妊娠7週で市販点鼻薬

レス19
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ずず

現在妊娠7週目です。
このところの花粉の猛攻撃で鼻がかゆくて、鼻うがい代わりに家にあった「パブロン点鼻」という点鼻薬を全く気にせず使ってしまいました。
妊娠中の注意事項が書いている本を読んだところ市販の点眼・点鼻薬について「薬の成分が胎児に移行することはまずないけれど、4週〜7週は心配な時期」等の記述がありビックリしてしまいました。
甘かったと思いますが、まさか目薬や点鼻薬でも影響がありうるなどとは考えもしていなかったのす・・。
驚いて病院に電話で問い合わせたところ「もう使用してしまったものは仕方がないので、これからは使わないように」とのことでした。奇形発生については「胎盤が出来るのはこれからなので、今後使用しなければいいです」とも言われましたが、本やインターネットでは「4週〜7週位は薬の影響が最も胎児に出る」とも読みました。
皆様で妊娠初期に市販の点鼻薬を使用された方がいらっしゃいましたら、是非その後の経過や赤ちゃんの状態はどうだったか等教えて頂ければ幸いです。
今更ながら心配で心配で・・・
よろしくお願い致します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 調査が載っている本がある。

    胎児の奇形とクスリ等の関係について詳しく調査した本(文献に近い)があってそれを妊娠中に買いました。

    やはり点鼻薬を使ってしまったからです。本を読んで結論は(察しがつくと思いますが)「わからない」でした。

    で、わたしのその時決心したことというのはもし、なんらかの障害の在る子が授かっても責任を持って育てる、という事でした。

    ただこの本によると奇形と母親のクスリとの関係はハッキリとわかっているものは母親が若いころから(10年以上)生理痛や頭痛止め薬(セデス等)を服用しつづけていると特に妊娠中にはそれらの薬を服用せずとも奇形発生が若干多かったとのことです。

    また奇形の多くは原因は「わからない」そうです。原因の在る奇形は水銀とか公害によるものあるいはサリドマイドなどの特定のクスリなどによるものだそうです。あと遺伝です。

    全く何も考えられなくとも奇形は発生するらしいです。またこの本の最後は「たとえ奇形で生まれてこようとも生まれてこれたということは軽症」なのだとありました。

    本の名前がわかりません。すみません。
    追伸:子供は3人ともなにもなく生まれました。

    ユーザーID:

  • あくまで私の場合ですが

    慢性鼻炎のため、もう何年も点鼻薬が手放せません。
    妊娠中もずっと使っていました。
    ちなみに「新ルル点鼻薬」です。
    出産時も、分娩室にまで持ち込んだくらいです。

    あと、頭痛持ちのため、鎮痛剤(イブ)もいつも持ち歩いていました。
    産院の先生に相談しましたが「市販の薬で胎児に影響が出ることは、めっ・・・たにありません。あまり神経質にならないで。」とのことでした。
    その後、鎮痛剤は産院で処方されたものを使用していましたが、それについても「頭痛が起きたら、ひどくなるまで我慢しないで早めに薬を飲んだほうが良いですよ。」という指導でした。
    妊娠中の検診でも、まったく異常は見つかりませんでした。
    生まれた子どもも元気です。

    ということで、私の場合は「影響なし」でした。

    ユーザーID:

  • ガンガン使ってました

    妊娠がわかったのが5月になってからで、それまでの間(3月・4月)は花粉がひどかったので使ってましたよ。しかもおなかが痛いと鎮痛剤まで飲んでました。一応お医者さんにも聞きましたが、神経質な人は気にするけど、その程度なら心配いらないとの事でした。その後妊娠中も鼻がむずがゆくずっと使ってましたが、結果五体満足健康な赤ちゃんが生まれたので・・・たぶん大丈夫なのでは。

    ユーザーID:

  • 大丈夫です

    断言するとまたアレかもしれませんけど、市販薬は少々ならば大丈夫です。
    時期的にご心配との事、そのお気持ちはよくわかりますが、心配されるそのストレスの方が身体に悪い。
    大丈夫です。

    ユーザーID:

  • あまり気にしすぎも良く無い

    鼻炎持ちの花粉症です。私の場合、妊娠に気づかずに点鼻薬とアレルギー持ちのため、ステロイド剤を使用してしまってました。病院が大きかったところなので、その時に当たった担当医師(2-3人)に聞いてみたところ、初期で赤ちゃんに異常が出るような影響があるのであれば、流産してますよ。という意見でした。それに、点鼻薬や目薬などは、局所に使用するので胎児へ影響するまで到達することは、通常の使用であれば飲み薬の影響の比では無いとのことです。しかし、初期の薬の使用が良く無いのは確かなこと。出来るだけ使用しないようにした方が良いというのは、間違いありません。ただ、それを気にしすぎて、ストレスを溜めるたまま、出産まで過ごす方がもっと危険だと思います。ちなみに、私は出産まであと少しですが、やはり気になり、受けられる検査は全て受けました。でも、現在のところ異常は見つかっていませんし、順調です。トピ主さんも、ご心配なのはよく判りますが、くれぐれも気を持ち直して健やかにお過ごしください。

    ユーザーID:

  • 大丈夫でしょう

     点鼻薬は局所的な作用なので、市販されているものは大方大丈夫だと思います。
     
     私の姉はアレルギー性鼻炎で、一年中点鼻薬を使っています。 もちろん妊娠中もどんどん使っていました。 でも元気な男の子を三人も産んでます。

     しかし使いすぎはどうかと思うので、今までのことはいいとして、今後は気を付けてはいかかですか。

    ユーザーID:

  • 感謝すると…

    先日、細木数子さんの番組で、
    年上の人に感謝すると、
    治ると仰っていました。
    私の場合、効いています。

    毎朝、起き掛けにするといいみたいです。
    試してみる価値はあるとおもいます。

    どうしてもとなったら、
    鼻うがいのほうをお薦めいたします。

    上記の方法をするまで行っていました。

    ユーザーID:

  • 目薬ですが

    私も妊娠中、ちょくちょくさしていたアレルギー用の目薬が、
    ノドのほうへ流れて少量ながらも飲んでしまっていることに気付き
    心配で病院へ聞きました。

    「外用薬は処方・用量を守っている限りまず心配ない」とのことでした。
    無事元気な赤ちゃんを出産しましたよ。

    ユーザーID:

  • 使いました。

    ちょっと怖い事を書くようですが、事実ですのでカキコします。
    私は第1子をケイリュウ流産しました。
    原因は不明ですが、初期に点鼻薬と喉スプレーを併用してしましました。
    これが原因で流産したとは思いたく無いのですが、流産した当初は、とても悩みました。

    そして2度目の妊娠。
    初期には点鼻薬は使いませんでしたが、5ヶ月以降から使い始め、どんどんエスカレートして最終的には点鼻薬中毒になってしまい、産後、大変な思いをしました。
    ですが、子供にはどこも異常はありませんでした。

    慎重なお医者さんが多いですが、助産師さんから聞かされたのは、鼻詰まりでイライラする方が、点鼻を使うよりもっと悪いとの事。
    鼻からの粘膜で胎児まで影響する事は多く無いとの事でした。

    そして、現在私も妊娠7ヶ月です。
    今年から花粉症が発症して、夜も眠れないくらい鼻水鼻詰まりが続いています。
    前回の、点鼻薬中毒を考えると市販の点鼻薬に手を出すのは怖いのですが、即効性を考えると、使いたくなって今はどうしようもありません(涙)

    早く、花粉の季節が過ぎ去ってくれるのを待つばかりです。

    ユーザーID:

  • 大丈夫ですよ

    鼻に入った点鼻薬はどうなりましたか?全部飲んじゃいましたか?大半は鼻や口から体外へ出しているのでしょう?

    一般的には点眼薬や点鼻薬は一回の使用量が微量の上、体内に吸収される量はさらに少なく、危険性の高い薬剤以外は神経質にならなくて良いです。

    >市販の点眼・点鼻薬について「薬の成分が胎児に移行することはまずないけれど、
    その通りです。
    それからトピ主さんが検索された文献は不正確です。薬剤によって催奇形性の影響時期が異なるからです。

    万が一流産となっても点鼻薬が原因とは言えません。点鼻薬以外の要因が原因である可能性の方が圧倒的に高いです。
    流産の原因は不明なものが大半で、自然な正常妊娠でもある確率で胎児に奇形は起こり、結果自然流産となります。

    誰にお聞きになっても「絶対大丈夫。」とは言ってくれませんよ。絶対なんて神様でないと言えませんから。

    でも今後は気をつけてください。赤ちゃんに悪影響になりそうなことは避けた方が良いですから。

    ユーザーID:

  • あまり神経質にならないでね。

    私は点鼻薬ではなかったのですが、気持ちは本当にわかります。

    妊娠してひどい便秘で痔になり、市販の座薬を使いました。後で本に痔の薬に胎児の成長を妨げる危険のある薬が含まれているものがあると書いてあり、泣きながら、近所の薬局や肛門科の医者に問い合わせました。産科の主治医にすぐに聞かなかったのは、大変なことをした!と言われたらどうしようと思ったから。

    その後主治医から言われたのは「常用し続けなければ、市販の薬で奇形児になるほど影響のあるものはありません。それよりママが動揺して泣く方が赤ちゃんも一緒に心拍数をあげたり、成長や免疫のホルモン分泌が低下するからストレスは大敵!」という事でした。ママの体は赤ちゃんを守るために、想像をはるかに超えた神秘的な働きをするそうですよね。

    心配でしたら、セカンドオピニオンで納得するまで医師に尋ねててみてください。不安が解消されるまで、ね。

    5ヶ月頃には胎動が感じられ、あっ!元気だって実感できると思いますよ。うちは今2歳ですが、とても元気な子です。ずずさんの元気なベビーの誕生をお祈りしていますね♪

    ユーザーID:

  • 私もまったく同じでした〜

    こんにちは☆ 参考までに。。。
    私も高校の頃に発症して以来、31歳になる現在も肌身離さず点鼻薬持ってます。家族と命の次に大事です。(これがないと生きていけないでしょうね〜)

    で、29歳で妊娠した時はどうしたか?っと言うと、鼻づまりギリギリまで耐えて噴射を極少にし毎日使ってました。産婦人科の先生に相談しようかと思ったけど「ダメ」と言われそうで聞けませんでした。
    そして産まれた娘は今2歳ですがいたって健康です(^_^)v

    これは私の場合であって、私が大丈夫だったから他の人も安全とは言い切れませんので!!

    ユーザーID:

  • 手放せなかった

    私は妊娠したとたん鼻詰まりはがものすごくなりました。

    市販の点鼻薬の方がよくきくので、パブロン点鼻薬をいつも常備していました。

    妊娠以前から風邪をひくと鼻詰まり、酒を飲んでも鼻詰まり、泣いても鼻詰まりと、一年中点鼻薬のお世話になってはいましたが、妊娠中は一時間に一回はやってました。

    陣痛室、分娩室でも持ち込んでいました。

    でも子供はまったくの健常児で、2歳になる今でも健康で元気。

    出産後は思い切ってレーザー治療をし、点鼻薬とはさよならになりました。2年くらいはたっていますが、そろそろまた治療(焼いた粘膜は再生してくるから)が必要かなという感触なので、近々またやります。

    毎月のように点鼻薬をかうことを考えれば、保険がきき診察代をいれても6千円前後(もっと安かったかな?)でやれたので経済効果もあります。

    ただ妊娠中は粘膜が敏感で出血しやすいので手術はしてくれません。

    出産後も鼻詰まりがひどかったらレーザー治療をおすすめします。

    ユーザーID:

  • 今のところ問題なし

    私は四人産みましたがみんな健康で異常ないですよ。
    でも医者でも100%大丈夫とは言えない様なので何とも言えませんが・・・・
    でも多分大丈夫!!だと思います。

    ユーザーID:

  • 横ですが、

    鎮痛剤のイブプロフェンや、アスピリンは、妊娠中はやめた方がいいと、私の読んでいる妊娠本には書いてあります。私は米国在住なので、日本の産婦人科とこちらの産婦人科では意見がちがうこともあると思いますが。鎮痛剤は、かわりにアセトアミノフェンが主成分のものは害がないと言われています。

    こちらでは、TYLENOLという薬がそうですが、日本にも同じようなものがあると思います。

    ユーザーID:

  • 皆様、ありがとうございます。

    多くの方がご親切に情報を下さり感謝しています。

    経験者の方からのアドバイスを読み気が楽になりました。
    妊娠中に点鼻薬など使用されていた方も赤ちゃんに何事もなかったのことで、本当にホッと致しました。

    もちろんこれからは安易に使わないように気をつけますが、ずっとクヨクヨと神経質に気にすることの方が良くないですね。

    皆様、ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 私も!

    現在7週目で点鼻薬使用中です。 

    毎日これがないと鼻呼吸不可能になります。海外なので使用している薬は違うけれど、多分日本のものより強い効果のあるものだと思います。それでも医師(イギリス人)は影響はないと断言しています。それどころか私は4週目にひどい風邪をひいて、5日間妊婦の服用はすすめられないような抗生剤を妊娠に気づかず飲んでいました。

    これにも先生は影響がでることは滅多にないのだからくよくよしないようにと励ましてくれました。

    そうです、あまりネットや本で調べて不安になるとお腹の赤ちゃんによくないですから、忘れてしまいましょう! お互い元気な子に恵まれますようお祈りいたします。

    ユーザーID:

  • tylenol fanさん

    欧米では劇症肝炎患者の90%以上がアセトアミノフェンによるものだということをご存知ですか?若い人なら劇症肝炎の死亡率は50%くらいだと思いますよ。私は危険な薬だという印象ですが。

    子供にはアスピリンが使えないので(ライ症候群になることがあるので)アセトアミノフェンを使うしかないのです。私は成人なのでアセトアミノフェンは使わないようにしています。

    どの薬剤も一長一短でこれが絶対安全というものはありません。年齢、状態に応じて医師は使い分けているのです。

    ユーザーID:

  • 耳鼻科に

     私は念の為、耳鼻科に行きました。ドクターに妊娠中であることを言ったら、軽めのお薬を処方してもらいました。それでも一日に1〜2回の点鼻で抑えてくださいなどの注意事項も言われましたよ。
     
     何の知識も無い素人の自分が適当に選んで、薬の影響じゃないかもしれなくても子供に何かしらの異常が出てきたときに「もしかしたら…」と後悔したくなかったので…。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧