リアフォグランプの使い方について

レス12
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ジジライダー

輸入車を中心に、リアフォグランプが装着されているものがあります。
ブレーキランプと同程度(それ以上?)の輝度で後続車にとっては、かなり眩しいのですが、あれを常時使用する必要はあるのでしょうか?

本来は濃霧時や視界不良時の追突防止のためにやむをえず限定的に使用するものと理解しておりますが、市街地や、好天夜間の高速でも使っていらっしゃる方をお見受けします。
ワザとか気がついていないのか、特に夜間の高速で使用されると、ブレーキランプと見間違えます。

私の頃は自動車学校ではリアフォグの使い方なんて習いませんでした。
最近は教えているのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多すぎですよね〜

    私の夫がいつも文句言ってます。「フォグって霧って意味知らんのか〜(怒)普通に夜つけんな〜(怒!)」と。。。
    もしかしたら逆に「別につけてもいいじゃん」なんて意見も多くありそうですが、アクまでもフォグですもんね。対向車にしてみると結構眩しくて迷惑ってこと思わないんでしょう。一時期の四駆ブームに比べるといいのかもしれませんけど。
    人の振り見て我がフリなおせ。。肝に命じつつ車を運転してます。

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・・

    私が乗っている車にもついております。

    しばらくの間、フロントフォグランプを点灯しているつもりでしたが、後続車から時々パッシングされ不思議に思っておりました。

    フォグランプのスイッチが二段になっており、一段目はフロントのみ、二段目はフロント、リヤ点灯になっている事を後でわかりました。

    それ以来リヤは点灯させておりません。

    納車の時、説明していただければ後続車に迷惑かけることはなかったとひとごとのように思っております。

    ユーザーID:

  • リアどころか・・・

    フロントのフォグランプすら教えてもらってないんじゃないかと思いますけどね。

    基本的に一般道では、濃霧、吹雪のときだけしか使いませんよ。私の車の場合、ライトスイッチと連動して自動で消えるタイプです(次にライトをつけても自動点灯はしない)。
    ただ、自動で消えないものもあるようですね(外車・国産車とも。後付については言うまでもないですね)。

    フロントのフォグランプ(あるいは類似の補助前照灯)を常時点灯しているのが当たり前な人がたくさんいる世の中ですから、常時使用が普通だと思う人がいても不思議ではありませんね。

    ユーザーID:

  • 営業マンの説明不足です

    納車時の説明不足です。
    スイッチの扱い方を教えないからいけないのです。

    普通、あれは二段スイッチになっている。

    一段目:フロントフォッグ点灯

    二段目:フロントとリヤ両方同時点灯

    ユーザーID:

  • たしかにまぶしいよ〜 迷惑だよ〜

    しかし、運転している本人はぜんぜん眩しくないので、ぜんぜんわかってないというのがミソですね。

    前照フォグも眩しいけど、晴天時(夜間)のリアフォグの常時使用は本来のブレーキランプの効果を減らしてしまうので、かえって危険ということも全然わかってないんでしょうね。頭わるいんだな、って思う。

    日本には免許更新制度があるのだから、交通事故のビデオ上映もいいけど、そういうときにフォグ使用の統一ルールを教えることはできないのでしょうかね。
    メーカーもメーカーで、そういう機能をつけるのはいいけど、ちゃんと使用方法を説明するとかね。

    ユーザーID:

  • フロントも・・・

     リアフォグに限らず、フロントのフォグランプも、霧でもないのに点けてる人多いですよね〜。特に薄暮時。

     フォグランプは、ヘッドランプと違って、レンズカットで指向性を出しておらず、拡散するように設計されているので、まぶしいんですが、そんな基本的なことも知らない人多すぎです。

     薄暮時は、ポジションランプやフォグじゃなくて、早くヘッドランプを点ける方が、自分のためでもあるんだけどねぇ。

    ユーザーID:

  • 確かに眩しいです

    欧州の自動車にリアフォグランプが標準装備されているので、関税障壁にならないように日本の保安基準も見直されたとのこと。
    使う側の問題なのですが市街地は全く無用。迷惑なだけです。

    リアフォグランプも眩しいですが、最近の自動車に採用された高輝度LEDのストップランプも眩しい。刺激的な高輝度光源が光るのでイライラするほど眩しい。
    ミニバンは数十個も同時点灯する車種がある。この自動車の後ろを走り続けると、眩しすぎて怒りがこみ上げてくる。 自動車メーカーは、この迷惑行為に気付いて欲しい。

    ユーザーID:

  • はい、お答えいたします。

    目的は悪天候で視界が遮られてしまう場合に後続車に自分の存在や距離を知らせる為です。

    悪天候で視界が遮られるのは、霧、雨、雪などの天候による場合の他、太陽の高度が低い時に太陽に向かって走行する場合、また天気の良い日でもトンネル、オーバーパス、道路際の建築物などによって日向と日陰が交互に頻繁に生ずる場合も走行にとっては悪天候です。

    必要も無いのにリアフォグを点灯する輩はおたんこなすですが、走行にとって悪天候の場合に何も対策を施さないで走っている輩はもっと社会の迷惑野郎です。何しろ理由は何であれ追突した方が全責任を取らされるのが日本の社会ですから。日本じゃ事故防止の為昼間や雨天にライトを点灯するのもまだ一般的じゃありませんしね。

    ちなみにカナダでは昼間点灯が義務、米国の大部分の州ではワイパーオン、ライトオンが義務で昼間点灯は義務ではないが自己防衛のために一般的です。さすが自己責任の国ですね。

    確かに眩しくて腹が立つかもしれませんが事故が少なくなるんですから大目にに見てやって下さいな。そしてあなたも自己防衛の為に悪天候でのリアフォグと昼間のライトオンをお忘れなく。

    ユーザーID:

  • トルコにて

     こんにちは。

     トルコで車に乗せてもらった時、トルコ人のドライバーが、後ろの車のヘッドランプがハイビームになっていて眩しい時に、「眩しいぞ」という意味でリアフォグランプを点灯していました。

     これがトルコで広く行われていることなのかどうかは知りませんが、まねはしない方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • 処置なし

    自分の車にはつけてないんで、車のライトと別のスイッチに
    なってることも知らなかったんですが…。
    他の車を見て、まぶしいのはわかるはずなんですけどね。
    残念ながら、やめさせる方法はないでしょうね。

    私の対処法としては、停止車間距離を広く取ることにしてます。
    大体、4メートル程度はあるかも。近づきすぎると目をそらしても
    眩しいですが、それ位空けておくと目をそらせばかなりマシですから。

    ユーザーID:

  • はい、使います。

    輸入小型車に乗っています。初めてリアフォグなるものの存在を知った時は「街乗りでこんなもの必要あるのか?」と思いましたが、存在価値はありますね。

    私は夜間に住宅街の細い道を運転することがよくあるのですが、時々アホな後続車に煽られます。そういう車に遭遇すると、必ず片手をリアフォグのスイッチに置き、カチカチ点滅させて後続の目を眩ませ・・・もとい、衝突防止のための措置を取ることにしています。

    あんまりお上品な使い方ではないのはわかっているのですが、重宝しておりますよ。やっぱり事故が起こってからでは遅いし安全第一ですからね。

    ユーザーID:

  • フォグは補助灯

    昔は霧専用の黄色でしたが、最近の白いフォグランプは、
    フォグとはいえヘッドライトの補助灯として作られています。
    ヘッドライトではカバーしきれない下方および下方両脇を照らしています。
    主に街灯が少ない山道、住宅街、農道で使います。
    自分は大通りからひとつ入った細い道で使用します。
    ですから、最近のは霧でもないのに点灯してもいいのですよ。
    後付の大きいヤツは霧専用です。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧