ボーナスの話は失礼ですか?

レス30
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

山本

はじめまして。山本といいます。
私は現在27歳。
今までアルバイトの経験しかなかったのですが、
年齢的にもそろそろ正社員の仕事を探そうと思い、
長年勤めた勤務先を辞める決断をしました。
きちんとした収入を得たいと思い、真剣に就職活動をしたいと思っております。

ボーナスがきちんと貰える会社を探していますが
求人案内などに、
「賞与年2回」など記載されている会社と、
何も記載されていない会社があります。
この場合、面接時などに、
「ボーナスはもらえますか?」
など訊くのは失礼に値するのでしょうか?
金額にこだわっている訳ではないのですが、
概ねどれくらいか尋ねるのもやはり失礼なのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • その質問をするまえに

    1.なぜ、その年まで就職しなかったのか?
    2.なぜ、長年のバイト先に就職しないのか?

    この質問に対して、相手の就職先の面接官を納得
    させられる回答を準備されたほうがよいですよ。

    ユーザーID:

  • 失礼と言うより

    非常識かも。

    最悪な時は月に何社も面接を受けた経験があるんですけど、人事の人に言われたキツイ一言。

    「君は当社に何をしにくるのかね?仕事をしたくて面接しに来たんでしょ?仕事の話以外の話を今するべきではないだろう。」

    金銭の話はしていません。通院の必要があるので、週1は定時上がりしたいと言っただけ。それでこの一言ですよ。
    まあ、ヘッドハンティングされた人なら、金銭の話はありなんでしょうけどね。

    ユーザーID:

  • 捕らぬ狸の皮算用?

    賞与が支給されるかどうかは確認しても問題ないと思いますが、
    いくら貰えるかと聞くのはどうかと・・・?

    ユーザーID:

  • 失礼ではないですが・・

    そもそもボーナス(賞与)というものがどういうものか法的によく理解されてから質問したほうがいいと思います。
    まず賞与というのは会社が必ず出さなくてはいけないものではありません。あくまでもその時の儲けに准ずるもので必須ではありません。
    給与のように硬く法律で守られているものではありません。よく求人内容に賞与何か月分とありますが、これは実績で保証されたものではありません。
    就労規則や社則に○か月分出すと明記されていれば法的に守られると思いますので、明記されているか聞いてみましょう。逆に書くような会社は年俸制にしているとは思いますが・・。同じことなので。
    あとは雇用契約書などに明記してくれればベストですが、まずヘッドハント以外の転職で書いてくれる会社は少ないでしょう。
    失礼ではありませんが、ボーナスが出ますか?という問いはあるいみ、あまり意味をなしません。
    ボーナスにこだわるのならば最低自分のほしい年収を保証してくれる会社を探すべきと思います。

    ユーザーID:

  • んー

    まず、面接の場でどの位の額が支給されるのかと
    聞く人は、大体敬遠されますよ。

    逆に企業側から言わせると 
    では君はどの位の仕事をこなしてくれるんだね?

    こちら側(企業側)の思うように
    そつなくきちんと正確に仕事をこなしてくれるのかね?

    そう言われた場合、
    あなたは答える事ができますか?

    社会経験もなく売り込むキャリアがない
    そんな状態で貰う事ばかりを考えてるんだなぁ
    と思われても仕方ないと思う。
    企業から言わせれば、幾ら求人広告に書いてあっても
    ボーナスは出さなくても良いものだしね。
    その年の業績が反映されて社員にバックされるものだから
    この今の世の中では、出さなくても別にいいし。

    面接で聞きたい気持ちはわかりますが
    そこは度量を見せて聞かないのが通常です。
    聞いてお互いにクリアーになりたいと思うでしょうが
    聞いたところできちんとした額の提示を
    してくれるような企業はまずないと思っても
    いいでしょう。(例外もあるのかもしれませんが)
    その理由は先に述べたとおり。

    まずは 与えられた仕事が一人前に出来るように
    なってから考えましょう。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • OKでは

    私は、面接は、されるだけでなく、自分も相手の会社を面接するものだと思っているので大丈夫だと思います。
    入社してから、こんなはずではなかったなんて後悔なさらないように頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 頑張ってください

    求人広告に賞与と書いてあったとしても、実際今年は
    なかったという方もいたので、あまり参考には出来ないと
    思います。また、給与の2.3などはっきり提示しても
    年々変わったりもしますので、こちらも参考には
    出来ないのかなと思います。ですが、きちんと
    いただける方もいますので、悲観せずに自分に合う
    就職先を見つかれば良いなと思います。

    面接についてですが、今までの職種やこれからどうしたい
    など聞かれると思うので、そちらをきちんと答えれる
    ようにした方が良いと思います。聞くことは悪いこと
    だとは思わないのですが、面接官の中には悪い印象に
    残る可能性もあるので。
    頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 聞いたほうがいい

    そういうことは最初にきちんと確認しとかないとね。そのほうが働く意欲があると思われて帰って好印象だと思うよ。質問はどんどんしたほうがいい。面接の時点で。頑張って!

    ユーザーID:

  • 年収で尋ねましょう

    ボーナスの有無を聞くより年収を訊けばよいと思います。ボーナスがあってもその金額は様々だから年収で押さえるのが正確でしょう。

    ユーザーID:

  • ボーナスならどんなに少額でもいいわけ?

    たとえばボーナスが1000円だったらどうします?
    そんなことにこだわるより、年収をしっかりチェックすれば?

    ユーザーID:

  • 聞いた方がいいと思います

    私は、転職組です。以前は賞与は年5ヶ月は出ていたので、普通はそれくらいは出るのだろうと、うっかり賞与について聞きそびれてしまいました。

    募集要項にも、賞与年2回と記載されていたので、1回の賞与に少なくとも2ヶ月位は出るのだろうとたかをくくっていました。

    そうしたらです。なんと1回あたりのボーナスは0.5ヶ月分だったのです(泣)。元の給与も、いいわけでななく、頼みの綱のボーナスがこんな小額では、買いたいものすら買えません。こんな小額なら賞与などと記載せずに、寸志とでも書けばいいのにと思ってしまいました。今も、0.5ヶ月しか支給されていません。情けなくて、違う会社に勤めている友達とボーナスの話なんか出来ません。

    ボーナスの事で、気になる点があるなら、絶対聞いた方がいいと思います。そんなことで落とされる会社は、所詮それまでの会社なんだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • う〜ん

    聞きずらいですよね。

    本屋さんにある、「社報四季」すみませんタイトル
    違うかもしれないんですけど、
    こういう系統の本に、その会社の平均年齢と
    平均年収が載っていたような...

    あんまり参考にならなくてすみません。

    ユーザーID:

  • 全体額からやんわり

    「年収はどのくらいになりますか?」と
    尋ねてみてはいかがでしょうか。

    うまくすれば「月○○円ほど、賞与が…」と相手が答えてくれますよ。

    ユーザーID:

  • そもそも

    賞与というものは会社に利益がないともらえません。
    昔はたいして儲かっていなくても、払っていたようですが、今のご時世、入社時にあると言われてももらえない会社もけっこうあります。
    少額でもいただけるだけありがたいのが実状です。
    でもやはり気になるところですよね。
    給与や賞与、休みに関すること(長期休暇は取れるか?とか)を質問するのは悪いことではないですが、これだけを質問するとやはり印象が悪いので、仕事面などの質問をいくつかした後に聞くのがいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 大切

    仕事をする上で報酬の話は大切なので、訊いていいと思いますが。

    また、こういうのにまともな返答をできない会社は勤めてから苦労しそうですね。

    ユーザーID:

  • 年収で聞いてみたら?

    収入金額は大切。
    それでやる気も起こるんだし、尋ねてみていいと思います。
    いくらぐらいの金額の仕事をしてくれるのか・・・・と言う会社から訊きたいところでもあると思います。
    ただ、ストレートすぎるときつく感じるところもあると思うので、年収でいくらぐらいになりますか??というたずね方もあることをお伝えします。
    ボーナスの額は会社の業績の反映でもあると思うので、そこそこ出るところは業績もいいという、あなたからしても会社の評価になると思います。

    ユーザーID:

  • 面接の時気になることは遠慮なく尋ねましょう!

    ボーナスの事、聞いてみても全然失礼ではないと思いますよ!
    実際わたしも聞きました。
    職安の紹介状に記載されていないところってありますよね・・・。
    昨年出たボーナスの実績を載せていたりだから、正直この先も同じくらい貰えるかは分からないですけど、平均や、今までどのくらい出たのか気になりますよね。
    面接のときは緊張しますから、なかなか聞きづらいお気持ちよく分かります。
    でもこれから毎日のように通う自分の為にも、お金やお休みの事はいろいろ聞いておくに越したことは無いですよ!
    山本さん、就職活動頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 面接時よりも

    募集広告を見て資料を取り寄せるときにでも
    聞いた方がいいのかも。

    直接電話で聞いてみたらどうですか。
    それから受けるかどうかを決めても良い気がします。

    今の時代は正社員になるのは大変みたいですが、
    成功をお祈りいたします。

    ユーザーID:

  • きいてます

    私は、3回転職しました。面接の度に、聞くべきことはきちっときいてます。額もきいてます。
    会社側もちゃんと答えてくれます。
    他に、有給のことや、残業手当のことなど、入社してから後悔するのはイヤなので、全部きいてますよ

    ユーザーID:

  • 勘違い?

     賞与はあくまで賞与であって、給与ではありません。
     会社の業績が良くて初めて出るモノです。悪ければ、当然、減りますし、最悪出ません。

    ユーザーID:

  • そんなことないですよ

    労働条件や待遇について知ることは労働者として当然の権利ですよ。知りたいことについて尋ねるのは常識。特にお給料のことは聞きにくいかもしれませんが、それだけに重要です。遠慮なく尋ねましょう。
    それで不愉快な態度をとられたなら・・・その会社は「?」です。あやふやでないキチンとした回答をもらいましょうね。
    ついでに言えば、その回答と、答えてくれた人の名前をメモに残しておきましょう。これ、大事です。
    後で「言った言わない」で嫌な思いをしないように。
    労働を提供する代わりに賃金をもらうということをお忘れなく!
    山本さん、堂々と行きましょう!

    ユーザーID:

  • ぜんぜん、むしろ当然

    聞くのは当然のことです。
    採用する側も聞かれて不快に感じることはありません。
    入ってみて「失敗した!」とお互いに感じないよう、
    悔いのない面接をするのが目的です。
    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • 横ですみません

    とおりすがりさんに対応した面接官の方の発言がわからないのですが、雇用形態に係わることは必要じゃないんでしょうか?

    いざ採用されてから「私毎日残業はできません」となったらお互い困るのに。
    自分は面接受けたことがないので知らないだけかもしれませんが、事前にそういう摺り合わせはできるものですか?

    例えば説明会があって、希望や質問を文書で提出するとか。
    それだったらトピ主さんの心配する給与形態についても、相手が説明してくれますよね。

    ユーザーID:

  • いいんじゃないでしょうか?

    就職先を選ぶ場合に、条件を話し合うのは普通のことだと思うので、聞いてもかまわないと思います。面接は、こちらが面接されるだけでなく、こちらも相手の社風などを見る機会でもあります。

    ただ、失礼かどうかを気にするのなら、相手が「希望や質問はありますか?」と聞いてきたときに、話してみるのがいいでしょう。
    自分の希望を最初から言うのは、あまり好ましい印象を与えないことがあると思いますから。
    (もっとも、聞くことが失礼かどうか気にしているくらいのトピ主さんですから、そんなことはなさらないでしょうが。)

    ユーザーID:

  • 今はそうなんですか?

    とおりすがりさんへ
    金銭の話はしてはいけないのですか?

    だって、仕事をするということは、アルバイトだろうが正社員だろうが、
    労働力を金銭に換えることでしょう?

    だったら、「仕事の内容」と「対価としての金銭」はどちらも同じくらい重要だと思うのですが。

    私が就職活動をしていた時は、まだ男女雇用機会均等法もなく(歳がバレますね…笑)、
    大卒女子の就職は超氷河期とか永久凍土と言われていました。

    まったく世間知らずの学生だった私は「就職できればそれでいいや」と金銭の話を度外視して内定をもらいましたが、大学の就職課への報告の時に「初任給と賞与の額は?」と聞かれ「わかりません。」と答えたところ、
    「まったく、うちの学生さんは苦労知らずのお嬢さんばっかりで困るわね。」とあきれられましたが。

    今は、金銭の話は非常識なのですか?
    それとも、新卒とそうでない場合とで違うのですか?

    幸い、世間並みの給料をくれる職場だったので、今のところ転職は考えていませんが、
    もし万が一、転職しなければならなくなった時、金銭の話を抜きにして就職先を決めるなんてこわくてできませんが。

    ユーザーID:

  • なんの仕事がしたいのか?

    男女のお見合いだと思ってください。
    初めて会って、相手にいきなり
    「年収はいくらですか?」
    って聞かれたらどう思いますか?
    その前に、趣味、性格、価値観
    お互い分かり合わなければいけないことがあるはず。

    企業も同じ。その会社で何がしたいか、会社は自分に
    何を求めているのか、それをまず最初に話合わないと
    いけません。

    面接者が
    「どうして我社に?」 と質問したとき
    「27歳だし、そろそろ定職につきたいから」とか
    「ボーナスがもらえるようになりたい」
    とか回答したならば、私が面接官だったらその時点で
    終わりですね。(実際、人事面接やっています)

    ある程度自分も会社も合意に達した時点で
    「福利厚生について聞きたいのですが」
    というのが順番です。その中でボーナスに
    ついても聞けばいいと思います。通常、額ではなく
    「何ヶ月」という回答だと思いますが。
    (ただ、これもすでにご指摘があるように決して企業は
    守らなければいけないものではない)

    「ボーナス幾らくれるか?」ではなく
    「何の仕事がしたいか?」ありき、です。

    ユーザーID:

  • むしろ…聞かない方が「大丈夫?」と思われますよ

    人事担当をしており、新卒採用も中途採用も経験しました。
    履歴書の希望事項に「年収***万円 希望」などと記載がなければこちらから必ず触れますが、こちららが持ち出さなくても自己管理能力のある人はその点も漏らさず言及しようとしてきます。
    はっきり言って、年収、賞与、給与…どういう形態・呼称にしても、金銭的な条件について触れない人は「消極的かつ受動的」「主張するほどの考え」「詰めが甘い」印象を受けます。

    採用面接はあらゆる条件についてお互いの率直な要求をぶつけ合う場ですよ。
    聞きたいと思うことは聞きましょう。
    言いたいことは言いましょう。
    流れの中で自分から自然に切り出す勇気のない場合は、最後に「何かありますか?」といわれた時に切り出しては?

    ここを見ていて、報酬の話題を持ち出すのが失礼だとか非常識だとかいうコメントが続いているのを見て、驚きました。非現実的で不合理な回答が多いのは、ここに主婦の方が多いのでしょうか。
    逆に言えば、何のために仕事をするのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 難しいですね

    最後に「何か質問はありますか?」と聞かれたときに2〜3個質問し、最後に聞くのはどうでしょうか。

    でも、求人誌に賞与のことを全く書いてない会社は期待しないほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • ピスタチオさんに質問

    人事担当との事で質問させてください。
    新卒・中途共に、金銭の話が許されるとの事ですが、本当ですか?
    今、転職活動中なのですが、金銭の話をすると嫌な顔されます。今の職場が激務のサービス残業+サービス休日出勤なので、二の舞にしたくないんです。
    それとも会社によって違うのでしょうか?
    もちろん金銭の話は初めからでなく、仕事の話をした上で。最後に、”何か質問は”と言う時に切り出します。

    それと金銭以外の休日の話と言うのも許されるのでしょうか?最近の会社は会社指定の長期休暇という物がありません。日帰りできる故郷ではないので長期休暇が欲しいのですが、長期休暇の話はダメですか?長期と言っても平日最長3日ですが。

    ユーザーID:

  • タイミングが大事

    報酬について確認するのは当然のことであって、失礼でも何でもありません。むしろ、確認しない方が不自然だと思います。ただ、ヘッドハンティングされたのでない限り、しょっぱなから具体的な条件について話すのはどうかな・・・という気はしますね(相手から切り出された場合はこの限りではありません)。このご時世、1回の面接で決まることはまずないでしょうから、採用通知をもらうまで少なくとも3回くらいは足を運ぶことになると思います。2回目以降の面接の時に訊いてみるのがベストかもしれません。

    逆に相手から「いくら欲しいか」と訊かれることもありますので、念のためご自分の『適正価格』を把握しておくといいでしょう。トピ主さんの場合、アルバイトの経験しかないようですので、応募する企業の業種の新卒初任給程度を提示するのが妥当な気がします。あまり謙遜というか自分を不必要に低く評価するのは、かえって逆効果です。

    頑張って下さいね!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧