カナダ永住権取得の近道

レス22
(トピ主0
お気に入り2

生活・身近な話題

みち

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかることだけ

    >〇大学で〇学部を卒業するとほぼ確実に永住権取得できる、
    そのような条件はありません。

    看護婦資格(その他医療資格)があれば移住の好条件にはなりますが、カナダではカナダ以外の国(英語圏も含めて)の看護士資格で働くことは出来ませんからカナダで試験を受け直す必要があります、

    また看護婦の資格をカナダで取れば移民が近くなるとおもうかもしれませんが、カナダでも看護士不足、それに加え看護士教育の場が不足(北の方の田舎にいかない限り2年ぐらいの待ちリストがある学校が多いです)しているため移民権がなければ、看護婦になる為の学校へ入れません

    ユーザーID:

  • 看護婦の資格お持ちですか?

    オーストラリアのビザコンサルタントさんには、ACUで看護学部を卒業し学士を取得するだけでほぼ100%永住権が取得できるとは、どこのエージェントさんから言われたのでしょうか?トピ主さんは、看護婦の資格をお持ちですか?ACUの看護学部を卒業するにも、いろいろな経路があり、看護婦の経歴をお持ちかどうかとか、もちろん、英語力にもよって違ってきます。しかしながら、前述のように、それだけで、永住権が取得できるというのは、ちょっと。他のエージェントさんとかあたられた方がいいと思いますが。

    ユーザーID:

  • 頑張って下さい

    一番上の方が書いていらっしゃる通りですね。。。

    確かにカナダは看護士は慢性的に不足してるんですけど、カナダでの看護資格以外はダメなんですよね。
    なので、どうしてもカナダで看護士というのならカナダの看護資格を取得する必要があります。
    自分の学歴と看護資格と英語力(IELTSのバンド何点以上、或はTOEFL(TSEも含む)の何点以上かが必要)を提出して査定してもらってパスしたら試験を受けるというような流れなんですかね。
    「Registered Nurses Association」で検索すれば出てくると思います。自分の働きたい州に登録する?ような感じのようですが。

    一度「CIC」のサイトでトピ主さん夫婦が永住権取得可能かどうか自分でチェックできるので、確認されたらどうでしょうか?
    スキルドワーカ−のカテゴリーになるのですが、そこに申請可能な職種リストものっています。職種リストにのっていない職についている場合は申請しても100%却下されます。確か看護しは申請可能だったはずです。一度確かめて下さい。

    近道はないですが、もしカナダへ永住を考えておられるのなら、永住権取得まで早くても2、3年はかかりますが頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • 現実は厳しいかも 1

    シドニーの中心部にスペイン人の多い小さなエリアがあり、スペイン料理店が並んでいます。タパス等、大好物です。イタリア人に比べればかなり少数派でしょうが、シドニーに限っていえば、特にスペイン人が少ないとも思いません。

    看護師資格ですが、アイルランドや英国出身のワーキングホリデーの若者達が母国の看護師資格をそのまま使って豪州で仕事をする場合が多々あるようです。これは、英語圏で言葉の違いがないのと、医療の技術に差がないからではないかと思います。確かに看護師はどこでも引く手あまたです。

    日本の看護師免許保持者で、豪州の資格を取得すべく大学に通っている友人がいるのですが、やはり大変そうですよ。まず、語学学校から始め、IELTS(?)のスコアを上げてやっと大学に入り、それからさらに何年も勉強しています。日本の資格があるので養護老人ホームのような施設で仕事もしていますが、豪州の資格がないのでほんの補助的なことしかできないそうです。彼女の場合も、こちらの資格を目指すのは、永住権取得を視野に入れてのことです。

    ユーザーID:

  • 現実は厳しいかも 2

    私はカナダから豪州に移住して来ました。私がいた頃(10年以上前)のカナダは、医療費削減のため看護師ですらレイオフされるような時代でした。永住権が約束されるかどうかは別として、カナダの大学はどこもレベルが高いので資格は他の英語圏でも問題なく通用するような気がします。豪州の資格も恐らく同じでしょう。

    疑問なのですが、英語圏で看護師資格を目指すのなら、スペインと同じEU圏の英国の方がビザ等の点でずっと簡単なのではないですか?英国で資格を取って、その後別の英語圏に移住という計画の方が現実的のような...。カナダでスペイン系が多いと言えば、トロントとモントリオールしか思い当たりませんが、逆に、日系人や日本の物に重点を置けば、豪州の方がずっと便利です。

    重大な選択だと思うので、十分に調べて、よく考えて下さいね。長くなりましたが、ご参考になればと思ってレスしました。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お試し期間をもうけて

    私はいずれの国にも住んだことがありますが、北米は過酷な競争社会(ある意味日本以上の学歴重視)、オーストラリアはずいぶん前のことなので現在は多少事情が異なるかもしれませんがWASP社会。つまり、2人のうちどちらかがネイティブなみの英語ができ、かつ既に特殊技能がないかぎり、かなり厳しいものがあるでしょう。

    ケベック(フランス系の牙城)やヒスパニックの多いフロリダ、ニューメキシコなどアメリカ南部は、ラテン系住民が多く占め、スペイン人には馴染みやすいかもしれません。費用はかかりますが、ここはと思われるところをいくつか的を絞り、数ヶ月でも暮らしてみてから、決断されるのがよいかと思われます。

    ユーザーID:

  • ケベック州

    人伝に聞いた話なのでどこまで有効かはわかりませんが、フランス語が話せるとケベック州では永住権が取り易いそうです。
    フランス語人口を増やしたい為だとか。
    でも最近はどうかわかりません。数年前の話なので。

    ユーザーID:

  • 近道

    強いて言えば、カナダ人と結婚する事くらいでしょうか。
    どの国の人も平等に、申請書が受理されて、
    永住権が来るまで待つので、近道という物は、無い様な気がします。
    カナダで出産するにしても、その子供が、19歳になるまで、
    待たなければならないので、遠回りですね。
    カナダにも、移民局のウェブサイトがあるので、みてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 永住権申請中ですが

    何か助けになれば、と思うのですが状況が良く分かりません。

    既に看護士の資格をお持ちな訳ではなくて、カナダに一度何らかの形(学生など)で入国し、資格等を取得する事によって永住権取得に繋がる事は無いか、とお尋ねなのですよね?
    またはオーストラリアで取得?

    いずれにしても、カナダでは教育年数が長く(マスターか
    ドクターだとなお可)、英語か仏語が話せ、CICのリストにある職で就労経験が一年以上あればほぼ誰でも永住権が取れますよ。

    なので近道というか、あまり心配はいらないと思いますが。ただ、時間がかかるので、こちらの会社にVISAのスポンサーになってもらって就労中に申請するのが良いと
    思います。こちらで学位を取るのなら、学位取得後一年間の就労ビザがつきますので、その期間でもOKです。

    ところで、私は米国でも就労経験があるのですが、カナダにスパニッシュ系移民が多いと思ったことはありません。

    ユーザーID:

  • ユダヤ系だったら(横ですが)

    彼がユダヤ系だったら、簡単にイスラエルに移民できるんですけど。
    同じ地中海に面した国だから気候も近いし、妻の職業も全く問いません。

    ユーザーID:

  • 2回目のレスその1

    永住権の申請は、カナダで学校に通いながらでも申請できますよ。
    トピ主さんがそれを望むのであれば、現時点でカナダ政府のスキルドワーカーのポイントをクリアしているのならば、看護学校に通っている間に、永住権の申請をする方という選択肢がありますよ。
    旦那さんは、学校へ通うか就労するかいずれでも可能ですが、カレッジや大学等の高等機関に留学する場合は、その配偶者は、労働ヴィザを取得できます。これは通常の労働ヴィザのように現地の人の労働の機会を奪っていないかという審査がなく、オープンです。
    最初のレスにも書いたように、永住権取得はポイント(現時点のパスマークは100ポイント中67ですが、69〜72はあった方がいいそうです)と申請出来る職種で一年以上の就労があり健康であれば、取れる可能性は高いと思いますよ。

    申請場所によりますが、カナダで申請時に一年以上滞在期限のあるヴィザがある場合は、アメリカ(バッファロー)に申請で、比較的早く2、3年、ヴィザが一年に見たない場合、マニラ或は旦那さんの国から申請出来るオフィス(ヨーロッパのどこか)に申請になるはずです。ただマニラだと、申請から取得まで4年前後はかかります。

    ユーザーID:

  • トピ主です。1

    沢山の方からご意見をいただき本当に感謝しています。一つ一つ何度も読み返しました。

    ACU看護学部を卒業するだけでほぼ100%永住権が取れる、といわれましたが、もちろんパスマークを満たしていれば、の話です。年齢、学士号点、技術職点、高需要職点、英語力、ボーナスポイントを合計すると120点以上になりますので、卒業までの間に法律が変わることがなければほぼ間違いなく取れるといわれました。
    (もちろん法律は頻繁に改正され看護士という仕事がリストから排除される可能性もあります。しかし慢性的に不足している看護士という職がリストからはずされることは余りない、と。)
    コンサルタントの方は、看護学部は大変だけれど、それでも頑張って卒業し(かつ、パスマークを満たしていれば)ご褒美として永住権が得られるようなものです、と。

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    例えば、9月から高需要職リストにのった菓子職人。これも2年のコースを終了し、その時点でリストに載っていれば、パスマークを越えるので永住権申請できます。でも私は個人的に料理は苦手だし、二年後にリストから外れる可能性も大きいこと、また、海外で需要があるとは思えないこと、他国へ移住する際に、有利になるとは思えない、などの理由でやめました。 

    Torontonianさん
    他サイトでカナダの永住権点数計算しましたが、オーストのACUのように、〇大学の〇学部をでれば取得しやすい、という近道がない限り点数は届きません。オーストでACUを卒業し、一年看護士として勤務し、その学歴と職歴でカナダの現時点での点数計算をすると、パスマーク届きます。(が、あくまで自己計算で、しかも、オーストの看護士の資格をカナダのそれに当てはめて勝手に計算してます)

    ユーザーID:

  • とぴ主です。3

    アメリカでも看護士は需要があると聞くので、オーストの資格を米国で認定する方法を探してみようと思っています。その上、米国の永住権取得の可能性も探ってみようかな、と。
    旦那、私のためにも一番いいのはアジア系が多く、スパニッシュ系も多い、カリフォルニアあたりに移住することだとは思うのですが、アメリカのグリーンカード取得はかなり難しいとききましたので・・・。

    マグさん、私はもう30代前半でもう若くないし、別の国で資格をとってからまた移住というのではなく、移住希望先で資格をとり、その数年でその国を観察したいなと考えています。ここ(スペイン)よりはどこもマシだと思いますので。オーストの就職状況以上に厳しいですよ、こちらは。悔しくて涙がでること多しです。これがEUの国なのか?と。

    ユーザーID:

  • トピ主です。4 何度もすみません。

    仏語ですが、永住権取得のためではなく、別の理由で勉強し始めました。西語と似てるので「読み」で1点でも多く稼げたら、と思ってます。ケベックでもスパニッシュ系が多いとのことですので、いざという時の為に仏語の勉強は続けていこうと思いました。

    たけさん。質問の仕方が悪くてすみません。聞きたかったのは
    カナダで、ある特定の大学に進学したり、専門学校に通ったりすることで、卒業後、その資格により永住権取得が有利になるといった事はないでしょうか?ということです。(オーストでの情報は得ています。) 

    長くなりましたが読んでくださった皆さん、回答を下さった一人一人に感謝しています。何でもいいです。まだ情報があれば送ってください。宜しくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 御主人は?

    カナダの場合、御主人のポイントを計算してみましたか?
    スキルドワーカーで夫婦で移民する場合どちらかがポイントを満たしてい手移民権が降りればれば、配偶者にも移民権は降りますよ。

    ユーザーID:

  • 再度のレスです

    こちらこそすみません!私が思っていた通りの状況でした。

    特定の大学や専門学校で、というのは聞いたことがありません。パスマークに達するのに就学期間と職務期間のみが足りないとのことですよね。
    私の正直な感想では、どこの大学であるかはあまり関係ない、むしろどこでも大丈夫なので、入りやすさも考慮に入れたほうが良いかと思います。米国に比べて大学の数が少なく、公立なので。
    私の友達で医療関係に入りたくて苦労している人がいます。

    私の知り合いは、カナダでPh.D.の最中に申請、職務経験は日本にいた時のアルバイトでした。
    また、私がカナダの大学に在学中薦められたことは、
    卒業直前にVISAを申請、(これは卒業と同時に外国人が一年間カナダで働ける就労VISAです)
    それでもって就職活動、
    就職が決まったら永住権申請、
    職歴が一年くらいになったらアプリケーションをアップデートする方法でした。私が実際に取った方法ではないのでどうかご確認を。

    私の家族がケベックですが、仏語が話せれば比較的容易に永住権が取れるのは本当だそうです。英語が母国語でない移民はフランス語を学ぶので歓迎されているのも事実です。

    ユーザーID:

  • また出てきてしまいました

    >たけさん。質問の仕方が悪くてすみません。聞きたかったのは
    カナダで、ある特定の大学に進学したり、専門学校に通ったりすることで、卒業後、その資格により永住権取得が有利になるといった事はないでしょうか?ということです。(オーストでの情報は得ています。) 

    ないです。
    あるとすれば、特定の大学ではなく、カナダの大学やカレッジに2年以上在籍していれば、個人移民の申請時に5ポイント加算できるだけです。(現行の制度では)
    それ以外は有利な条件はないです。
    しかし、不足している職種だと、多少ポイントが足りなくても、自分の職歴などに関する十分な補足資料があれば、永住権取得できる可能性もなくはないそうです。があくまでも審査官の裁量になるので安全な道ではないでしょうね。。。

    ユーザーID:

  • 難しいかもです・・・

    こんにちわ。カナダに住んで10年以上のカナダ人です。

    カナダは移民をいっぱい受け入れてる国ですが、最近は移民審査にとっても厳しいようです。取得には時間もお金もかかり大変だと思うのでコンソルタントに相談して自分の希望が通るかどうか確認してみた方がいいと思います。ここのサイトの移民という項目で現地コンソルタントを紹介してるのでコンタクトを取ってみてはいかがでしょう?

    www.greenpage.ca 私が知ってる限り、スキルワーカーではない限り、確実にカナダの大学、またはカレッジなどを卒業するとポイントが高くなります。そして日本又は外国での最終学歴もポイントに加算されますね。

    あと、もし時間に余裕があれば、カナダで移民枠を持っている日本企業や会社を探し、そこでワーキングビザをもらいながら移民枠をもらうという手もあります。実際、知り合いでもそういう風にこちらで生活しながら移民枠をもらえるチャンスを待ってる人がいっぱいいます。参考になったでしょうか?

    ユーザーID:

  • アメリカで看護士してます

    看護士になるのはカナダよりアメリカの方が短期でなれます。カナダは4年制を卒業しないとなれませんが、アメリカでは、コミュニティーカレッジ(2年)のプログラムでなれます(当然どちらも卒業後資格試験にパスしなければいけませんが)。しかも安い。正看の免許上は、2年も4年も変わりません。アメリカも将来の方向としては、2年制プログラムの廃止に向かうと思いますが、現在は深刻な看護士不足がさらに悪化されるのが予測されており、当分はそうならないと思います。

    かなりの病院が雇用ボーナスまで提示して看護士の確保に奮闘してます。我が家もたびたび様々な州からのヘッドハンターから、数千ドルから数万ドルのボーナスやら引越し費用を提示して勧誘する手紙が入ってきます。現在私自身が働く病院でも、看護士を紹介すると紹介ボーナス数千ドルを出すキャンペーンをやってます。

    アメリカで看護士から永住権をとるのは、他の職業に比較すると迅速で成功率高いと思います。特にカリフォルニアは看護士不足が最も深刻な州のひとつです。チャンスあると思いますよ。

    ユーザーID:

  • ケベックは比較的簡単?

    ケベック州の技術者移民って、フランス語が話せたら比較的簡単ってわけでもないと思いますよ。
    Federalと同様に、ポイント制で、一定のpointをpassする必要がありますよ。
    学歴・職歴・年齢・語学力(フランス語・英語両方)・ケベック州に関する知識・ケベック州への就学/就労有無(期間毎にポイントがある)や子供の有無・資金力(一定の資金(大した額じゃないけど)があれば1ポイント)・ケベックに親戚或は友達がいるかの有無・配偶者がいれば配偶者用の査定項目があります(もちろんパスマークも上がります)。
    まず無料で自分のbackgroundを指定されたフォームに記入して、そのformのみケベック州の指定されたOfficeに送れば、3ヶ月後に可否の結果がきます(これもポイント制です)。
    合格の場合は、申請料を払いケベック州の審査を受けます(これも上記とは別にポイント制です)。
    大学を卒業していれば、フランス語が上級レベルと英語も少しできれば年齢が30代半ばくらいまでなら、簡単にポイントはパスすると思います。
    (35を過ぎると年齢のポイントが下がってきますので)
    ケベック州も移民と学校と両方チェックされてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • オーストラリアのビザ

    10年住んでいますが、この国のビザ取得の条件は頻繁に変わりますので、たびたび情報を入手されることをお勧めします。トピ主さんの入手されている情報は、独立技術永住ビザに相当しますが、それに関してもよく変わります。以前は、IT関係が強く、それに伴って、永住めあてで、IT関連のコースを学ぶ生徒が増えたため、今は、ITもよっぽどの技術や経験がない限り申請もむずかしくなっています。今、看護士のコースを取得した方に有利(必ず取得できるわけではないです)となっていても、また一年先はわからないと思います。ポイントの総合点も年々上がっています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧