だいすき!絵本

レス26
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

モンブ卵

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いっぱいありますが・・・

    「きょだいな きょだいな」
    ナンセンスさがいい!
    「あおくんときいろちゃん」
    単純にして美しく、深い!
    「あなはほるもの おっこちるとこ」
    かわいい!
    「ちいさいおうち」
    時間の流れを感じさせる絵に感動!
    「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」
    モノトーンだけど、力強さとスピード感がすばらしい!
    ぐりとぐらシリーズ・・・ほのぼの〜
    11匹のねこシリーズ・・・笑える〜
    こぐまちゃんシリーズ・・・赤ちゃんでもよく見てくれた・・・
    あ〜、絵本って、いいですね!!

    ユーザーID:

  • エロール・ル・ケインの絵本

    ほるぷ出版から訳本が沢山出ています。
    細密画調の絵がとってもきれいですよ。

    作者のケイン氏は残念ながら数年前に夭折してしまったのですが、好きな人は本当に夢中になってしまうタイプの絵本ばかりを描かれているんですよ。
    さくらももこさんがケイン氏のファンで、関連本を出されています。

    ユーザーID:

  • チコのまあにいちゃん

    友達に勧められて読んだ本.
    障害児の兄をもつ妹の話で,よかったです.

    ユーザーID:

  • 絵本・・・!

    私には何の関係もないと思っていた絵本。まず、専門書しか読まなくて小説ですら特定のジャンルしか読んだ事が無かった私。

    子育てに絶対に必要だと悟った絵本。決心してまず100冊買い込み途方に暮れて。。。産後すぐに絵本を読ませましょう。ある育児書にそう書いてあり実行します。でも、当然何の反応も無く1ヶ月ほどで断念。ところが8ヶ月の頃再度トライ。娘確実に反応!(この絵本をおぼえていたのです)絵本の名前は「きんぎょがにげた」それに面白みを俄然感じて6歳までには図書館で借りまくり2000冊は下らないでしょう。読み聞かせました。

    病院の待合室でよその子にも読んであげるくらい上達してしまった・・・。
    中でも何故か涙が出てくる絵本が「スイミー」だった。いまでもなぜ泣けるのかわかりません。

    上の子から愛蔵書?は「てんぐちゃんとだるまちゃん」(違うかな?)「ピーターラビット」アーノルドローベルの「ふくろうくん」「ふたりはいつも」「満月の夜までまちなさい」「てぶくろ」

    絵本で私自身が変わりました。なんと、さまざまな小説も読むようになったのです。ダメだったファンタジーに興味が沸くようになったのです。

    ユーザーID:

  • 絵本ダイスキ

    面白い系なら馬場のぼるサンだったかな?「11匹のネコ」シリーズが楽しめます。上の方でも書かれてますが「どろぼう学校」は本当に面白いです!あと「ロッタちゃんと赤い自転車」など。
    ほのぼの系なら「白いうさぎと黒いうさぎ」そして「14匹のねずみ」シリーズは季節ごとの絵が素晴らしくて情操豊かな絵本です。
    有名どころで「100万回生きたネコ」は優しい気持ちになれる本です。
    個人的に「おさるのジョージ」は好奇心旺盛なジョージの性格がとても可愛らしくて大好きです。
    とりあえず今思いついたものです。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • エルマーのぼうけん

    幼稚園児の我が子達のお気に入りです。
    話の展開が面白く、次から次へと一気に読んでしまいたいのですが…うちでは寝る前に2話ずつ読んでいました。「好きな本もっておいで〜」というと、この本を手にしてくる確立が高いです。

    私自身は…小学生の時に親戚のおじちゃんからプレゼントしてもらった「きつね森の山男」です。ふろふき大根ってあんまり好きじゃなかったんだけど…ここではとっても美味しそうだったもんだから!

    最近では「だめよ、デイビッド!」
    偶然図書館で見つけ、思わず噴出してしまいました。これはやんちゃな男の子がいるママさん必見ですよ。
    (某ハンドソープのCMの絵だ〜)と子供が見つけてくれました。

    ユーザーID:

  • みんなの絵本ものがたり

    ご意見くださった方々ありがとうございます。
    それぞれの心の中にお気に入りの絵本がきっとある。

    幼いとき読んだ絵本・・忘れていたのに
    ひょんな出会いで途端に思い出したりして
    大人になってまた読んでみると
    また違った受け止め方ができる。

    単純な語りと絵から深い思いが伝わってきたり
    ほんとうに絵本ってだいすきです。

    古い絵本との出会いもとてもわくわくします。
    これからも絵本と一緒に生きていこうと
    思います。

    ユーザーID:

  • 福音館の絵本

    福音館の絵本で育ちました。
    ぐりぐら、ばばばあちゃん、ムッシュムニエル・・・
    めっきらもっきらどおんどん も大好きです。

    ユーザーID:

  • たろとなーちゃん!

    きたむらえり さんの,「こぐまのたろ」シリーズです.
    こぐまのたろ・たろとなーちゃん・たろのえりまき
    (順番曖昧)の三部作だと思います.

    我が家にありますが,私の小さい頃の落書きが少々...
    2,3歳の時に,丸暗記していたことを,時々親が
    思い出したように言います.

    ユーザーID:

  • いつでも会える

    菊田まりこさんの「いつでも会える」
    犬の「シロ」が主人公です。ある日突然、最愛のご主人を亡くしたシロがその悲しみを乗り越えていく物語です。

    最初に本屋で立ち読みした時は、公衆の面前にもかかわらず涙ぼろぼろ流してしまいました。
    これは子供向けというより大人のための絵本だと思う。なぜなら子供はこの絵本の中で出てくる「大切なものをなくした時の喪失感」というものをまだ知らないから。

    今では私の本棚にこの絵本あります。やっぱり読むたび泣いてしまいます。

    ユーザーID:

  • ちいさなたまねぎさん

    私も絵本が大好きです。
    自分が小さな頃からよく母に読んでもらっていました。
    その影響からか、今自分の子には毎晩本を読んであげるのが日課になっています。
    私が好きな絵本は「ちいさな たまねぎさん」
    「だるまちゃんとてんぐちゃん」
    「めっきらもっきらどおんどん」かな。

    息子は「14ひきのねずみシリーズ」とか
    「おたまじゃくしの101ちゃん」
    「ねずみくんのチョッキ」なんかが好きかも。

    絵本って読んでる大人も心温まりますよね!
    ちょっぴり高いのが玉に傷ですけど(笑)

    ユーザーID:

  • バムとケロ シリーズ

    私も絵本大好きです。
    バムとケロのシリーズは可愛いですよ。特に「バムとケロのさむいあさ」はお勧めです。お話も面白いのですが、絵がとってもかわいらしくて、じっくり見るといろいろな発見があって楽しめます。

    「つきあかりのにわで サマータイムソング」も絵がとてもきれいで(いわさきちひろさんみたい)癒されます。

    子供の頃、読んでもらった「モチモチの木」「手袋を買いに」は30年近く経った今でも覚えてますね〜

    ユーザーID:

  • 安野光雅

    文字は無いですが、『旅の絵本』シリーズは楽しいです。
    いろんなところに発見があり、何度も見てしまいます。

    あと最近手にしたもので、『ぶたのたね』は大ヒット。

    絵本、いいですよね。

    ユーザーID:

  • もちもちの木

    もちもちの木が好きです。あとは「子犬が産まれるよ」こちらは写真絵本ですが、幼心にどきどきして眺めました。子犬がほしくてほしくて堪らない時期でしたねー。

    ユーザーID:

  • 好きな絵本が多すぎて・・・

    私は本の卸しの会社にいた時から、絵本を買っていました。

    市内の図書館は大きい図書館から取り寄せて近所で返す事が出来るので、助かってます。気に入って後で買うこともしばしばです。せなけいこさんの絵本が特に好きです。
    私事で恐縮ですが、絵本の紹介ページを作っています。

    よろしかったらどうぞ・・。(ヤフーでkaoru325と検索したら出てきました)
    お気に入りは「とりかえっこ」「だるまちゃんとてんぐちゃん」「おばけのてんぷら」です。年代を超えていい絵本は受継がれていくのですね。私もここを参考にまた借りてきます。

    ユーザーID:

  • 忘れてたあの頃・・

    「わたしのワンピース」
    以前友人からの誕生日プレゼントでもらって小さい頃大好きだった絵本だったのを思い出しました。一気にその頃の記憶がよみがえってなんともいえない感覚を体験できました。
    「ラチとライオン」
    たまたまお店で見つけた手帳の表紙にこの絵本のワンシーンが使われていて、またまた大好きでよく涙した記憶がさーっとよみがえりました。
    好きだった絵本ってすごく時間が経ってても絵を見た瞬間思い出せるというか、ほわっとした気分になれますね。6ヶ月の娘にも、もう少ししたらたくさんの絵本に触れてもらいたいと思ってます。

    ユーザーID:

  • ぐるんぱのようちえん

    ずっと昔に読んだ本でしたが、最近本屋で見つけて買ってしまいました。

    ぐるんぱという象が群れから出て、いろんなところで働くんですけど、大きすぎてダメ。
    落ち込んでいるぐるんぱはある家に行き着く。そこには13人の子供がいて・・・ぐるんぱはそこで幼稚園を開く、というお話でした。
    汚いぐるんぱが群れを出るときに皆に鼻のシャワーで綺麗にしてもらうところとか、ぐるんぱの作った大きなクッキーとかわけもなく魅力的でした。
    あとは「ノンタンシリーズ」など大好きでした。
    大人の絵本としては「アンジュール」これはお勧めです。

    ユーザーID:

  • かこさとし どろぼうがっこう

    大泥棒の、くまさかとらえもん先生が、泥棒養成学校の生徒を引き連れて遠足に行く、という話です。
    そのなかに「ばかやろう。ねじまわしと、出刃包丁をもってこい。」というフレーズがあります。なんて過激な表現だと思われるかもしれませんが、古きよき日本を思わず思い出してしまう部分もあり、はじめは怖がっていた息子も大好きな1冊になりました。文全体が江戸っ子口調なので、読んでいるうちにだんだん劇画調になってしまいます。読み終わる頃には、演じ終えたような心地よい疲れさえ感じます。今では子供も同じように読んで、夫は先生役、息子は生徒役で、交互に読んで楽しんでいます。
    かこさとし先生のシリーズ(だるまちゃん、はははのはなしなど)は私達、親も大好きでどうしても子供に絵本を与えるときは、選んでしまいます。からだのはなしなどは、子供にも分かりやすいだけでなく、子供の「なぜ?」にストレートに答えてくれています。おすすめします。

    ユーザーID:

  • 私のおすすめ

    私も絵本が大好きです。
    お勧めはたくさんありますが、その中から…

    『しろいうさぎとくろいうさぎ』
    読むたびに幸せな気持ちになります。

    『14ひきの〜』シリーズ
    「14ひきのひっこし」「14ひきのあさごはん」などたくさんあり、とても暖かい気持ちにさせてくれます。絵も好きです。

    ユーザーID:

  • 絵本、いいですよね。

    福音館書店から出版されている「いちごばたけのちいさなおばあさん」という絵本が好きです。
    タイトルの通り、イチゴ畑に住んでいるおばあさんのお話なんですが(笑)
    おばあさんの持っているイチゴが美味しそうで...。
    小学生の時に学校の図書館で読んだのが忘れられず、大人になってから買ってしまいました。

    それから、安野光雅氏の「旅の絵本」シリーズも好きです。
    旅人の行く道を絵で綴っていて、言葉は一言も書かれていないのですが、旅情があるというか一緒に旅をしているような気分になれます。
    大人向けだと思います。

    私も絵本は大好きです。
    今、欲しいのは子供の頃買ってもらえなかった、チャイクロの絵本...。
    自分へのクリスマスプレゼントに買ってしまおうかしら(笑)

    ユーザーID:

  • 安野光雅

    私が幼稚園のころにものすごく気に入っていて、今でも大事にしているのが
    安野光雅さんの「ふしぎなえ」です。(福音館書店)
    字はまったくなく、絵だけです。
    目の錯覚を利用した本当に「ふしぎな」絵です。
    数十年たった今でも新鮮です。

    ユーザーID:

  • 私も絵本好き

    現在、主人と二人暮らしですが、時々古本屋などで
    昔読んだ懐かしい絵本を探しています^^

    特に好きなのはレイモンド・ブリッグズの「さむがりやのサンタ」「サンタのたのしいなつやすみ」
    こどものとも傑作集シリーズも好きで「ぐりとぐら〜」関連など。。

    それから、幼少期に読んでどうしても新たに欲しくなった、ブックローン社の「チャイクロ」の全集(全12巻)
    それも70年後半〜80年前半に出版されたものなので廃盤で既にないのですが、ネットで全国の古本屋に問い合わせてくれるサイトで全巻見つかり、手にした時は、もう懐かしさでいっぱいでした。この中で使われている色彩とか絵柄とか再び思い出して感慨深かったです。

    絵本は心を暖かくしてくれますよね。
    是非、子供ができたら見せたいなぁ。。

    ユーザーID:

  • 子供はいないのですが

    絵本が大好きで、今でもちょこちょこ集めています。
    特に黒井健さんのイラストが入った「ごんぎつね」
    「てぶくろを買いに」は大のお気に入りで、物語と
    イラストが見事にマッチしている最高の絵本だと
    思っています(大人が読んでも全然違和感がない)

    幼い頃はブルーナシリーズ(私の読んでいた当時は
    ミッフィーやスナッフィーではなく、うさこちゃんや
    くんくんと呼びましたが)や、モモちゃんとアカネ
    ちゃんシリーズ、それからひとまねこざるシリーズも
    (こちらも今ではキュリアスジョージでしたっけ?)
    お気に入りでした。

    ユーザーID:

  • 絵本いいですね

    私も絵本好きです。最近「あらしのよるに」シリーズを買いました。とても癒されるお話です。

    昔は、「ぐりとぐら」シリーズやおだんごぱんが好きでした!

    ユーザーID:

  • おしいれのぼうけん

    「おしいれのぼうけん」古田 足日, 田畑 精一(著)

    ん〜。なつかしい。子供のころ、図書館でどきどきして読んだのを今でも覚えています。25年以上も前なのに覚えているということは、よほどいい本なのでしょう。

    アマゾンで検索したら、表紙絵も昔のと同じで感動してしまいました。

    ユーザーID:

  • レオ・レオニ

    私も絵本大好きです。
    娘たちにはゲームとかよりも、多くの絵本を与えたいと思っています。

    今、娘のお気に入りはレオ・レオニの「アレクサンダとぜんまいねずみ」です。
    また、私が小さい頃大好きで、今新たに買ってきたものではガース・ウィリアムズ「しろいうさぎとくろいうさぎ」。

    良書は時代を超えてもやはり良書ですよね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧