お勧めの本を教えてください。

レス5
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

本の虫

先日知人に教えてもらって「夜と霧」というユダヤ人のお医者さんの強制収容所での体験記を読みました。
人間の尊厳というか生きる意味について考えさせられとても感動しました。

世の中にはまだまだ私の知らない良い本がたくさんあるのだと思います。
今比較的本を読む時間がとれるのでこの機会にそういう本を読んでおきたいと思っています。

そこでみなさんにお願いです。
みなさんがこれまで読んで感動した、これは他の人にも読んでほしい!という本を教えていただけるでしょうか?

まだ見ぬ良書とであうのが楽しみです^^

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 読めば分かる。人生が変わる本。

    C.W.ニコル著勇 魚』 文藝春秋社  上.下

    物語の流れに乗るまでちょっとしんどいですが、
    年間400冊ほど読む私の、?1です。

    ウェールズ出身で日本に帰化した、ナチュラリストとして有名なおじさん、というイメージが強いニコル氏ですが、著作すべて傑作です。本書は「日本人」としての意地を感じる渾身の一作、歴史作品です。

    最近の話題本にありがちな「感動の押し売り」では決してなく、この物語を主人公と共に体験したものでしか感じられない感情で、読み終わった後、胸がいっぱいになり、とめどなく流れる涙を止められませんでした。

    ある意味、本当に「本が好き」な舌の肥えた読み手でないと、感動に到達することが難しい作品といえます。

    もし、本書がお気に召したら、続編の講談社『盟 約』 文藝春秋『遭敵海域』も読んでみてください。

    ユーザーID:

  • かなりおもーい作品ばかりですが。

    「夜と霧」で感動されたとのことなので、プリーモレーウ゛ィの作品もいいのではないでしょうか。
    やはりアウシュビッツからの生還者のイタリアの方で、数冊の著書を残し、突然自殺されました。
    私の一番のお勧めは「溺れるものと救われるもの」これはもう体験記というより哲学書といえます。

    フランスのマルタン・デュ・ガールの「チボー家の人々」はかなりの長編ですが、古さを感じさせず、日本語訳も素晴らしく(私は外国作品の良し悪しは、原文を読めない場合は訳者にかかってるといっても過言ではないと思っています)名作です。

    最近の作品も多く読みますし、素晴らしいのはたくさんあると思いますが、その辺は情報も集めやすいと思いますので、全く違う視点から選んでみました。参考になれば嬉しいです。

    良い本に出逢えると良いですね!

    ユーザーID:

  • 『明日の記憶』

    既にお読みかもしれませんが、『明日の記憶』(荻原浩)をお勧めします。

    50歳の広告代理店に勤める男性が、若年性アルツハイマーに罹り、最後には奥さんの顔さえわからなくなってしまうという物語です。

    テーマはとても重いのですが、悲しいだけではなくラストシーンがとても感動的です。

    ユーザーID:

  • シルバーバーチの霊訓

    >人間の尊厳というか生きる意味について考えさせられとても感動しました。
    という感想を持たれるトピ主さんの希望に叶う本だと思います。

    「シルバーバーチの霊訓」1〜12巻 近藤千雄 訳:潮文社

    人が生まれてくる理由、生きる意味、生きている間にしておくべきことなど、
    人生でいちばん大切なことを教えてくれます。
    スピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏は若い頃この本に出会い感動し
    今の道に進む決意をされたそうです。

    霊能力あるなしに関係なくこの本を読むと、魂が揺さぶられます。
    この本の内容を知らないまま人生終えてはもったいないですし、
    生きているうちに知っておくべきこと、成すべき重要なことがあったのです。
    私も価値観や人生観が変わるほど影響を受け、
    この本に出会えて心の底から良かったーと言えます。

    良書の中の良書です。是非読んでみてください。

    ユーザーID:

  • みなさんありがとうございました。

    トピ主です。
    みなさん教えていただいてありがとうございました。

    >活字中毒者さん
    ニコルさんについては知っていましたが著書は
    まだ読んだことがありませんでした。
    読んでみます。ありがとうございます。
    多分日本人以上に日本人的な考えを持たれた方なんでしょうね。読むのが楽しみです。

    >ギアさん
    アウシュビッツに関係した本は何故か惹かれてしまいます。多分極限状態では人間ひとりひとりの本性が試されるんじゃないかと思います。辛い状態の中でみる人間の優しさや愛はいつ読んでも心が動かされます。
    著者の方が自殺なさったそうで残念です。
    繊細な方だったんでしょうね。
    読んでみます。

    >桜さん
    まだその本は知りませんでした.
    現在でもいろんな苦悩に対面した方がいらっしゃいますよね。同じ国に住む方の話ということで一度読んでみたいと思います。

    みなさん本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧