☆長距離がはやくなるには★

レス9
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

わん

もうすぐマラソン大会があるんですが、どうしたら少しでも早くなれますか???教えて下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 練習

    長距離走は練習すれば誰でもある程度は早くなります。

    期間的にどれだけ余裕があるのか知りませんが、
    例えば、陸上競技未経験者が陸上競技部に入部して
    長距離の練習を始めたとして、二週間ぐらいでも
    劇的に速くなります。
    もちろん『劇的に』速くなるには、もともとが遅いこと、
    ちゃんとした練習をすること、という条件が必要ですが。

    今の実力がどの程度か分からないのですが、
    とりあえずは30分ぐらいのジョギングから始めてみては
    どうでしょうか。
    練習前、練習後のストレッチは充分に行って下さい。

    ユーザーID:

  • 練習

    長距離はある程度は、持久力が付いて呼吸法がただしければ、練習すれば早くなります。

    ユーザーID:

  • 呼吸方法が大切

    呼吸方法が大切です。

    スースー,ハーハーとしましょう。

    ユーザーID:

  • 日々の鍛錬

    日々の鍛錬のみです。肺活量UPのために水泳をオススメします。と言いたいところですが、マラソン大会は来週とかそんな感じでしょ???
    私は元バスケ部。中・長距離が得意で、当時1000m3分20秒を切ったのは陸上部含めて久しぶりに見たなぁと先生に言われました(田舎学校だったので)。
    体力をつけるには毎日走るなどなかなか地道ですね。本番は腕をしっかり振りましょう。最初から飛ばしすぎず、自分のペースを掴んで、力が余ってたら最後のラストスパートは必死で走る・・・でしょうか。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 気負わず

     前の人(自分より少し速そうな人)にへばり付いて、背中を見ながら走りましょう。腕をよくふって、ストライドは大きく。無理しないで、一定の速さを保つことが重要。頑張れ。

    ユーザーID:

  • 専門かなわけじゃないですが

    長距離はやっぱり「持久力」が必要なんだと思います。それからこれは私の経験上、ラストスパートまでにどれだけ力を残せて、どれだけ力を使い切れるかだと思ってます。

    たまにラストで10人抜きなんてやる人もいますが、ああいう人は結構「特別」。自分の力が「普通」レベルだと認識出来てるなら、大切なのはマイペースと、自分の中でのペース配分ですよ〜。

    ユーザーID:

  • スタート30分前

    味の素のアミノバイタル・プロを飲みます。
    乳酸の発生を抑えて、エネルギー代謝が良くなります。

    コーワのバンテリンを脚、お尻に塗ります。
    筋肉、関節の痛みを軽減してくれます。

    問題は、実力以上の力が出て筋肉痛がひどくなることなのです

    がんばって!

    ユーザーID:

  • 即効ではありませんが

    高校まで競泳をしていました。
    記録会は陸上部の人よりはやくて
    学年の代表になりました。
    心肺機能が発達していたからだと思います。

    ユーザーID:

  • もう終わっちゃったかな?

    お腹に鉢巻やベルトなどを巻くといいそうです。テレビでやってました。
    そうすることで、内臓があまり動かずお腹が痛くなりにくいのですって。
    テレビでの実験ではタイムが早い人も遅い人も自分の記録よりかなり更新されてました。
    絞めすぎないことがコツです。

    そういえば、今年の大学駅伝で駒澤大学の生徒がお腹に鉢巻巻いてました。

    がんばってね。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧