DTPオペレータになるには独学では無理?

レス32
(トピ主0
お気に入り1

キャリア・職場

Bjo:rn

現在web関係の仕事やIllustratorを使ってのDTP関連の下請けを在宅でしています。
以前こちらでDTPオペレータは需要が多いというのを読んで、今すぐではありませんが、外に出て働けるようになったらDTPオペレータが出来ればいいなあ、と漠然と思うようになりました。ちなみに今までIndesignやクオークなどは使った事がありません。
そこで、ネットでDTPオペの事を検索しましたが、引っかかるのがスクールの案内とかばかりで…DTPオペレータの仕事(具体的な仕事内容とか)が知りたかったのですが…具体的な仕事内容とかが分かれば勉強のしようがあるかと思ったのですが、やっぱりスクールに通わないと無理なのでしょうか?子どもも小さいし、出来れば独学で勉強したいのですが…実際にDTPオペの仕事をされている方、どのようにして勉強されましたか?アドバイスお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 新卒DTPオペレーター

    私は前職が印刷会社でのDTPオペレーターでした。
    そこの会社は変わっていて、新卒のまったくDTP未経験
    の学生を採用して、DTPを1から研修(といってもほぼ
    実地で習得)するのです。
    だから、「ホントはイラストレーターになりたかった」
    「ホントはCGデザイナーになりたかった」という人も
    大勢いたし、美大卒、コンピューター系専門卒の人も
    いました。でもほとんどは、そういうのとはまったく
    縁のない学部の大卒者でした。
    Macに触ったことのない人もいたんじゃないかなぁ。

    1年半勤めて、これ以上続けるには、今後ずっと
    DTPをやっていく覚悟が必要だなと思い、転職しました。
    今は広告代理店の制作職で、DTPデザイナーや印刷会社
    に指示を出す仕事です。

    前職で勤めた会社も今は厳しいのか、ここ2〜3年は
    採用人数をしぼっていますが、トピ主さんのように
    経験があるなら、採ってくれる会社もあるんじゃない
    でしょうか。

    デザイン会社でも、デザイナーというよりDTPオペレーター
    というカンジの人はけっこういます。
    会社によって、使ってるソフトもかなり違うので、
    うまく入り込めれば、習得するのは楽ですよ。

    ユーザーID:

  • できないことはないですが・・・・

    DTPオペレータは、独学でもできます。
    しかし、学校に通っていた方が就職に関して
    いろいろ細かく教えてくれたりしてくれます。
    先生によっては実際に印刷工場などに連れて行って
    くれたり、卒業後も就職に関して相談にのってくれます。(よい先生に当たればですが・・・)

    また、一人でやっていると一人よがりになってしまいますが、学校に通っていると自分の欠点を教えてもらえます。

    専門学校で社会人クラスなどで受けられますと
    週一回の授業で(半年)というようなものが
    あります。
    お子さんがどのくらいの年齢化は
    存じませんが家族の協力を得られるなら
    週一日お子さんを預けられて
    社会人クラスなどで受けられてはどうですか?

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    埋もれていたのであげました。
    宜しくお願いします。

    ユーザーID:

  • DTPオペレーターです

    印刷会社でDTPオペレーターをやっています。DTPについて無知の状態で入社し、現在2年目です。ただ、高専でイラレとクオークとフォトショップの使い方を習っていたので、操作はできる状態で入社しました。しかし印刷についての知識はゼロで、実務を兼ねて勉強しました。現在も勉強中です。ジャ○ット等のスクールへは行きましたがソフト会社と提携しているのか、宣伝まがいの講義ばかりで実務には何の役にも立ちませんでした。仕事内容は、お客さんからもらったイラレ(eps形式・アウトライン化したもの)もしくはクオークのデータを、クオークで面付けし、フィルムにするなら製版屋へデータを渡し、CTPで製版を焼く場合はクオークで面付けしたデータをPSファイルに書き出してRipに通して色校を出すところまでです。自分でデータを作る場合はCTPとフィルム両方のRipにエラーの起きないCIDフォントを使うなど、フォントに気を配ってデータを作成します。Indesignは大手は導入しているようですが、うちの様な中小企業は対応するRipに切り替えるお金がかかるので使っていません。クオークとイラレは仕事では必須です。楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 無理ではない

    DTPオペの方に仕事を出しています。

    私が知る限り、実際のオペレーション作業は、
    仕事をしながら覚えていった人たちが多いです。
    ですから独学でも十分仕事としては成り立たせると思います。

    ひとりよがりな作り方でも構いません。
    仕上がりが正確できれいで、速くできるのであれば。
    そして印刷に出しても問題なく出力できるのであれば。
    実際、いただいたデータを開けてみて
    「ほー」と思うことはたまにありますけど、何ら支障はないです。

    でも、できればQuarkとInDesignは
    覚えておられたほうがいいように思います。
    カタログ制作の現場は、やはり上記ソフトが必要です。
    Illustratorも、
    5.5以上のバージョンを全て操作できることが望ましいです。
    MacはOSXでも大丈夫ですか?
    まだ9.2以下が多いでしょうが、
    今後はX以上で作業することも増えてくるでしょう。

    勉強するにも設備投資がMacは大変ですよね。
    お金かけた分、取り戻すのは
    かなりの仕事量を抱えないと難しいでしょうが、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 作品(経験)によります

    元、DTP社会人向けスクールで講師をしていたものです。そのときは、イラストレータ、フォトショップ、クォークというDTP3種の神器を教えていました。
    1日6時間、週5日、1ケ月の集中コースで学費は約30万円でした。
    トピ主さんは、現在マックですか?それともWinですか?最近は、WinのDTPデザイナーも増えていますね。
    基本的に、イラストレーターはペラものや3つ折などのリーフレットやチラシなど。クォークは、雑誌の誌面や新聞、書籍などいわゆる組版ものです。
    イラレだけでもDTPのお仕事は十分対応できますよ。
    求人広告(会社のフォーマットによる)やペラもののチラシ、あとはDPEショップなど(年賀状や写真入りカードなど)のお仕事が考えられます。
    現在のどの程度のものが制作できるのでしょうか?

    ユーザーID:

  • つづきです

    この仕事は、いかに締め切りまでに、クライアントの求めるクオリティのものを上げるかが勝負です。フォーマットが固定のものであれば、デザイン力もそれほど必要ないと思います。
    ただ、印刷物を作成するのであれば印刷の知識は必ず必要です。派遣会社によっては、会社で無料もしくは格安で研修をしてくれるところもあるので、登録してみるのもひとつの方法です。
    元はDTP系のスクールで派遣会社を始めたところもあります。まずはトピ主さんが、どの程度のものを制作できるのか?納期はどれくらいか?それをまずここに書いてみてはどうでしょう?私もそれである程度判断できるかと思います。
    ただ、スクールはあくまでも最低限の知識しか習得できません。倍率は多少高いですが、雇用保険に入っていたことがあるなら、ハローワークの職業訓練校の短期コースにもDTP系があります。お金をもらいながら通えるので、一度調べられてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 大丈夫!だと思います。

    私は、短大卒業して何も経験なくDTPオペレーターの仕事につきました。もともとパソコンが好きだったのと、絵を描いたり何かを作ったりするのが好きだったからかもしれませんが、DTPは特に勉強しなくても、8年以上続けることができました。
    ソフトもたくさん使いましたが、簡単ですよ!
    会社に入ってからでも十分覚えられると思います。
    スクールもたくさんありますが、やる気さえあれば独学で十分です。
    クオークなんて簡単簡単!心配ご無用です。
    だけど、知らなかった!DTPオペレーターに需要が多いなんて!!私はこれからの時代、誰でもできる仕事になると思うから、需要はなくなると思っていました。そして今でもそう思っています。

    ユーザーID:

  • 在宅をすすめてしまいます…

    私は地方在住なので、全くMacも触ったことのない素人でも印刷会社に入社出来ました。しかも、新卒でもありません。

    都会と地方では、DTPの世界も違うと思いますが、私が入社した8年前の私の住む地方では、Macでの版下作成が主流になってきたばかりとタイミングが良かった事がありました。

    在宅ワークの経験があれば、DTPオペレータになるのは難しくないと思います。会社によって版下作成は多少違いがあるので、入社される会社で仕事を通して覚えることが多いと思います。素人の私でも半年で版下作成して製品になってましたから。独学より、実践だと思います。

    現在は結婚退社し、2才の子どもがいます。在宅で版下作成をたまにする程度ですが、DTP関連の会社に復帰する予定はありません。

    はっきり言って時間的にきついです。特に家事と子育てとDTPの仕事を成り立たせるのは、ご主人の多大なる協力が必要です。私がいた印刷会社は、毎晩12時過ぎまで残業、休日出勤なんて当たり前でした。主人も同業ですが、毎日深夜帰宅です。

    在宅での受注があるのなら、そこから発展させるのも良いのではと思います。

    ユーザーID:

  • ちょっと泣いたりしながら

    下地があるのなら、「いきなり始める」はどうでしょう。

    私は未経験で、何もわからず、
    最初、会社に入ってからちょっと触りました。

    興味がわいてスクールに行こうかなと話していたら、
    専門の学校を出た人がこうアドバイスしてくれました。

    「学校はとても良く教えてくれるけれど、
    お金と時間がそれなりにかかるので
    (法外に高くはないけれど)
    それ系の会社に入ってしまえば、設備も整っているし、
    実地でどんどん習得したほうが早いしトク」

    その通りにしたのですが、私は良かったです。
    求められるソフトの知識、スキル、ルールなどは、
    行った先により少しずつ違ってくるかと思いますが、
    難しいことがあっても、人に聞いたり(いれば)
    本やネットで調べまくれば、必ずなんとかなります。

    そうなると基本誰でもできる仕事ですが、
    小ワザを使って効率よくやるというのが、
    オペがお金を貰える部分だと思います。

    独学だと確かに良くない部分もあるでしょうが、
    いい方法を探すという気持ちを忘れなければいいと思います。

    1番おすすめ!とは言えないですが、
    何にしても、頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • むずかしかも。

    まだDTPという言葉がなかった頃から15年この仕事をしたものです(今は転職しました)。

    あくまで私個人の意見ですが…。
    DTPオペの需要は決して多くないし、個人でPCを所有するようになってから仕事自体が減りつつあります。また、新卒でない場合は経験のある人を求められるので、操作方法がわかっていても実際に仕事としてしたことがなければ採用は厳しいです(即戦力を求められます)。

    個人レベルでの習得やどうしてもこの仕事がやりたいという意気込みをもたれているのでしたら話は別ですが、もし、してみようかな?程度のお考えでしたらスクールに通って出費してまでのお勉強はお勧めしません。

    ユーザーID:

  • 何事も先達はあらまほしきものなり

     ある人が、岩清水八幡宮に行こうと思って行ったそうな。
     で、行ってみたら山のふもとにそれらしきものがあったのでお参りして帰ってきたんだとさ。しかし、それにしても、山へと上がって行く人が何人もいるのはなんかおかしいなとは思ってたんだけどもさ。

     その道のプロに聞けば間違って覚えたり、遠回りしなくて済むのに。独学にはそういうリスクがあることを覚えておいて下さい。

    ユーザーID:

  • 大丈夫です

    パートでDTPオペレーターをやっていました。
    わけわかんないまま、1年間働きました。

    もともとMacでフォトショップやイラストレーターを
    使用していたこともあり、抵抗はありませんでした。
    クォークは使いながら覚えることは十分可能です。

    ただ、DTPの仕事には必ず残業があると思って良いでしょう。
    デザイナー>>>>オペレーターの位置付けも確定しておりますし、
    クリエイティブというより単純作業の印象が強かったです。

    帰宅後、子どもが公文のバッグを枕にして
    折り重なって寝ていたのに胸が痛み辞めました。
    子どもの成長後は、またDTPの仕事がしたいと思っています。

    今はオフィス系ソフトの資格を取って、短時間の事務をしております。

    ユーザーID:

  • 元DTPオペレータですが−その1

    始めに、在宅でIllustratorやweb関係をやっているのであれば独学でも十分では?と思います。

    私は26才の時全く違う職種から、DTPオペレータに転職しました。
    転職前に大手スクールに通いましたが、内容に納得いかず、退職後、少数のスクールでまた勉強しました。その後転職活動し、印刷会社に就職できました。

    スクールについては、DTPを勉強してる人、就職・転職希望の多さにビックリしました。スクールでの就職サポートは期待できません。就職活動は自力です。他のスクール出身者も皆さん自分で探してました。

    正直、スクールでの勉強は無駄だと思います。やる気さえあれば基礎なら独学で覚えられるし、DTPは実際に経験を積まないと身に付かないと思います。
    就職する会社(印刷・出版・デザイン系など)にもよりますが、それぞれで必要になるスキルは違います。

    私が就職した印刷会社では、画像処理、出力に関するノウハウ、おまけでクオークなど。
    正直、クオークはすぐに覚えられます。それより出力に関するノウハウや、特に画像処理の方が大変でした。

    その2に続きます。

    ユーザーID:

  • 元DTPオペレータですが−その2

    その1の続きです。

    仕事内容は、印刷物で使用する写真のスキャニング(色調整、ゴミ処理、加工)や検版作業、チラシ作成、もちろんクオークを使用した出版物の作成、あと印刷会社なので、デザイナーが作ったものが印刷物に出来るか確認作業(印刷するために使用可能な文字や色、出力の為の基本を全てチェックして直す作業)その他色々でした。

    この会社は一年で倒産したので、その後すぐ就職した出版会社では体力でした。一週間徹夜とか(ほんとにほとんど寝れない)、ここでもやっぱり重要なのは出力に関するノウハウでしたね。

    私も出力に関することには苦労しました。一年しか実践が積めなかったのに知ってて当たり前で、前の印刷会社では上司がサポートしてくれていたのですが、出版会社では全て自分一人でやらなければなりませんでした。

    本になってから、出力できない文字がありました・・では済まされませんからね。
    結婚の為に一年で辞めることになり、子供が出来るまでは在宅でやっていました。

    その3に続きます。

    ユーザーID:

  • 元DTPオペレータですが−その3

    その2の続きです。

    web関係をやってるので、基本操作はすぐ覚えられると思います。ただ、問題はwebと違って出力するという行為です。
    これが結構やっかいです。

    やはりソフトの基本操作と出力の基本を覚えて、どこかの会社にさっさと潜り込んじゃうことをお勧めします。
    就職が不安なら、DTP関連に強い派遣(派遣にもよりますが、登録時に面接とクオークの基本操作の試験とかをやりますよ)で経験積んでみれば?

    あとDTPオペレータって内容は結構大変なのに、給料安い、残業多い、下に見られる、会社によってだと思いますが正直待遇悪いですね。
    就職活動してた時も、余りの給料の安さに驚きました。
    給料の良い出版会社に入ったら徹夜ばっかりだったし。在宅の時もほとんど徹夜でしたよ。

    ただ、仕事は面白いです。以前の無関係の職種で働いてた時はいつも眠くて仕方なかったのに、DTPオペレータになってからは一週間で合計8時間ぐらいの睡眠でも眠くならないで仕事してました。

    私はもうDTPオペレータはやりません。ブランクがあることと、土地柄仕事がないのと、やはりDTPオペレータは割に合わないことが多いなと思うので。

    ユーザーID:

  • スクールをオススメします

     現在妊娠&子育て中で仕事していませんが、10年程前にマックの夜間スクールに半年ほど通って、就職してDTPとWebデザインの仕事をしていました。

     Indesignは仕事で使ったことがないです。クオークはできないとDTPの仕事できませんでした。次にイラストレーター、フォトショップという頻度で使用していました。あとページメーカーもかなり使っていました。

    それと、PDF編集ソフトもよく使っていました。納品などでPDFデータを作っておく必要もあったので。パンフレットやカタログ、マニュアルなどは校正できないと仕事になりません。校正も覚えたほうがいいと思います。

     スクールだと仕事を紹介してもらえることもありますので、そのほうが近道のような気がします。ただ独学でも勉強してそれなりの作品ができるようになったら、派遣やアルバイトなどで仕事できる程度になるのではないでしょうか。

    でもクオークなどのソフトやフォントを購入して勉強するのは大変ですよね。スクールのほうが機材やソフトも揃っていて便利だと思います。

    ユーザーID:

  • DTP8年やってます。

    今まで、何度か転職し印刷会社・デザイン会社等を
    歩き回ってきました。

    DTPが仕事に困らない、という理由は
    「即戦力になる」ということだと思います。
    原稿を渡されて、あれこれイメージしながら
    4色分版できる正しいデータを作れる
    (印刷分野において)。

    その為には、最終目的を考えて
    よりよいソフトを使わなければなりません。
    私が何社か転職してきたのは、
    色々なことを学びたいからで、知識やデザインなど
    各社の特徴のいい所を取り入れ学んできました。

    「DTPオペレーター」を名乗るには独学では
    難しい気がします。
    主婦の片手間で出来るなら、誰でもやってます。

    トピ主様が個性的なイラストが得意な方なら
    DTPにこだわらないでイラストレーターとして仕事をしていくのもいいと思います。

    ユーザーID:

  • どれくらいのレベルのDTPオペになりたいのか

    とりあえずひととおりソフトが使えるところまでは独学でいけると思います。
    しかしそれくらいの人に頼める仕事なんてたかがしれているし、それなら在宅の人に発注するんじゃないかなー?

    現場で必要なのはDTPの専門知識を持った‘プロ’。
    数種類のアプリにかんする知識(持ち込まれるのはllustratorやIndesignばかりではありません)、印刷知識(特にコレが重要)、フォントに関する知識 etc・・が必要になってきます。

    こういったことは独学ではなかなか修得できません。
    社会人向けのスクールでもいいので、通われることをお勧めします。

    しかし気になるのはお子さんがいらっしゃること。
    DTOオペって体力勝負なとこありますよ。すくなくとも私の回りは。
    9-5時の職業ではありません。(時期によるかな)

    なので仕事の内容にもよりますが、若い人から採用されていくし、人の回転も早い。
    納期は、輪転機は待ってはくれませんので(笑
    仕事処理能力が高ければ、大丈夫だと思いますが。

    ユーザーID:

  • 大丈夫だと思います

    在宅で印刷会社から仕事をもらってDTPをしています。以前は組版専用機を使用していましたが、今は組版ソフトを使っています。

    会社のシステムが変わったため、会社の担当の人、私と同じく在宅で仕事をしている人、みんな手探りでそのソフトを習得しました。1つの仕事を終えるたびに新しい発見の連続でしたが、みんなで情報交換しあって、覚えていきました。

    今では、始めた当初のデータを見るたびに、「こんな面倒くさいことしてたんだ」と担当者と笑いあうことも度々です。

    Word、Excelが使えるならばソフトを使うのはそんなに難しいものではないと思います。
    ただ、会社によって使用するソフトが違いますので、まずは印刷会社などに問い合わせてみたらいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 習うより慣れろ、です。

    DTPスクールなんて、実際にはほとんど役に立ちません。
    やって覚える。それが一番の近道です。

    経験者は優遇されるとは思いますが、
    やる気さえあれば問題ありませんよ。
    学習能力があればOK!

    ちなみにこの業界は受注産業で納期が厳しいモノが多いので
    小さい所ほどサービス残業とかも多く、パート感覚では勤まりませんよ。
    やるなら、朝から夜遅くまで働く覚悟を。

    自分は今は個人でやってますが、会社に勤めてた頃は夜勤とかもありましたよ。
    印刷業界は今や24時間体制なのです。

    派遣社員として働くにはやはり経験者じゃないと難しいでしょう。
    ってか、今は派遣を雇うほど余裕のある会社はないかも…。
    不景気だし。

    東京の方だけはDTP業界も忙しいみたいですが。

    ユーザーID:

  • なれるけど。。。(ヨコです)

    他の方もおっしゃっているように、
    少しかじっていればいろんな会社があるので、
    会社に入ればオペレーターとして活躍することができると思います。

    3、4年は覚えることが多くてんてこ舞いですが、
    楽しく仕事ができると思います。

    きっともうご存知でしょうが、
    この仕事と〜っても残業が多く、終電・タクシーなんて事ざらです。

    勤めていましたが、体を壊わす方も多く、
    自分も6年しましたが、
    体の不調と毎日の時間の使い方に嫌になり職換えいたしました。
    会社によるのでしょうが・・・ね。

    ユーザーID:

  • 文字を読むことはお好きですか?

     直接のアドバイスでなくて申し訳ありませんが……

     写植の時代から編集者をやっていた者です。写植からDTPへの推移をリアルタイムで見ながら仕事をしてきて痛感したことですが、DTPオペレータさんの多くは「Macは扱える」が「出版物のデザインや印刷についてはよくわかってない」ということです。

    大手の印刷会社がOJTでオペレータを養成するのも、なまじMacいじりだけうまい人だとかえって使えないからだと思いますよ。逆に、もともとアナログだったのにMac使用に転向したとたんに仕事の質がガタ落ちしたデザイナーやイラストレータも多数います。男性に多いんですが、Macいじりに夢中になって、肝心のデザインやイラストのアイディアが硬直しちゃうみたいで。

     いずれにしろ、よいデザイナーは間違いなく雑誌や本を読むのが好きで、活字媒体を心から愛しています。活字文化の担い手である、という自負を持ってこの仕事に臨んでほしいと思います。

     ちなみにDTPオペレータとDTPデザイナーは厳密には違いますが、出版不況の折から、デザイナーとオペレータを別々に発注できるほど余裕のある出版社はほとんどないと思われます。

    ユーザーID:

  • オペレーターといっても…(1)

    DTPオペレーターと一口に言っても、勤める会社によって仕事内容は全然違ってきます。
    meiさんのように、印刷会社のオペレーターですと外部から入稿されたデータを実際に印刷できるように仕上げる作業が主です。
    私はデザイン会社でオペレーターをしています。
    印刷会社へ入稿する前の作業になります。

    私の仕事は、
    ・デザイナーが作ったデータでの文字の流し込み作業
    ・デザイナーが作ったデータのチェック(入稿可能なデータに修正する)
    ・クライアントからもらった赤字の文字修正
    ・デザイナーのアシスタント作業(ポジフィルムのスキャニング、加工)
    などなど

    うちの会社の場合、雑用的な作業をするオペレーターがいるととても重宝するとの事。
    使っているソフトはイラストレーター、フォトショップ、クォークです。
    〈つづきます〉

    ユーザーID:

  • オペレーターといっても…(2)

    〈つづきです〉
    会社によってはデザイナーとさほど変わらない仕事をしているオペレーターもいらっしゃると思います。
    DTPが普及してから、オペレーターとデザイナーは同列と思っている人も多いのではないでしょうか。
    オペレーターもデザインができないとね、というような…。

    私も初めてMacを勉強したのはスクールでしたが、実際には会社に勤めてから学ぶ事の方が多かったです。
    基本的な事は学校で勉強するのも良いと思いますよ。
    ただ、ソフトを使いこなすだけでは仕事は成り立たないので(データの作り方や周囲との連携等も必要不可欠)、現場で経験するのが一番かと思います。

    ユーザーID:

  • 独学のデメリットは

    ある程度経験や知識があって、その後在宅になるならばイイと思うのですが、QXでゼロから仕事をしていくのであればスタートから独学というのは難しいかも、と思います。
    今までイラレでどんな仕事をしてきたかにもよるかも。
    かといってスクールに行けばいいかというと、それも疑問です。プロの場で通用するスキルは、やはりプロの場でこそ培えると思うので。
    QXにしても、「実際MacでQXの操作ができる」だけでは話になりません。フォントの問題(けっこうこれがやっかい)、環境、カンプ出し、出力の指示、直しはどうするか、プリンタにフォントはどの程度積むのかでも初期費用がかわってきますし。
    もうトピ主さんはわかっていらっしゃるかも知れませんが、編集なり広告なりと密接に関わっているので、内職のようにDTPをすると、責任のない分、ギャラもかなり安くなりますので…。
    私がトピ主さんだったら、すでに使えるイラレの技術をもっと磨いて、単価の高い仕事を受けられるように努力します。オペレータではなくデザイナーを目指します。

    ユーザーID:

  • 是非、よい職場を見つけてくださいね

    結婚出産、子どもが幼稚園を卒園するのを機に、社会人スクールへ行ってDTPの勉強をし、DTPエキスパートの資格もとりました。
    3回転職しました。
    前の職場では、お客さんとの打ち合わせから、文字入力、デザイン、レイアウト、校正、面付け、CTP出力、検版、印刷後の帳合いを確認するところまで、それから、持ち込みデータ(ワード・エクセルなど)の変換、RIPの現像液交換、オンデマンド出力機のメンテナンス、Web構築、社内の進捗状況システムの構築、社屋の清掃まで、本当にDTP以外のことでも何でもアリでした。夜中に一人で本とにらめっこの時もありました。
    それで、パート扱いで時給680円、当然残業・早出アリ。
    今の職場もDTPをやっていますが、本当にDTP作業のみの仕事です。大好きな仕事が楽しくできて、今とても幸せです。
    職場によりけりです。未経験でも勉強をさせてくれる、仕事に見合った労いをしてくれる、よい職場を見つけてくださいね。

    ユーザーID:

  • オペレーターからデザイナーへ

    印刷会社で印刷のみを売りにしているところは別として、
    最近の多くの印刷会社ではデザイン部門があります。

    デザイン部門では、凝ったデザインのものから
    簡単な冊子系のものまで、様々に受け入れ
    それを印刷物の形に仕上げます。

    仕事の流れとしては、
    営業→デザイン(何度かの校正有り)→刷版→印刷
    (この他、写真分解室や製本、レタッチがある会社もあります)
    ですね。

    つまり、こういう流れではDTP要員は
    オペレータとして募集をかけても、
    実際にはデザイン能力を重視した面接となります。

    また、各会社では求人は自己HPか雑誌へ掲載し
    ネットでのオープンな求人募集にはのせません。

    これはネット環境がイマイチ信頼に値しない事も多く
    (実際にネットサーフィンでのいたずら電話や、
     電話の対応をイヤミなまでに曲解した
     とある掲示板への掲載などがありました)
    また、真剣に求人を考える方なら、ネットではなく
    求人誌を手に取るだろうとの考えから来ているようです。

    これらを踏まえ、自分の行きたい会社へ
    アプローチされた方がよろしいかと思いますが・・・

    ユーザーID:

  • 前職は

    幼稚園に勤めてました

    DTPってなぁに?
    Macって美味しいの?で
    ワープロさえ打てなかった
    自分ですが
    7年経つと
    そこそこのものが作れるように
    なってたりします

    でも
    自分の場合は独学ではなく
    先輩に手取り足取り
    教えてもらったので…

    トピ主さんみたいに
    そこそこの
    知識が有れば
    就職も有利でしょうし
    その後も
    教えて貰えるのではないでしょうか?

    甘いかな?

    自分としても
    そろそろステップアップしたいので
    通信教育とかも考えてたりします

    お互いに頑張りましょうね♪

    ユーザーID:

  • 元DTP講師さん!!

    トピ主さん、横ですみませんが
    補足させてください。

    元DTP講師さんの・・・
    >ハローワークの職業訓練校の短期コースにも
    >DTP系があります。

    まさにそのコースへ行っていました(昨年・東京)。
    クォークの「お試し」を1回触っただけです。
    イラレもやりましたが、
    ワードばっかりやっていました。

    学校に尋ねたら、ワードができない人も中には
    いるから、という理由でした。
    たしかに2〜3人ほど得意でない人はいましたが、
    そこに合わせるとは・・・。

    クォークやインデザインなどDTPソフトを
    もっていない学校だったので
    学校がふだん教えているワードを教えて、
    時間をつぶしたかったのでしょう。

    当然受講者の不満の声は高かったです。

    今年は改善されているかもしれませんが。
    東京以外の地域ではよいコースがあるかもしれませんが。


    >お金をもらいながら通えるので、
    >一度調べられてみてはいかがでしょうか?

    お金をもらえるのは、受給期間中のみですよ
    当たり前ですが。
    それ以外の人も受講はできます。
    お金はもらえませんが、交通費はでます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧