ピアノがイヤでやめてしまった方

レス139
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

京子

よく、ここのトピで、
「ピアノレッスンはつまらなくて、だけど、怒られたくないからイヤイヤ通っていた」
という内容を見るので、悲しく思っています。わたしの周囲にもそういう人は多いです。
どうしてそうなるのか、知り合いなどに聞いてみるけれど、やはり、先生に遠慮したりして、本当の理由を言わない方が多いです。
だからこのトピをたてました。これからの参考にしたいので、

1、レッスンの、なにが原因でピアノをやめてしまったのか
2、イヤでなくなるために、どんなレッスンにしてほしかったか(求む、ワガママ意見! どんな内容でもいいので、習う側の目線の意見をお願いします)

 を教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数139

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • コンビの先生が嫌トカ...

    発表会のときいつもは先生お一人でやっていたんですが、人数の関係でか?ご近所の先生とコンビで組んでやるようになりました。
    しかし、そのコンビの相手の先生が自分の生徒さんの親に(私の)先生の悪口を言ったり、ご近所の親を集めて何かとまた別の先生のことを噂したりする人だったので、その悪口は信じませんでしたが、(先生には悪いけれど)そういう人間性を疑うような人物とコンビを組まれることに嫌気がさして娘をやめさせ、遠くの教室に変わりました。

    その地域には先生が多くて子供の取り合いでもあったのでしょうか。噂ではその先生の被害に遭ってピアノ教師の職を失って、全然別の会社で働くようになった先生もいるようです。

    ユーザーID:

  • 根性なし

    私は、練習がめんどくさかったんです。先生の家が隣だったので、練習しないで行くと当然ばれてますし弾けないので先生に怒られる。もちろん自分が悪いのはわかってましたけど。先生はいい人だったし、ピアノが嫌いだったわけでもない。ただ、ものすごく熱中するほど好きでもなかったんです。あと、周りの友達がすごく上手なのに自分があまりうまくないことも嫌でした。そこでなにくそ!とがんばれる子だったら、もっと弾けるようになったんだけど。今ではもっとピアノの勉強すればよかったと思います。でも音楽はその後も違う形で続けましたし、ピアノ習ってよかったと思ってます。

    ユーザーID:

  • 大昔の話

    大昔ですが(笑)エレクトーンを5歳から8年ほど習っていましたが、中学入学時に部活が忙しくなるからと母を説き伏せてやめさせてもらいました。

    身につかなかった・辛かった・楽しくなかった等等、色々あったけど、理由は1つに集約できます。
    自分がやってみたかった習い事を、母親が全て自分の一人娘に代償させたは良いが、そもそも娘は音楽に何の興味も無く、音感も運動神経も人並み外れて悪かった。
    5〜7歳ぐらいじゃ、母親が期待でキラキラした目で自分を見てたら、NOとは言えませんもの。
    そんなスタートだから、当然やる気無いし楽しくないし、楽しくないからお家で練習しないし(また外で泥いじりしてるほうが楽しいコドモだった)、お家で練習しないから教室に入ったらおミソだし、ミソ子ちゃんだから発表会では合奏の伴奏パートしか弾かないってのに母が気合入れてワンピース縫うし…と、まあ。どこまでも「うんざり」サイクルしていったわけです。

    先生や教室のせいではありませんでしたね、ソレだけは間違い無く。

    ユーザーID:

  • 私のせいです

    1.は自分に音楽の才能がないのが明らかだったから。

    子供の場合、基本的に脱落していく生徒については、先生に責任があるとお考えにならなくていいと思うのですが…。

    2.は…自分のせいなので、先生やレッスンの内容が悪いとは1秒も思ったことないです。
    私は転校っ子なので1〜2年毎にレッスン先も変わっていました。どの先生に対しても、好きとか嫌いとか思ったことナシ。

    あえていえば。
    「こんなふうに弾きたい!」と思わせるあこがれの人がいれば違ったかも。

    自分の先生はまた違うんですよ。
    もちろん「なんて上手なんだろう」と毎回聞きほれてはいましたが。ステキなお姉さまやおばさまばかりだったし。
    でも先生は「宿題」が人間の形をしているようなものなんです。あこがれにはならない。
    あくまでも私のようなダメな生徒にとって、ですが。

    ユーザーID:

  • 先生が嫌いだった。

    当時私は小学生でした。
    ピアノの先生が嫌いで嫌いで仕方ありませんでした。
    多分60近い先生だったと思います。

    ピアノを弾く時って手と鍵盤の間に卵があるような感じに
    手の甲を持ち上げて弾くらしいのですが
    私は指をぺたんと押し付けてしまって、その弾き方を見て先生が
    「何であんたの手はこんなにふにゃふにゃだらしがないの!」
    と言って10本の指の全ての関節をガムテープで固定されました。
    あと、私が間違えそうになるメロディーに近づくと
    隣に座ったまま私の方へ足をぶつけて来ます。
    すごい怒られていつも泣きながら帰っていました。

    黄色のバイエルの途中でやめました。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私がピアノをやめた理由

    5歳の時から12年間習ったピアノをアメリカ留学のため、辞めてしまいました。
    その時の気持ちは、せいせいした、というのが本心です。
    親に泣いてまで買ってもらったピアノとレッスン。
    先生もとてもすばらしい方で、お産で他の先生にある期間代わられたとき、先生がいなくってさみしくって涙が出そうになったほどです。

    でも一点、練習曲が多すぎたかも。名前は忘れましたが、クラシックなどの曲ではなくって、練習曲の延長ばかりを追い求めすぎてて、知っている局に挑戦したりその達成感を味わったりしたかったと思います。

    最後に発声の練習もあったり、それは大好きでしたが。

    今となっては続けていたらどんなに上手になったかなーとも思いますが、その時その時正直に生きた結果だから仕方ないかな、と。

    ピアノの先生でいらっしゃるのかしら。

    またいつかはじめたいと思っています。老後かなぁ。。。

    ユーザーID:

  • は、はーい......

    小学〜中学まで続けていました。しかし、ぶきっちょな上、練習嫌い。当然、教室に行っても全然弾けず、怒られる。練習して行ったとしても先生の前ではトチってしまい、トチる度にがっかりが伝わって来る。何度やっても失敗すると、先生の苛々空気が伝わってくる。そして、次のステップになかなか進めない。それらが嫌で、辞めました。

    トピ主さんの質問への答えですが
    1、
    ○自宅での練習を継続せねばならない。
    ○怒られる事や苛々空気がトラウマになり、上手く弾けない。その為、次のステップになかなか進めない。
    ○先生に親しみがもてなかった。
    ○練習曲がつまらない物が多かった。

    2、
    ○練習しなくても怒られない。
    ○とちっても、大目にみてもらえ、次のステップに進ませてくれる。
    ○くだらない話ができる位、先生に親しみがもてる。
    ○好きな曲を練習課題にさせてくれる。

    ワガママ意見で、すみません。

    ユーザーID:

  • 地道な練習は辛かったです・・・

    子供のころはやっぱりバイエルやハノンとかの地道な練習はいやでたまりませんでしたね。
    ピアノのレッスンは火曜日だったのですが、火曜日が近づくのが憂鬱で憂鬱で・・・。
    おまけに、最初習っていた先生はやさしかったのですが、引っ越されてしまったので次に習った先生がえこひいきするので、ただでさえいやだったピアノがますます嫌いになりました。
    親がやめてもいいと言ってくれたときは心の底からうれしかったです。
    大人になってからピアノをたまに弾くのは楽しいですけど。
    そういう意味では少しでも子供のときに習っておいてよかったと思います。

    ユーザーID:

  • 比べられるのが嫌で

    私は習い始めたのが小学校4年生とスタートが遅かったんです。スズキメソッドで習ったのですが、周りは小学校4年で難しい作品を弾く人ばかりで、プレッシャーでした。
    ピアノが上手&成績優秀な人ばかりでしたので、心が重くなり、中学2年でやめました。
    その後、大学に入って弾きたくなり、近所の人生経験豊富な先生に習っていました。プレッシャーから解放されて、
    お稽古が大好きになりました。

    ユーザーID:

  • ゆのさん、素直で好感が持てます!

    そうですよね、やっぱり根性無しという理由が本当だと思います。

    以前、小町でそれに反論している人達多かったです。モーツアルトもベートーベンも親に練習を強制されつらい子供時代を送ったが止めなかったからあれだけの作品を残せたでしょう?それでもモーツアルトは心に傷ができたので、ピアノを無理強いしたのは正しくなかったのだとまで言い切る人がいましたね。

    ユーザーID:

  • ピアノ教室までの怖い道のり

    先生は厳しかったですが、自分もその先生のようになりたくて、ピアノも好きだったので、小学校1年〜高校卒業まで根気づよくピアノに通っていました。幼稚園では、ヤマハをやっていました。
    小学校1年〜中学2年までは、神奈川に住んでおり、家から5分の近所に運良くピアノ教室が有り、遅刻の心配もなかったのですが、中学2年に千葉に引越してきてからは、近所には幼稚園の子ども用のヤマハの教室しかなくて、結局、家から徒歩片道35分掛かるピアノ教室となりました。毎週水・木曜日の6時30分から1〜2時間有り、ピアノに行くまでの道のりは、坂が多い物騒な道で、回り道も出来なく、家から行くのも苦痛でした。部活と両立させないといけなかったので、学校までピアノの用意を持って行き、6時に部活が終わって、軽いコンビニのお握りみたいな夕食を食べ、中学校からそのままバスで直接教室まで行っていました。

    ユーザーID:

  • すっごく簡単に言えば

    「才能がなかったから」かなあ。幼稚園から習っていたにも関わらず、あまり上達しなくって、自分でもなんで上手くなれないのか分からなくって、辛くなって辞めました。
    近隣住宅に配慮して、午前中と夕方以降は練習ができなかったのも、今にして思えば大きいかったかな。

    ユーザーID:

  • ピアノを好きでいたかった…

    引越しが多かったので、3人の先生に習いました。
    2人目の先生のときは、
    どんどん新しい曲をやらせてもらえて、
    楽しかったです。
    最悪だったのは、3人目の先生。
    教本を2冊前に戻され、手の形や指の運び方など、
    とても厳しくされました。。。
    苦痛以外のなにものでもありませんでした。
    3歳から続けていたのに、
    中学生になってすぐにやめました。
    それ以来、ピアノなんて大嫌いって思ってました。
    音大目指してるわけじゃないんだから、
    「音楽は楽しい」ということを教えてほしかったと、今では思います。

    ユーザーID:

  • 先生の言葉

    小学校3年の時に習いました。
    親が「女の子だから」の理由で始めたので
    興味が無かったです。

    60歳くらいの先生が自宅に来るのですが
    「こんなの3歳の子でもひけるわよ」
    が口癖で他の教え子と比較するので
    イヤでたまりませんでした。

    ピアノで遊ぶのは好きでしたが
    すぐに嫌いになりました。
    すぐに止めたので「バイエル」しかひけません。

    先生との相性があるのでは無いでしょうか?

    ユーザーID:

  • すごくわがままでごめんなさい

    練習が嫌いでした。上達するためにはハノンとかバイエルとか必要なのはわかるけど、楽しくなかった。与えられた練習曲もつまらなかった。
    練習も波があって、やる気のあるときは毎週レッスンに行っても後ろめたくないけど、全然練習していないときにレッスンに行くのはすごく気が重かったです。

    好きな曲や憧れの曲のときは、張り切って練習しました。私の場合は、ピアニストや音大目指していたわけじゃないので、好きな曲や有名な曲(多少無理があっても)だけ弾いていたかったです。今思うと。
    指の訓練とかは、後からついてきたんじゃないかな。と思います。

    ちゃんとピアノを身につけたい人には意味がないでしょうけど、練習嫌いでピアノ辞めちゃいそうな子どもがいたら、好きな曲や憧れの曲だけ弾かせてあげるのもひとつの手かと思います。

    ユーザーID:

  • ピアノ教室までの怖い道のり(2)

    春休みと夏休みは、6時・・・と言えば、まだ空が明るいので、毎週6時半に間に合うように行っていましたが、冬休みは、陽が暮れるのが早いから、8時を回るまであるピアノを毎週サボっていました。
    一回、「冬休みは、午後3時からにしてください。お願いします」と先生に頼みましたが、時間の変更は、許してはくれませんでした。
    中学校から直接教室へ行くのは、バスが出ているからいいのですが、バス通りを外れた自宅から直接行くと、最低でも徒歩35分で、周り道したら、益々遠くなってしまいます。徒歩35分で行ける道は、ちょっと近道風で、坂の多いあぜ道なので、自転車では絶対に通過できません。
    自転車の通れる道で行けば、かなりの遠回りで、徒歩にすれば1時間以上なので、ピアノ教室までの道は、すごく不安な道でした。

    ユーザーID:

  • ピアノ教室までの怖い道のり(3)

    冬休みは、サボって親に叱られましたが、
    私は、大胆なことに、先生に電話して、「道が怖いから行きたくない。自転車でも遠回りになって時間が掛かるし、歩いても、ピアノ教室まで行く近道が、あぜ道だから、こけたりしたら、大変だ。ちゃんと先生の言った曲の練習はしておいていますから。」と言っていて、電話口から先生へ、練習した曲を聴かせていたりしました。・・・先生から、「もし、慎治さんが実力がここまでなかったなら、こうやってさぼらせなかったぞ。」と嫌味を言われていました。
    自分でも、「これで教室が近ければいいのに。ピアノ教室の近くまで引っ越そうかな。中学校は、同じ学区だし。」と思っていました。
    ピアノ教室にまつわる思い出は、色々と思い出され、奥深いです。また、ピアノを習っていた思春期の自分に戻りたいなと思います。

    ユーザーID:

  • 練習しなかったから

    ピアノって反復練習がものを言うじゃないですか。でも習っていたときは子供だったのでそんなことわからず、あまり練習しませんでした。しかも家業のため練習してもいい時間が午後の3時半までと決まっていて、大急ぎで学校から帰らないと練習できない。でも学校ではクラブ活動や委員会などもあるし、また他の習い事で練習している暇のない日もあり...と、どんどん練習しない生活になり、練習ナシで習いに行くと怒られたり、怒られなくても自分が気まずいのでピアノ教室に行きたくなくなり、学年が進むにつれ学校も忙しくなったのを機に辞めました。

    でも今も時々ピアノを弾いてみたりします。続けていればよかったとも思います。練習の大切さを当時の自分に教えてやりたいです。

    ユーザーID:

  • 問題ばかりの先生たち

    小学校の6年間ピアノを習っていました。その間3人の先生に教わりましたが、一人目の先生は子供の心を傷つけるような暴言を吐いたため、母がさっさと別の先生を探してきました。二人目の先生は習い始めてしばらくして遠くへ引っ越され、それで3人目へ。3人目の先生はいつまでたっても運指練習の音階ばかり。もうつまらなくてつまらなくて、仕方なくこっそりと一人でピースなどを買ってきて自分で「乙女の祈り」や「エリーゼのために」などの定番曲を練習していました。ある日、その先生がレッスンの日に(私の自宅まで来ていただいていました)私の「エリーゼのために」を家の外で聞き「あなたが弾いてたの?」とおっしゃいましたが、だからといってそれ以降レッスンの内容や形態も変わらず、ずっとずっと運指ばかり。もうほとほとピアノなんかうんざり、となり、結局やめました。今でも音楽、とくにピアノ曲は大好きで、いずれ自分でまた練習するか、レッスンに通うかしたいと思っていますが、子供のころについた先生方は、基礎ばかりに目が行き過ぎて、楽しさを教えてくれなかった気がします。ただただ残念。

    ユーザーID:

  • 手が小さくて

    中学に進学してから、他に興味が移ったのと、曲が難しくなって手が届かないのが増えたからやめました。
    技術があるらしいけど、教えてもらえなかったし。
    手が小さい(親指と人さし指を、ほぼ真直ぐになるくらい開いても1オクターブがやっと)のです。
    コツというか技術があるのなら、教えてほしかった。
    それから、手の形をうるさくいわれるのは嫌だったですね。
    子どもが習いに行った時、その音大卒の先生は、そんなこと言うのは日本だけだとか言われました。
    形より、楽しさをもっと教えてもらいたかったですね。

    でも、子どもは逆で、楽しかったけどそれだけで、身についたように思えなかったので、つまらなかったそうです。
    先生が厳しい先生から、優しい先生に変わって嫌になったそうです。
    いろいろですね。

    ユーザーID:

  • 無理やり

    1、レッスンの、なにが原因でピアノをやめてしまったのか

    そもそも、母から無理やりやらされていました。
    練習しないと裸にされ、
    布団たたきで叩かれたりするのが嫌で習ってました。
    でも中学に入ったのをきっかけに、
    部活で通えないと親を説得し、それでやめました。

    2、イヤでなくなるために、どんなレッスンにしてほしかったか(求む、ワガママ意見!

    ピアノの先生も厳しかったです。
    いやいや習っていたせいもあり、
    あまり予習をしてきませんでした。
    そうすると、
    ピアノのいすに座っている私を思いっきり横に押し、
    (肘掛がないタイプだったので)そのまま横に
    倒れていきました。
    子供の頃だったので、
    ピアノのいすも高くセットしてあり、
    床に落ちたときは痛かったなぁ。

    ユーザーID:

  • 無意味だったんだもの

    小1の時に無理矢理入れられました。
    だけどピアノ弾くのは嫌いじゃなかったです。
    弾けたら楽しいし。

    でも5年生くらいのときに親にも先生にもはっきりとした理由を告げずに辞めました。
    それはなぜか。
    毎週毎週のレッスンがまったく無意味に感じたから。
    ツェルニーなどの楽譜になると、全部の曲をやったわけじゃないのに次の段階の楽譜を買わされました。毎回「うん、よくなったね」とかばかりであんまり「レッスンしてる」気がしなくなってきて「これなら一人でやってても変わらない」と思ったし「お金がかさむのなんか悪い気がする」と思って辞めました。先生にいろいろ聞かれましたが私は泣き泣き「でも辞めたいんです」としかいえませんでした。

    バイエルの時代に符号や弾き方を覚えた頃のほうが楽しかったです。上達するとあとは先生云々より、自分の腕次第というか練習次第だと思うので、レッスンだとか本当億劫になります。幼いわりに「金儲けしかないのかな」とか腹黒いとこまで考えてしまいました。

    ユーザーID:

  • 先生自体が大嫌いでした

    3歳から17歳までやってましたけど、
    何がイヤって、リズム取るために体をぽんぽん叩くのも嫌だったし、
    音大行け音大行けってうるさかったのも嫌。
    無理だっつーの。
    その先生は、もっとすごい先生のレッスンに行き始めたんですけど、そしたらやり方も全部そっち方式に変えちゃって。
    それがまたすごい先生だとかで、レッスン受けさせてもらうにも大変とか。
    で、発表会にそのすごい先生が見に来ていたらしく、
    引き抜き?でやる気があるならレッスンしてあげるから来なさいみたいなことを言ってきた。
    そのスゴイ先生の傲慢さと、崇拝していた先生が嫌で
    それキッカケに辞めました。

    高校に入ると勉強も大変になってきて、そうそう自宅で練習する時間も取れないんですよ。
    マンションだったから夜は弾けないし。
    そんな状況も考えずに練習不足と怒る。
    こっちがキレます。
    「教える」だけに徹してもらいたかった。
    こちらが要求する量だけでいいんです。
    練習不足って怒るのは絶対止めた方がいいです。
    もっと練習してきて、とか余計なお世話。
    こっちはピアノだけやってりゃいいわけじゃないんです。

    その辺をわかって欲しかったなぁ。

    ユーザーID:

  • 先生が・・

    幼稚園の時から習い始めて、高校二年生まで習っていました。
    もともとリズム感がなかったので、練習は大変でしたがピアノが好きなので頑張っていました。中学生の時には先生にも恵まれ、その先生が大好きでした。しかし、高校一年生の時にその先生が辞めてしまい、新しい先生井に代わってしまいました。、新しい先生は怒りっぽく、私がミスすると傘で手を叩かれていました。挙句に「どうしてこんなことくらいできないの?」とまで言われました。
    その先生になってから一年くらいでやめました。

    トピ主さんの2のレッスン方法についてとは関係ないのかもしれませんが、私はこの苦い体験から、先生と生徒のコミュニケーションが一番大事だと思います。

    ユーザーID:

  • 大人になってからでも良いですか?

    大人になってから(27歳くらいかな?)しばらくの
    間、習っていました。
    子供の頃から憧れていたピアノは、最初のうちは楽しく
    スムーズにいっていたのですが、長調が変わるあたりから、楽譜が読めなくなり挫折してしまいました。
    昼間は会社勤めをしていたため、夜の練習はなかなか
    出来ず、週1回のレッスンが精神的に辛くなってきてしまいました。
    毎日少しでも練習しなさい、といわれたけど・・無理でした。

    ゆっくりと進ませてもらえば良かったのでしょうが、
    なんだか恥かしくて言い出せなくて・・。
    先生は私より年下の女性でしたし、他の生徒さんは
    子供ばっかりだったし・・。

    続けられそうならピアノを買おうと思って、家では
    キーボードで練習していたのも敗因ですね。
    鍵盤の重さも間隔も全然ちがいました。

    時間ができたら、又改めて習いたいなと思っています。
    老後の楽しみに、というのはダメかしら?

    ユーザーID:

  • だって・・・

     ピアノの先生って怖いですもん。私は大手ピアノ教室も個人の先生も両方行きましたが、大手のピアノ教室の先生方は優しかったですが、個人の先生はもう、レッスン前に体がガクガクするほど怖かったですね。
     個人の先生はそれだけ熱い方が多いのですが・・・。それに普通の子供って、練習なんかより友達と遊んでる方が楽しいからレッスンの時間にみんなとバイバイするのもイヤ〜ってところもあるんですよ。(実際私の練習はレッスンの5分前のみでした)
     音楽を訓練や修行ではなく、楽しむもの、感じるものとして教えてくれる先生だったら、途中でやめちゃう子も少なくなると思います。
     なんか、トピとずれっちゃったかな?すみません。

    ユーザーID:

  • 添削程度だからかな

    私もピアノのレッスンに2回チャレンジしましたが、すぐ挫折しました。

    理由は、行く意味がいまいち無いなと思ったのが一番。
    だって先生のところにいったら家での練習の成果を披露して直してもらって、じゃあ今度までにここまでやっといでor新曲は先生が一度お手本に弾いて、次までに弾けるように練習してきてね、だけ。

    私はレッスンというからには、
    先生がマンツーマンで手取り足取り、ここはこう弾く、と教えてくれながらその場でやるもんだと思ってたので、ただ結果発表みたいなかんじでは月謝代が勿体無いように思いました。

    ユーザーID:

  • ピアノに限らず

    京子さんはピアノを教える側なのでしょうか?
    それともピアノが大好きで、辞める方の気持ちが
    わからないというか寂しく思っているのでしょうか。
    私は、小学校低学年の時に1年間習いまして・・
    で、大学の時に軽く再開(?)、就職してからは
    弾く必要があって猛特訓しました。

    ピアノに限らず、そろばんや習字、バレエ、体操等
    何でも共通して言えますが・・
    本人がその気になって、やる気を継続すること。
    週に一度のレッスンだけでなく、自宅でも練習し
    続けることが必要(向上するのなら)です。
    個人的には・・・生まれつきの才能もありますし、
    興味・関心もありますので、
    合わないと思ったら、辞めてもいいと思うのです。

    よく親御さんで、一度始めたものはやり遂げて
    ほしいとおっしゃる方もいますが、それも一理
    ありますが、
    たとえば私に物理を学べ、スケートを始めろと言われてもできないように、イヤならイヤでもいいと思います。

    個人的には、ピアノは大好きですし、仕事を離れ
    趣味としても始めたいと思っていますが、
    他の方もそうであってくれたら、ということは
    思いませんね。

    ユーザーID:

  • 無理やりだったから

    1、母親に無理やり行かされていたので嫌になって。
      先生が好きになれなかったから。
      全然楽しくなかったから。

    2、ピアノを弾くことを楽しませてくれたなら。

    ピアノをやめて10年ほど経ち、無理やり習わされたトラウマが消えた頃、別の楽器を自分で習い始めました。
    そのうちピアノも習いたいと思ってます。

    ユーザーID:

  • 練習が嫌い

    私もゆのさんと全く同じで、とにかく練習が好きじゃなかった。それだけです。ピアノは嫌いじゃないし、弾くのだってそれなりに楽しいんだけど、まさに練習無しには結果がでないもののはずなのに、子供の頃はきちんと練習っていうのが本当にできなくて・・・。

    1.のレッスンには特に問題はないです。
    2.週に1度先生に見てもらう時じゃなく、自宅で毎日楽しく練習できる方法があれば続けられたかなと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧