鬱病って、何を基準に決まるんですか?

レス61
(トピ主0
お気に入り2

心や体の悩み

かりん

半年前に、大好きな姉を癌で失いました。以来、悲しみが消えず、号泣のため過呼吸が続き、何度か救急車で運ばれているうちに、精神科で「鬱病」と診断されて、通院・服薬中です。

しかしながら、通勤も家事も最低限やっています。もちろん以前のように飲んで騒いでというのは無理です。姉のことを思うと頻繁に涙がでます。でもたった半年で当然だと思います。

病院では、「休養が必要だから、会社を辞めるなり休職するなりしなさい」といわれます。一度病院を変えてみたのですがやはり同じことを言われます。

私は鬱病ではない、姉を失ってひどく落ち込んでいるだけなのだ、と言いましたが、医者は「鬱の人は皆そう言うものですよ」と。

仕事は辞めたくないのです。しかし、このまま医者のいうことを無視してもっと悪くなるとどうなってしまうのでしょうか?また、血液検査やCTをとるわけでなく、ただのカウンセリングでなぜ即「鬱病」と決められるのでしょうか?

今となっては薬はやめられません。飲み忘れるとひどく苦しいです。だから通院も辞められません。近親者を失っても明るく生きている人もいるというのに、情けなくなります。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫ですよ。

    転職して1年になります。
    私も以前の会社で鬱病になり休職して退職しました。
    私の場合、仕事の量と対人関係で様々な症状が現れ
    (頭痛やあげきれないほどの症状です)精神科に行ったら
    鬱病だと診断されました。
    薬を飲んで和らぐのであればやはり先生の言っていること
    は正しいのだと思います。

    まずは自分の病気と向き合うこと。ネガティブになって
    しまうのも鬱病の典型的な症状です。
    私も仕事が好きだったので休職するのはとても嫌でした。
    最後まで頑張りましたが、休職前の1週間は何も
    食べることができず、自傷行為を繰り返していました。

    トピ主さんには酷くなる前に休んで欲しいなって
    思います。休職や、退職も視野に入れ、ゆっくり休んで
    みてはいかがでしょうか?
    休むことが1番大事だと思います。
    病気と向き合い、今の自分と向き合って・・・。

    ユーザーID:

  • 続き

    とても仲の良かった親戚のおじさんを亡くした時、
    彼氏に言われた言葉があります。
    「今はおじさんの為に泣くのもいい。でもおじさんは
    かのんが今までみたいに笑って過ごして欲しいって
    思っているはずだよ。かのんが出来るのは、大好き
    だったおじさんをいつまでも忘れないで、心の中に
    残してあげることだよ。実際に会えなくても、見えなく
    てもおじさんはかのんの心の中で生きているんだよ」
    今でも思い出して泣くことがあります。

    ちっともアドバイスにならないかもしれませんが・・・。
    少しでも症状が良くなることを祈っています。

    頑張る必要はありません。周りは周り。
    他人と貴方は違います。元気になれなくても
    仕方ないです。だからゆっくり休んで下さい。
    元気になる薬はゆっくり休むことです。

    ユーザーID:

  • 明確な基準は存在しません。

    精神病全般に言える事ですが、
    ノーマルとアブノーマルとの間の明解な境界線など
    全く存在しないそうです。
    つまり精神病か否かは○か×かというものではなく
    人物によっそその位置は極めてファジーなものです。

    ユーザーID:

  • 悲しみと鬱病は違います

    >鬱病って、何を基準に決まるんですか?
    >血液検査やCTをとるわけでなく、

    悲しいのは当たり前、だからといって病気だなんて、
    とおっしゃっていますが、
    悲しいことがあったことも踏まえた上で、
    どの医師も使う明確な診断基準に基づいて
    これは明らかに病気の領域、と診断されているのです。
    この人は悲しみに暮れているだけで鬱ではない、
    と診断されたなら、そう言われていますよ。
    まして、複数の医師がそう診断しているのであれば、
    なおさらです。

    医師のアドバイスを無視して、休息をおろそかにしたり、
    勝手に薬をやめたりしたらどうなるか?
    さらに悪化する可能性が高いです。
    不幸に遭われた方に対してきつい言い方になりますが、
    これだけ警告されているのにそうなったら、自業自得です。

    退職とはいかないまでも、できれば休職し、
    きちんと薬を飲んで、
    一定期間の休養を取られることをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 医者ではありませんが。

    ウツ経験者です。

    風邪の場合も、熱がある、喉が痛い等々言えば、喉をちょっと見たり聴診器を当てるだけで「風邪ですね」と診断されますよね、心療内科医にとってはウツはそういうものなのでは。
    そして、風邪の症状が出ていても風邪とは思わず医者にも行かない人もいますよね。ウツもそんなものです。特別な病気じゃないですよ。

    ウツのメカニズムは脳内物質の減少が起きているそうです。薬でそれを補うことで症状が軽くなります。まず鬱病を特別なものだと思わずに、あー、私のこの落ち込みはウツだったのかと気楽に考えてみませんか。

    日常生活に支障が出ていて医者が休息を勧めるようであれば、仕事は辞めなくても3カ月程度、休めませんか。
    薬の効果があるのなら、やはり医者の診断は正しいのしょう、私の場合ですが、快復してから薬を飲んでも何ともありませんでしたし、快復しつつある頃は、度々薬を飲み忘れるほどでした。

    > 近親者を失っても明るく生きている人もいるというのに、情けなくなります。

    自分の今の状態に抗わず、認めて、体を休めてあげましょうよ。うつネットを是非見てみてください。
    http://www.utu-net.com/

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • DSM-IV-TRが現在の主流

     精神科の病気にも、ちゃんと診断基準があります。「DSM」と「精神」で検索したら、いろいろ出てきます。

     ただ、他の科のように検査で白黒つけられるわけではないので、診断基準を臨床の現場で正確に運用するには、それなりの訓練が必要です。

     それと他の科と違い、自分が病気であるという認識がないことが多いのが、精神科の病気の特徴でもあります。

     「もっと悪くなるとどうなってしまうのでしょうか」ですが、鬱病の場合、自殺することになります。

    ユーザーID:

  • モウニング・ワーク

    なぜ、鬱病だとダメなのですか?
    悪化すると、死ぬ事もあります。自分で。
    取り返しがつかないことになり、一生をフイにするのと、仕事を辞めるのと、どちらがいいですか?

    虹の色の境目が、本当ははっきりしているのではなく、徐々に色が変化しているのと同じように、鬱病とは日常の落ち込みと、重症の鬱病の境目などなく、連続的なもの、なんですよ。

    脳の器質的変化による鬱状態では無い限り、CTやら血液検査で分かるものではありません。
    脳内のホルモン分泌状態が鬱を引き起こすというのも、研究の途上にあるものです。

    悲しみにくれるというのは、悲しみから抜け出すための重要な作業なんです。
    悲しさが実感出来ないほうが ア ブ ナ イ のです。

    >近親者を失っても明るく生きている人もいるというのに、情けなくなります。

    何をいうか?あなたは、ヒトの心を透視する能力があるのですか?

    それがあなたへの答えです。

    ユーザーID:

  • ほんとにあなたがうつ?

    タイトルどうりそう思いました。
    「うつ」や心の病気に偏見がある人はよく
    あなたのようなこと言う気がするので・・・。
    がんばりすぎるのがうつでもある気もする。
    早く元気にならなきゃって思うの?
    仕事しながら通院してもいいと思う。
    カウンセリングが合わないなら、薬だけもらい
    内緒で仕事続けてみるのも手ですよ。

    ユーザーID:

  • 診断基準(DSM−4やICD−10)があります

    DSMはアメリカ精神病医学会の精神障害診断統計便覧(第四版)、ICDはWHOの国際疾患分類(1985年)です。
    が、精神疾患の診断は難しいです。肉体の病気ではないので、血液検査やCTスキャンなどでは診断できませんし(脳波を取ることはあります)、正常値が定められているわけでもありません。
    DR.林のこころと脳の相談室
    http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/index.html

    高知精神保健福祉センターの「うつ状態・うつ病とは?」
    http://www.med.net-kochi.gr.jp/seishin/utsu/index.html
    のサイトが参考になると思います。

    ユーザーID:

  • トピ主様へ

    過呼吸で救急車、薬を手放せない、というのは、やはり治療が必要なんだろうな、と思います。
    死別の悲しみは大きいですよ・・・大好きなお姉様ですものね。
    肉親を失ってもすぐに(かどうかはわかりません。陰で泣いている人が多いかも知れませんね)立ち直れる人もいるかも知れませんが、人それぞれです。どうか、ご自分をお責めになりませんように。
    「ヨルダンの岸辺にて」という、死別に悲しむ人への本や言葉を紹介したサイトがあります。
    http://www.mediawars.ne.jp/~yannaka/index.html

    鬱病には休養が一番、とは、よく言われます。仕事を辞めてしまっては、それが原因でますます落ち込むこともありますので、「休職」というのも選択肢にするといいと思います。

    焦らず、ご無理なさらないでください。

    ユーザーID:

  • 追伸・小町内のトピを紹介しましたが

    三度すみません。
    一度目の投稿で、小町の書き込みを紹介しましたが、
    小町内にも、鬱病に関するトピや書き込みは多いです。
    が、本当にさまざまな人がおられますし、中には傷つくような内容や、鬱病に先入観・偏見を持たせるような書き込みもあります。
    今の日本において鬱病や精神疾患は増えていて、ネットにもさまざまな情報、コミュニティがありますが、
    私の経験では、ネットの「病気情報」からは少し距離を置いたほうがいいかな、と思います。
    病気や薬について知ることは大切ですし、医者任せではいけません。ネットにも、有益な情報や交わりもあります。
    けれど、その逆や、状態を悪化させるようなものも、ネットには数多くあるのです。
    ネットを通してお話している私が言うのもおかしいですが、
    どうか適度に距離を置いてくださいね。
    また、今はあまり一所懸命、病気について勉強するよりも、やはりゆっくり休まれたほうがいいと思います。
    死別の大きな悲しみからの回復には時間がかかるでしょうし、プロセスもあると思います。
    どうぞ、ご無理なさらないでください。

    ユーザーID:

  • 鬱病というよりは・・・。

    鬱病と診断されています。

    身内(と言っても祖母)や、近い友人(親友以上の存在)を亡くした経験があります。
    トピ主さんの場合、遠い親戚ではなく、お姉さんである事、仲が良かったとの事、若くして亡くされたとの事等から、一時的に気分が沈んでいる状態だと、私も感じます。ただ、過呼吸を伴い何度も救急車で運ばれる事などから、ちょっと深刻だと受け止められたのではないでしょうか。

    お姉さんは、神様の元で安心して、痛みから解放されて、穏やかに眠ってらっしゃいますよ。トピ主さんが毎日、体を壊してまで嘆き悲しんでいたら、お姉さんも心配ではないでしょうか。お姉さんが喜ばれる事、それは他の方も書いて見えたように、心の中で生きているという事を覚えておいて、時々楽しく思い出してあげてください。元気で頑張ってるよ、見ていて、って。お姉ちゃん、時々助けてねって。

    私も友人を亡くしました。一昨年です。それでも時々思い出してはかなり落ち込みますが(トピ主さんに頑張れって言ってる場合じゃありませんね。苦笑)、子供がいるので、泣いてばかりもいられない。

    一日も早く悲しみが少しでも癒される日が来る事を、お祈りしています。

    ユーザーID:

  • DSM-IV-TR

    鬱病や他の精神病の診断は、American Psychiatric Association という団体から出されたDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders の第四版(DSM-IV-TR)が基準です。
    この本は精神科医の聖書とも呼ばれる物で、詳しい症状や診断等載っています。
    その症状のうちいくつ当てはまれば○○病、となります。

    確かに、誰でも落ち込んだ気分になるので、境は曖昧になり易いと思いますが、精神科医からの診断は基準がきちんとあります。
    専門家でも診断するのは容易でないので、「即」診断というのはないのでは、と思います。
    (状況にもよるでしょうが)

    精神科医はセラピーを通して患者さんの症状を探します。
    確かに「どうして他人に自分の事がわかるの」とか診断されるのに疑問を持たれるかもしれませんが、いい加減な医師でない限り、しっかりとした基準の上で診断しているはずです。

    例えば、食欲や睡眠等、質問されませんでしたか?
    これは鬱病診断項目だからです。

    もしトピ主さんが意思を信頼できないのならセラピーを続けても効果はそれほど大きくないと思います。
    思った事をしっかりぶつけてみて下さい。
    早く良くなると良いですね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    励ましと温かい言葉、ありがとうございました。
    私は派遣社員で次の更新をどうするかという結論に迫られています。仕事はじめの5日か6日には更新するかしないかの返事を出さなければなりません。今のところ気持ちは半々です。

    年末年始、主人が31日から2日までの3日間、仕事だったので、昼間はずっと一人で過ごしました。3日中ずっと、パジャマでベッドの中で、タバコとお酒と薬だけで過ごしました。そして、自分が仕事を辞めて専業主婦になったらきっとこんな毎日なんだろうな、と思ったら自分が廃人みたいに思えてきてしまいました。

    かろうじて会社に行っていたことで保たれていた元気と理性が一気に爆発したような感じです。そんな私が皆さんのおっしゃるように会社を辞めたら、どうなってしまうのか。想像するだけで怖くなります。

    >Sliptongueさんへ
    このままの状態が続くと悪化する、とありましたが、鬱が悪化するというのはどういう意味ですか?ほかのもっと重い精神病になってしまうということでしょうか?

    ユーザーID:

  • お酒なんて・・・

    抗精神薬を服用中にお酒なんて絶対にダメです!薬の副作用が酷くなったり、鬱病を悪化させますよ。お願いですから絶対に止めて下さい!

    ユーザーID:

  • きちんとお医者様に!

    >鬱が悪化するというのはどういう意味ですか?
    鬱の症状が悪化するかも、という意味で書きました。
    悪化する可能性や症状については、
    お医者様にお聞きになってください。

    >かろうじて会社に行っていたことで
    >保たれていた元気と理性が一気に爆発したような感じです。

    このようなことも、きちんとお医者様に打ち明けて相談してください。
    とにかく、正直にお話になることが重要です。

    お仕事について、どの程度お医者様と突っ込んで
    お話をされているのかわかりませんが、
    お医者様が辞めた方が良い、と診断されているのであれば
    その通りにされるべきです。
    もし、そのあたりをお医者様ともう一度よく相談してから
    決めたいと考えておいででしたら、
    ちょっと延長の返事を待ってもらうことはできませんか?

    とにかく、今、真剣な相談相手にされるべきなのはお医者様です。
    この掲示板ではありません。
    今のお医者様がどうしても信頼できなければ、
    他の病院に行ってもいいのです。

    ユーザーID:

  • 肩の荷オロシテ。

    他の人も言っている通り、お薬とお酒は一緒に飲んでは
    絶対にダメです。私もやったことがあってフワフワして
    道端で寝ちゃう所でした。というか、ホントにダメ
    なんです!

    お一人でいられたとのこと。寂しかったんじゃない
    かな。私も鬱の時は一人でいると泣いてばかりいました。
    会社が大好きで、休むのイヤでした。私も会社辞めたら
    やることなくなって廃人になっちゃうかもって思い
    ました。思い切って長期休暇を取ったら意外と
    肩の荷がおりたんです。周りからもやっと笑顔を見れた
    とか顔色がよくなったって言われました。休んで休んで
    気持ちが落着いてから新しい仕事を探してみるのも
    いいと思いますよ。きっと今はやる気も希望も
    心の中からなくなっちゃっているんだと思うんです。
    ゆっくり休んで心が充電できたら、また頑張れると
    思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です 1

    まず、見ず知らずの私のためにいろんな紹介や詳しい分析をしてくださった方にお礼申し上げます。

    誤解されたくないのは、私は別に「なんで、私が鬱病なのよ!」と偏見をもって怒っているわけではないのです。近親者を失って悲しくても、自分の生活と人生に折り合いをつけながら、なんとか生きています。姉の闘病生活を長く見ていたので、自分の命を粗末にする(自殺)などは考えたこともありません。

    食欲も普通です。体重も落ちていません。ただ元気がないだけ。まだたった半年です。たった34歳で逝ってしまった姉が可哀想で可哀想でたまらないだけなのです。

    漠然とですが。精神科へ行かずに友人や主人のいたわりの言葉などでいつか立ち直れたと思うのです。(今は無理です)でも、精神科で薬をわたされたばかりに、薬なしでは生きられない身体にされた気がしてしまうのです。近親者を失って悲しい人は皆鬱病になって会社を辞めなくてはならないのですか?そんなことは決してないはずです。

    続く

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    なんとなく、ただ鬱病が流行っているから、精神的に参っている私を見て、カウンセリングしただけで、診断されたのでは?と疑問を感じているのです。

    本当の鬱病とは、朝起きることも困難だったり、人と接するのがつらかったり、仕事や家事ができなくなったり、無口になったり、過食・拒食で痩せたり…という感じではないでしょうか?(一応、サイトで症状を調べた結果です)私は該当していないように思うのです。
    ただ、以前に比べて、元気がないだけ、なのです。

    >あいやーさん
    何をいうか?あなたは、ヒトの心を透視する能力があるのですか?それがあなたへの答えです。

    この意味がさっぱりわかりません。非常に不快でした。おそらくあいやーさんは、このトピの意味を誤解されていると思うので、できればもう読まないでいただけませんか。失礼なこといってすみません。

    ユーザーID:

  • 自分を見過ぎないで

    トピ主さん、きっと本当に真面目な方なのですね。
    休職して、自宅療養されたら、焦ったり自己嫌悪に陥られそう・・・と思いました。
    どうか、ご自分を責めないでくださいね。
    休めって言われても、どう休んでいいのかわからないかな。
    のんびり、心身を解放して労わってやることです。
    自分が楽しいこと、心地よいことをすることです。
    ずっとパジャマで布団の中だったって、自分を責めないでください。
    自分から目をそらして、ぼーっとしててください。
    ドクターやカウンセラー、ナース、ワーカーともよく話しあってください。
    自宅療養があまりよくないようなら、休息入院、という手もあります。
    何も考えない、何もしないで、ただ、ぼーっとしててください。ぼーっとするのも大切なんです。

    ユーザーID:

  • うつ病の基準より

    病院に通う基準を考えた方がいいと思います。明確にうつ病だという診断を下すのは、非常に難しいですが、その人が病院に行く必要があるかないかの判断は簡単です。悲しみを抱えながらも、問題なく日常生活を過ごせるか否かです。以前、カウンセラーの方に聞いた時に、「本当は病気であっても、当人や周囲の人間が問題を感じず日常を暮らせるのなら、それは病気とは認定されない。必要を感じて病院に来るなら、それは病気なのだ」と言われ、その通りかな、と思ったので。

    今、家庭の事や会社の事はこなせているということですが、号泣のあまり過呼吸状態になり、何度か救急車で運ばれていることや、服薬しないと不安定になる事を考えれば通院は必要かと思われます。まずは自分自身が普通ではない苦しい状態にある、ということを認めて、少し休まれるのがいいのではないかと思います。診断名はそれほど重視せず、悲しみを癒すことに専念されてはと思います。

    ユーザーID:

  • 焦らないで

    確かに、今は簡単に「鬱病」て病名がつくなぁ、と思います。
    狭義の、古いタイプの鬱病は、トピ主さんのおっしゃる感じの、典型症状が出る場合もありますけど、
    精神科の症状は様様なんですよ。教科書の症例のような患者は滅多にいません。
    今は、もっと広く捉えて「鬱病」と呼んでいると思います。
    精神科ってね、グレーゾーンが多いんですよ、
    CTや血液検査で正常値が決まっていて、線引きができるようなものと比べて。
    あるドクターが言っていました。
    「精神科は、病気と、その周囲のものを扱うんだよ」って。
    お姉さまを失って、悲しくて悲しくてたまらない。苦しいですよね。その苦しさを少しでも和らげるのが、薬なんです。
    今は、薬が必要だとご自分でもわかってらっしゃいますよね。状態がよくなるにつれて、徐々に、薬は減っていきますよ。
    トピ主さん、少なくとも鬱状態では、あるだろうから、
    鬱の人が薬を飲むのは、近眼の人が眼鏡をかけるようなものですよ。

    ユーザーID:

  • 焦らないで・2

    >近親者を失って悲しい人は皆鬱病になって会社を辞めなくてはならないのですか?そんなことは決してないはずです。

    人、それぞれなんですよ。悲しみの深さも、そこから立ち直るプロセスも。
    何とか立ち直って笑顔で生きられる人もいれば、深い悲しみに沈み、ついには後を追おうとしてしまう人もいる。
    様様です。

    悲しみが消えないのですよね。元気がないのでしょう。
    過呼吸で救急車で運ばれるくらい号泣されたのでしょう。
    そんな状態が半年も続くと、つらいですよ。
    多分ね、無理・無茶をしていたら、トピ主さんのおっしゃるところの「本当の鬱病」に落ち込んでしまうと思います。
    私も、会社は辞めないほうがいいと思うのですよ。だから休職というのは、考えられませんか。
    無理して頑張りすぎていたら、いつかどかーんと落ちてしまう、それが心配なのです。

    ユーザーID:

  • 焦らないで・3

    あと、文面を拝見して、病院に対して少し不信感を持っておられるように感じました。
    面談にあまり時間を取らず、薬だけ出された感じなのかな。
    精神科って、ドクターと患者の関係が、重要だから、
    その辺の不信感も、ドクターにみんな話されるといいですよ(精神科のドクターはそのくらいではへこたれません)。

    病気を受け入れろとかは言いません。
    ただ、どうぞご無理なさらないでくださいね。

    ユーザーID:

  • 近親者との死別

    これも、鬱の診断項目に入っています。
    私は、仕事上の事で鬱を発症し、退職しました。
    初めは、抑鬱症状→半年間の様子見の上、鬱との正式判断、が多いらしいのですが、トピ主さんの場合、はっきりとした原因・症状がありますし、薬が効いている、と思うのであれば、やはり鬱なのでしょう。
    お酒は絶対に飲んではだめですよ。副作用で危険だ、と医師か薬剤師から説明されませんでしたか?

    >鬱病が流行っているから、精神的に参っている私を見て、カウンセリングしただけで、診断されたのでは?
    鬱の診断は、基本的にカウンセリングです。
    流行っているから、となんて理由で診断したりしませんよ。『仮面鬱』というのもあります。(精神的な症状がない鬱)

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    > 精神科で薬をわたされたばかりに、薬なしでは
    > 生きられない身体にされた気がしてしまうのです。
    薬を処方されて、それを飲むことで症状が軽減されるんですよね?
    ということは医師の診断は正しかったと思いませんか?
    さらに、はじめの文章の引用ですが、
    > 号泣のため過呼吸が続き、何度か救急車で運ばれ
    厳しいことを言いますが、健常な人は過呼吸で何度も
    病院に運ばれることはないです。
    まずは、自分が病気であることを認めて下さい。

    > 本当の鬱病とは、朝起きることも困難だったり、
    > 人と接するのがつらかったり、仕事や家事ができなく
    > なったり、無口になったり、過食・拒食で痩せたり…
    > という感じではないでしょうか?
    それは「重度」な鬱病です。
    風邪にも軽い風邪と重い風邪があるように鬱にも
    重い鬱と軽い鬱があり、こじらせると重くなる可能性があります。

    とりあえず、医師の指示に従いましょう。
    あと、近親者の死から立ち直れないと自分を責めるのを止めましょう。
    医師を信じられないことも正直に医師に伝えましょう。
    真摯な医師ならばあなたに信用されるように努力するはずです。

    ユーザーID:

  • 冷静に考えてみてください

    単なる落ち込みはそれこそ誰でもあるものです。
    トピ主さんはお姉さんを亡くされたとのことですので、
    酷く落ち込んでも何ら不思議はありません。
    ですが単なる落ち込みは徐々に晴れていくものです。
    たったの半年とのことですが、半年というのは相当な長期間です。
    大体、2週間程度経っても気分が晴れないくらいから、
    治療の対象になったと記憶しています。

    トピ主さんは身体症状のほうはあまり出ていないようですが、
    身体症状が無いからうつ病ではないとも言えないものです。
    憂鬱で、やる気が起きず、興味や喜びが減退し、
    わけのわからない不安感に襲われる、
    この状態が続くのならば、うつ病の疑いが非常に強いと思います。

    トピ主さんは自身でうつ病について調べられたようですので、
    うつ病についての知識はある程度お持ちのようです。
    しかしうつ病の理解というのは恐ろしく理解の難しいものです。
    特に患者自身、冷静な判断力が低下することや、
    また、うつ病になりやすい人の特徴として完全主義的で、
    自身の弱さ・マイナス因子を許容できない傾向があり、
    こうした理由で患者本人ほど自身の病気を理解し難いものです。

    ユーザーID:

  • その2

    私はトピ主さんがうつ病だと決め付ける気はありませんが、
    トピ主さん自身が信頼できる友人等に客観的に見てもらい、
    やはり様子がおかしいと判断されるのであれば、
    それは治療・休養の対象として充分だと思います。

    うつ病の治療は糖尿病の治療に似ていると思います。
    糖尿病ならインシュリン、うつ病ならセロトニンの、
    それぞれの分泌異状を人為的にコントロールすることが基本です。
    それには糖尿病なら注射、うつ病には服薬が必要です。
    また糖尿病では食事や運動を管理するように、
    うつ病では過度なストレスを避ける生活のコントロールが必要です。
    こう述べるとうつ病が基本的には単純な疾病であることが分かります。
    なぜこのようなことを言うかといえば、
    トピ主さん自身が、うつ病に過度なマイナスイメージを持っており、
    『うつ病の自分』という存在を否定しているように感じるからです。

    ユーザーID:

  • 私も不愉快です

    >近親者を失っても明るく生きている人もいるというのに、情けなくなります。

    これを指摘されてそんなに不愉快ですか?
    明るく生きているって、なぜそう言えるの?アナタはその人の心が透視できるのかい?と言っているのです。
    「顔で笑って心で泣いて」という言葉を知っていますか??
    トピ主さんは、腫れ物と同じように扱って欲しいのですか?


    >近親者を失って悲しい人は皆鬱病になって会社を辞めなくてはならないのですか?そんなことは決してないはずです。

    でも、アナタは医師に休職を勧められているのです。
    これは事実です。
    事実を受け止めるのはつらくても、変え様がありません。
    もちろん、アナタには仕事を続けるのも辞めるのも選択する権利がありますよ。
    お好きにすればいいと思いますが、実は突き放されるのも不愉快なんでしょ?

    ユーザーID:

  • その3

    こうした自身の疾病を許容したくないという感情も、
    うつ病には非常に多く見られるものです。
    仮にうつ病であればそれを治療すれば済む問題であるのに
    (と言うと、うつ病で苦しんでいる方からは怒られそうですが、
     私もうつ病がどれほど辛い疾病であるかは理解していますが、
     病気に対する心構えとして、淡白に表現させていただきます。)、
    頑なにうつ病を否定することで治療が遅れるのもまたよくあることです。

    しかしうつ病は悪化させると非常に辛い疾病です。
    根本的に辛いという感情そのものが症状ですので、
    気を紛らわせるということが出来ません。
    それほど辛いからこそ自死も多く存在するのです。
    『ガンなどのあらゆる悪性疾患を含めても、もっとも辛い病気』
    という医師の言葉もあります。
    早期に治療できるならそれに越したことはありません。

    とにかくご主人ともよく相談をして考えてみてください。
    今、無理をすることで長期間に亘って辛くなることだって、
    十分に考えられることです。

    長々と失礼しました。ご自愛ください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧