• ホーム
  • 働く
  • 欧米等では年配者も学位を取り直したりしているが就職の門戸は

欧米等では年配者も学位を取り直したりしているが就職の門戸は

レス7
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

キムチ

開かれているのでしょうか?

学歴や能力が伴っていれば、就職に年齢とか経歴(同職種か否か)等は然程影響しないのでしょうか?

現在30を過ぎていますが、今後留学を考えています。
ご存知の方お教え下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年齢は

    英国の場合ですがたくさんのMature studentが学位取得のために大学に通っています。就職に関しても日本ほど年齢による問題は起こらないと思います。知人でも50過ぎても平然と転職したりする方も多いですしね。

    ただ、問題は外国人の場合、その国の人と同じように就職できるわけではないという大きな問題があります。要するに労働ビザが取得できるかどうかという問題と就職できるかどうかという問題は全く別の問題だという事です。これはどこの国でも大差のない問題ではないかと思います。したがって、もしこれから海外での学位取得を目指されるのであればワークパーミットの取得の難易度についてもよく調べてみることをお勧めします。

    英国の場合、決して不可能ではないと思います(たくさんの人が働いてますし)が、簡単なわけでもないと思います。

    ユーザーID:

  • 国によりますが

    アメリカでは求人広告に年齢、性別制限を付けるのは特殊な場合(俳優とか)を除いて違法です。ですから履歴書にも年齢、性別は普通書きません。私の専門は生物医学系の基礎研究ですが、明らかに40過ぎで大学院(PhD)出てすぐ、という人をちらほら見かけます。日本のように”助手募集、博士号取得者、35歳未満”ということはありません。でもヨーロッパではポジションによっては年齢制限があると聞きました。

    ただ、アメリカでも、年齢不問といっても履歴書と面接でたいてい歳がばれますから、普通より年齢が上の場合には、過去に何をしていたか、どうしてこの分野に転向したか、過去の経験がどのように今の仕事に役立つかなど答えられるようにしておかれるのがよいかと思います。(もし過去の経験が今の仕事にあまりプラスに働かないようでしたら、自分は心機一転して新しい分野に取り組むことにした、と売り込んではいかがでしょう。)

    ユーザーID:

  • アメリカですが

    会計学について言えば、学士をとった後に、30代後半から40代でも大手会計事務所に就職している人はいます。

    もちろん職務経験があれば有利だと思いますが、なくても採用されている人を多々、知っています。
    ご参考まで。

    ユーザーID:

  • 留学中

    アメリカは就職に際して年齢差別が禁止されている(履歴書に年齢は書かない)ので、日本よりは簡単なのではと思います。

    卒業後は日本に帰るかこのままこちらで就職するか迷ってますが、日本での就職は能力よりもまず年齢なので厳しいかもしれないと考えています。仮に就職できたとしても年齢の話が多いので精神的に結構きついです。

    アメリカだったら大体は分かるにせよ、しれっと、5歳から10歳くらい若作りできそうですから。そもそも、年齢の話はタブーなので皆お互いの年齢を知らないし、そんな話題にもならないので気が楽です。
    今、30台終盤です。

    ユーザーID:

  • イギリスですが、

    私も30近くで留学しました。27歳で渡英し、語学学校1年、学部3年と大学院1年行き、そのまま普通に就職しました。就職した時はすでに32歳でした。

    専門にもよりますが、私の場合、勉強した分野が割と人手不足だったのと、政府が特にお金をかけて重点を置いていた分野だったので簡単に仕事が見つかり、日本にいた時よりもいい生活をしています。

    就職時の面接で年齢については特に触れられませんでしたが、以前の仕事と全く関係のない分野だったのでなぜ職種を変えようと思ったのかという質問はされました。

    用はその時点でどれだけのことができるかということが一番大事だった様に思います。

    在学中は私がダントツで一番年上でしたが、大学院では何人か年上の人もいたし、パートタイムの学生は年上の人ばかりでした。

    私も留学する時は年齢の事もあり、多少迷いましたが、結局はやりたいことをやったもん勝ちだった様に思います。

    本当にやりたいことならばどんなにしんどくてもがんばれます。がんばってください。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • アメリカの場合

    確かに、就職する場合に年齢は関係ありません。

    ただ、今は外国人にとって就労ビザが取りにくい傾向にあり、せっかく留学して学位を取ったとしても、英語がまだ不自由だったり、年齢を重ねていてもその職での経験がなかったりした場合、新卒でネイティブの人と比べると当然のことながら不利になります。せっかく学位をとっても、歳を重ねてから日本で再就職することの大変さは、トピ主さんもよくわかっていることだと思いますし。

    いくつになっても勉強しよう、学位を取ろうという熱意は立派なものだと思いますが、学位さえ取れば、バラ色の未来が開けていると安易に考えることだけは避けた方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 就職のしやすさ?

    やはり、どの国であっても、つぶしの効く専門資格は、就職しやすいし、つぶしの効かない資格は、就職がむずかしいと思います。たとえ、日本でも、かなりな専門であれば、年齢制限もゆるいと思います。

    また、現実的に考えれば、30歳すぎて、学位とりにきたら、30歳終わり近くで就職になりますよね。つまり、その年齢で、新卒者と同じ収入ということです。税金も高いし、終身雇用制でもありません。また、もともと日本より失業率が高い国ですから、数年後に失業率が上がっていれば、もろに新卒での就職状況も悪くなります。

    たぶん、可能性を試したいとか、自分にやりたいことがあって留学を考えてらっしゃるのだと思いますが、就職のしやすさという点では、必ずしも、そうとは限らないと覚悟しておくことも大事だと思います。がんばってください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧