• ホーム
  • 健康
  • ピンチはチャンス?嫌な思いしたけど結果的に良かったという事

ピンチはチャンス?嫌な思いしたけど結果的に良かったという事

レス15
(トピ主0
お気に入り2

心や体の悩み

バッター

ありますか?
例えば、人間関係が嫌でその道を反れてしまったという事が、かえって新たな良い場所に導かれたとか。
後から思い起こすと・・・と結果論でしかないのでしょうが。
そういう、嫌な思いや経験もワケがあっての事なんでしょうか?ピンチはチャンスとは言いますが・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありますよ。

    長く勤めた会社にて、いきなり事務員から営業職への異動命令。
    異動先の上司が嫌で退職を決め、
    その後、短期の派遣の仕事で現在の夫と知り合い、結婚。

    あの時、あのタイミングで辞めてなかったら、
    現在の自分はないな〜と思います。
    人生って不思議です(笑)

    ユーザーID:

  • 考え方次第かな?

    今、職場の上司と合わず、きついです。
    が、彼女には教えられますね。

    成功したことは当たり前で評価などせず、
    失敗したことばかり責められると、やる気が
    失せてくるものなんだな〜って。

    子持ちである私は、
    子育ては絶対にそんなやり方はいけないな〜
    と、教えられました。

    過去の嫌な事も嫌な人も、何か教えてくれた
    ような気がしています。

    そう考えると、今の上司と会えてよかったですね!
    子供を褒める大切さを教えてくれましたから。

    ユーザーID:

  • 人生ジェットコースター

     リストラで配転。会社は早く辞めさせたかったようで仕事もきつかった。おかげでエクセル、ワード、パワーポインタ等を完璧にマスターしました。

     上司も厳しい人で精神的に鍛えられました。耐えること5年、ほんと色々勉強できました。主人の地方転勤に伴い退職しましたが、その時の挨拶で「配転と思ったらダンナの地方行きで退職、配転無かったら仕事続けられたのに、何か色々お気〜の毒〜」と何人かに嫌味を言われましたが。。。。。。。

      何と!!私の元いた部署が他社に投売り!嫌味を言った連中は全員工場へ。。。片道切符です。私は・・上記の経験を生かし、地方のIT関連の会社でバリバリ営業してまーす。毎日楽しい!どんな経験も絶対無駄じゃないと思います。少なくとも、一つ新しいことを知るんだもん。

    ユーザーID:

  • 万事塞翁が馬

    これってほら例の有名な万事塞翁が馬ってやつでしょ。そういえば七転び八起き?ってのも有ったな。

    ユーザーID:

  • 息子の事ですが・・

    確実と言われてた県立高校に落ちました、
    滑り止めの高校に進学しました、県立では
    同じくらいの子は成績はまん中くらい。

    通った高校ではいつもトップ、指定校推薦で
    中学の時から行きたかった大学に
    秋には決まりました、県立に行ってたら
    2月に一般受験でしたでしょうね。
    もしかしたら浪人してたかも・・。

    高校受験では泣きましたが、大学受験は
    苦労せず希望大学に・・結果オーライです。

    ユーザーID:

  • 考え方が変わっただけ

    道を踏み外さなくても、考え方を変えただけで、
    今まで山あり谷ありで苦しかった道が、
    忽ち桃源郷になったこともありました。
    あの時は、色々な角度から、物を見た方がいいと思いました。

    ユーザーID:

  • ラッキーになりました♪

    大手企業に契約社員として入社しました・・が!
    お局様のいじめにあいました・・・

    社内で私をいいなと言った人が、お局様の大のお気に入りの男性だったそうです。
    そのお局様の周りには不倫中の人やフリーの人・・
    不幸そうな女性が一致団結していて
    私に仕事と嘘の噂他嫌がらせをされました。

    私は争う気もなく、かわいそうな人・・と思い
    1年を経過した頃会社を退職しました。

    当時、彼からプロポーズもされましたが
    逃げるような気がして転職活動を始めました。
    結果・・正社員で異業種の大手企業に採用!
    入りたかった会社で私には無理かな・・と思っていたので
    とても嬉しかったです。
    今はとても充実した生活を送っています♪

    ユーザーID:

  • タイムリーな話題

    正社員として働いていた会社が、家族経営で超ヒステ
    リーで、通りが通らない人たちだったので3ヶ月で退
    職。その後、別の会社で派遣社員として勤務すること
    に。そこでの仕事は正社員だったときよりも時間が短
    く、給料もいい。先輩や上司にも恵まれ、何よりも自
    分の専門性が生かせる職場でした。すごく惜しかった
    ですが、引越しと共に辞めました。

    実は2日前にすごくやりたかった仕事をネットで見つ
    けて、それに必要なものを買ってきて履歴書を送ろう
    と今思ってみたら.......今は募集してませんという
    風にHPにかかれてました。私がしたい仕事は特殊で
    次の募集はいつになるか分かりません。何もやる気が
    でなくて、小町に来たのですが、ここをみてまた、頑
    張ろうという気持ちになりました。

    ユーザーID:

  • 視野が広がった。

    プライドが高い先輩と数年、一緒に仕事をしました。
    仕事も私生活も勝ち負けで判断する彼女をみて
    幸せって競争からは得られないときがつきました。
    だって勝っても見下した相手は去っていく。
    私もいつしか競争相手にされて去りました。

    打勝つなら自分自身だ。
    そう思って勉強し、人との比較だけで生きる人たちと疎遠になるとなぜか非常に孤独感がなくなりました。

    あの先輩のおかげで自分の価値観を取り戻す事ができたし、視野も広がったと感じます。
    あの方の強い孤独を感じられたからこそです。

    ユーザーID:

  • 人生の怒涛の一年

    職場にひどい嫌がらせをする人がいて、ちょうど付き合っていた彼と結婚を機に退職。
    しかし結婚相手の両親から収入が無くなった事を責められひどい仕打ちに耐えられなくなり離婚。

    仕事も何もかも無くなった所で、運良く以前より条件のいい会社に就職できました。
    職場の人は温かく思いやりのある人でとても居心地が良いです。
    時々、愚痴など言いますがふと今の自分の環境があまりに恵まれていることを思うとすごいなと思います。

    ユーザーID:

  • 2回有りました。感謝しています。

    一度目は自分に向いていた自動機器設計から(間違いなく)部門長に睨まれて金型設計部門に配転。一年後に日本脱出を決めました。ずーっと給料早見表の最低ラインに乗っていましたが、現在では年収12万ドル+ストック・オプション。あの時金型設計に飛ばされなかったらまだ日本で低給料であえいでいたかも。「部長、私を冷遇してくれてありがとう!」

    2回目はアメリカで最初に買った家が空き巣にやられた事。「もうこんな所に住むのはいやだ」と言うかみさんの強い要望でいい町に引っ越したら、その直後から不動産が上がりつづけ、10年前に45万ドルで買った家が今では多分110-130万ドルになってしまった。あの時買っていなければ今では手が届かない値段。「どろぼうさん、我が家を狙ってくれてありがとう!」

    ユーザーID:

  • 大学受験

    受験日は1 レベルにあった学校2 滑り止め
    3 記念受験の順番でした。
    しょっぱな1 が落ちてしまい、
    マダ2 があると試験に臨んだものの、またも不合格。
    3 が残ってるものの、
    わたしにとって見ればこちらはかなりハイレベルなもの。
    仕方なく、落ちる覚悟で受験したら見事合格!
    そこからの私はとんとん拍子でしたよ。
    マダ景気がよかった時代だったらしく、
    学校名だけで就職も決まり、そこで結婚相手もGET!
    あの時1 の学校が受かってたら2 も3 も受ける予定は
    なかったんだよね。
    私の人生、どう変わってたかな。

    ユーザーID:

  • あのときの嫌がらせが

    若い頃お局にはむかった為にグループを追い出され翌年に畑違いの所へ異動。右も左も分からず大苦労。でもそれがきっかけで次の異動の時にも苦労が役に立ち、キャリアを積んで今では自分がお局的年に。

    片やかつてのお局は狭い内容の小さな元グループの大将をやり過ぎたおかげで使い回しが聞かず、元々字も汚い為に影で苦情も絶えない。10数年後再び机を並べた時には完全に形勢は逆転。私に怒られてばかりの立場に。年を取ったお局はボケ?も入ったと思えるくらい何も出来ないし会話もアヤシイ。

    因果応報の字が頭をかすめると共に年を取れば昔やりたい放題で大いばりだった人も見る影も無くなる、それは明日の我が身、という見本ともなって、姑と意見の合わない時も別個のイキモノというより自分の道の先の姿、として客観的に考えようという姿勢を持てることに。
    今でもその『元』お局は大嫌いですが、彼女にある恩も感じています。

    ユーザーID:

  • ありますあります。

    今の彼に出会ってから、その時付き合ってた元彼と急に上手く行かなくなって別れることに。
    それからトントンと今の彼と付き合う事になり、大事にされて幸せです。
    元彼と別れることになった時は辛かったけど、今では「あんなダメ男別れて結構!今彼と一緒になるはずだったから別れることになったんだわ!」くらいの勢いでいます。

    辛い時は本当に辛いけど、後になってみて、良い方に向かうために悪い事が起きた、ってありますよね。

    ユーザーID:

  • 私も実体験済み

    一人っ子の夫結婚。過干渉の姑が介入し、夫も姑の私の悪口を信じてしまい、突然別居、離婚宣言、子供をよこせと言われ、生活費は払わない、離婚調停申し立て、ということをされました。

    夫が出て行って生活費の取りきめが決まるまでの2年間、二人の子供と想像を絶する孤独で寂しい日々を送りました。

    生活費が調停で決まり(支払い義務があることを夫は知らなかったらしい)、離婚も出来ないことがわかったあたりから、なんとなく立場が逆転。

    ある日夫から「おふくろが倒れた。どうしたらいいんだ」と突然電話。脳梗塞で半身不随の状態だそうです。当然私には介護の義務はなく、無視。

    この一連のことがなかったら嫌いな姑の介護地獄が待っていたと思うと、私にとってはラッキー?だったのかなと思っています。

    夫一人では自宅介護も出来ず、姑は特別施設に入居しています。

    最近は夫は糖尿病も発症し、何度か発作が起こって救急車騒ぎもやったとか。弱気になって復縁をにおわせてきます。

    わずか3年間で大どんでん返しの展開でした。
    「災い転じて福となる」「自業自得」を実感しています。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧