父が投資を始めましたが・・・止めたい

レス28
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

ゆき

田舎に住む70歳の父がいます。農業をしながら節約に節約を重ねて2000万円のお金を貯めました。国民年金は月に4万円とのことなので、貯金をとりくずして生活費に回しています。ほんとうに節約と言うよりケチな生活をしています。(服にも穴が開いていて繕って着ています)

最近銀行の人に薦められてドルを買ったり、外国債を買ったり、ドル建ての変額年金保険や公社債投信をはじめました。父に聞いても商品名すらはっきりわかっておらず、全面的に銀行の勧めるがままに1000万円を投資しました。
銀行員の薦める商品を買うと、○○様(ハートマーク)という感じで、ちやほやしてくれるらしいので、それも気に入っているようです。
中には元本割れする商品もあるし、とても心配です。

私が意見をしても、「銀行の人が薦めるのだから大丈夫」と信じ込んでいます。どうすれば、地道な運用に戻ってくれるでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたが投資についてもっと勉強して

    とめたい、と思ったら、まずは、あなたが
    投資について、理論武装をしたほうが良いと思います。

    このご時世(当面ドル円は円高になりそうな気配)にドル建ての外債を買う、というのは、もう銀行員のカモ鴨なきがします。
    そういう国際経済状態について、もっと勉強しましょう。
    そして、お父様にその事実を突きつけましょう。
    もし、この投資がしたいのなら、もっと時期を選べ!!と。
    12月、6月のボーナス時期はドル/円は円安に動きやすい時期です。
    銀行はキャンペーン中とか、手数料半額、とか言って、その時期に外貨預金を組ませるよう必死です。
    しかし、その時期が過ぎれば、強烈な円高。
    もうどうにもこうにも元本われの塩漬けになってしまいまうことが良くあります。

    株の投資信託もしかり。統計的に日経平均、JASDACなどが底値をつけている時期、高値をつけている時期をよーく何年分ものチャートをみて、しらべて、時期をよく見極めるように言ってください。銀行員が言う時期=その時期では絶対ありませんので。

    ユーザーID:

  • 投資で失敗した体験談を話すのは?

    バブルがはじけて泣いている体験談はけっこう本になっていると思うので、そういったものを薦めてみるのはどうでしょうか?

    ユーザーID:

  • ゆきさんが勉強してお父さんについてあげて

    銀行が売っているから大丈夫で証券会社のはだめ・・・まだそんな認識の方が結構います。

    ゆきさんのお父さんもそのタイプなのでしょうか?

    投資自体悪いことではないです。ただ、リスクとリターンを把握していないことが怖いです。
    預貯金は「増えない」リスクが存在しますからね。

    ゆきさんが投資について勉強されて、お父さんのそばについていてあげるということは出来ませんか?

    ゆきさんが元本が一円でも減るのが嫌なタイプなのか、お父さんが前後10%くらいなら許容できるのか分かりませんが、まず投資についてゆきさん自身が知って、お父さんがどのような金融商品を買っていて、それはどんなリスクリターンなのかを把握してください。

    ユーザーID:

  • 銀行の人じゃなかったら?

    銀行員だって、普通の営業マンだって一緒ですよ。
    極端な話、水商売のおねーさんだって。
    金払いのいい人だったら、いくらでもチヤホヤしてくれますよね。
    それに、ノルマがありますから。
    「客が損しても銀行は損しない」
    商品を中心に売り込みにきてますよ、絶対。

    私の知っている外回りの銀行員なんて。
    ウチの会社のお偉いさんの所に来る時は、それはもうニッコニコしていますけれど。
    支店内にいる時なんて、全く顔が違いますしね。
    好きな客にだけペコペコしているアンタより、窓口で選べない客の応対している女性陣の方が余程偉いよ!
    と一度言ってみようかと思うほど…
    なにせ出かける時、ロビーのお客様なんて目に入ってない位。
    挨拶はもちろんしないし、ぶつかりそうになっても客が邪魔なんだよ!という態度なんですから…

    仕事だからここにはしょうがなく通うけど。
    自分は絶対取引したくないと思いますものねぇ…
    その内吸収合併されるらしいのですが。
    こんな人雇っているようじゃ、もっともだなんて感じてしまいます。

    お父様も、その銀行員が自分以外に見せる顔を、こっそりと覗きに行ってみたらいかがですか?

    ユーザーID:

  • 投資ではなく、話がしたいのでは?

    トピ主さんのお父さんの状況はわかりませんが、
    もしお母さんに先立たれるなど、日常あまり話す相手
    がいない場合、会話がしたいので、しょっちゅう
    デパートで買い物をするという話を聞いたことがあり
    ます。
    ハートマークつけるくらいなら、その銀行員は女性
    ですか?
    それなら、お父さんはその人と話したいだけとか...

    まっとうな対策としてはどなたかもかかれてましたが、
    トピ主さんが理論武装して、お父さんとその銀行員
    (たぶんたいした話はしてないはず)が話すときに
    同席して、いちいち注文を付け、いかに「その選択は
    マズイか」を印象付けていくのはどうでしょう?

    捨ててもいいお金(余裕がある)以外、高齢の方には
    安全な投資が定石ですから、
    > ドル建ての変額年金保険
    このようなものを勧めること自体、その銀行員が「売り
    たいものを勧めてるだけ」にみえます。

    私もそんなに詳しくないですけど。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 支店長に言う

     損失が出て訴訟になったときに、その売り方では銀行側が負けますよ。説明義務違反で。
     ですから投資商品の約款や、仕組み、リスクなどについて、きちんと説明せず、理解していないのに売っていることを、支店長に言い、改善を求めましょう。指導できないなら、「損害賠償訴訟を起こしますよ」と一言添えて。

    ユーザーID:

  • うちもだ・・・

    うちの父も投資にはまってしまいました。
    田舎の土地が道路工事に売れて8桁のお金が入ってきたのです。うちは証券会社です。大手証券に運用の相談に行っても事務的にあしらわれたのが、地元証券会社では支店長まで出てきてちやほやしてくれたのに味を占めてしまいました。

    うちの父の担当はキャリアウーマン風女性で、穏やかで知的な話しぶりの女性にすっかり有頂天でいいなりで運用させられています。
    搾り取る、というほど悪質ではないにしても、今の日本経済で素人が投資で儲けるのは至難の業ですから、元金はどんどん減っています。
    うちも年金暮らしでシャツ一枚買うのにもけちけちしているくせに、投資で何百万と損をしても実感がわかないのでしょうね。

    他の方がいろいろアドバイスしてくれますが、実際投資にはまっている人を止めるのは難しいです。
    もしかしてトピ主さんのお父様は淋しいのではないですか?うちの父も多分淋しいのだと思います。
    証券の担当の女性はそれは優しく話を聞いてくれるのだそうです。父の話はほとんど自慢話で私は母ではつきあいきれないですが、仕事ならできるのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 本人の問題

    銀行だってリスクの説明はしているでしょう。
    本人がどの程度適確に理解しているか不安ですが。
    ご本人の財産なので、基本的にご本人が好きなようにされるのがいいのでは。
    私の親も、近年は財産による収益を上げることを追求しはじめて、手続きや契約内容についてアドバイスを求められ応じています。
    私としてはそのような運用は反対なのですが、親の財産であるので親のやりたいようにやらせています。
    一応よくわからないことについては私に相談してきますので、これまでは問題なく順調です。

    ユーザーID:

  • ちょっと引っかかる

    トピ主さんが本当に父親のためを思って言っているのなら良いですが、
    投資で浪費されたら自分の財産相続が少なくなるとか考えてませんか?
    そういうのはやめにしましょうよ。

    所詮、投資でもギャンブルでも損しようが得しようが、
    それはそれで楽しみであり大人の一つの行動です。
    父親の財産なんだから、父親の好きにやらせましょうよ。
    ましてや、そんなケチケチ生活をしてまで貯めたお金なんですしね。

    ただ一つ、父親が大財産を失うのは自由でしょうけど、
    失敗した場合の尻ぬぐいをさせられないように
    通達はしておきしましょうね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。

    らららさん、とみこさん
    「あなたが投資についてもっと勉強して」という意見はとても正しいと思います。私も勉強しようと思ったのですが、銀行のパンフレットだけではさっぱりわからず、ホームページで見てもわからないことが多いです。自分の頭の悪さ、だけではなく、銀行側にも説明する気はないのだと思います。そもそもセールスしている銀行員にもわかっていないのでしょう。(私が質問しても即答できないし、資料も不足している)

    ミルキーウェイさん
    父に話してみた所、「バブルで大変だった人は証券会社だったが、自分は大丈夫。」という、まったくわかってないなあ・・・という返事でした。どうやって説得するか悩みます。

    ユーザーID:

  • トピ主です・・2

    ジェシカさん、かおりさん、みぞれさん

    なるほど・・・寂しいのかも。
    父も銀行員が本心から優しいわけではなく営業スマイルだとわかっているはずですが、それでも悪い気がしないのは、いままでそんなにちやほやされたことが無いので喜んでいるのだと思っていましたが・・・寂しいのかもしれません。

    ひで2さん、ななしさん
    お二人の言われるとおり、自分で貯めたお金だし自由に使うのが一番ですね。ただ、父の場合年金だけでは暮らせないので、いまの貯金は余裕資金ではありません。ななしさんの言われる遺産には期待していませんが、父を金銭的に支える余裕は私にはありません。
    正直言って自分のことで精一杯で、金融商品について調べるような時間もあまりありませんし、遠くに住む父のことを支える余力(気力も)がありません。
    自分を支えるのが精一杯(ボーナスゼロになってしまって自分の将来が不安定で人のことどころではない)なので、これ以上やっかいなことにならないでよ・・というのが本音かも・・。冷たいですが、ほんとうに気持ち的にも余裕がありません。
    なんとか、父は父でやっていってもらいたい、どうしたらいいだろう・・と悩みます。

    ユーザーID:

  • トピ主です・・3

    うまさんへ
    なるほど。そうですよね。銀行側の売り方には問題がありますね。
    ものすごくやってみたい方法ですが、まずは父を説得する方法を探したいです。父がしっかりしないといけないことなので。それに私が銀行にそういうことを言うと、銀行から父に「娘さんからTELがありましたよ。心配されなくても大丈夫なのにね」などと言われそうです。
    父は私のことを信頼してくれているはずですが・・・それでも「この商品は○○だから先がわからないからダメだよ」と言っているのに、いざセールスの人に何か言われると、特に銀行の人がわざわざ2人ぐらいで家に訪問されると、どんな商品でも買ってしまうようで、頭が痛いです。
    父「断っても帰ってくれないし」
    私「用事があります。お金のことは娘に任せています、といって断ったらいいよ」
    父「でも、また来るし・・」
    確かに頻繁に銀行員が挨拶に来ているようです。
    とにかく父がしっかりしてくれないと!と思いますが、いわゆる「田舎の人」って感じの父なので、セールスにも不慣れです。

    ユーザーID:

  • 金融機関は恐くない

    こちらで勉強されてはどうですか?
    投資商品の解説だけでなく、金融機関との付き合い方などの情報もあります。

    【 金融機関は恐くない 】
    http://www.paw.hi-ho.ne.jp/with-m/

    ユーザーID:

  • この一言はどうでしょう?

    銀行が倒産した際、ペイオフによって補償されるのは1000万円までとなります。外貨預金だと預金保険の対象外であり保護の対象外です。

    低い金利で銀行に1000万円以上貸す(預金)のは、それだけで投資する能力に疑問を感じます。まして、外貨関係の商品であれば、倒産時のリスクに見合った金利を考えねばなりません。

    会社にお金を貸すならば、金利はどれぐらいが適当かを聞いてみて、その答えが銀行から買った金融商品の金利よりも高ければ、投資をしないように言いましょう。基本となるリスクとリターンもわかっていないのだから、と。

    または、銀行も自信があるならばリスクのある金融商品を売って手数料を稼ぐなんてせず、ただみたいな金利で集めた預金を運用して稼ぐはず、と言ってみましょう。銀行が金融商品取り扱い手数料よりも運用益を出せる自信があるならば、金利を上げて預金を集めて回ってますよ、と。その自信もないから、手数料で稼ごうとしている、と。

    ユーザーID:

  • トヨタ商事の手法と似てませんか…?

    確か、トヨタ商事の手法も、
    話を聴くことでは、ありませんでしたでしょうか…。

    できる最初の一歩としては、
    このトピをお見せして、そして…

    「こういう人もいるから、“お父さんの事だから、
    わかってるだろうけれど”」

    ってお伝えしてみられていますか…?
    お父さんの事だから、わかってるだろうけれど、
    って所がポイントですよね☆
    メンツをいかに、保ちながらそれ以上すすませないか、のように思います。

    お父様を讃えてこられなかったツケかもしれません…。

    ユーザーID:

  • トヨタ商事の手法と似てませんか…?

    私は一昨年から、
    父がほぼ無料で1000円以上するパンをプレゼント
    というチラシをきっかけに、
    悪徳商法ぎりぎりのラインの会社に嵌ってしまっています…。

    どうしようも無い状況でしたが、
    上記の言葉を繰り返し、
    なんとか最小限の状態でいられています。

    去年の場合ですが、

    毎日、健康についての講義があるみたいで、

    その帰りに蜂蜜やら試供品と称し、自然食品のお店ではレベルが低くて売れないような品を貰ってきていました。

    そしてとうとう、総仕上げとして数十万の浄水器や掃除機を買ってきて…。その後、その会社は隣の市に移動しました。
    でも、やっと最近は近所の市場で買う率が高くなってきています。
    生野菜以外はたいてい、貰ってきていました。

    今年は、(違う会社とその社内のメンバーは言っていますが)、

    PCで気に入った商品を100円払ってサンプルを買う、というシステムらしいです。

    ユーザーID:

  • トヨタ商事の手法と似てませんか…?

    お父様が、自慢話をするっていう事は、
    気を許し始めた証拠ですよね。

    そうしてお父様がお話されている間、その営業員は、
    未来の営業成績をイメージして脳をより強固に、
    そして、どのように投資させてゆくのか画策しているのだとおもいますよ。

    もう一度書いてしまいますが、
    できるのは、
    このトピをお見せすることだと思います。

    あと、財産の事もお父様には、
    ひっかかっているかもしれませんから、
    丁度、書き込まれている方がいらっしゃいますし。
    わたしも、トピを拝見していて、ちょっと気になっています。

    このままお見せしてあげてはいかがでしょう…。

    ユーザーID:

  • お母さんはおられないんですか?

     お母さんはおられないのですか?おられるのなら、
    「お母さんの分はお母さんに渡しなさいよ。」といってあらかじめ分けてもらってはいかがでしょうか。

     もしいなかったら・・・。冷たいですが、せっせとためて好きに使えるのが楽しいんだと思います。使わせてあげるのもやさしさ、といえなくはないと思います。

     説得方法ですが細かく言ってもだめかも。
    「投資は銀行の貯金と違って減ることもある。2000万円あっても0になるかもしれない。そのとき私は面倒見ないからね。」と言ってみてはいかがでしょうか。
     あと、一緒に今はいくらになってる、と聞くのはどうでしょうか。もしどんどん減っていってたら気がつくのでは。増えてたら病み付きになりそうですが・・・。

    ユーザーID:

  • 投資に反対する子どもさんって

    相続が少なくなるから反対する。

    お父さんのお金なんだから好きなようにすればいいよ。と言う子どもさんもおります。

    ドル建ての変額年金保険・・・これはドルの元本は保険会社が保証している分と思います。
    たとえば1万ドルが10年後に利息が付いて約13,000ドルになるんですよ。
    そうすれば、購入した相場よりも、ある程度円高になっても、利息分でカバーできます。

    保険ですので、お父様が亡くなった場合、受取人さんに1週間ほどで入金になります。

    今、円高ですのでそういうのもええと思います。

    公社債投信・・・リスクは低いです。

    外債・・・これはきっと、毎月分配型で毎月配当金が円普通預金に入る分でしょう?アメリカ・ユーロの分?
    60歳以降の方に人気のファンドです。

    日本だけに投資する時代ではなくなりました。

    ただ、反対せずに、あなたも勉強して下さい。

    ユーザーID:

  • 今は証券会社のほうが安全だと思う・・・

    過去、証券会社はひどいことをしてきました。
    金融の歴史を見てても、年配の人から話を聞いてもそう思います。

    法律や規制がゆるゆるだったし。

    しかしそんな歴史を経て、十分とは言えないながら、法律や規制が整備され始めている昨今。

    そして証券会社に人々が警戒している昨今。

    今までリスク商品を取り扱ったことのない銀行がリスク商品取り扱いに参入・・・。

    お客様どころか銀行員だって知識が足りない。
    さらに当局の規制も甘い。
    さらに「銀行は危ないものは売らない」というお客様の安心感。

    私は家族と親しい友人には「銀行に普通預金以外の商品を勧められたら一回私に見せて」と伝えてあります。

    預金感覚で元本変動商品に手を出されたら大変です。デリバティブが入っているものも投資信託にして販売しているし。

    トピ主さまが自分で勉強したら、という意見もありましたが、一番いいのは友人で金融機関勤務(できれば証券)を見つけて、見せて、説明を受けることです。

    パンフレット見ただけではわからないのは当然です。

    ユーザーID:

  • 信頼できる金融機関の人に相談してみたら

    もと証券会社勤務です。
    「お父様が高齢で理解されていない」、「銀行の人が勧めるから大丈夫ということだけで、ドル建て商品や変額年金をなさっている」のなら、コンプライアンス案件です。
    支店長なり、その銀行なりに連絡すれば、すぐに対処されると思います。
    ただ、お父様自身がご自分で生計を立てられてて、なおかつ70歳未満、理解力も意思もしっかりしているという場合は、一概には言えないですね。
    全財産の半分をドル建てというのは、比率として多すぎるとは思います。
    ただ、投資はギャンブルじゃありませんし、預金が必ずしも安全ということでもありません。
    お父様がなさってる商品のパンフなどを貰って、ご自分でわからないようでしたら、周りの証券会社や証券出身の人にでも聞いてみたらいかがでしょうか。
    もし、いない場合はお友達などに紹介などしてもらえば、少しはいらっしゃるんじゃないかな。
    長くなりましたので、次に続けます。

    ユーザーID:

  • 続きです

    続きです。
    金融機関の人=お客様をカモにする人、じゃないですよ。
    私の経験では、銀行員だろうと、証券マンだろうと、保険会社の人であろうと、優秀な方はお客様の為を考えて商品を勧めてますよ。
    そうじゃないと、今はお客様もしっかりしてますからお客様が逃げてしまいます。
    お客様がいなくなると、当然成績下がりますよね。
    その上、コンプライアンス問題を起こすとますます自分の評価点は大きく下がります。
    ただ注意した方がいいなと思うのは、しっかりとした金融関連の教育やトレーニングを受けてなくて、ファイナンシャル・プランナーというようなことをされてる方にアドバイスを頂くことです。
    私はずっと金融関連の業界にいますが、時々、ちょっとそれはないでしょ、みたいなことを堂々とおっしゃってる方もいますので。

    ユーザーID:

  • もっと売る側にも説明責任を!

    トピ主さん、私の母(一人暮らし、67歳)も、野村證券に騙されて、外貨ものに高額投資をしてしまい、目も当てられないほどの損をしています。

    高齢一人暮らしで、知識がない善良な市民を、悪徳証券会社は狙っています。
    説明は一通り聞いても「分からない」ということが恥ずかしいばかりに、いつの間にか「納得して買った」ことにされてしまう怖さ。

    消費者がしっかりしなければなりません。私は、家に売りに来る、もしくは電話による投資勧誘は違反となるような法整備にむけて行動したいと真剣に思っています。
    トピ主さん、黙っていてはいけません。一人一人が声を上げて、行動していきましょう。

    ユーザーID:

  • やばい

    >バブルで大変だったのは証券会社

    へのメッセージ。「変額保険」というキーワードで調べるといろいろ出てきます。
    生保会社がリスクの説明なく「節税になります」と勧め、契約に必要な資金を「銀行(しかも大手都市銀行)」が貸し付けて社会問題になりました。
    またバブル期、株の話ばかり記憶されているようですが、ご承知のとおり「土地」が高騰しました。住宅開発会社はクズ土地をブルドーザーでならして「XX丘」と名前をつけて高く売り、不動産会社は手数料で潤い、銀行は土地を担保にジャブジャブ貸し付けて、「不良債権」になり、税金を投入して銀行を救済した事はそれほど昔の話じゃありません。

    骨の髄まで搾り取られますね。お父様。

    ユーザーID:

  • すぐに対策を

    人ごとではないので発言します。
    私も、田舎の一人暮らしの母が、金融商品に手をだして大損をしています。
    私も投資をしているので、その商品がいかにキケンで銀行や証券会社を儲けさせるためのものか、よく分かります。

    私の場合、すぐ証券会社の担当者に電話し、母の代理になる件交渉しました。これ以上の被害を拡大させないために、預けかえ等、行っています。また、悪徳証券会社を訴えるために、会社の法律相談室にも相談しようとしています。

    とぴ主さん、金融商品は銀行のパンフでは分かりませんよ。マネー雑誌、経済新聞、経済誌等、しばらく読み続けて見る必要がありますよ。

    ユーザーID:

  • 損失が出ても自己責任だと言ってみよう

    金融機関が悪いかのように言っている人がいますが、
    国民の中でリスクが取れる人はどんどん取ってください、
    という世の中なのです。

    あとは、知力を鍛えて自分がどれだけのリスクを取るのか、とれるのかを見極めなければ・・・ということでしょう。

    金融機関は法律に触れないだけの説明はしていると思います。理解しているかどうかは、お父様の問題。

    「損失が出ても自分のせいだと納得できるか。できないなら、止めるべき。それが自己責任。」と伝えてみましょう。

    ユーザーID:

  • 先物だけは・・・

    先物に捕まらなくて良かったですね。先物なら、もう既に螻蛄にされるだけでは済まず、背中に重き荷を背負わされているところですからね。

    投資はキチンと勉強さえすれば大いにやればいいと思いますが、先物だけは辞めた方がいいですよ。あの業界は、詐欺紛いの事や完全に法に反する事をを平気でしますからね。先物だけは、いくら勉強したってやらせちゃダメですよ。

    ユーザーID:

  • おっとりしてて心配

    金融商品って薦められたり、本人に知識がなかったりって、って大概損したって聞くような。
    今から勉強してもあまり向いてなさそうだし。
    将来の生活について不安があるか、逆に寿命は後5年くらいに思ってて安心してるか、どっちかのような。
    今の感じだと、15年くらいなんとかなっても、贅沢は出来なそうだし、そのあと、不安だと思います。
    100歳まで生きるかもしれないし・・。
    老い先短いって価値観だったら、案外長生きして大変だった人の話をするとか。で、逆なら、やっぱり娘さんが将来設計をもって安心させてあげるように話すしかないと思うんだけど。10年くらいがんばってくれれば、後はなんとかするから、危ない事はやめて、みたいな。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧