• ホーム
  • 男女
  • 彼の母親から親族の誕生日一覧表をもらって

彼の母親から親族の誕生日一覧表をもらって

レス21
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

そらまめ

今年結婚が決まり、互いの両親の顔合わせ食事会をしました。
私は一人っ子、彼は長男、下に既婚の弟がいます。
先日その両家の食事会の帰りに彼の母親から綺麗な封筒を渡されました。
開けてみると彼の両親、祖父母、弟の家族(子供含め)のフルネームと誕生日が書いてある便せんが入ってました。

私はこういう事は親しい間柄になってから、こちらから尋ねれば良いと思っていたので、なんだか嫁の心得を告げられたようで気が重いです。
女側はそんな事思い付かないし、彼には生活を共にしながら知ってもらえれば良いと思っている程度なので。深読みしすぎでしょうか?それとも常識的な事なのでしょうか?
小町の皆さまからご意見を頂ければ幸いです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 常識です

    それは日本の常識です。
    あなたが知らないだけです。

    常識をもっと多く学びましょう。恥をかきますよ。

    ユーザーID:

  • 誕生日プレゼントよろしくね、って意味?

    私は結婚の際、夫の父から、夫側親族の家系図と住所録を書いた紙をもらいました。
    どなたが長女で、どなたが次女で・・・というのが判り易く、
    結婚のお祝い返しを郵送するときに住所録は重宝しました。

    誕生日まで記入してあるってなんなんですかね。
    年齢書いてくれたほうがまだ判りやすい・・・
    「これから毎年誕生日プレゼントを頂戴ね。期待(アテ)にしてます」という意味なんでしょうか。

    トピ主さんも負けずに同じものを旦那さんに渡し、
    さりげなく義母にアピールしてはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 家族書?

    私が結婚するときには、彼(今の夫)が私の実家へ来たとき、私が彼の実家へ行ったときに、家族書を渡しました。
    私はこういうことをするのが嫌だったのですが。
    結納よりも前の、結婚が決まった段階です。
    今の時代、こういうやり取りをする人は、少ないんでしょうか?
    姑の意向で、しましたが、いい気分ではありませんでした。
    しかも夫が書いた家族の誕生日は、間違いだらけでした。
    姑は、内容のチェックもしてなかったようで、ただうちの実家の家族について知りたかっただけのような気がします。

    ユーザーID:

  • 知ってても良いんじゃない?

    知らないより知ってたら良いってくらいに思われたらどうですか?
    甥?姪?さんの入学祝いなどの心づもりもできるし。
    渡された紙を元に試験でもされるとか、誕生日祝いを
    催促されるなら、対処法を考えた方が良いかも知れませんが。

    私は姑の正確な誕生日は知りませんし、夫には従兄弟が
    たくさんいるんですが、みんな同じような年頃で結婚式に
    まとめて紹介されて(中には結婚して子持ちもいて、
    20人くらいの”いとこの固まり”に見えた。)全然
    覚えられずに困りました。親戚関係って改めては聞き難いもんですょ。

    ユーザーID:

  • 考えすぎと思います

    家族紹介の会だったので、「釣書」につける家族書の簡易版としてくださったのでは?

    http://www.robasan.com/omiai1003.html
    釣書、家族書は、↑を参考にしてください。

    -----------
    「誕生日を知らせる=嫁の心得」っていう意味がわかりませんが…。
    嫁になったら、それぞれの誕生日に誕生祝を贈れという意味ということでしょうか…。
    もし、嫁の心得としても、誕生祝いをもれなく贈ることが、心得の第一になる事柄でしょうか?
    嫁の心得指南なんて古臭いことを考える人なら、長男の嫁には、法事とか命日とかご先祖様供養の方が、大事では、ないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • それは身上書というか自己紹介書の代わりでは?

    トピ主さんって恋愛結婚でしょうか?
    もしそうだとしたら、お見合いでありがちな釣り書の代わりで渡してくれたんじゃないかと思うのですが…。
    それとも、あちらのお母様の言動で、それ以上の意味を深読みせざるを得ないなにかがあったのでしょうか?

    ユーザーID:

  • ムムム!

    もしや『誕生日楽しみにしています』って事かしら・・・って思ってしまったのは私だけでしょうか?!

    ではあなたも、彼のお母様に自分の家族等の名前と生年月日を書いたものを渡しておけばいかがでしょうか。相手がどういう反応をとるか・・・

    ユーザーID:

  • 別に深読みでは?

    御礼だけ言っておけばいいのではないでしょうか。
    向こうも期待はしてないと思う。
    ただ、こういう親戚がいます、という書類じゃないかな。

    ユーザーID:

  • あれば助かる

    その一覧表には親族の住所なんかも書いてたんじゃないでしょうか?家族書にあたる物だと思いますけど。家族書ならご自分方についても同様の物を作成してお渡しするべきでしょう。

    親族の誕生日は知っておいて損はないですよ。雑談の中で聞いてもすぐ忘れちゃいますからね。今年は夫の従姉妹が成人式なのかどうかすごーく悩みました。毎年誕生日プレゼントを渡すつもりはないけど、節目には何かしてあげたいので、誕生日は知っておきたいです。誕生日が分かっていれば話題にもなりますしね。

    トピ主さんは「誕生日祝いしなさいよ!」って意味に受け止められたんでしょうか?義両親はまだしも、別の家庭を持っている弟さんや弟の奥様に誕生日祝いなんてしなくて普通だと思いますけど。。。

    ユーザーID:

  • それは親族書です。

    31歳の主婦です。
    彼のお母様がくれた、家族の名前や間柄や生年月日が記載されている用紙は、れっきとした「親族書」です。
    結納や顔あわせの食事会を行う際は、それくらい渡すのが常識です。彼のお母様の方が、あなたやあなたがた家族に敬意を払って、「私たちはこういう者たちですよ」という事を正式に書類にして渡してくれたのですよ。むしろあなたがたが先方に渡していないのが、ちょっと失礼にあたります。
    「こういうことはもっと親しくなってからこちらからたずねればよいと思う」って・・・!びっくりします。いえいえ、そういう問題じゃないんですよ。
    あなたは二十歳前後の方ですか?若くして結婚される方ならこういうことは知らないかもしれませんが、結婚情報誌とか、結納(顔合わせの食事含め)・結婚に関する本には普通に載っていますよ!
    あなたが「いきなりこんなものを渡されても・・」と思っているようですが、先方には全く非はありませんよ。先方こそ、丁寧で常識的な事をされています。
    親族書をいただいたのならば、「遅れて申し訳ありません」と一言そえて、同じような形式であなたの家の親族書をお渡ししましょうね。

    ユーザーID:

  • 家族の慣習の違いでは?

    みなさんがおっしゃるように深く考えすぎないほうがいいと思いますよ。釣書かもしれないですしね。家族によって慣習や考え方が違うので、そういう家なんだと思うだけで流していればいいと思います。

    私は結婚してから、夫側の慣習に従いバースデーカードのみを郵送するようになりました。コレだったら300円程度で済むから経済的負担もないし、親しみも伝わるのでいい方法だなと私は思うようになりました。

    気になるのであれば、直接婚約者さんかお義母さまになる方に尋ねてしまうほうがかえってすっきりするかもしれないですね。

    お幸せになってください。

    ユーザーID:

  • ん?さんに同意です

    向こうが丁寧にされて来たのに、それをそんな風に悪意に取るとは。

    遅くなりましたがと言って、貴女の方からもお渡しすればと思います。

    ユーザーID:

  • それは

    家族書、親族書だと思います。わたしは恋愛結婚で結納なし、主人とわたしが主催という形で簡単な食事会を開いたのですが、自分の親からせめて家族書、親族書くらいは交わすように言われました。きちんとした結納をする場合は当然のように交わされているものだと思います。
    ちなみにわたしがパソコンで両家の分を作成し、封筒に入れて、食事会当日に主人からうちの親に、わたしから主人の親に手渡しました。
    トピ主さんのご家族はこのようなことをご存知なかったのでしょうか。親の年代では常識のようですよ。

    ユーザーID:

  • 知らなかった

    親族書というか、トピ主さんの言われるようなものが
    あることすら知らなかったです。
    自分が無知なのでしょうが、僕も含めて親戚づきあいが苦手な家系のようで、親からもそんな事聞いたことなかったですね〜。(親戚中で嫌われてる感じでもなさそうだったけど?)

    だから結婚した時も相手側に渡さなかったし、向こうからももらわなかったので、存在自体を今回初めて知りました。
    (もちろんある程度の親戚の情報はわかってるのですが)
    でも、今更出しようもないしな〜。

    だから全然知らないトピ主さんが、いきなりそういうものを渡されたら妙に勘ぐってしまうのも無理はないと思います。
    知っててもらうのと、知らないで渡されるのとでは、心構えが全く違いますから。

    ユーザーID:

  • 家族書のこと?

     それは家族書や親族書といわれる物では?誕生日というか、年令が分かるような生年月日と、続柄が書いてあるのでは?
     昔は、親戚の職業とか本籍とか、障害者がいるとか、そういうことまで情報交換していたそうですが、最近では差別行為を控える風潮になり、年令と続柄だけになってきました。また、「結婚は本人たちの問題だから」とか「親族に犯罪者を持つ人への差別だ」として、互いの親族の氏名すら情報交換を控える人もいます。だからこそ彼母は、相手から要求されるまえに「私達はこういう者です。」と、へりくだって差し出したのだと思います。
     相手からは親族書をもらったのに、こちらの素性を明かさないのは、礼儀に反すると思いますよ。会社の電話でも、相手が名乗ったら自分も名乗りますよね?
     どうしてもこちらから親族書を渡したくないのなら、丁寧にその理由を述べないと、礼儀知らずと思われかねません。
     

    ユーザーID:

  • なるべく早く対応したほうが・・・

    親族書を受け取ったならば、なるべく早くトピ主さんのほうからもお渡ししたほうが良いと思いますがどうでしょうか? トピ主さんのご家族はその件に関してどうお考えなのかな、もしもそういうことは全て略して、というお考えならばその旨を伝えたほうがいいですよ、きっと。

    (でもトピ主さんの投稿だと「家族の誕生日を書いたもの」とありますが、(他の方も書いてますが)生年月日が書いてあったんですよね? それを前提として書いてますけど。 生年月日でなくて誕生日だけが書いてあるものを手渡されたのならば、どうすればいいのか私にはよくわかりませんが・・・・)

    ユーザーID:

  • お誕生日のプレゼントじゃないのよ

    独身時代に生年月日といえば”お誕生日のプレゼント”との発想でしょうが、結婚して独立した家庭単位での親戚付き合いとなると、七五三や入学お祝い、成人お祝いなど、節目節目のお祝いが必要になってきます。もちろん、親戚付き合いをしていれば自然と耳に入ってきますが、義理母さんが”甥が今年入学なの”、”あら、じゃあお祝いしないと、、”となるよりスマートでしょ?予め手元に資料があったほうが、お互い感じ良くないですか?
    節目節目の親戚付き合いを大切にされるご家庭なんで、きちんと結納の席で”身上書”を出されただけだと思いますよ。
    私たちもお互いに交換しましたし、結婚してからも役立っています。冠婚葬祭の本を一冊購入して結婚したら気持ちよく親戚付き合いも出来ますよ。

    ユーザーID:

  • あなたの家の分も渡しましょう

    皆さんのおっしゃるようにこれは釣書か家族書なのでしょう。それには誕生日しか書いていなかったんですよね?

    うーん・・・無言でその封筒を渡したとなると、お義母さんの意図する所は・・・
    やはり「それぞれの誕生日にはプレゼントを忘れるな」でしょうね。

    総勢何人になるかわかりませんが、プレゼントをしていたらかなりの額になると思うので、私ならバースデーカードを誕生日の3日前に着く様に送ります。

    これならちゃんと覚えていたってことになるし、万が一お義母さんから「カードだけ?プレゼントはないの?」と聞かれたら、「全員には買えませんよー」とさーっと流します。

    ユーザーID:

  • 悪くとらえすぎだよ

    既婚の30代ですが、トピ主さんは今回のこと悪くとらえすぎですよ。
    それは親族書です。
    「家族の生年月日一覧表」だなんて表現されてますが、別に生年月日がメインではなくて、家族の名前とか間柄がメインなのです。生年月日は、つければもっと丁寧になるから書いたのだと思います。歳がわかることで想像しやすいし・・。普通正式な書類には生年月日、必ず書くでしょう?
    「女側からはそんなこと思いもつかない」ってかいてありますが、大きな間違いです。
    おとこ・おんなとかそういうことでないです。普通は同時交換するものです。
    結婚するにあたって、もっと情報を集めたり本を読んだりすることをおすすめします。
    「そんなの知らなかったから」では済まされないことだってありますよ。結婚するからには、最低限の結婚に関する知識を事前に学ぶ努力、しましょうね〜。
    同時交換できなかったのは、仕方なかったこととして、これからでもいいから、ちゃんとトピ主さんの方の分も渡した方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 知らなかったです

    結婚10年目の私。知らなかった・・・そんな慣習があるのですね!?私は義母から、親族の方々の氏名・住所が書き綴られたメモを、挙式して旅行から戻って数日後に手渡されました。「結婚しました」の、お知らせも兼ねた年賀状を出すのに必要だったから、お願いしていたのですが。そこには、続柄や年齢は、一切書かれていませんでした。正にメモ。しかし、トピ主さんも言っていたように、結婚生活が続くと、自然と続柄や顔名前は分ってくるもので。特に不便もなく今まで来ています。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆様、有難うございます。家族書、釣書というものなのですね。
    自分の常識知らず、勉強不足がとても恥ずかしいです。私の親含めみっともない話です。
    これから彼の両親にお詫びして早急にこちらからも渡すようにします。また冠婚葬祭に関する本を購入し、これからもこんな不手際がないよう勉強します。
    「女側はこんな事思い付かないし」と書いたのは完全に誕生日の催促かと誤解しての事でした。小町の皆様に教えていただき、気持ちのモヤモヤが晴れました。本当に有難うございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧