獣医か歯科医か

レス23
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

@E

今年の4月に国立大学の歯学部に学士編入することが決まっているものです。先日、他にも受けていた国立大学の獣医学科から補欠合格の連絡を受けました。

正直、獣医学科の倍率は相当なものだったため、追加合格するとは夢にも思っておらず、早くから合格通知を受けていた歯学部への編入のために引っ越しをすませたばかりでした。正直、獣医が第一希望だったために合格の知らせを受けて、現在、進路に迷っています。

進路を決めかねる最大の理由は、やはり大学卒業後のことです。歯科医と獣医では卒後の収入も、仕事面での体力的な部分も全く違うのでとても不安です。(親には獣医は反対されています)

色々調べた結果、獣医(小動物臨床希望です)と歯科医の勤務形態の違いは把握しているつもりですが、現場の声を聞いたわけではないので決断できずにいます。

卒業時の年齢は34歳(しかも女性です)になっているので、獣医の場合、動物の生死にかかわる仕事だけに精神的・体力的についていけるかどうか、正直不安です(もちろん、歯科医も大変だとは思いますが)。獣医の道を進べきなのか、それとも歯科医の道に進むべきなのか。かなり悩んでいます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私なら・・・

    30代前半の女です。
    私はどちらの大学にも合格した事がありません(受験した事も無い)が、動物が好きで獣医が第一希望だったのなら、私なら迷わず獣医科へ行きます。

    30代の女でもそんなに体力衰えていませんよ。失礼ね。(笑

    この前テレビを見ていると、夢を実現している方からのアドバイスで、
    その夢に対して迷っているのならそれはもう夢ではないから辞めてもいいと思う。本気で夢をかなえたいと思うのなら何も迷わない。
    というような事を言っておられました。
    とっても納得しました。

    どちらを選ぶのもトピ主さん次第ですが、発言を見ると歯科医にしたほうが良いのでは?と思いました。

    ユーザーID:

  • そのまま歯科医になっては?

    悩んでいる理由が

    >歯科医と獣医では卒後の収入も、仕事面での体力的な部分も全く違うのでとても不安です。

    ということであれば、どちらもお勧めできません。
     獣医学科を出て、獣医さんになるのが目標なのでしょうか?きっちり勉強したら、たぶん儲からないか、超忙しい獣医になるんじゃないかな。
     歯科医は、余り気味という話ですが、どうせ「でもしか」なら、そこそこ稼いで、結婚してしまうのも手ですね。

     歯学部と獣医学部のある大学を出ましたが、どちらもそれなりに大変でどっちが収入が多い、体力的に楽、という風には思えませんでした。

    ユーザーID:

  • 続きです。

    >獣医の場合、動物の生死にかかわる仕事だけに精神的・体力的についていけるかどうか、正直不安です

     歯科医も、虫歯を治すだけでは済まないのですが・・・時として生死に関わる領域があることは御存じないでしょうか。

     どちらも精神的・体力的にキツイ仕事です。
     ですが、体力だけあればいいというものでもないので、学士入学の方には学士入学の方なりの、長所を生かしたやり方があると思います。

    ユーザーID:

  • 今後の日本

    同級生の夫と共に夫婦で歯科医です。
    私達が大学を卒業した昭和50〜60年は、親が医者の場合その子供は殆ど医師を目指し、滑り止めに歯科、薬剤師か獣医の順でした。
    最初から歯科医を目指すのは親が歯科医に場合でした。

    しかし空前の少子化と医療制度の改定医薬分業などを迎えた現代は、親の後を継ぐのでなければ収入のいい開業医になるための設備投資はかなりのものとなると思います。
    従って開業して収入があっても借金の返済が大変になるのではないでしょうか?

    歯科医も今後は予防や入れ歯さらに海外並みに矯正歯科の方がいいようにも思います。
    しかし歯科医は体力の低下に伴い診療時間が短くなれば収入も減少しますから、サラリーマンのように年齢が上がると収入が上がるという将来像は難しいと思います。(でも定年はありませんが)

    獣医は今後の少子化でペットを飼う方が増えるし、医師や歯科に比べて開業時の投資が少なくて済みますし、駅前より住宅街での開業なので土地も安いと思います。(大抵自宅件ですし)

    獣医は自由診療ですし、個人的には子供は獣医にした方がいいと思っています。

    ユーザーID:

  • う〜ん

    う〜ん。。。獣医と歯科医とは、まったく異なる仕事ですよね?
    最初にちょっと失礼なことを書きます、ごめんなさい。
    もしかして、とりあえず「医」と名前のつく職業にあこがれてて、でも医学部を受験するのは大変だから、それよりはちょっと簡単めな獣医と歯学部を受けてみたってところでしょうか?
    世間知らずで夢見がちな高校生ではないのですから、もう少し熟考されたほうが良かったのではないのかしら?とも思います。

    本題に戻ります。現場のことを知りたいとのことですね。
    人の医師とは違い、小動物病院は、小さな個人経営の病院がほとんどです。そして人の医師のような卒業後の臨床研修制度が整っているわけでもありません。たいていは、在学中に小さな個人病院に研修に行った後、面接で採用が決定され、3年間ほどの代診を勤めます。代診の内容は病院ごとにまったく異なり、1年目からどんどん診療をまかせる病院から、3年経ってもほとんど何もさせてくれない病院まで様々です。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • う〜ん、の続き

    卒業後、小動物臨床病院に勤めた友人も何人もいますが、やはり体力的、精神的に本当に相当ツライ職業です。そして医師と違い、立場的な保証も少なく、お給料も一般的な企業よりもずっと低いというのが現状です。さらに現在は動物病院も供給過多ですし、将来独立開業してやっていくのはかなり厳しいでしょう。
    このようなことから、獣医師を3年ほどでやめてしまう人もたくさんいます。

    トピ主さんの場合、体力的な問題などもありますが、それよりもまず、卒業時に34歳という年齢で、新卒採用してくれる動物病院があるかどうか、というのが問題です。はっきり言って、かなり難しいでしょう。

    小動物臨床を目指すつもりで獣医師になるのなら、相当な覚悟が必要です。

    ユーザーID:

  • そうですね

    歯科は女性の仕事としては最高です。お勧めです。

    ユーザーID:

  • 歯科医に留まって下さい

    >獣医の場合、動物の生死にかかわる仕事だけに精神的・体力的についていけるかどうか、正直不安です

    正直な気持ちを書いて下さって嬉しいです。
    生死にかかわる仕事が不安なら、獣医は止めていただきたい。精神的・肉体的に自信をもっていなければ獣医はできません。

    歯科医に留まって下さい。

    ユーザーID:

  • 応援しています

    まずは、おめでとうございます!
    さて、お悩みの件ですが、私の思うことを一言だけ。参考になれば、と思い書いてみます。

    私の知人に、小さい頃から動物が大好きで獣医さんになりたいという人がいました。
    そして夢を叶えるべく獣医学部に入りました。でも、彼女は最終的には獣医になりませんでした。理由は、大好きだった動物を、臨床実験で数え切れないほど殺すという現実を目の当たりにしたからです。神経が細やかな彼女には耐えられないことだったのでしょう…。苦しんだ結果、獣医の道から外れました。

    歯科医は(勿論大変な仕事ですが)生き死にに毎回立ち会うものではないし、大学では解剖をすることはありますが医学部ほどではないので、トピ主さんに向いているのは歯科医のほうかな?と思います…。

    でも、向いてる・向いてないよりも、私はやはり自分の夢を叶える方向で考えたほうが、後悔がないと思えます。

    獣医と歯科医、私はどちらも好きな職業です。
    余談ですが、子供には獣医になって病気になった動物たちとその飼い主さんを助けてあげて欲しいと思っています。

    ユーザーID:

  • 迷いますね

    私は全くの一般人なので、どちらがいいかはわかりません。

    ただ、私の旦那は獣医です。そして、私の友達の旦那様は歯科医です。友達の旦那様が言っていたことは、「獣医は難しい」と言うことです。そして当たり前ですが、私の旦那は歯科医より迷わず獣医の方を選びます。理由は、歯科医の方に失礼になるかもしれないので言えませんが・・考え方は人それぞれです。

    勤める病院によっても違うと思いますが、私の旦那は、はたで見ている限りではかなり大変そうです。毎晩帰りは遅く、勉強会やら発表やらで、休みも潰れる事も多いです。休日もある程度は勉強しなくてはなりません。もちろん、普通のサラリーマンにあるような残業手当などはありません。毎月固定給ですが、うちはまぁまぁもらっている方だとは思いますが、それも病院によりますよね。開業すれば話は別ですが・・。

    友達の旦那様も、同じように毎晩帰りが遅くすごく忙しそうです。

    以上、何だか参考にはなりませんが、私がトピ主さんだったら、第一志望だった獣医の方を選ぶと思います。第一志望だったのですから・・。

    ユーザーID:

  • そんなに体力ないの?

    信じられない思いで読みました。34歳しかも女性・・・と書かれていますが、人間の医師も普通のサラリーマンも、34歳といったらまだまだ若手で半人前。「これから」という年齢でしょう。30代半ばからの10年が一番の働きざかりでしょう。

    主婦だって、30台半ばで出産する人だって結構いると思います。30歳台前半、半ばくらいで、もう体力に自信がもてない人が「医」と名のつく仕事をするのは無理かと思います。

    ユーザーID:

  • あくまで周囲の話です

    私自身は医学部志望だったのですが、ちょっと実力
    不足で;理系大学に進学した者です。
    なのであくまで聞いた話ですので、参考程度に
    して頂けたらと思います。
    >動物の生死に関わる事に付いていけるか<不安に思って
    おいでなんですよね。

    ご存知だと思いますが、獣医学部には、動物解剖と
    言うスキルが存在しますよね。
    現在は改善されたかもしれませんが…自家繁殖で用意
    出来る動物などは、一人一体配られて、中を見る
    だけのために、無意味に切る事も多かったと
    言っていました(これが人体や、高価な動物だと
    大事な授業で大切に解剖されるそうなのですが)

    私の友人には「動物を救う」ために獣医を目指す
    事と、必要以上に切り刻む事の間で板ばさみになり、
    精神的に耐えられず大学を去った子が数人居ます。
    ちなみに、その度合いは大学にもよるみたいです。

    勿論それを乗り越えて卒業した子も居ますが、今から
    その事に不安を抱いておいでなら、歯科の方面が無難
    なのでは無いかと、第三者としては思いました。

    ユーザーID:

  • 後悔しない道を

    開業獣医師です。
    収入面や体力面からすると、小動物臨床はかなり厳しいです。既に上で獣医師の方が書いていらっしゃいますが、代診時代はお金はたまらないし、福利厚生など
    無いに等しく、どこまで腕を磨けるかは代診先の院長によってかなり差が出てきます。

    「医師」とは言っても人間の医師や歯科医師とは似て大きく異なるものです。拘束時間も長く、自分など、時給に換算すると高校生がコンビニで働くより安い給料だったと思います。自由診療ですからお金が儲かると思われがちですが、人医療は保険で最低7割は確保されているのに対し、獣医療は未払いならそれで終わりです。値切る人もいます。

    人間と同じような手術をしたり、専門知識を提供しても人間の医師のようには評価されません。

    ただ、同じ獣医師でも公務員としての獣医師(公衆衛生や食品衛生に携わる場合)では身分も保証されていますし、一生の仕事として安定もしていますからいいかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • 続きです

    小動物臨床はあくまでもサービス業であって、極論すれば動物を飼っていない人たちにとってはどうでもいいものなんです。

    本当に厳しい仕事ですよ。嫌な飼い主さんもいるし、助けたいと思っているのに殺さなければいけない場面に出会うこともあるでしょう。

    悪いことばかり書きましたが、それでも私はやってみたいと思われるなら、是非やっていただきたいと思います。仕事にやりがいを求めるなら年齢や性別に引け目を感じることはありません。
    でももし自分の子供が獣医師になりたいといったら小動物臨床は出来れば勧めたくありませんね。

    ユーザーID:

  • ヨコ者ですが、歯医者飽和ちゅう

    歯医者さんは、
    これからテクノロジーの発達に伴い、
    どうなるのか不安定なのではないでしょうか。
    いくら協会が阻止しようとしても、
    ネットの口コミに歯止めはかけられない事でしょう。

    やれるところまで獣医で行って見られてはいかがでしょう。

    全部を見るわけでもないようですし…。
    人間の身体と同じで、
    部位ごとに得意分野で細分化されている状況なのではないでしょうか…。
    動物の歯、中心に診るのもいいかもですね。

    第一志望が一番です。
    周りも尊敬できるのではないでしょうか。
    第二ですと、第二な周りになりがちかも。

    ユーザーID:

  • あくまでも参考までに。。。

     卒業後の進路についてですが、医師は医局に属して関連病院に派遣されるのだと思いますが、歯科医師は付属病院に助手として残る(狭き門)以外は、殆どが個人経営の歯科医院に勤めます。歯科も勤務医は臨床でない獣医師さんが書かれた状況とほぼ同じです。多くは小規模医院のため社会保障が不十分で、一般的な診療をしている限り給与もさほどよくありません。また今後の展望については歯科医の妻さんにまったくもって同意です。

     私の個人的な意見かもしれませんが、人間を相手に診療するのはかなりしんどいですよ。診療中は常に医療事故を起こす危険性がありますから気が抜けず、精神的に疲れます。歯科大では人体解剖実習がもちろんありますし、口腔癌なども診ますからこちらも生死に関わる事からは避けて通れません。 

     資格を取っただけでは使い物にならないので、一人前になるまでは修行、その後も一生勉強なのはどちらも同じようですね。

     そもそも@Eさんは学士編入までして大学にいこうと思った第一の動機はなんですか?
     短時間で最終決定をしなければならないのはキビシイでしょうが、くれぐれも後悔のないようにがんばって下さいね! 

    ユーザーID:

  • 素人ですが、獣医派

     アメリカではペットの人工透析とか、ペットの延命のためにものすごくお金をかける人っていっぱいいるそうです。家族の一員ですからね。アメリカは日本の10年か15年先をいっているわけですから、日本も近い将来、きっとそうなると思います。私の周りでも飼い犬などにお金を惜しまない人が結構います。それに日本人って小動物好きですよね。
      きれいごとかもしれませんが、言葉を話すことのできない小動物を助けてあげられる仕事なんて、できることなら私がやりたいです。

    ユーザーID:

  • 歯科も

    私は、口腔外科を専攻している歯科医師ですので、患者さんの死に直面することはたびたびです。あなたが、卒後、何を選択するかは分かりませんが、臨床実習では、口腔外科も学ぶはずです。また、収入は、ごくごく普通です。歯科医師は飽和状態ですし、どうしても歯科医師になりたいわけでないのなら、獣医の方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    たくさんのご意見、ありがとうございます。

    先日、動物病院と歯科医院の両方に見学に行ってきました。
    あれこれ考えているよりも、
    イメージと現実の違いがあるのかないのか、しっかり見ておこうと思ったからです。

    結論は・・獣医への夢はやはり捨てられないと思いました。

    歯学部はアルバイトで歯科助手の経験をしたことがあり、
    歯科にも興味を持っていたことから、歯学部を受験しました。

    でも、やはり私は臨床獣医の道に進みたいと思いました。
    親が反対しているとか、将来の安定性や経済的なこととか、
    そんなことばかり考えていたことが恥ずかしく思えました。
    数年かけて獣医学科に合格するまでの情熱を忘れてしまっていました。

    皆さんのそれぞれの意見もとても参考になりました。

    飼い主に信頼される、獣医師になるためにがんばっていこうと思います。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 歯科医をお薦めします

    >動物の生死にかかわる仕事だけに精神的・体力的についていけるかどうか、正直不安です

    後、獣医で犬に噛まれたり、猫に引っ掻かれたりした事の経験の無い方はいません。一生懸命診療した甲斐なく、動物が亡くなった直後に、犬に思いっきり噛まれ足り、猫に顔を引っ掻かれても平気な方でないと、一生の仕事としては難しいと思います。

    ユーザーID:

  • どれも一局

    どちらが得か損かは、わかりません。わかるものなら一方の職を選ぶ人は少ないでしょうから。ともかく、どの仕事もいい面もあれば嫌な面もあります。
    私は小動物臨床にたずさわるものですが、後悔はしていません。大事なのは自助努力。
    将来、何が起こるかわかりません。それを考えると、自分の希望を優先してはいかがですか。
    人が何と言おうと納得した選択をしてください。合格おめでとうございます。

    ユーザーID:

  • 選ばない選択

    も、ありますよ。
    どちらも行かないこと。

    この掲示板に悩みを書いている時点であなたの熱意が感じられません。

    難関を突破し勉強も一生懸命されたと思いますが、なんのためにですか?しかも現役でないかたならもっと考えてください。
    私も現役でなく卒業しある資格をとって働いているのでわかります。

    もう一回考えてください。
    本当に行きたい人もたくさんいるはずです。

    「二人とも好きは二人ともすきじゃないって事。」
    という、男の人を選ぶ悩みを思い出しました。

    獣医が第一希望でしたら行ってください。


    どちらを選んでも後悔無く精進してくださいね。

    ユーザーID:

  • 獣医師で研究職をお勧めします

    昭和50年、勤務歯科医は月給100万で迎えられたそうですが、現在、月給25万で雇われる、と聞いたことがあります。儲けたいなら歯列矯正など、他の歯科医師にできないスキルを国内外の矯正歯科のもとで修行するのも手です

    開業獣医師は現在は儲かっています。固定費率が高いので、お客が来れば来るほど経営者は儲かる商売です。しかし数年前で飽和なので、これからは客の奪い合いになるのも事実です。勤務獣医は低収入です。

    勤務にしろ開業にしろ、動物病院は拘束時間が長く激務な方なので、結婚・出産を考えているなら慎重に考えてください。動物病院は動物がものすごく好きな人以外には割りに合わない仕事かもしれません

    職業への興味は別として、有資格職として割り切るなら、動物病院以外の獣医師私は推薦します。獣医師は医・歯・薬に比べ輩出される人数が圧倒的に少ないため企業や国の研究職にはいい待遇で迎えられるそうです

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧