雛人形のお下がり

レス25
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ねんねん

去年、女の子を出産しました。
そしてもうすぐ初節句。

私には姉がいたので自分の雛人形があたらず、その分雛人形への思い入れが強くて、自分に女の子が生まれたら心をこめて一生物のいいものをそろえてあげたいと思っていました。(結婚前の貯金で購入するつもりでした)

ところが、年始に義実家に行ったとき「義妹のを使いなさい」と言われてしまったんです。
その場は曖昧にして、帰ってから主人に自分の気持ちを話し、購入することに納得してもらったのですが、なんだか気分的にショックで。
私がこだわりすぎているのでしょうか・・・。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お雛様って新しい方が良いの?

    お雛様って先祖代々で一台を受け継いで行くものじゃないんでしょうか?
    古い雛人形を毎年飾る風習のある地方もありますよ。

    今は兄弟が分家していくから、分家した家では新しいお雛様を買うけど、実家の雛人形はお下がりでは無く、○○家の雛人形として考えるものじゃないのかしら?

    ユーザーID:

  • あげました。

    私は長女で、現在は実家から遠いマンションに住んでいるので、自分の七段飾りは実家に置いたままで、娘の誕生に実家から親王飾りを買ってもらいました。そのことについては大変嬉しく思っているのですが、去年弟のお嫁さんに女の子が産まれて、私の実家の雛人形を使わせると母から聞きました。

    私はちょっと寂しいような複雑な思いなのですが、それ以上に義妹はどう思うんだろうと考えていたところトピ主様のご意見を読んで、やっぱり…と思いレス致しました。
    義妹も母に聞くと、義妹は、買わなくていいから(義妹も雛人形はありません)良かった!と言っていたらしいのですが、今度会うときにでもチラッと聞いてみようかなと思いました。

    レスになっていなくてすみませんっ!

    ユーザーID:

  • 嫁実家から贈るのでは?

    義理の妹の雛人形を使えだなんて、そんな話初めて聞きました。
    その雛人形には、何かいわれでもあるのでしょうか?
    雛人形って普通は嫁の実家から贈るものですよね。最近は少子化の影響もあって、両家折半というのも珍しくないようですけれど、基本的にはそうだと聞いています。

    旦那様の実家の意向を無視して、無理矢理買っても角がたつと思いますから、昔からの慣習を持ち出して「私の実家のほうで、贈るつもりで準備をしていると言っていますので・・・」とお断りしてはどうでしょう?
    旦那様に「あちらの意向を断れない」みたいに言ってもらうのもいいかも。
    実際のお金の出所はともかく、実家との口裏合わせは必要になりますけどね。

    女性が雛人形に思い入れをもつのは当然だと思いますから、トピ主さんの考えかたをこだわりすぎだなんて、私は思いませんよ。

    ちなみに、雛人形は子供の成長と幸福を祈るお人形で、身代わりとなって厄を受けるため、基本的に一人一飾りとして「人のものは譲らないように」という考えかたもありますよ(義両親に断る時にはオフレコの方がいいと思うけど)。
    お嬢様のために納得のいく雛人形を揃えてあげて下さいね。

    ユーザーID:

  • 義妹のは実家に置いてもらおう!

    私は逆に、娘が産まれたとき
    「買ってあげる」と言われましたが、
    面倒だったので義妹のがあるからいいです、
    と言いました。でも置くスペースが無いので
    義実家に置いて貰い、節句には出して貰います。
    トピ主さんの場合は、「実家から送られて来た」
    とでも言って置くのが賢い方法かと。

    そして義妹のは実家に飾ってもらいましょう。
    距離がそんなに遠くなければ節句近くに
    (人形が飾られている日に)遊びに行きましょう。

    そして「立派なお雛様ねえ、良かったねえ」
    と、お義母様の前で娘さんに言ってあげましょう。
    一応、義妹のよりは小振りなのを買った方が無難かも。でも小さいから、内親王だけだから安い訳でもないので小振りかつ、トピ主さんの気に入る物を
    求めては。自分で買ったのはばれないようにね!

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    もったいないさん、レスありがとうございます。

    私の心に引っかかるものは古い・新しいではなく、義妹のために用意した雛人形を自分の娘に使うことなんです。

    上に男の子がいますが、五月人形は主人のものを受け継ぎました。多少傷みはありましたが、趣があってとてもよかったです。なにより、主人が小さい頃をともにしたものですから重みもあります。
    雛人形は思い出と共に女方が受け継いでいくものではないのでしょうか?(地域によっては一人にひとつという考えもあるようですが)

    義妹は今独身ですが、ゆくゆく女の子が生まれたときは使いまわしすればよい・・という感じだったんです。(その頃にはどうせ家は飾らなくなるだろうから)そんなの・・やっぱりちょっと悲しいです。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 1人に一つです

    お雛様は1人に一つです。
    家は、親王飾りを祖母・母・姉・私の全員が一つずつ持っています。
    トピ主さんもこの際、ご自分用に一つお求めになってはいかがでしょうか。
    奈良の一刀彫りや人形作家の創作雛など、大人用のお雛様としてお薦めです。
    私も木目込みの親王飾りのほかに、奈良の一刀彫の立ち雛を持っています。

    ユーザーID:

  • お気持ちわかります!

    トピ主さんのお気持ち、すっごくわかります!

    うちは母の段飾りがあったので、私にはお内裏様のみのを買ってくれました。その自分のお雛さまは好きでしたが、古びたお人形の段飾りは子供には嬉しくなく、自分の子供には納得いくものを買ってやろうと常々思っていました。

    残念ながら住宅事情のため、豪勢な7段飾りなどは買えませんでしたが、「これ!」と思った素敵な3段飾り(お値段的には7段を買えるくらいのもの)を娘には買いました。

    古い物だって良いのでしょうが、やはり自分の為に買ってもらったというのは 子供にとっても嬉しいものではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • いいのでは・・・

    お下がりって考える方がおかしいと思います。
    ご主人のおうちのおひな様を頂けるのだから光栄だと思います。私の実家でも一人娘だったのにもかかわらず 代々古いのですが綺麗な顔立ちの7段飾りのおひな様があり 下の方に 私が生まれたときに 2人の子供雛を購入したみたいです。新しい物がいいとは 思いませんが・・・昔のおひな様と今のおひな様と比べると昔の方が質はいいみたいですよ・・値段にもよりますが・・・でも妹さんに申し訳ないですね。妹さんのおひな様だったら・・・

    ユーザーID:

  • 本当はね・・・

    お雛さまと言うのは義実家ではなく、お嫁さんの実家が
    用意するものなのですよ。正式にはね。

    ここからは人形転の従業員の方から聞いたことだけど、
    お雛さもと言うのは、その女の子個人のものなのだそうです。なので由緒正しき家は、女の子は二人いたら二組の
    お雛様を用意するそうです。でも普通の家はひとつで
    じゅうぶんと言ってましたけど。

    だから人のものはもらわずに娘さん個人に用意してあげてください。お雛様が娘さんを守ってくれるそうですよ。
    ちなみに五月のかぶとですが、これは個人ではなくその家の子供全員のものだそうです。ですから義実家からパパ
    のをもらってきてもいいそうですよ。

    ユーザーID:

  • 使いなさい?

    「義妹のを使いなさい」って、どういう意味?
    「義妹のをあげる」じゃないのよね。
    数年後、義妹が結婚して娘が生まれたら返せ、ってことなのかしら?

    「実は、実家の方が初節句のお祝いに買ってくれると言ってまして」
    とでも言えば、うまく断れるのでは?

    ユーザーID:

  • 男の子だけど・・

     家は近所のお婆ちゃまのお孫さんの物をお下がり頂きましたよ。本人はあまり気にしておりません。
     最初はぎょっとしたけれど、実家に話して節句の人形代として頂いた物は貯金しました。
      初めてのお子様にすばらしい物を与えたい気持ちも分かります。
     でも、1年に数日飾って、大人になったときにそのお嬢様がご自分のお子様(お孫さん)に新しい物を買うというかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 雛人形への思い入れ

    私は子供の頃から見慣れている雛人形が
    一番いいお顔をしていると思っているので
    娘が生まれたら、貰い受けるつもりでいました。

    その雛人形は7段飾りのもので、姉と二人のものです。
    でも、残念ながら私の子供は男の子二人。
    もらうことができずに ずっと実家に毎年飾られていました。
    が!姉に男の子二人のあと娘が生まれました。

    姫ひとり、もう自分のこと以上に嬉しくて
    当然、その雛人形を飾るよう要望しましたし
    姉も同じようにその雛人形に思いがあったようですので
    今は姪っ子の雛人形として飾られています。

    自分の雛人形だから思い入れが強いのかもしれませんが
    お義母さまにとってもその義妹さまの雛人形に思い入れがあるのかもしれません。
    「自分は雛人形に思い入れがある」ことを
    ちゃんとお義母さまに伝えてみることをお勧めします。

    そしてお義母さまのお気持ちも聞かれるとよいですね。
    それでもどうしても譲れないようでしたら
    「雛人形はひとりにひとつ」という伝統を強調されて
    説得してみるしかないと思います。

    ユーザーID:

  • 義妹が女児を産んだときに

    義妹さんは、この先女の子を産む可能性はゼロなのでしょうか?もしも義妹さんが女の子を出産したら、義妹さんは新しい雛壇を買うのでしょうか。なんだかおかしな話ですね。

    義妹さんが女の子を産むまでは義実家に保管してもらうのが、自然な成り行きだと思います。義母さんに「この先、義妹さんが女の子を産むかも知れませんよね?そのときにはぜひお下がりしてあげてください。

    そのほうが、義妹さんも、義妹の娘さんも喜びますよ!」と言ってみては?

    ユーザーID:

  • わたしも

    去年、女の子を出産しました。
    トピ主さんと同じく、自分には雛人形がなかったので
    娘には買ってやりたいと思いました。
    ですので、トピ主さんのお気持ち、よくわかります。

    本来、雛人形は一人に一飾りだそうです。
    ご自分の大事にしていた雛人形を娘に、とか
    代々譲られているとか、思い入れがあってなら
    お下がりも良いでしょうが、
    トピ主さんの場合は(幸いご主人は理解がお有りの
    ようですし)トピ主さんとご主人で
    選ばれてはいかがですか。

    「実家の母が送ってくれて」と言っておくのが
    カドがたたなくて良いかと思います。
    (トピ主さんはどちらにお住まいかわかりませんが、
    母方の実家から贈るものというところもありますから)
    トピ主さんのお母様にも協力していただいて、
    お母様からの贈り物ということにしていただきましょう。

    ユーザーID:

  • 人形って・・・

    雛人形や五月人形って、子供の母親の実家が用意するものと聞きました。

    私の母親が買ってくれる(五月人形)はずでしたが、旦那の両親が買ってくれました。旦那はひとり息子で、初孫なので、買いたかったのでしょうか。

    義父母がお店で聞いたみたいですが、子供の人形をまた孫の為に飾るのは良くないみたいです。また新しいのを買った方が良いと聞きました。

    詳しくは分かりませんが、人形って新しいのが良いような感じです。

    ユーザーID:

  • 横ですが。木目込み雛

    私は超豪華な雛人形を持っていました。
    祖父に買ってもらったものです。
    でも私は、実の親兄弟に奴隷のように扱われてきました。
    もう二度と実家に帰らないと決め、アルバム、雛人形など、子供のころのものはすべておいてきました。
    命も体も捨てたかったくらいです。

    でも、やさしい夫や子供がいるので、もう一度いきなおしたいと思い、自分のために自分のお雛様を作ることにしました。
    生協で木目込み雛を注文し、今週とどきました。
    がんばって思いを込めてつくくります。

    ユーザーID:

  • 実家のお父様。。

    とお気に入りを一緒に選んで届けていただいたら?!
    お姑さんも、悪気なく「ない」から買うよりは。。とたぶん?!押入れで寝たまま?になってるので軽い気持ちで仰ったのじゃないかしら。。?!
    お嫁入りの時に自分のを持って行くのですが、昔は畳み1畳半くらいは分捕ってしまうので、転勤先とか社宅には無理ですものね?!

    義妹さんのがなくなって、恨まれても嫌ですものね!

    ユーザーID:

  • 娘にそれぞれ揃えます…

    きっきさん
    >ここからは人形転の従業員の方から聞いたことだけど、
    お雛さもと言うのは、その女の子個人のものなのだそうです。なので由緒正しき家は、女の子は二人いたら二組の
    お雛様を用意するそうです。

    そうですね。仰る通りです。そのほうが人形店は儲かりますから。長女の分を買ってもらったら、もう「お得意様」。次は次女の分を!食らいついたら絶対離れないっ。
    「由緒正しき家」・・・このフレーズに弱い人って結構いますからね〜。
    う、う、うちも由緒正しき家らしく、女の子の人数分、お雛様用意しなければっっ!!!

    ユーザーID:

  • お雛様は

    私の場合。

    お雛様は、長女が生まれたとき新しく整えます。
    長女は、お嫁に行くときは、それを持っていきます。
    私の実家は、曾祖母、祖母、母は家を出ていましたから、私、といくつも飾っていました。

    私は夫と結婚するとき、もって来ました。
    姉妹にひとつです。

    あなたの意思しだいでしょうが、雛人形は、他人には譲り渡さないらしいです。義妹さんには、持たせてやったらいかがですか。

    年に一回出さないと縁起が悪いと言われ、小さいときは、懸命に自分で飾り付けておりました。

    妹は自分のを持ちませんから、母のと祖母のをもらっています。

    ユーザーID:

  • 新しい方がいいですよ

    最初の女の子なのですし、トピ主さん自身のためにも、やっぱり新しいものを購入されるのがいいと思いますよ。

    お子さんがトピ主さんと同じ思いをしないためにも、それは必要なのではないかと思います。

    初節句に新しいお雛様、気持ちがいいですよ。
    古いものもそれなりに重みはありますが、それはまた別問題です。

    女の子は自分のために新しいお雛様を買ってほしいものです。
    成長してからもいい想い出にもなると思いますので。

    ユーザーID:

  • 考え方によるのかな

    義理の実家のおうちの人から見ればトピ主さんの
    お子さんは可愛い孫に過ぎないし、
    でもトピ主さんの長年の夢もありますし。

    どちらが変という気もしません。

    ユーザーID:

  • 女の子の御守り

    地方の考え方に依りますが、私はお雛様と市松人形は女の子の御守りだと教えられてきました。
    私には姉二人と妹が一人いますので、実家には四揃えのお雛様と市松人形があります。お雛様は母方の祖父が、市松人形は父方の祖父がそれぞれそろえてくれたものです。

    そして自分の御守りなのだからと、お飾りするのも仕舞うのも虫干しもそれぞれ自分たちでやるように言われていましたし、当然結婚するときも嫁入り道具の一つとして持参し、毎年お飾りしていました。婚家の姉も自分のお雛様は持って嫁いだそうです。
    四年前に娘が生まれて、その時にも娘の御守りとして実家の父がお雛様を、婚家の父が市松人形を用意してくれました。
    縁起物ですし、お下がり出来る物として考えにくいですよね。それに、毎年わだかまりを持ってお飾りするのもお嬢様の為にどうかと思いますし、何よりトピ主さんがお辛いと思いますので「実家の父がどうしてもと言いますので・・・」と言う建前でお揃えになってはいかがですか?

    私もトピ主さんの仰るとおり、お雛様は一生物だと思っています。思いを込めたお雛様を娘と一緒にお飾りするひとときは感慨ひとしおです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。 その後・・。

    レス下さった皆さま、ありがとうございます。
    返信が遅れてしまってすみません。

    その後・・・
    私は三姉妹の末なのですが、姉二人にも女の子がいて、長女は自分の雛人形を、次女のところは早々にご主人の実家が用意してしまったので、実家からは特別なお祝いをしなかったこともあり、また今は実父が他界し実母が一人で生活しているので、実家から贈ってもらうことは全く考えていませんでした。
    ところが、実母が「姉二人に贈れなかったからこそ用意してあげたい」と言ってくれたので甘えることにし、結果的には実母に買ってもらうことになりました。

    ・・・続きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    五月人形を飾ったとき、義母と主人が昔のことを語りながら、翌年は主人が息子と眺めながら語り、とても微笑ましい光景だったんです。
    女の子の節句、お雛さまは母親の私が・・・と意気込んでいました。
    それが、義妹のお人形では、私が語ることはできなくなってしまう。
    なんだか、何もかもが義実家に持っていかれてしまうような感じになってしまいました。
    ですが、皆さんのレスを読んで反省です。
    私、自分の気持ちばかりでした。
    娘の気持ち、義妹の気持ち、そして義母の気持ち・・。もっと柔軟にならなくちゃいけませんね。

    義母にはいとさんの仰るように「義妹のためにも実家で大切にしてあげてください。」と言ってお断りし、しょうこさんの仰るように、自分の雛人形への思いを話しました。
    義母は、お雛様はあるもので、娘には別の人形を買ってあげようと考えていてくれていたそうです。(私の実家のことも考えて・・のことだと思います。)

    ・・・続きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です。 ありがとうございました。

    雛人形は実母が遠方に住んでいるため一緒に選ぶことはできなかったのですが、気になっていた木目込み人形の人形師さんがいたので人形工房まで出向き、私と主人の気に入ったものを買ってもらいました。
    実母は写真でしか見ていないのですが、以前木目込み人形を習っていたこともあり、喜んで賛成してくれました。
    節句からずれてしまうのですが、お祝いに来てくれる予定です。

    飾りつけを楽しそうにしている私の姿を見て、主人も良かったと言っていました。
    今度、義実家みんなで見に来てくれるそうです。

    錦秋さま、自分のお雛様・・とは考えたことがありませんでした。
    息子の初節句の年、なんとなく玄関に飾れる小さなものを買ったのですがそのまま忘れてました。でも、それが無意識に自分のものとして買ったものなのかなぁ・・と思い出し、早速出してみました。これからは毎年、娘の雛の隣に飾ろうと思います。

    皆さんのレスを読んで、皆さんにも様々な思いがあるのだなぁと思いました。
    私も娘といっぱい思い出を作っていきたいと思います。
    皆さんにとっても素敵なひな祭りになりますように・・。
    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧