趣味・教育・教養

「責任を持って飼う」と言う事

レス56
お気に入り0

学ぶ

私は結婚して、実家から離れたところに住んでいます。

2ヶ月程前から実家で柴犬(メス)を飼い始めました。
妹が友達から貰ってきたそうで、家族一同とても大切に育てています。

久しぶりに実家へ帰った時、飼い犬が避妊手術をしていた事を知りました。
父曰く、「商売道具にしたり、無駄に子供を作っても可哀想なだけだ。責任を持って飼うと言うのは、こういう事なんだ。」と言いました。
父の言っている事も理解できなくはないのですが、何となく切ない気持ちになりました。

そこでお聞きしたいのです。
「責任を持って飼う」と言う事について、どうお考えですか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数56

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それで良いと思います

    繁殖させるつもりがないのならば避妊手術は当然のことでしょう。
    子供が産めないなんてかわいそうと思っているのかもしれませんが、とぴぬしさんの実家にいる犬でとぴぬしさんが世話をしているわけではないですよね。

    子犬が生まれたら引き取り手を見つけたりしなければならないわけですがそれを受け追うつもりはあるのでしょうか?
    引き取り手が見付からなかったら、どうするのですか?

    避妊手術をしなければ、毎年考慮しなければならないことなのでよ。
    また生理のある犬は、近所のオス犬を引き寄せたりすることもありますから、近所迷惑の原因にもなります。、

    手術をしないまま繁殖させないと犬や猫はいわゆる婦人科系の病気になりやすくなりますよ。避妊手術は自然に反していると思うかもしれませんが、繁殖させないことも自然の摂理に反しています。

    どちらかをえらぶのならば犬に負担が少ないほうがよいとおもいます。

    ユーザーID:

  • と言いますか

    「避妊手術」が割り切れないという理屈がわからないです。
    あなたは犬も人間と同じように結婚して子供産むのが
    幸せと考えてますか?
    でも子犬は一度に5匹くらい産まれますので、
    貰い手がなければ保険所行きです。
    そんなの子犬にとってあまりにかわいそうです。
    避妊対策をするのを虐待のように言われてもね。

    ユーザーID:

  • そういう事だと思います

    うちのわんちゃんは、捨て犬でした。シェルターにいたとき、里親になりました。職員の方からも、“避妊と登録をしてあげてね”と言われたのもありますが、お父様と同じ気持ちで、避妊手術をしました。

    日本だけでも年間何十万頭もの犬や猫が人間の身勝手な理由で命を落とします。それも安楽死ではなく、窒息死によって苦しんで最後を迎えています。

    捨てられた犬や猫たちが心無い人たちによって、虐待もされています。それなのに、ペットショップやブリーダーから新しい子犬や子猫が、それもただの流行とかで売られて行きます。その影で、人間と同じ価値を持った命が苦しんで失われているのです。

    子犬や子猫たちが生まれて、何匹も何匹も一生飼える家庭がどれほどあるのでしょう。ほとんどないですよね。

    もらわれていった子達が最後までかわいがってもらえるという保障がありますか?粗末に扱われる命をやたら増やす前に、生まないようにする、それが飼い主の責任だと思います。

    ユーザーID:

  • 今の日本の現状では・・・

    お父様の決断、私は間違ってないと思いますよ。現状では避妊は飼い主の責任だと思います。
    一日に保健所で処分されていく動物たちの数を知ってますか? きれいごとでは済まされない現実があります。
    それよりも私が怒りを覚えるのは、安易に出産をさせて面倒もみずに放置する飼い主や、最悪の環境で繁殖を続けるブリーダーです。
    私はノラ猫を保護して飼っていますが、何匹保護しても、平気で捨てていく人たちのせいで、可哀相な猫たちの数は減りません。虚しい気持ちになりますが、ノラ猫たちを見捨てることはできないのでがんばっています。
    ペットショップの売りっぱなしの営業方針も許せないし、弱者に厳しい今の日本は、本当に豊かな国なのか?と日々疑問に思います。
    トピ主さんもいつか動物を飼うことになったら、最後まで面倒をみて、きちんと避妊をしてあげてくださいね。それが飼い主の「責任」です。

    ユーザーID:

  • こういうことではないですか?

    社会に迷惑を与えないように責任もって育てるということではないですか?

    ユーザーID:

  • そういう人は多いかな。

     生まれた分にも責任を持つ、生まれた分は責任もてないというなら、避妊する、という意味なのではないでしょうか。
     別の方法で雄犬と合わせない、子犬が産まれたら子犬も育てるなり里親を見つけるなりする、というのも、責任を持って飼うことになると思います。。

    ユーザーID:

  • お父さんは正しい

    トピ主さんは動物を飼うのは初めてですか?犬はオスメスとも、繁殖させる目的がなければ、避妊手術をさせるか、一生子供を産ませないように飼い主が配慮するのが犬の健康にとっていちばんだそうです。発情期に鳴き叫んだり、落ち着きもなくなります。それが毎年続き、犬にとっても、飼い主にとっても精神的によくありません。それに、子犬が産まれたときに、引き取り手を探さなければいけませんし、母犬と子犬を引き離すのもかわいそうです。人間本位ではありますが、ペットとして飼うのでしたら、それが責任を持って飼うということであり、ご近所など周りに迷惑をかけないということです。

    ユーザーID:

  • 正解のひとつ

    商売にする気がないということなら、お父様の取られた処置は
    正しいと思います。
    確かに仔犬はかわいいですし、子孫を増やすのが本来の姿かも
    しれません。ただし、産まれた仔犬に責任を持つというのは
    現実問題として、非常に難しいことなのも事実です。

    人間に飼われた時点で、動物にとっては不幸とも言えるんですよね。
    だから飼う限りは、人間の都合に合わせてもいいから、そのかわり
    その1頭に関しては生涯面倒を見続ける。それでいいと思うんです。

    ユーザーID:

  • お父様のおっしゃるとおりだと思います

    そのほかには、動物も当然老齢になれば人間のように介護が必要になります。ですから、最終的に介護をきちんとして天寿をまっとうさせてあげることと思います。

    ユーザーID:

  • お父さんと同意見

    何万もする避妊手術をちゃんとしてあげるお父さんは、責任ある飼い主だと思います。

    ユーザーID:

  • 切ない気持ちの理由は?

    犬の避妊手術やお父様の言葉からトピ主さんが切ない気持ちになったのはなぜですか?
    また、トピ主さんの考える「責任を持って飼う」とはどういうことですか?

    まずはトピ主さんのお考えを聞いてみたいです。


    なお私は、ペットの繁殖(繁殖させるかどうか、繁殖させた場合生まれた子供はどうするかなど)は飼い主の責任範疇に入ると思っています。

    ユーザーID:

  • あえて言うなら

    そうですね、生き物である以上、繁殖は本能。
    人間の都合で勝手に避妊は可哀相。

    と思う人が居ても、それもおかしくありませんね。
    ただし、そう思う人は、生まれた子犬に安全な飼い主を
    探す責任を負い、そしてもし引き取り手が居なかった
    時は全部引き取って育てる事を覚悟している。
    その必要があると思いますよ。

    ちなみにそうなったら、きょうだい同士で繁殖しても
    困りますので、子供達は避妊が無難でしょう。

    そこまで考えて避妊を拒否しているのであれば、
    私はその人を「責任を持った飼い主」だと認めますね。
    実際そういう人も居ますよ。

    大好きな子の子供を継いで行きたい、そう思って繁殖
    させてる人が居ますが、勿論子供は飼うんです。

    それが出来ない時は避妊しましょう。
    人間の勝手で避妊するのです、その罪悪感も全部
    引き受けて手術をしましょう。
    お父様はちゃんと勉強されておられますよ。

    感情論でかわいそうな犬を増やすのは論外でしょうね。

    ユーザーID:

  • 避妊手術というのは

    繁殖させないという目的もありますが、
    将来犬が生殖器系の病気になることの予防にもなるんですよ。

    私の実家の犬は、最初避妊手術が可哀相でしませんでした。
    そうしたら、乳腺腫にはなるは、子宮蓄膿にはなるで結局子宮も卵巣も手術で取ってしまいました。
    こんなに苦しめてしまうのなら、もっと前に避妊手術しておくんだったと後悔しました。

    もちろん手術しないから将来病気に必ずなるとは限りませんが、避妊手術である程度病気になる確率は下げられます。

    そういう意味もあり、犬に避妊手術をして「責任を持って飼う」ことによって犬も飼い主も幸せになれるのだと思います。

    ユーザーID:

  • 子犬を産ませないのなら

    子犬を産ませないつもりなら、
    避妊手術したほうが返って犬のためにもなります。
    使わない子宮は犬が歳を取れば病気の原因になります。

    でも、避妊するとホルモンバラスの影響で太りやすくなるので
    食事と運動の管理はちゃんとやってあげないと犬のお腹が丸太になるよ。
    気をつけてね。

    「責任を持って飼う」ということは、犬の健康管理と躾けに心がけ、
    また子犬を産ませるのならその親元を探す又は飼う覚悟が必要ということだと思います。

    ユーザーID:

  • 気持ちわかりますよ

    私も犬を飼っていてもうすぐ1歳になりますが2ヶ月前に避妊手術をしました。
    この子の子供を・・って考えたこともありますがいろいろ悩んで、子供を持たないならこの子の体のことを考えて避妊手術を決めました。

    ただ手術が終わるまでは「本当にこれでいいのか」って不安でした。
    ・・だからトビ主さんの気持ち少しわかります。
    健康な体から健康な子宮と卵巣を取るなんて・・って、私に子供がいないので本当の娘のように悩みました。切なかったです。

    私が考える「責任を持って飼う」ってことは、そのワンコが幸せななるように飼う事だと思います。子供を持たないなら避妊手術も必要だと思います。

    ・・・が、トビ主さんの割り切れない気持ちもわかります。
    ウチのワンコには本人の意思とは関係なく(聞けないけど)手術をしちゃって、手術後は恐怖心で震えてたのを見てごめんね・・って気持ちが消えませんが、その分長生きして幸せになろうね・・って思ってます。

    トビ主さんの答えにはなってないけど、あと15年以上は一緒に生きようね・・って大切にすることが私の責任かなぁ。

    ユーザーID:

  • 初めて

    これまで何度もオス犬を飼ってきましたが、去勢せずに天寿をまっとうしてました。
    いつも自分が犬とは思っていないのか、オンナの子には興味がないようなタイプばかりで、その必要がなかったのです。

    今回、初めて女の子を飼う事になりました。
    年に2回ヒートが来るし、産ませない選択をすると婦人系の疾患にかかりやすくなるとの説明も受けました。

    ウチの子の場合、先天性の病気を持って産まれてきたのを承知で飼ったので繁殖には耐えられない、、という事もあり、悩みに悩みましたが来月、避妊手術をする決意をしました。

    万全の体制で、3泊4日の入院になるそうです。
    つらいですけど、頑張って欲しいです。

    ペットを責任を持って飼う、、というのはつらい選択もしなければならないとおもっています。

    ユーザーID:

  • 大事なことは愛情

    毎日のお世話はもちろんのこと、
    (ごはん、お手入れ、散歩)
    毎年の狂犬病予防接種、ワクチン、フィラリア予防
    をかかさず、健康状態に気遣い、
    よそ様の迷惑をかけないように、
    死ぬまで、面倒をみるということが、
    責任のある飼い方だと思います。

    残念ながら、捨て犬を増やさないための避妊の考えもあれば、一般的には、婦人病になりにくいための避妊
    の考え方もあります。生理もあるわけで、そんなわずらしさから逃れるための避妊の考えもあります。(部屋が汚れる、万が一、子供が出来てしまうかもしれない)
    さかりは犬にとってストレスとなるのでするという考えもあります。

    要は、飼い主の考え方次第で、避妊をするのです。
    犬のためでもあるし、飼い主のためでもあるのです。
    もちろん、避妊をしないで、幸せに暮らしてる犬も
    いるでしょう。

    毎日の犬の世話は大変なことです。
    生き物に対しての愛情がなければ・・・
    死ぬまで、かわいがってあげること、
    それが、一番、重要だと思います。

    ユーザーID:

  • それでいいと思う

    実家では犬を飼っています。

    10年ほど前に父が動物保護センターのようなところで貰って来た雑種のオスです。
    貰う条件が予防接種と避妊手術でしたし、私達としてもよそで子供を作ったりしても困るので言われなくてもするつもりでした。

    ところが避妊手術をしていることを話すと、非難してくる人がいるんです・・・
    そんなことして可哀想って。

    でも避妊手術しないで子供ができて、誰もその子供を飼えなかったらどうするつもり??
    育てられない子供を作って、いらなければ保健所で処分してもらえばいいって言わんばかりの考えには共感できません。

    実家の犬も子供が生まれたけど育てられないからいらないと施設に持ち込まれた犬です。
    どれだけの罪もない子犬や子猫が殺処分されているのか、現実を見て欲しいです。

    以前、動物の殺処分にもかかわるような仕事をしていたので、感情論だけでとやかく言う人はホントわかってない無責任な人だなと呆れます。

    ユーザーID:

  • みんなしてるよ。

    ウチの猫も犬も生後6ヶ月で手術しました。

    理由は、猫は外に遊びに行くので妊娠する可能性があるし、マンション(ペット可)で飼ってるので犬は生理中の女のコ犬の匂いが漂ってくると吠えたり外に飛び出して事故に遭う可能性があったからです。手術すれば病気も防げます。

    友達はかわいそうだと手術しなかったせいでヨーキーが子宮ガンになって死んでしまい、手術しなかった事を悔やんでます。他の方も書いてますが、1度に5匹くらい生まれるので、事前に5人の人から「生まれたら欲しい」と言われない限り、出産させられないでしょう?生まれた後で「やっぱりいらない」なんて言われても困るし。

    お散歩で会うコもだいたいみんな手術してますよ。

    ユーザーID:

  • 責任とは・・・

    こんばんは

    柴犬はかわいく今ではペットではなく家族の一員として見られています

    避妊手術など自然なこととかけ離れているというかたもまだまだ少なくはありません

    以前動物看護士として働いていた私の意見を書かせていただきますと
    避妊手術1つ行うとしても飼い主さんはとても悩まれていました
    果たしてこの子にとってはどちらがよいのか?

    ワンちゃんは半年から1年に1度は発情期がきて陰部からの出血もあり
    そのあとかたづけなどの問題
    そして歳をとれば病気の確立が高くなり
    麻酔の安全度も低くなるのもあります

    色々選択し幸せに暮らしていくことを考えるのは
    難しいですがそれが責任ではないかと私は考えています

    私にも可愛い家族が2匹(フェレット・チンチラ)がいるので
    いつまでも元気な姿を見せてくれていることに感謝しています

    ユーザーID:

  • 私も皆さんに賛成です

    うちのわんこを飼いだした時、
    事情があって、避妊手術を延期している間に、さかりが来てしまいました。

    幸い、その3週間、当地は記録的な寒波に襲われ、
    毎日、最高気温が氷点下10度前後という日が続き、
    どこの家も犬を表に放さなかったので、本当に助かりました。

    私の住んでいるところは、アメリカの田舎なので、
    柵なしで放し飼いという犬もいるのです。
    本当なら、家の周りは、オス犬だらけになっていたそうです。

    とはいえ、出血の始末、大変でした。
    これが1年に2回というのは、ブリーダーの方でなかったら、
    やはりできない事だと思います。 私も1回でこりごり。 

    ユーザーID:

  • そうですねぇ

    虐待されたり、保健所で殺されてゆく野良さんやペット達の現状を綴った本やサイトがいくつもありますので、検索して是非読んでください。

    トピ主さんの、今の切なさを超える「現実」がいっぱい書かれています。
    私はお父さんの考え方に共感します。

    ユーザーID:

  • 誰に対する責任か

    人間に飼われる犬の幸せを責任をもって死ぬまで面倒みるということか

    犬を飼うことで社会にたいして迷惑をかけないように責任をもつか

    ということだと思います。

    前者は、清潔に健康に過ごせるようにすること
    後者は、お父さんの意見と同じですよね。

    ユーザーID:

  • 父は正しい

    切ないとかかわいそうで済まない事です。

    ユーザーID:

  • 死ぬ日まで世話をするということ

    私は、トピ主さんのお父様の決断は正しいと思いますよ。引き取り手の目処も立たないのに妊娠・出産させて「さあ、子犬たちをどうしよう?」と途方にくれるよりも、きちんと避妊手術を受けさせる方が遥かに賢明だと思います。

    私も愛犬のマルチーズと12年近く暮らしています。
    今までに韓国・日本・フランス・イギリス・スペインと我が愛犬と共に移り住んで来ました。手続きや移動など大変なこともありますが、家族の一員なので世話をするのは当然だと思っています。

    飼ってしまった以上は、愛犬が息を引き取る最後の瞬間まで見届けるつもりです。それが、「責任を持って飼う」ということだと思います。

    ユーザーID:

  • 責任を持つという事。

    子犬が生まれることを望まないなら、去勢すべきです。

    繁殖期になると、うるさくて近所迷惑なだけではなく、犬自身もかわいそうです。それとも望まぬ妊娠をして、その子犬たちを、不幸にする方がいいのですか?

    トピ主の「切なさ」には理解しかねます。そういう無責任さが、保健所行きの動物を増やします。

    ユーザーID:

  • 正しいと思います

    避妊手術をするか否かは別として、「商売道具にしたり、無駄に子供を作っても可哀想だ」という考えは、「責任を持って飼う」ってことだと思います。

    子供を産ませても、その子犬がどこに貰われるかわからないし、幸せに暮らせるかもわからない。
    だから、軽率に子を持たせるようなことはしたくない、ってことなんじゃないですか?

    ユーザーID:

  • お父さん素晴らしい

    私も無知だった時は、トピ主さんと同じように考えていました。”去勢された犬って可愛そう”と。

    しかし、”利益だけのために犬を繁殖させる”という事実と、”一年に何百匹も保健所で殺されていく”事実を知ってからは、去勢がいかに大事かを知りました。犬を繁殖させる事は、保健所で殺される犬を
    増やす一因となるのです。

    それと去勢によるアドバンテージもあるんですよ。
    もし良かったらインターネットで調べてみてください。たくさんの情報が得られますよ。

    ユーザーID:

  • なにもしないよりは

     人間が動物たちにとってできることを何でもしてやる、というのが人間社会の一部として動物を扱う姿勢だと思います。それが間違っていることが分かればただせばいいし、代案があるならそれも試してみるといい。でも「何かをしないでおく」「省略する」という姿勢(去勢をしても、その後のケアを「しない」とか、去勢もしなければ面倒も見ないとか)は良くないと思います。

     もしトピ主さんが何かふに落ちないのであれば、ちゃんと代案か労力を提供すべきだと思います。

     去勢させたくないなら、「去勢しなくてもすむ状態」さえ確保できればいいと思います。できないことないはずですよ。お金と手間と時間がかかりますが。しかしそれすら「難しい」といっているくらいなら、そもそも犬を飼った気になるのは間違いだと思います。

    ユーザーID:

  • あなたは責任をどう考えてるの?

    犬は人間と暮らすようになってから、人間の保護や管理なしでは暮らせない状態になっています。

    できるだけ自然のままにがベストですが、それは理想論。
    繁殖についても人間が管理するのが好ましいと思います。

    人間は子供を自分の責任で育てていきますし、里親に出すことは殆んど無いでしょう。
    でも犬は?ほとんどが里親に出されるのではないでしょうか。繁殖はさせないけど避妊手術は、、、とトピ主さんがお考えなら、それは勉強不足です。

    避妊や去勢手術のメリットって多いんですよ。
    女性ホルモンの影響を受ける病気(子宮蓄膿症・卵巣腫瘍・乳腺腫瘍など)の予防になる事はご存知ですか?

    http://www2.memenet.or.jp/~terada/umaseru.htm

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧