ダンナの親との価値観?の違い

レス31
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ぽぽ

1月にダンナの祖父が亡くなりました。
以前から色々あったんですが今回の通夜・葬式で決定的な亀裂ができました。

私の祖父の時、義両親には通夜・葬式・四十九日(義父のみ)出てもらい焼香の際も近い身内として名前を呼び焼香してもらいました。

今回私の両親は義両親から「葬式だけに来てもらったらいいです」と言われ(親としては全てに出席するのが常識と思っていた)??と思いながら葬式に出席しました。
そして焼香の際“その他大勢の親戚”扱いで名前を呼ばれませんでした。呼ばれなかったのは親戚として出席した中で両親だけでした。

「失礼すぎる!」と両親は激怒でした。
当然四十九日にも呼ばれず、ダンナが「呼ばなくていいのか?」と聞くと「もし何か言われたら“うちは身内だけでするから”って言うといて」と言ったそうです。

さすがに私もキレて「私の両親を身内ではないと言うなら、私は義両親と今までのように付き合えないし将来何かあっても世話はできない」とダンナに言いました。
今回ほどひどくはなくても、今までこういうことが起こるたび私はもめないように間に入ってとりなしていたんです。

もう義両親とは疎遠にしたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どうしてそうなの?

    トピ主さんとその家族がおかしいと思います。

    どこまでを親戚と思うかは、人それぞれでしょう?「よんでもらったお返しによんであげる」ようなものなの?葬式って。

    私の祖父が亡くなった時、ショックな話として夫に話しましたが、夫の両親には知らせもしなかったなぁ。母方の祖父と夫の両親は親戚じゃないと思ったんで。

    もし義両親の耳に入って「参列しますよ」と言われても「ありがたいけど、その必要ありません」って言うと思います。ここは田舎じゃないのですけど、地域によって常識が違うのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 義両親寄りかな・・・

    亡くなられた故人(同じ意味だけど)のおじい様から見ると、ぼぼさんのご両親の関係って「親戚」ではないと思います。血のつながりもないですし。お葬式だけで十分だと思います。寒い中何度も来てもらうのも大変だと義両親様は思われたのではないでしょうか?
    逆にぼぼさんのご両親が「娘の嫁ぎ先で失礼のないように」との思いから全ての行事に列席しようと思われたのかな・・・とも思いました。(親心ですよね)

    ぼぼさんは故人の血のつながった方のパートナーとして全ての行事に列席するのが当然だと思います。

    とはいえ、葬儀って婚礼以上に「その土地や親族間のローカルルール」が多いと思います。

    寒い中いろいろと大変でしたね。ご親族の方達皆さんが無理をなさらないように用心なさってくださいね。

    ユーザーID:

  • そんなにとがらなくても

    確認ですが、あなたのおじい様の葬式の喪主は、お父様自身でしたか?
    また、ご主人のおじい様の葬式の喪主は、義父様自身だったのでしょうか。

    とりあえず、法事ごとに集まる親族の範囲というのは家庭によって違うので、そうかりかりする必要はないですよ。
    だって祖父様にとっては孫の配偶者の両親なんて、他人も同然だし、そこまで四十九日によんでいては人数だって半端じゃなくなりますしね。
    ほかの孫の配偶者の両親だって四十九日には来てないでしょ?

    ユーザーID:

  • おやどうしは。。。

    私は義両親にとってうちの両親、うちの両親にとって義両親は身内とは思ってませんが。。
    夫側の冠婚葬祭でうちの両親が親族席にいるというのもすごく違和感ありますし。(義姉の披露宴でうちの両親は親族席ではなく来賓席でした)
    そんなに変なことですか

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、ご意見ありがとうございました。

    字数制限があったので、省略した部分もありました。
    私の実家と旦那の実家は同じ市内ですが、私の実家は古い風習がまだ続いているような地域です。
    私自身も親の考え方が古いと思うことも正直あります。
    親は今までの古いやり方を少しずつ変えようとしていることもあります。ただ新しく身内となった旦那に対して、嫁の親としてできる限りのことをするといった感じです。
    ただ、今回の騒動は私の身内(義姉の親・親戚も含めて)からすると“非常識な人”になるのです。
    私は“呼ばれたから呼ぶ”というよりも、身内として冠婚葬祭はきっちりするべきだとは思います。人それぞれの付き合い方・ものの考え方があるとは思いますが、私達を身内としてみていないとハッキリ口に出したことに怒りを感じました。

    ユーザーID:

  • トピ主続きです。

    普段の付き合いは何もあれこれ気にすることはないんですが(気にしないようにしている)、そんな風に言われてはどんな顔をして会えばいいのか・・。これからこちらの冠婚葬祭があった場合どうするのか・・など考えます。
    割り切ってやっていけばいいのかもしれませんが・・。

    私の叔父さん・叔母さん・親戚・義姉の親、親戚共に同じような考えの人なので、ハッキリ言って義両親だけ浮いているような感じです。
    今ドキこんな考えは通用しないのかもしれませんね・・。
    私は新しい親戚(結婚などで)が増えれば付き合いを濃くし、亡くなった人の身内とは付き合いを薄くしていくというものだと思っていました。そうやって親の代から子の代へと受け継がれるものだと・・・。
    これからは柔軟に物事を考えられるように努力しないといけませんね。みなさんの意見参考になりました。ありがとうございました。

    ただ義親から出た言葉だけは忘れられそうにはありません・・。

    ユーザーID:

  • 義両親は常識だと思います。

    トピから推測する限り、義両親さんは一般的な常識さをお持ちだと思います。トピ主さんと貴方の両親の方が非常識でしょうね。

    自分たちの無礼さ、非常識さを他人に露呈してしまった感じでしょうか。ご両親のご立腹に貴方も同調するとは、恥ずかしい話ですねえ。

    人間すぐに怒っては駄目です、自分が正しいと思っても、間違いの場合もあるんです。相手を認める包容力も大事ですよね。その点で、ご両親は大人気ない、そしてトピ主さんも同類ですね。気持ちを落ち着かせて、皆さんと仲良くして下さい。

    ユーザーID:

  • 参列の必要なし

    うちは主人の母方の祖父が亡くなったとき、私(嫁)の両親はお通夜はもちろんのこと葬儀にもお呼びはかかりませんでした。
    それでもお里が一緒だったこともあり、私が参列しに帰省するのに両親に連絡なしでいることが不自然に感じられたので(当然私は帰省の際実家に泊まりました)一応連絡をいれ、お通夜葬儀とも両親はお義理の意味で参列しました。
    当然亡くなられた方との面識はまったくありませんでしたし、内孫といわれる方々さえ一人も参列されてませんでした。(疎遠だったそうで)
    義両親はとくにご近所付き合いに力を入れられてる方々だったにもかかわらず、どういうわけかご近所には一切連絡をせず、お通夜は喪主である姑は黒いセーターにズボンという普段着のようないでたちで、こちらはあっけにとられたものです。
    ちなみに義姉のご両親は次の日あわてて葬儀に参列されました。義姉は私の両親が突然参列したことで不機嫌になられたみたいでした。
    つくづくこういったお義理の関係って難しいものです。だからこそ参列しても何の意味もなしえませんし
    後から思えば失礼なくだりも一杯あってあほらしかったのも確かです。

    ユーザーID:

  • 大変ですね

    両親と義両親が身内か否かって結構問題になるんですね。
    うちも両親が古いか地域柄か、親戚が近くにいないから何なのか。義両親を一番親しい親戚のように思っているのですが、
    義両親は、ずばり親戚外、お付き合いしない関係と思っています。
    この間に立つと大変です。何かにつけて両親の憤慨を受けるのも大変ですが、エスカレートすると自分まで憤慨されるのですから。
    ただ、ご自分の身内よりになりすぎると、ご主人と亀裂が入る可能性がありますからお気を静めてくださいね。
    レスになっていませんがとても共感できました。

    ユーザーID:

  • 濃すぎ…。

    親戚づきあいが濃すぎて驚きです。

    私の周りでは、配偶者の祖父母の葬式に
    自分の両親がでるなんて話は聞いたことが
    ありません。ましてや、身内扱いされなかったから
    怒っているなんて本当に驚きです。

    うちの周りの親戚付き合いが希薄なだけなんでしょうか?
    それだけのことで、付き合いを疎遠にされてしまう
    ご主人のご両親がお気の毒のような気が…。
    ま、それぞれの地域で考え方が違うんでしょうね。

    でも、トピヌシさんも、各家庭で親戚付き合いの
    定義は違うんだ、ということを考えておいたほうが
    良いかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 親戚付き合いは辛いよ-1

    親戚付き合いって難しいですよね。お互いの水が合わなければ、歩み寄りもままならず、その結果それぞれが相手を「非常識呼ばわり」したりして・・・。

    あまり参考にならないかもしれませんが、私にとって今まで最も衝撃的だったことを聞いてください。

    私には母と独身の兄がいます(父は他界しています)。そして私は既に結婚しています。
    数年前、私の兄が海外に移住することになりました。そこで母が、兄が経つ前に家族旅行をしたいから、いつがいいかと聞いてきました。いいアイデアだなと思い、早速夫と相談して都合のいい日を連絡するから伝えたところ、「ううん、今回は家族だけで行きたいから。」と言われました。「えーっ!!私の夫は家族じゃないのぉ!!??」

    ユーザーID:

  • 親戚付き合いは辛いよ-2

    結婚して10年、夫が妻の実家から家族と思われていないとは・・・。しかも常日頃仲が悪いなら別ですが、うちの母は何かと器用なうちの夫を実家に呼んでは「これして。あれして。」と自分の息子よりも頼っているように見えたので(私の兄は母と同居していました)、もう少し家族として考えていたのではないかなぁと思っていたのです。実際「娘よりこっちの息子(私の夫のこと)のほうがいいわぁ。」と調子のいいことも言っていました。

    むろん私はこれについて抗議しました。すると母はびっくりしていました。どうも母や兄は単純に血の繋がり=家族と思っていたようです。びっくりされてこちらもびっくりですよ。そういうことをされて相手がどう感じるかについてはまったく鈍感なふたりでした。
    「じゃぁ、○○くんも(夫も)来ていいよ。」と言っていました。この台詞を聞いてさらに憤慨しました。

    ユーザーID:

  • 親戚付き合いは辛いよ-3

    その後怒りがおさまらず、友人たちにこの件に対して話すと、似たような体験をした友人の多いこと、多いこと。
    血の繋がり=家族って考える人たちって意外と多いのですね。

    逆に夫の家族は私を家族の一員としてみてくれています。結婚してからは夫の実家のほうが自分の実家より居心地がいいのは、元々両親の親戚付き合いに疑問を抱いていたからかもしれません。親戚に対して色々と線引きをする両親だったので。
    本当に親戚付き合いって難しいです。

    トピ主さんも嫌な思いをされたようですが、親戚付き合いは先が長いです。お互い柔軟に対応していきましょう。
    うちの母は多分一生「家族」のくくりに私の夫を入れてくれないと思いますが(とほほ)、なんとかうまくやっていくようにがんばります。

    ユーザーID:

  • トピ主さんの旦那様は…

    ご長男ですか?(読み落としていたらごめんなさい)それによっても変わってくると思うんですが。

    最近、私の旦那(=長男)の祖父が亡くなりました。その際に私の両親は通夜・本葬・初七日・四十九日法要まで出席しました。
    ちなみに次男のお嫁さんのご両親は通夜・本葬のみの出席でした。

    ユーザーID:

  • 受取り方によると思います。

    タイトルの様に思いました。

    >私達を身内としてみていないとハッキリ口に出したことに怒りを感じました。

    確かに失礼だとは思いますが そういう意味で言ったのではないのでは?「うちは身内だけでするから」との発言を、「私達を身内としてみていない」と受取っている様ですが、もう少し好意的に考えた方がいいと思いました。

    結局は、立場を尊重したり思いやったりする事で協調って出来るのではないかと私は思うのですが。

    ユーザーID:

  • 人それぞれあると

    同じように各家各家によって冠婚葬祭のやり方は違います。同じ地方といっても均一だとは限りません。ご主人の家の方とご実家のやり方が違ってもおかしくはないし相手方を自分達のやり方と同じにしろというのはおかしいです。まして常識はずれのことでなく当たり前の対応をされているご主人側を非難するなんて気の毒です。49日には孫の実家側は呼ばなくても礼儀には反しませんよ。

    あなたもご実家にストレートに伝えずにうまく収めれなかったのでしょうか。疎遠だなんて考えが飛びすぎですよ。あなたにとっては 自分の両親もご主人の両親も身内です。もう結婚したのだから親離れされたらどうでしょう。逐一報告してるのかしら?もっと大人の対応して 一組の精神的にも独立した夫婦としてお互いの親たちに向かい合いましょう。もっと柔軟な考え方そして対応をね。

    このままだとあなたのお子さんの嫁婿の家とももめそうです。自分の方法を押し付ける姑にならないでね。婚家と実家が逆だったらもっと大変ですよ。

    ユーザーID:

  • 本当にそう言ったの?

    冠婚葬祭全てですが、お互いの両親は参加しません。
    お互い、気持ちだけ私たちに預けられます。
    主催者側が大変な時に気を遣わないように、です。
    そもそも冠婚葬祭なんて、その家の習慣に添うものなので、それを外野(トピ主さんのご両親)がとやかく言ってる方が非常識。

    >「失礼すぎる!」と両親は激怒でした。
    >当然四十九日にも呼ばれず、ダンナが「呼ばなくていいの
    >か?」と聞くと「もし何か言われたら“うちは身内だけで
    >するから”って言うといて」と言ったそうです。

    だいたい本当にそう言ったのかしら?ダンナさんからの又聞きでしょう?
    「近しい物だけでしますからお気遣いなく」と言ったのをダンナさんが言い間違えたんじゃないの?

    もし、そう言われたんだとしても、それで機嫌を損ねそうなあなたのご両親に、そのまま伝えるあなたに、問題大ありです!
    どちらとももめずに、うまく親戚づきあいしていって貰いたい(?)なら、あなたがクッションになりなよ。

    ユーザーID:

  • たぶん

    自分の両親と配偶者の両親同士は親族ではない
    多分民法上はそうだと思います
    この考え方の元で
    親族=身内と考える人ならば
    トピ主さんの両親を身内と呼ばないのは普通のことです
    大切に思ってる、いないとかの問題ではないと思います

    >私達を身内としてみていない
    トピ主さんは結婚したこと事によって、親族に入りますので、身内とされているでしょう
    何故私達となるのかが不思議です

    ユーザーID:

  • 温度差を感じますね

    トピ主様と同じようなケースですが、
    夫の祖母が亡くなったとき、
    わたしは自分の親にそのことさえ伝えませんでしたね。
    だいぶ経ってから、ついでの時にチラっと話したぐらいです。
    だって、お亡くなりになったおばあさまから見て、
    わたしでさえ、孫の配偶者で、まぁ、どうでもいい人ですからね。

    「四十九日は身内だけで・・・」って
    当然、普通のことではないですか?
    いきりたっているあなたの方が
    わたしにとっては???です。

    ユーザーID:

  • 温度差を感じますね・付け足しです

    義両親とあなたのご両親は、そりゃあ、身内じゃないでしょ?
    婚礼は家と家との結び付きなんて、
    明治ぐらいまでの話では?

    義両親は当たり前の常識をおっしゃられただけなんだから、
    責めるに値することとは、とても思えません。

    ユーザーID:

  • 違うことが前提

    実の親、兄弟でも、価値観が違うことが多いと思います。
    この、小町内でも、そんな話は、ごろごろしているように思います。

    同じだろうと期待するのは、トラブルの元。

    わたしは、いやなことを、探すより、
    いい面に目を向けたいと思っています。

    ユーザーID:

  • なんでそんなに怒るかな

    私達を身内としてみていないってつまりはもっと近い身内でやるから心配いらない(気を遣わなくてもいい)ってことでしょう?冠婚葬祭ってすごく気を遣います。よばれたからって手ぶらではいけません。相手のもてなしにあわせた振る舞いをこちらも準備するわけですよね。
    私たちも法事を行う側になったときに、あまり遠い親戚を呼んでも・・と思って”気を利かせて”何もいいません。結婚式も「なんで?」と思われるような遠い親戚(婚家のほうの)に呼ばれるとありがた迷惑です。時間もとられますし。

    >私の身内(義姉の親・親戚も含めて)からすると“非常識な人”になるのです。私は“呼ばれたから呼ぶ”というよりも、身内として冠婚葬祭はきっちりするべきだとは思います。

    このへんはトピ主さんの一族の考え方でもいいのですが、それは主催する側になったときに守ればいいことのように思います。相手が主催でこちらは招かれる側になったときには相手のしきたりや慣習、考え方に従うもので、特に冠婚葬祭は押し掛けるものではないと思います。何でも自分達本位に考えているといい方向にはいかないですよ。

    ユーザーID:

  • 妻の両親と夫の両親は親戚ではない

    妻の両親と夫の両親は親戚ではないと思っています。

    だから、あなたの義両親の考えに賛成します。

    嫁のことを「身内ではない」と言ったのなら、怒ってください。

    ユーザーID:

  • 親戚の範囲はそれぞれ違う

    『親戚の範囲』って各家庭で考え方が違いますよね。

    夫の実家はとても親戚付き合いが蜜です。
    夫の祖父が亡くなったとき、うちの両親は通夜、
    葬儀、四十九日も出席しました。焼香も一般の人よりは先にさせてもらいました。
    (実家同士は車で30分ほど)

    反対にうちの実家の親戚付き合いはとてもあっさりしてます(笑)
    私の祖母が亡くなった時は「密葬にするので身内だけで」と義両親には通夜、葬儀、四十九日などの出席と香典もお断りしましたよ。本当に血縁関係のある身内とその配偶者のみで行いました。


    トピ主さんは「身内じゃない」と言われた事に納得いかないようですけど、夫婦それぞれの親同士が身内同士になるかと言われれば「ならない」と思う人の方が多いんじゃないでしょうか?
    もちろんトピ主さん夫婦と義両親は「身内」でしょうけど。

    あと「焼香」で名前を呼ばれなかった件ですが、ばたばたしててうっかり抜けちゃったとかではないですか?その後の夫の祖母の葬儀の時にうちの両親の名前が抜けてて後で義母に謝られたことがあります。

    まあいずれにしろ義実家が喪主の葬儀なら、義実家のやり方に従うのが当然だと思います。

    ユーザーID:

  • びっくり

    東京生まれ東京育ちのせいかもしれませんが、私や私の周りでは、実両親と義両親間の関係は「身内」ではありません。
    私にとっての「身内」は自分と夫の「親・兄弟・子」のみです。
    叔父叔母・従兄弟でさえ「身内」ではなく「親戚」です。

    実際、私の母方の祖父が亡くなったとき、父方の祖父母は告別式にしか出席しませんでした。
    もちろん親族席にも座らず、一般の方と同様に出棺を見送った後、帰っていました。
    もし、私の両親が亡くなったときは義両親には告別式のみの出席をお願いすると思います。

    でも地方やその家によるんですよね。
    私も結婚する時、義母が夫に、披露宴に「義母の従兄弟」を呼ぶかどうか聞いていた時は驚愕しました。
    私は自分の従兄弟も呼ぶことさえ考えもしなかったので。

    ユーザーID:

  • とおりすがりさん・あるある〜さん

    ご意見ありがとうございました。

    やはり皆さんの意見を聞くと私+両親が世間では非常識の部類に入るようですね。
    “血がつながっている”=身内ということになるんでしょうか・・・。

    このトピを書いた時は正直熱くなっていましたが、今はそれぞれの家のやり方にあわしていけばいいと思えるようになりました。
    非常識かもしれませんが、私の身内にはそのような考えの人ばかりですから。
    これからは義両親にはこちらの考えを押し付けるつもりはありません。
    今回のことは義両親は何一つ知りませんので、私と旦那だけで解決しました。
    やはり家と家の付き合いって難しいですね・・。

    ユーザーID:

  • きょんさんへ。

    同じような境遇の方がいらっしゃって少し安心しました。ほんと同じ気持ちです。

    ダンナとはこの件に関しては夫婦喧嘩などはしていません。もちろん私の両親が絶対正しいとも思っていませんから、ただこの状況をこれからどうしていくか、義両親から“身内じゃない”と言われたことに関して何故その場でどうしてそう思うのか聞いてくれなかったのか?などは話し合いました。

    元々ダンナ自身この件に関して以外に、自分の親はどこか常識に欠けていると感じているようで(自分の経験から)私の親に対して結婚当初から気を使っていました。
    そうゆうこともあって、ダンナ自身はいつかはこういう衝突があると思っていたと言っていました。

    両家のバランスをどううまくつりあわせるかホント悩みます。

    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 貴女も問題かも

    価値観、風習、常識などは、土地やその家によって違う。

    >今回の騒動は私の身内(義姉の親・親戚も含めて)からすると“非常識な人”になるのです。

    それは当然でしょうよ、そして、逆にあなた方のその常識は、彼側の身内一同にとっては「非常識」なのよ。

    要するに相対的なものに過ぎない。

    そのことを貴女が認識しなくちゃね。違う風習を背景に持つ彼と結婚したんですから。

    貴女は間に立って「うちの常識では絶対にそうであることは私も認めるが、でもこういうのは家や土地によっていろいろ考えが違うみたいよ」と実家に言って、夫側をかばって調整を図るのが本来だと思う。

    仮に貴女自身、彼の方のやり方が納得出来なくても、それが彼に対する思いやり、結婚した大人の責任では?

    逆に彼も同様に、貴女の実家との間で調整の努力をすべきだし。

    もし実家と夫側実家の考えが逆だったら、「行かなくてもいいはずの法事にまでいちいち呼び出すなんて、失礼な!」と腹を立てるかもしれませんよ、そういうケースも聞きます。

    とにかく相対的なものということ、自分は調整役に回る立場ということを認識して。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    たくさんのご意見ありがとうございます。

    世間からズレているのは私+両親のようですね。
    みなさんの考えをお聞きして、今までは当たり前と思っていたことがそうではなかったんだと痛感しました。

    ダンナは3人兄弟の長男です。義両親は私たちに老後面倒をみてもらうつもりのようです。
    私自身もそのつもりで(長男の嫁として=これが古いのかな・・)義両親とはうまくやっていこうと思っていました。今回のことは私の自分勝手な思い込みだったようですね。
    みなさんのおっしゃるように、それぞれのやり方があるのだからそれにあわせていこうと思いました。
    今までは自分の身内の考えが普通と思っていたので、みなさんのレスは正直衝撃的でした。(大げさですが・・)

    でも自分が間違っていたとここで指摘していただいて良かったです。
    私の両親は今回の件に関しては終わった事ととらえて、これからはこちらの考えを押し付ける気持ちは毛頭ないと言っていました。私とダンナで相談してやっていけばいいと。両親も色々と考えたようです。
    みなさんからすれば初めからそうすればよかったのに、と思われるでしょうが・・。

    ユーザーID:

  • 偶然辞書で見つけました

    【親は泣き寄り他人は食い寄り】
    不幸に際して、身内の者は心から悲しんで集まってくれるが、他人は食物にありつくために寄り集まる。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧