着物のあまり布

レス20
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

麗子

和裁をされている方、ぜひ教えて下さい。先日結納をすませ、彼のお母様から反物を戴きました。母が近所の呉服屋さんに見てもらったところ非常に高価な反物のようでした。非常に高価なものだったので色々悩んだ結果、昔着物を購入した呉服屋さんに染めと仕立てをお願いしました。
色はとてもいい色にできていましたが、あまり布が15センチくらいしかないのです。
私は身長160センチ(体重47キロ)ですが、そんなものでしょうか。はじめは何も思わなかったのですが、母が自分の時はかばんを作るくらい布があまったというのでなんだかあまり布を返してもらえなかったのかしらという不安になりました。
勿論、呉服屋さんには遠慮がちに聞いてみましたが「それだけしか余りません」とにべもない返事でした。反物は128Mという表示があったのでそれだけの長さがあったと思います。
だいたい…をご存知の方是非教えて下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今は

    最近は一枚の着物をダメになるまで着ることが少なくなったので、あまり布になる部分を内側にしまうようにして仕立ててしまう事が多いと聞きました。
    また、あまり布で手芸をする人も少なくなったので布を余らせない仕立てをするとも聞きました。
    仕立て屋があまり布をネコババしている事はないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 人によりけり

    縫込みはどの程度ありましたか?身丈はどのくらいでしたか?不審に思うならご自分の着物の寸法を計ってみましたか?
    大変高価なものということで、将来また染め替え、仕立て直しをすることを考えてたくさん縫いこんであるのではないですか?
    上手な仕立てというのはなるべく布を切らないようにするものです。
    160センチくらいの方ならあまり布がないことだって十分ありえると思います。
    ぴったりに裁って将来の縫い直しのときに短くなって着られなくなるよりはいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そんなもんだと思います

    おおよそですが(身長×4)+(身長−20cm×2)+
    (袖丈×4)
    これに縫い代などがつきます 柄あわせなどが出てくると
    少しずらしたりしますので余計にかかります 
    私も身長160cmですので 残りはそんなモンですね
    私は端切れで髪飾りを作ったりしています
    バレッタなどを作れば手軽に使えていいですよ
    そんな・・呉服屋さんが端切れをどうすると考えるんですか・・あちらにはあればあったでジャマになるのに(笑)

    ユーザーID:

  • 当然のように余らない場合もある

    腕のいい仕立て屋さんの場合、極力余り布が出ないようにするものです。その分は腰揚げなどで縫込みにしておきます。
    これは洗い張りや仕立て直しに備えてのことです。縮むこともありますし、いい着物なら将来親戚や娘さんに譲るということもありえますよね。この場合、身長の高い人でも仕立て直せば済みます。

    そうではなく腕が悪くて余分に切り刻んでしまったとか悪徳業者でこっそり小物を作ってしまったとかいう可能性もありますけどね。まあそのへんの判断はご自分で。

    あ、そうそう。128メートルなんて長さの反物はありませんよ。長くてもせいぜい16メートルです

    ユーザーID:

  • びっくりです

    128Mって128メートルですか?
    それだけあって、15センチしか残らないのですか。
    着物が高い理由がわかる気がしますね。

    ユーザーID:

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 四丈物でしょうね。

    ご母堂の反物は四丈物だったのではないでしょうか。
    四丈物は振袖を作れる寸法の反物ですので、袖丈を一尺五寸以内にすれば、バッグが取れる程度は余ると思います。

    ところで私に身長もトピ主さんと同じくらいで、やはりトピ主さんと同じくらいの余り布がでます。

    ユーザーID:

  • ハギレの使いみち

    きららさん、
    >そんな・・呉服屋さんが端切れをどうすると考えるんですか・・あちらにはあればあったでジャマになるのに(笑)

    着物の先生に聞いた話なのですが、悪質な呉服屋さんではハギレをお客さんに渡さずネコババしちゃうとこもあるらしいので、要注意だそうです。
    (トピ主さんのケースがそうだとは思いませんが)

    というのも、絹の着物の汚れを落とす際には絹を使うのが一番いいんだそうで。
    悉皆屋さんだけでなく呉服屋さんでも、
    陳列してる着物の埃を取るのに絹のハギレを使うのがいいらしいですよ・・・

    本当かな?

    ユーザーID:

  • ネコババというのか・・・・・

    イイ着物の端切れは高く売れるのであまり付き合いのない仕立屋だとネコババ(?)するようです。
    反物の長さについて詳しくはないのですが、私は身長166cmありますが、仕立ててもらうと随分余りますよ?
    草履やバッグを作って頂いています。
    それともウチにあった反物が128m以上だったのでしょうか?

    ユーザーID:

  • そんなもんだよ

    出来上がった着物の腰のあたりに内側にたくしこんだたたみこみがあるはずだよ。内腰あげと言って、仕立て直しのときに裾切れ分のスペアさ。
    後、若い人なら、袂の裾にも5,6センチたくし込んであるでしょう。160センチの身長だと私ならほとんどきれを残せないよ。まあかけはぎよう(かぎ裂きや焼け焦げの補修よう)に少し残しておくのも大事かもしれないけどね。
    納得できたかな?。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    私が、着物のことをよくわからずにいたようですね。確かに、あまり布を返さなかったとしてもたいした量ではないでしょうから先方もかえって困られるでしょうね。
    確か、「布は内側に入れ込んでいる」というようなことをおっしゃっていましたのでみなさんがおっしゃっているとおりと思います。
    お祝いのものなので、気持ちよく身に着けたいと思います。
    みなさん、どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

  • あまり布。。

    昔からの慣習では着物の仕立て屋さんは目印になるくらいしか余り布を返してはくれません。。いいものなら尚更!!

    私はトビ主さんより背が低いですが。。

    昔は仕立て屋さんは女性の数少ない職業でしたし、その時代に職業してらしたのはご主人がはやく亡くなられ、お子さんを育てるのによそ様の着物を呉服屋さんの下請けとして縫っていたのではないでしょうか。。??  彼女達はその余り布で小物を作り、それも生活の足しにされてたので??あまりそのことを追求しないのがお客としての思い遣り、暗黙の了解だった。。??

    洋裁でも同じようなことはあるのを思います。。

    ユーザーID:

  • 小物を作る時。。(追伸)

    仕立はて屋さんや呉服屋さんへ依頼する時に、とも布で小物も欲しい旨を相談されると本当に無理ならそう言ってくれますし、不足分を他の布(この時にストックしておいた余り布から)で見繕ってくれる・・こういう商習慣あります。。

    ユーザーID:

  • あの・・

    128M って・・12,8Mですよね・・
    128Mも・・(笑)
    普通にそう考えていたのですが・・・
    128Mって・・・ミイラ作るんじゃないんだから・・
    (失礼)

    ユーザーID:

  • 京都人ですが

    こちらの呉服関係のお店でよくあまり布を見ますが、西陣帯の高価そうなものでも数千円がいいところです。着物の方ならば数百円にしかならないと思います。仕立ての方がネコババしたところで、大した額にはなりませんので、顧客の信用と天秤にかけると、そういう方法で使われたとは考えにくいと思います。

    私も何度か着物を作りましたが(身長150cm台です)、あまり布は15cmくらいですね。そんなもんだと思っていました。

    ユーザーID:

  • 大振と小振とで。。?!

    大振袖は3尺、小振袖2尺。。厳密には個人差、流行もあるそうですが。。

    片袖だけでも1尺あります。。!?

    ユーザーID:

  • 振袖の反物

    >nobさんへ 

    ひょっとして尺と丈が混乱していませんか?

    着 物  12m〜13.5m(三丈物)
    振 袖  14m〜16m(四丈物)
    羽 織  10m(二丈四尺)
    八 掛  4m(一丈)
    袋 帯  4m40cm(一丈一尺五寸)
    名古屋帯 4m60cm〜5m(一丈二尺〜一丈三尺)

    これが反物の長さです。
    四丈物の白生地の場合、共八掛の色無地にもなりますが、別八掛で振袖を仕立てることもできます。

    ユーザーID:

  • 振袖の反物。。>鮎さんへ

    大振で3尺3寸、小振とで1尺以上差が出ると思うのですが、お色直し以外では大振は動き難いので、中振でも、身長に合わせやや短めにしております。西陣の染めをされてるところで直接、押立をお願いした時には、柄合わせの時に、そのデザイン?も一緒にお話しましたので、あまり布は相応に出て頂きました。(裁ち布そのものの形で!)
    でも!?呉服屋さん通じた時は、そこらへんに踏み込まないように話が進んで行く。。?!いつも僅かですが、鮎さんはそんなご経験されたことはないでしょうか。。??

    ユーザーID:

  • nobさんへ

    はい、ないです。
    私は色無地はいつも四丈物を求めています。
    単に仕立てた時は、共八掛分はちゃんと返してくれました。
    やはり四丈物を単の道行コートと名古屋帯に仕立ててもらったことがありますが、その時も、たっぷりと残布が戻ってきました。
    振袖用の長襦袢地を、一尺三寸の着物に合わせて作った時も、袖の分は帰ってきましたよ。
    これはお腰に仕立てようかと思っています。

    但し、普通の着尺(三丈)はほとんどあまりません。5〜15cmくらいですね。
    呉服屋さんからはやはり、中に入れて仕立ててあるという説明があります。

    だからこちらのトピ主さんの場合も、バッグを作ったというお母様の生地は、四丈物ではなかったのかと思います。
    四丈物を、共八掛をつけずに振袖に仕立てなければ、一丈分は丸々残布が出るはずです。

    ユーザーID:

  • 仮絵羽は四丈。。??>鮎さんへ

    再度、お返事ありがとうございます。

    白生地の反物は着尺が多いと思いますが、振袖は仮絵羽になって四丈ということですが、小柄で、模様を下げても良い時には下が切れます??

    ユーザーID:

  • nobさんへ

    暮れに中振袖と専用の長襦袢を小振袖に仕立て直しましたが、袖の残布はちゃんと戻ってきましたよ。もちろん、長襦袢の分も一緒です。

    長いお付き合いの銀座の呉服屋さんにお願いしましたた。そこのお店は、仕立てや洗い張りを気楽に受けてくれるので、とても助かっています。

    私の振袖は頂き物で、仮絵羽から振袖を仕立てたことがないのでnobさんの疑問にははっきりとお答えできないのですが、もし短めに仕立てた袖の残布を返してくれなかったら、ちょっとそれってどうかなと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧