料理初心者から質問です。

レス28
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

すみれ

生まれて24年間ほとんど料理をしたことのなかった私。
でも将来は結婚したいということもあり、
また転職して時間に余裕ができたということもあって
ここ1ヶ月ほど前から週に3〜4品のペースで
料理を始めました。

そして勿論レシピ通りに分量を量っています。
しかし、料理というと目分量でぱぱっと味付け…
というものなのですが、みなさんそのような感じで
料理をなさっているのでしょうか?

作る料理によって違うとか、
こういう料理なら目分量で作れたほうがいいとか、
常識的なことでも構わないので教えて下さい。
また、料理のアドバイス等もいただけると嬉しいです。

母に聞いても祖母に聞いても、「適当にすればいい」
という回答しか得られないのです。
いい歳して、こんな質問して恥ずかしい限りですが、
どうか宜しくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 最初はレシピ見ながら

    レシピの分量どおりに作るのがいいと思います。
    計量カップと計量スプーン、100均のでじゅうぶんです。
    それで何度か同じものを作ってみる。
    毎日じゃないですよ、飽きますから。
    何度か作っているうちに「ちょっと醤油が多いな」とか「砂糖はもっと少なくてもいいな」とか、「自分の舌」に合った量がなんとなくわかってきます。
    そうしたら今度は「自分の舌」に見合った分量で作れるようになります。
    料理も慣れだと思います。
    結婚したいからだけではなく、自分の人生ずっと食べ続けるわけです。いつもいつも外食というわけにもいきません。楽しくおいしい料理ができるといいですね。

    ユーザーID:

  • 『慣れ』と『時間』かな・・・

    1 小学校5年生から毎日夕食の片付け。
    2 中学校1年生から毎日夕食の支度の手伝い&片付け。
    3 長期休みには母親(フルタイム勤務)が帰ってくるまでに夕食の支度を済ませておく。
    高校卒業まで課せられた私の手伝いメニューです。
    朝、出勤前に母からメニューと作りかたを聞いて作るんですが、なかなか上手に出来なくてしかられてばかり・・・

    傑作だったのが、煮込みそば。煮込みうどんがあるんだからと思い切って作って大失敗。
    その時初めて、そばは煮てはだめな食材とわかりました。(12歳の頃)

    8年間、(夕食だけですが)作り続けてると大体の料理は
    目分量で作れるようになりました。
    父からの課題『冷蔵庫のあまりものでどれだけおいしいご飯を作れるか・突然の客人にいかにおいしいもてなしができるか』もなんとかできるようになりました。

    当時はいやでいやで仕方なかった料理も、今は楽しんでできるようになりました。
    主さんも時間かけて、じっくり慣れていきましょう。
    1年もすると、目分量とかアレンジとか思いのままに
    出来ちゃうと思いますよ。
    あっ!でもきちんと味を批評してくれる人も必要かと思います。

    頑張ってね。

    ユーザーID:

  • 目分量の方がおいしい。

    例えば冷奴や納豆にお醤油をかける時って目分量ですよね。
    目玉焼きに塩コショウするときも目分量。
    サラダにマヨネーズをかけるのも目分量です。
    だいたい、これくらいの量の素材にこれくらいお醤油を入れれば私はOKって感じで入れますよね。
    それと同じで料理の味付をする時は出来上がりをイメージしながら入れます。
    そうするとレシピ通りよりも自分の好みの味に仕上がりますよ。
    でも茶碗蒸とかピザの生地とかチーズケーキなどは毎回気に入ったレシピ通りにしないと後悔しますね。
    後は甘酢や三杯酢、めんつゆ、ドレッシングなどはきっちりカップで測って作っておかなければなりません。
    その代わり何に掛けてもすぐ味が決まります。

    ユーザーID:

  • 目分量は経験を積んでから

    基礎を覚えるということからすると、計量器具を使うことをすすめます。
    味見をして、レシピの分量を基本に少なくしたり足したりしているうちに大体の分量を把握できるようになりますよ。

    道具を使わなくても、調味料をすこしづつ足していくという方法もあるのですが、面倒くさいので料理を覚える過程ではレシピ(基本)を見本にした方が良いですよ。

    ユーザーID:

  • お醤油一周

    凝った料理以外はだいたいっていうか殆ど適当に(自分の好みの味って事です)作っています。

    私の適当ぐあいは、煮物だったら醤油、みりん、酒が主に2:2:1の割合で入れるとして「醤油一周〜、みりん一周〜酒は小さく一周〜」ってな感じでお鍋にぐるっと調味料入れる感じです。
    「今日は量が多めだから二周にしよう〜」とかね。

    お味噌汁だったら、一杯分のお味噌は「中位の梅干し一個分」が目安です。
    4人分なら4個分の梅干しの塊を想像するわけです。

    私は手際が良くないので、レシピ見ながら「・・・が*グラムで〜」とやっていると、焦げたり失敗する事が多いので「適当入れ」の方が合ってるんです。

    ユーザーID:

  • 私も同じです。

    私は結婚してもうすぐ一年になるのですが、
    それまで母親が作っていて、私は横にいてお手伝いだけしかしていませんでした。

    私の場合、結婚してからレシピをみながら料理を作り始めましたよ。
    母親に聞いても、そこから始めていいんだよって言われました。

    ユーザーID:

  • とにかく、慣れです!

    とにかく何度も何度も作る。沢山失敗しつつもトライし続ける。そのうち徐々に上手くなります。コツも覚えてくるし、手の抜き方も分かってきます。
    目分量なんてこともいつかできるようになります。不器用な私が言うのだから、間違いない!

    脱線しますが、トピ主さんはお化粧なさいますか?
    私にとってのお化粧が、トピ主さんにとっての料理と同じイメージかも。
    私は口紅とマスカラ以外は使いません。化粧ってどうすればいいのか分からないし、正直興味もない。でも、上手くなったら素敵だろうな。

    ある日ふと思いました。きっとお化粧も料理と同じに違いない、と。最初は訳分からなくても、練習を重ねたら少しずつ上達するだろう、いつか自分流のやり方も身に付いて楽しくなるだろう!と。

    今、少しずつ化粧の練習をしています。最近アイラインが引けるようになりました。前より慣れてきて楽しい♪
    料理も同じだと思います。最初は失敗ばかり、でもやればやるほど上手くなる、ってね。

    ユーザーID:

  • 最初はしっかり計りましょう。

    24年間、殆ど料理をしたことがないと言うのであれば
    どういった調味料をどれくらいの量、どのタイミングで入れると
    どのような味になるか・・・という感覚が
    養われていないと思います。
    まだそういった時期に、適当に目分量で料理を作っていると
    作るたびに味が変わり、上記のような感覚が上手くつかず
    いつまでたっても、美味しい!という料理が
    作れなくなってしまう可能性があると思います。

    最初はとにかく、レシピに忠実に作ること。
    そのうちに、「自分的にはもう少し塩を少なく・・・」とか
    「今日は少しイタリアン風にトマト・ニンニクを加えてみようかな」とか
    自分の好きなアレンジができるようになるのだと思います。

    本を見ずに美味しい料理をチャチャっと作るって、あこがれですよね。
    そうなる近道の為にも、今はレシピを大切に、頑張ってくださいね。
    皆、通ってきてる道ですよん。

    ユーザーID:

  • 私も初心者

    私も恥ずかしながら、数年前まで
    料理らしい料理をしたことがありませんでした。
    結婚して、共働きの期間は、体力がなかったので
    (というと、「そんなの言い訳にならない」等の
    お叱りを受けたりするのでしょうが・・・)、
    休日にまとめて作る程度だったので、
    あまり料理に慣れなかったように思えます。
    そして専業主婦になってから毎日、
    食事を作る日々を過ごして行くうちに、
    今まではきちんと計りながら調味料を
    加えていたのが、だいたい大さじ2杯だったら
    このくらいというのがわかるようになりました。

    だらだらと書いてしまいましたが、
    つまりは最初は計りながら作り、
    だんだんと、大さじ何杯はこのくらい
    という風に目分量が利くようになるのでは??

    ユーザーID:

  • ヨコですが、教えてください

    私も初心者です。
    ヨコですけど、教えてください。。。

    1.塩
    「大さじ2杯」と書いてあったので、粗塩をきっちりはかって入れたら、異常にしょっぱい!
    粗塩と、普通のさらさらしたお塩って、しょっぱさの度合いが違うんでしょうか?
    上のような場合、どのくらい入れたら良いのかな・・・。

    2.砂糖
    諸事情で、スティックのグラニュー糖が大量にあるので、お料理に使おうと思っているのですが
    上白糖との割合ってどのくらいなんでしょう?
    甘さ同じくらいですか?(塩で懲りました)

    3.増やし方・減らし方
    2人分で表記してあるレシピを見ながら4人分作ろうと思い、調味料を単純に2倍にしたら、やっぱりすごい味!
    煮物だったので、おしょうゆで真っ黒になっていました・・・。
    これも、調味料ってどの程度増やしたらいいんですか?
    (逆パターンもあり、そのときは味がしませんでした・・・)

    ユーザーID:

  • 参考になるかなあ・・

    例えば肉じゃがとカレー。

    材料は(肉・にんじん・たまねぎ)が基本、同じ材料でつくれますね?

    この時調味料が変わってきますよね?
    (まあ、かなり厳密につくると違うけどここではアバウト)

    肉じゃがの調味料↓
    醤油:みりん(砂糖):酒 =1:1:1
    なべによって水分を足します。

    材料にひたひたで強火でジャガイモに完全に火が通るころに水分が好みの量に減るように入れる。
    出汁の素で塩加減を調節する。

    カレー↓
    ちゃんと作らないでルーで作るときはひたひたに水分を入れて柔らかくなったら火を止め水分が減りすぎたら足してルーを入れる。

    応用として甘辛さが辛い方に偏った味の煮物には醤油を多めにする。逆は砂糖類を多めにするんですね。

    などと体系的に新しい料理も記憶してますかね・・。上記は一例ですが。私は料理本は自分のすでにあるレパートリーの応用編をどんどん付け足して行くようにしていますので、いちいち分量を正確には測りません。

    ただし、パンは分量とおりに作るかな?どの体系にも属していないから・・。

    ユーザーID:

  • 経験が大事

    他の方も書かれていますが、目分量で測れるようになるには、
    きっちり計量するのが一番の近道です。

    私の場合ですが、お惣菜の定番料理「肉じゃが」
    いまでは目分量ですが初めのころは計量カップと計量スプーン
    それにキッチンスケールまで動員していました。
    レシピに載ってる分量で作らないと味がうまく作れないんです。
    じゃがいも○個とか肉○○gとか、そういうところまで
    きっちり測ったものです。
    しばらくはこうやって測って作っていましたが、あるとき
    気がつくと、芋も肉も適当な量で、砂糖は砂糖ケースについてる
    普通のスプーンで適当に、醤油も醤油指しから鍋に直接どばっと
    入れてもいつも同じ味がでるようになってました。

    何百回も測ることで分量の感覚が身についた、ということですね。
    お母様やおばあさまのおっしゃる「適当に」というのは、この感覚の
    ことだと思います。
    こればっかりはどうしても教われないことで、自分で数をこなす
    ことでしか身につきません。トピ主さんも、たくさん測って
    いろいろ作って、感覚を磨いてくださいね。

    ユーザーID:

  • 料理は楽しい

    私も”目分量”でチャレンジ中です。
    料理は10年以上ほぼ毎日してます。主な料理は目分量ですが、菓子なども目分量でできたらなと思い始めました。しかし、目分量といえど何か基準となるものがないと狂います。つまりーこのカップで一杯とか、この鍋なら半分とか、自分の手で一握りとかです。どれを基準にするかを決めて、一度はレシピの分量で作り、次回は目分量(失敗してもいい。)自分が美味しい量に調整していく、が私のやり方です。でも菓子はときどきしか作らないので、忘れます。そのときは潔く自分のレシピノートを頼ります。毎日つくれば少しづつ身につくので大丈夫だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そういやレシピ通りに量ったことないな…

    主婦1年生です。
    私もレシピ見ながら作ってますが、そういえば
    調味料の量なんて量ったことなかったです。
    たいていは材料と行程を見たら、あとは目分量ですね。
    小さい頃から特にお手伝いはしてませんでしたが、
    だいたいの勘で何とかやってます。
    夫も美味しいと言ってくれてるので大丈夫だと思います。

    でも、やっぱり母の味は重みがあるというか、
    同じ作り方でも奥深いと思います。
    やっぱり年月を重ねないと追いつきませんね。
    母は越えられん!!!

    料理はともかく、ケーキなどのお菓子はきちんと量った方が絶対に上手くいきますよ。

    ユーザーID:

  • 目分量、舌を信用してやってみては?

    煮物なら、塩分と糖分は同等かな、
    さきに糖分を入れますが。
    あとは、作っている最中に、
    何度も味見をすることで、
    舌が知っている味に近づけてゆく・・・。
    カンを培うと、料理の味に何が足りなくてどのくらい足せばいいか、わかるようになりますよ。

    ユーザーID:

  • たんなる慣れ

    レシピ通り作るより、その場の食材の分量などを見て調節したほうが美味しい、ということはありますが、レシピ通りに分量を量って作るので最初はなんら問題ないし、そこでたとえば味付けが濃いなと思ったら、次からレシピを元に醤油を少し少なめにする、などアレンジしていけばよいのですよ。そのうち数値ではなく、見た感じ、使った感じ、つまんだ感じで覚えることが多くなると思います。

    ところで私は初心者時代から通常のお惣菜程度でしたら手順、分量の見当がつくのであまりレシピ本は見ず、野生の勘で作ってます。味付けは、大概味見できるものが多いので、味見しながら足してます。最初の段階で味付けしないと後で取り返しが付かない料理などはレシピ本を見たりしますが。それでも後で味が濃かったり薄かったりしたら別の食材をあわせてどうにかしちゃったり..。味見していれば、そうそう変な味になることもありませんので、あまり固く考えずお料理楽しんでくださいね。

    ユーザーID:

  • こめこさん

    ちょっと失礼かなと思いつつ・・・

    >1.塩
    >「大さじ2杯」と書いてあったので、粗塩をきっちりはかって入れたら、異常にしょっぱい!

    そもそも、塩大さじ2杯というのが間違っていませんか。
    どんな料理を何人分作ったのか書かれていませんが、3.と
    同じように4人分だと仮定すると、普通におかずとして作る
    料理で塩を大さじ2杯も使うようなものは想像できません。
    (保存用に塩漬けするならあるかも)

    >3.増やし方・減らし方
    >2人分で表記してあるレシピを見ながら4人分作ろうと思い、調味料を単純に2倍にしたら、やっぱりすごい味!

    煮物というからには、出汁(または水)や酒も使っている
    と思いますが、それも2倍にしましたか?
    逆だと味が薄いとも書かれているので、調味料だけを増減
    させているのでは、と想像しました。

    味の濃さは調味料の絶対量ではなく割合で決まるので、
    出汁(水)の量も調節しましょう。

    ユーザーID:

  • 覚えておくと便利な分量があります

    例えば、
    1 塩は通常小さじ2分の1。多い時でも小さじ1。または、指3本でつまんだ量を1〜2回。
    2 辛子、豆板醤など刺激の強いものは小さじ1。ただしオイスターソースは好みで大さじ1まで可。
    3 基本の味付けは辛いもの1、甘いもの1。例えば醤油1に砂糖1。上品にしたい時は砂糖を減らしたぶんを味醂や酒、蜂蜜などにに変えます。好みで辛2:甘1でも。
    4 煮物の時はSTA波さんと同じ。
    5 味噌汁を作るときは、いつも同じ鍋を使います。「一人分味噌大さじ1」を量り、それをおたまに移して(←ポイント1)目で(←ポイント2)分量を記憶しました。味が濃ければ次回は減らし、その時も目と舌で分量を覚えます。2〜3回目以降は大さじは使いません。

    ちなみに、グッチ祐三さんのレシピは味付けがシンプルで覚えやすく、初心者の方に向いていると思います。

    ユーザーID:

  • 私も「適当に」に

    私も料理を母から教えてもらったとき、
    「だいたいで」とか「適当に」とよく言われました。
    家に料理本があったので
    時々食べたいものを本通りに材料測って作りました。
    やはり、基本はしっかり測ることだと思います。
    私は土井勝さんの料理の本を愛用しています。
    凝り性なら、出汁のとりかたとか
    調味料の比率で魚をみりん付けにしたり煮物にしたり…
    そういう基本を知ってて損はありません!
    旬の野菜を一番おいしい時に
    食べる醍醐味ったらないですよ。
    私は食べることが好きだから作るようになりましたが、
    そうでもないなら
    今は宅配ですべて材料が分量だけ運ばれてきて
    作り方どおりに調理すればいいだけ
    (料理の段取りや3品を同時進行で
    作ることができるように手順が書かれています)
    なんてサービスもあるので
    そこから徐々にはいるのもお勧めです。
    私は20代前半ですが、
    年下の弟はその宅配のサービスの料理を作りながら
    徐々に食べたいものを作れるようになっています。
    どうぞ楽しい食卓を作ってください!

    ユーザーID:

  • 食の専門ですが

    当方、管理栄養士です。(栄養士の上司の職です)

    目分量で調理されるのは、オススメしませんね。適当なカンで調理した結果が、今の日本を生活習慣病大国にしてるのですから。“健康は食にあり”です。

    おかしな料理本だと、記載されているレシピの分量自体が病気になるような量なこともしばしば。本と同じorそれより薄味を心がけて、体にも美味しい料理を作ってくださね。がんばってください。

    >こめこさん
    大さじ1杯の塩は18gもあります。1日塩分摂取量が10g以下ですから、なにかのミスプリかもしれないですね。
    粗塩は、粒が大きい&ミネラルが多い(ようするに精製してないだけ)だけです。塩味に変わりはありませんよ。
    糖は、上白糖でも、グラニュー糖でも、角砂糖でも甘味に変わりはありませんよ。

    ユーザーID:

  • 舌の感覚が全て。

    料理は自由。カレーライス、とハンバーグと、みそ汁、お寿司が出来ればあとは応用。なんでも自由。

    できばえはすべて、料理人の味に対するセンスによる。

    けれど、パンとケーキはやはり分量は計量かなあ。

    ユーザーID:

  • 味見をしながら

    始めて作る料理はすべて”試作品”だと思ってください。
    レシピにそって作ります。調味料を入れる度に、
    どの程度の甘みがするか、そしてどの程度の塩味がするか、
    味見をします。それで美味くできたら、次からも同じ様に
    作れば良いのです。そのレシピは、プリントアウトするなり、
    して、バインダー等にレシピをまとめて行きましょう。
    2回目以降にその料理を作る時には、前回から、
    どのくらい甘みを足したら自分の好きな味になるか、
    など、自分の好きな味に近くなる様に研究を重ねて行けば良いよ。
    大事なのは、その度にちゃんと次はどうしたら良いか、書き記しておく事です。
    自分の分だけ料理するのだったら、何回でも味見しながら、
    トピ主さんの五感をフル活用してね。

    ユーザーID:

  • こめこさんへ

    私も塩大さじ2杯ってちょっと多すぎる…と思ってしまいました。
    何の料理かわかりませんが、その時点で間違われていませんか??
    あと、大変失礼ですが計量スプーンは山盛りでなく、すり切りで1杯を量るというのもご存知ですよね?

    最後に、料理は計量でなく舌で覚えるのが一番早いと思います。
    適度に味見しながら(しすぎると逆効果なので注意ですが)
    味付けすれば、そんなに失敗することは無いと思います。
    要は慣れですが、頑張ってくださいね★

    ユーザーID:

  • 簡単なのは

    何品かご自分で作られているなら
    2人分でも4人分でも調味料をどの程度使ったか
    覚えますよね。
    大2だったら、コレくらいの甘さだったとか、しょっぱさだったとか。

    ソレを目安にすれば良いのですよ。

    それから 料理の(さしすせそ)を守りましょう。
    さー砂糖。しー塩。すー酢。せー醤油。そー味噌。です。

    料理の基本は この順番で(甘いものから入れる)その時に使う調味料を入れれば失敗が少なくなります。
    塩分がある塩・醤油・味噌などは2・3回に分けながら味を見ながら少しずつ味付けすれば良いです。

    何度もチャレンジしてれば自分の舌が覚えてくれます。
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • お菓子に関しては

    料理初心者の頃は
    最初はレシピ通りきちんと分量計ってつくってました
    目分量なんて夢のまた夢って感じでした
    そんな私でも、ほとんど目分量で料理が出来るようになりました
    やっぱり慣れだと思います

    お菓子の事を書いていらっしゃる方がいましたが
    基本的にお菓子はかなりデリケートなものなので
    どんなに慣れても、目分量は失敗の元となります
    しっかり計量する事、これはお菓子つくりの基本です

    ユーザーID:

  • 最初はきちんと

    レピシをきちんと見て覚えた方がいいと思いますよ。
    そのうち味や順番を覚えれば、目分量でも大丈夫になると思いますから。

    私はちなみに幼い頃から台所に立っているので、ずっと目分量と自分の舌だのみで料理を作っています。

    ユーザーID:

  • 最初は一から…

    今となっては30分ほどで食事の用意を出来るようになった私ですが、最初の頃(2年前くら)は2〜3時間もかかって作ってました。
    とにかく料理本やネットの情報などを頼りに、レシピに忠実に作りました。それこそ、大さじ○杯など分量もきっちり!
    そのうちに「我が家はもう少し濃い目だから醤油を増やそう」とか「ごま油ひとたらし…」など、目分量で作れるようになりました。
    要は自分の家の味が確立してきて、家族の好みも頭にインプットされてきて…気づいた頃には慣れてきますよ!
    目分量に自信があるのなら良いのですが、初心者の方には私の経験から言って、時間がかかってもレシピ通りに作るのが良いと思います♪

    ユーザーID:

  • トピ主です。参考になりました!

    みなさん貴重な意見を頂き、本当に有難うございました。

    どうやら、早く自分の味を見つけたい!という気持ちが
    先走っていたようです…。
    レスを読んでいて感じたことは、基本もできていないのに
    応用ができるわけないんだな、ということ。
    始める前までは、料理なんて面倒くさいものと
    思っていたのですが、今では楽しく作れていて
    好きになっていることに気づきました。
    自分でもビックリです。

    これからも、憧れの「目分量でぱぱっと」を目標に
    頑張りたいと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧