アメリカで買う魚の日本名?

レス12
お気に入り0

日本人

学ぶ

魚を食べたいんですが、アメリカで買っても、日本ではどういう魚なのか、時々わからなくなって困っています。
 たとえば、Orange Roghyって言う魚が私は好きですが、これって辞書を見ても出てませんでした。
 ツナや、さば、たら、たい、すずき、ひらめとか、いわしや、なまずとかはわかるんですが、Orange Roughyや、Croaker(もしかしてCloaker?)はありませんでした。
 いったい日本ではどんなのに該当するんでしょうか?
 ぁ、それから、これはおいしいぞって言う魚、ありましたら、お教えください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日本では地方に行かないと買えないでしょう

    図鑑で調べました。Croakerは、ニベ、グチ、イシモチの類です。イシモチの干物は韓国で高級品です。日本では、石持以外魚屋に並ぶことはないですね。高級蒲鉾の材料になるみたいです。デパートで高い蒲鉾を見つけたら裏の原材料を見てください。スケソウダラの次にグチがあると思います。もう一種は暇なときに調べて見ます。綴りはどちらが正しいのですか?uが入るのですか?
    現物が見られれば見当がつくんですがね。

    ユーザーID:

  • 検索しないの?

    <OrangeRoghy>
    ニュージーランド辺りの深海1200mに生息する体長30cmほどのキンメダイ目ヒウチダイ科の魚だそうです。
    写真をみたら、確かにキンメダイに良く似てました。

    <Croaker>
    ニベ科の魚で、日本ではグチと呼ばれてます。white croakerならイシモチらしいです。


    って、ネットで検索したら軽くこれくらいのことはわかりましたけど・・・
    せっかくパソコンがあるのだから、もっと活用しましょうね。

    ユーザーID:

  • 魚は食べませんが。

    こんにちは。
    在米です。
    魚はほとんど食べませんが・・・。

    ご質問の答え(?)ですが、
    Orange Roughyはわかりませんでした。ごめんなさい。
    Croakerは、ニベ科の魚で、日本では「イシモチ」と言われる魚の仲間のようです。

    こちらをご参考までにどうぞ。
    http://www.shunmaga.jp/zukan/gyokairui/nibe/nibe.htm

    お魚のおいしい場所に住んでおられるのでしょうか?
    家では冷凍のサーモンしか食べないので、羨ましいです。

    ユーザーID:

  • 金目鯛

    調べてみました。そしたらわかりました。
    キンメダイって出てました。そうですか、鯛の一種だったんですね。
    一応、報告までです。でも、味はバター風味でとてもおいしいですね、あのオレンジラフィーって魚。

    ユーザーID:

  • 半分分かりました

    ダイビングを趣味にしています。カリブ海出張中にアメリカ圏(大西洋)固有種の魚を調べたくて図鑑を購入してきました。手元にあるので調べてみました。

    Croaker (Reef, Striped, Black)
    Drum - Sciaenidae(ニベ)
    → 日本のものとは異なるようです。カリブ海、北大西洋の固有種のものが食用となっているのでは。

    Orange Roghy (Roughy)
    → 日本産魚類生態大図鑑で調べましたが良く分かりません。魚の写真の英文HPを見つけましたが深海魚のようですね。オーストラリア、ニュージーランドで水揚げされてアメリカの市場に出ているそうです。

    日本でも昔は銀だらと言っていたのが外国産の魚を日本で取れた魚と同じような名前が紛らわしいと言ってメロと改称していたりします。

    美味しくて安全なら良いじゃんと思うのですけどね。

    ユーザーID:

  • オレンジラフィー

    日本では「ヒウチダイ」とか「あぶらごそ」とかで売られているようです。
    http://www.zukan-bouz.com/kinmedai/hiutidai.html

    ユーザーID:

  • 続編です

    Orange Roghyは、奥が深かったです。実際深海に住んでいて、なんと寿命が100年から150年もあるらしいです。NZ、オーストラリア、チリ沖で取れ、乱獲により資源管理の必要性が問われるモデルケースになっています。

    性成熟に25年もかかるそうですので、いったん大量に取ったら資源の回復が困難なのは素人でも分かります。確実に近い将来、アメリカでも安い値段では買えなくなりますね。日本にも少量ですが、輸入されているらしいですが、今は魚名の正しい表示が義務化してますのでヒウチダイでは誰も買わないでしょうね。今後も長期に安定的供給がなされるなら、それなりに広告活動もあるのでしょうが。

    かつて、メルルーサという安い白身深海魚が出回りました。ソコダラの一種で見た目は悪いのですが、切り身ならわかりませんしね。でも人気が出たのと、乱獲で資源が減少して値段が上がり、姿を消しました。

    日本人は、一応、魚の知識があるの人が多いので知らない魚は買いませんね。アメリカは、単に白身の魚という見方しかしないので売り易いのでしょう。そういう意味では、世界の深海魚が選び放題なのかも。

    ユーザーID:

  • 金目鯛は

    鯛の仲間ではありませんよ

    ユーザーID:

  • オレンジラフィー

    Orange Roughyおいしいですよね。確かRoughyにはUが入っていたと思ったけれど、なくてもいいのかな。なにはともあれ、これって深海魚なんですか。長さんの紹介してくださったサイトで写真をみたけれど、いやー、目がぎょろんとしているし、口元なんて、いかにも深海って雰囲気ですね。

    私もアメリカに住んでますが、Orange Roughyは冷凍の切り身が袋に入っているのしかお目にかかったことがありませんでした。

    解体される前のお姿を拝見できて嬉しかったです。それにしても長生き。成熟に25年もかかるんですか。勉強になりました。

    ユーザーID:

  • さすが小町!

    こういうトピは楽しいですね。
    友達の悪口や近所の人間関係、姑との確執なんかは読んでいるとこちらの心にまで毒を注がれてくるような気がして敬遠していますが、こんな素朴な疑問に素早く答えてくれる人たちもいるんですね。
    なかなか小町も捨てたもんじゃありません。

    ユーザーID:

  • 海外で日本食を作るなら必見!?

    http://www.kolisinn.com/market/fish.html
    コリスインというサイトです。

    私も他のWebで「カルビを買いたいのだが何といえばいいのじゃ??」と質問したところ、こちらのサイトを教えて頂きました。
    肉、魚、野菜、果物、香辛料、乳製品。。。と大変詳しく解説してあります。
    海外で日本食を作るなら必見サイト(大げさか?)ですよぉ。

    ユーザーID:

  • 減量食材として人気が

    米国在住者です。オレンジラフィーに関する余談ですがこのお魚はボディビルダー界での減量食材として人気が高いんですよ。口当たりは非常に脂ものっていて食べやすいせいもあるでしょう。しかしその脂分は、切り身三切れ以上を一度に食べるような量を摂るとはっきり分かりますが、便と共に排出されます。信じ難い話ですが排便した際にオレンジ色のオイルが浮きます。しかしながらこの魚で減量している人は大抵脂肪分の無い引き締まった身体をしています。ただし量を食べるには高価な事も事実ですね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧