答えてました(ごめんなさい)。

    しかし、間違い電話とわかったときにきちんと謝ってくださる方は少ないですね・・・

    ユーザーID:

  • 間違い電話をかけてしまったほうですが

    深夜のことで、少しお酒も入っていたもので、迎えに来てもらおうと、公衆電話から自宅に電話をかけたつもりでした。
    …第一声が少し眠そうな若い男性の声だったので、てっきり弟だと思って「車で迎えにきて〜」って頼んだら、思いっきり間違いでした!

    気づいた途端に平謝りに謝りました。
    そしたら、相手の男性はとっても優しい声で

    「夜も遅いですから、気をつけてお帰りなさい」

    って言ってくださいました。

    最後に「もう間違えません、ゴメンナサイ!」というとその人は

    「いえいえ、またどうぞ」

    と、くすくす笑いながら通話を切ったのです。
    ツーツー音を聞きながら、しばらくぼ〜〜っとしてしまいました。
    だってとても素敵な、俳優で言うと藤木直人さんみたいな声だったんです。

    「またどうぞ」って、かけられるものならもう一度かけたいよ〜!

    ただいま自宅の番号をひとつづつずらしながら、あの夜の「彼」を探していますが…まだ再会できません(涙)
    クーッ!名前くらい聞いとけばよかった!!

    ユーザーID:

  • カミキリムシ

    ある日突然、私の名字がカミキリムシになった。

    毎日毎日、午後から夜にかけて
    「もしもし、カミキリムシですか?」
    という電話がかかる。
    「は?」
    「いや、だからカミキリムシですか?」
    「(動揺しつつ)ち・・ちがいます」
    の繰り返し。

    後日、友達が折り込みチラシをもってやってきた。
    「三丁目に開店した寿司屋の電話、ぺの家の電話番号になってるよ」
    見ると・・・・『亀喜寿司』
    数日後、亀喜寿司から折り込みチラシならぬ、
    本当のチラシが届いた。

    ユーザーID:

  • 入社説明会の日程ですが・・・

    携帯電話の留守電に大手住宅メーカーの人事課から入社説明会のご案内が吹き込まれていました。
    場所と時間も指定されていて担当者も名乗っていましたね。
    もちろん心当たりは無かったのですが、自分も就職活動中だったので一瞬「こっちの方がいいかも!?」と思ってしまいました。

    新手の詐欺だと嫌なのでその会社のHPで電話番号を調べて人事課へ電話して事情を話しました。
    担当者は不在でしたが同じ苗字の方は実在していましたよ。
    ただ、携帯に残っていた電話番号とその会社(人事課直通)の電話番号が違っていたのがちょっと引っかかったのですが、こちらの連絡先は教えなかったので本当の間違いかイタズラかは分からないままです。

    ユーザーID:

  • 警察から?

    一人暮らしなので、在宅中も留守電にして家族知り合いには「いればすぐ取るから何か一言しゃべってみて←留守電だと切っちゃう人が多いので)とお願いしてあります。
    ナンバーディスプレー付けてないし。

    ある晩、若い男性の声で「さちこ(仮名)〜ヒロシだけど〜俺今××警察にいるんだ〜頼む〜迎えに来てくれ〜」と、半泣きの電話が。
    最初は「間違いですよ」と受けるつもりでしたが、警察云々でちょっと躊躇してしまい取れませんでした。
    だいぶたってから「さちこ〜怒ってるんか?俺が悪かったよ〜なあ頼むから来てくれよ〜」と・・・

    ごめんなさい。
    結局無視してしまいました。
    ヒロシくんどうなったかな?
    今なら(例え詐欺系でも)受けて立つ覚悟はあるんだけど、当時はホント警戒心の強い小娘だったんです。

    ユーザーID:

  • 実録!なみこ:1

    念願の一人暮らしを始めて直後、留守番電話に年配の婦人の声。
    「なみこ〜。電話番号だけじゃやっぱり不安だわよ。住所教えてね。
     おかあさんでした。」
    はー。しばらく続くかもね、この電話。と思いましたが、ほんとにそれから
    毎日留守番電話に入ってるんです。「なみこー。」
    なんで娘の住所も知らないのよ!それになみこのことはこの電話しか
    しらないの?会社とか学校とか、連絡のつけようあるでしょうよ!
    と、他人事ながら心配で留守電にむかってやきもきする日々でした。
    そしてとうとう、直接電話をとることができたのです!
    なみこの母「あ!やっと出た!なみこ?おかーさんよ。」
    なみこでない私「間違いですよ。」
    母「え?もう、そういう冗談やめなさい!あのね、住所を。。」
    私「だから間違い電話なんですよ。わたしはなみこさんじゃないんです。」
    母「うそおっしゃい!その声はなみこですよ!毎日かけてるのに、間違い
      なわけないでしょ!」
    毎日かけてても留守電だったでしょうよ〜。勘弁してぇ〜。
    その声はなみこって、どの声よ。これはあたしよぉ〜。(続く)

    ユーザーID:

  • 実録!なみこ:2

    (続き)
    10分くらいの押し問答のあと、やっとなっとくした婦人。半泣き。
    母「毎日かけてたのに〜ぃ。」(だからそれは関係ないっつーの)
    私「というわけなんで(切りたい)。」
    母「この春からね、就職したんですのね、なみこ。それでね、反対したん
      ですよなのにどうしても一人で住むってきかなくて電話番号が決まっ
      たからってメモだけ置いて引っ越して行っちゃって。。(延々続く)」
    私「。。。」
    母「困るんです!心配してるんです!」
    私「はぁ。。。(切りたい)」
    母「どうしたらいいんでしょう?どこにいるのかしらなみこ。ご存知ないですか?」
    私「会社にかけてみられたらいいんじゃないですか(切りたい)」
    母「でも!!会社にはみっともないから絶対電話とかしないでって!」
    私「それで私にきいてるんですか?大変もうしわけないですが、わたし娘さんとは
      一面識もありませんし、たぶんこれからも一生あわないと思います。一つだけ
      いえることは、この電話番号はわたしので、あなたは間違い電話をかけてる
      ってことです。。。切ってもいいですか?」
    (続く)

    ユーザーID:

  • 実録!なみこ:3

    (続き)
    母「あ、いえ、それは、そうですよね。どうも、あの、でもなみこは、その。。」
    私「。。。。。失礼します。」
    母「」すいませんでした。。。(消え入りそうな遠い声で)なみこぉ。。。」
    がちゃり。つーつーつー。

    半月ほどしてまた留守電。
    「なみこに連絡つきました!ありがとうございました!」
    ご丁寧に!!いえいえ何にもしてませんよわたし。よかったね。
    あれ、留守電がもう一件はいっているぞ?
    「(小学生男子の元気な声)ハムラ君!あしたの試合お父さんがのせってって
    くれるって。迎えに行くからね、じゃ!」
    。。。。。。。。。新たな間違い電話の幕開け。。。。。。

    ユーザーID:

  • 留守電に、、、

    小学生高学年くらいの女の子の声で、
    「○○ちゃん、今日の公文の時にニッセンのカタログ
    持ってきてね」ってのが入ってました。

    ユーザーID:

  • 毎年春になると

    我が家の場合、市の保育所と番号が酷似しています。
    その為に春になると、すごく慌てた感じで、「遅れます」「休みます」の電話が朝の忙しい時間帯(7時半とか)にかかってきます。
    保育所に連絡して、保護者の皆さんに注意していただくようにお願いしてからはましにはなりましたが・・・

    それから、私自身が掛けた事。。。
    と言っても、公立の美術館へかけたくて、それもちゃんと県に問い合わせて教えてもらった番号に電話したんですよ。
    そうしたら、出られた女性が怒る事!!
    「いつも間違われて困る!!ちゃんと調べてから欠けてくれ!!」とこちらの言い分も聞かないで、切られてしまいました。
    もう少し話す時間があれば、教えてあげたのに・・・
    感じが悪かったので、県庁に言おうかなと思ったけれど止めました。
    だから、これからの間違い電話が続くと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧