• ホーム
  • 話題
  • サリン事件の時、地下鉄に乗ってらした方

サリン事件の時、地下鉄に乗ってらした方

レス14
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

あじ

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 霞ヶ関駅にいました

    タイトル通りです。千代田線のホームで、亡くなった駅員の方が倒れているところを目撃しました。私自身は構内を歩いている途中にシンナーか何かを吸ったような刺激をノドと胸のあたりに感じましたが、外に出て歩いているうちに症状は消えたので、そのまま病院には行きませんでした。

    目には何も症状は出ませんでしたが、その後ものすごく疲れやすくなり、集中力が極端になくなったと感じます。もちろん、事件との因果関係は不明です。単に年を取っているせいなのかもしれません(事件当時は30歳)。あと、事件後5、6年くらいは、電車に乗っていてパニック症状を起こすことがたまにありました。電車通勤が辛くなり、しばらくはマイカーで通っていましたが、結局半年後くらいに会社を辞めました。

    私も自分の不調とサリンとの因果関係については知りたいです。でも、データがないのでわからないだろうとあきらめています。命があっただけでも運が良かったと思っています。

    ユーザーID:

  • 乗るのを止められた者です。

     当日、用事で地下鉄に乗ろうとしたら「変な臭いがするから、今は乗らないほうがいい」と、改札で止められました。別の方法で用事を済ませて帰ってきたら、大騒ぎになっていました。
     近所で入院した人もいたし、当時は何が何だかわからなかったので、とりあえず大事ない人は病院に行かなかった(というか、近くの病院が対応しきれなかった)気がします。

     私は後遺症のようなものはありませんが、あれからサリンについての治療の研究も進んだと思います。今になって、という方は、今からでも病院を訪れてみてはいかがかと思います。

    ユーザーID:

  • 本郷三丁目

    事件発生から10〜20分経過した頃に本郷三丁目を通過しました。まだ何事が起きているのか把握出来ていなかったせいか、一度は全線ストップしていた丸の内線が運転再開した直後に乗ったようで自分は事件のことは何も知らずに大学にいき、そこで教授が『サリンなんて今時ありえないだろう!』という発言をしていたのを覚えています。そのときは一体何のことだかさっぱりわからなかったのですが…大学の最寄駅に救急車が数台横付けになっていたので被害に遭われた方がいたのだと思いますが幸い自分は難を逃れました。ただ暫くの間は地下鉄に乗るのが怖かったです。今でも不安な症状を抱えていらっしゃる方は『今更…』などと思わずに通院された方がいいと思います。それで何もなければ不安を払拭することは出来ますから…

    ユーザーID:

  • 築地にいました

    あじさん、こんにちは。トピを見て書かずにはいられなくなりました。

    私はあの日、日比谷線に乗っていました。築地に着いたら逆方向の電車がストップしていました。それがサリン電車でした。私の方向の電車も、私のが最後となりました。

    私が築地で下車したら、逆方面の電車の方がざわついていました。なんだろうとしばらく様子を見ていました。その電車で数人の方が亡くなりました。
    私自身はサリンを吸ったのかどうかもわかりません。
    ただ、異常な事態に慌てて地上に出ましたので、それほど多くは吸ってはいないでしょう。

    しかし、確かにその後、一気に視力が落ちました。それまで1.5あった視力が2年ほどで0.2まで落ち、集中力も前はずばぬけてあったのに今はからっきしなのです。サリンの影響とは、あじさんのスレを
    読むまでは思いもしませんでしたが、今になって思い当たり始めました。

    皆さんのその他の情報をお待ちしています。
    では・・・

    ユーザーID:

  • 遭遇はしていないのですが

    被害に遭ってないのに出てきてごめんなさいね。
    後遺症とも思われる症状があるとのこと。お辛いことですね。
    あのような事件が起きたこと、今も腹立たしい思いです。

    お読みになっている方も多いと思いますが、村上春樹さんの「アンダーグラウンド」に、事故後時間が経過しても、疲れやすくなったとか、目の不調を訴え続ける人が多いとありました。出版(97年)の時点では、サリンとの明確な因果関係は不明とのことでしたが。

    その後、リサーチされていないのでしょうか?研究が進んでいそうな気もするのですが・・・。体調が回復なさることを願ってやみません。

    ユーザーID:

  • 治療方法?研究?

    以前レスさせて頂いた者です。

    事件から10年が過ぎましたが、サリンの後遺症についての研究って本当に進んでるのでしょうか? サンプル数が少なすぎて、どれもおそらく仮説の域を出ていないのではと思います。

    私はサリン事件遭遇者であると同時に、両親ともに被爆した被爆二世でもあります。東京や神奈川など、一部の自治体では重篤な病気(ガンなど)の治療費をほぼ全額補填してもらえます。心強い反面、それは追跡調査の目的もあるんだろうと思います。私はサンプルのひとつというわけですね。被爆者の数というのは(二世や三世も含め)、世界的にサリン中毒患者の数よりはるかに多く、データも膨大です。それでも、さまざまな病気との因果関係など、まだまだわからないことの方が多いのです。

    もちろん、サリンを含む神経ガスの解毒方法などは、あの事件をきっかけにかなり確立されているでしょう。でも、被害者が慢性的な不調を訴えて病院に行っても、とりあえず対症療法的な治療しかしてもらえないのが現状です。

    私はあの亡くなった駅員さんに命を救われたようなものです。体の不調はありますが、あの方に恥ずかしくない生き方をしたいと思っています。

    ユーザーID:

  • さんまさん

    >しかし、確かにその後、一気に視力が落ちました。それまで1.5あった視力が2年ほどで0.2まで落ち、集中力も前はずばぬけてあったのに今はからっきしなのです。

    それは典型的な症状らしいですよ。先日NHKのプロジェクトXでやってました。サリンの患者さんを多く診ている聖路加病院などを是非お尋ねになって下さい。

    ユーザーID:

  • 思い出して今でもどきどきします。

    私はあの朝、通勤の為、有楽町線に乗っていました。
    突然電車が止まり、車内放送が入り、少したって「有楽町線は問題ないので出発します」とかいうちょっと意味不明な放送が入り、突然発車したのを覚えています。ホームで駅員さんがばたばたと走っていて、異様な光景でした。
    会社に着いて、しばらくは何も知らず仕事を続けていたら、実家の母から会社に電話が入って知りました。(携帯は当時それほど普及していなかったので)
    あういう気持ちは初めてでした。ぞっとしました。私は有楽町線内でなにも被害はなかったのに、それでもあの日のことは一生忘れられず、今でも思い出すとぞっとします。実際に被害に遭われた方のことを思うと、とても人事とは思えません。
    上手く言えませんが、こういう出来事が二度と起こらないように、被害者の方の健康が回復されますように願って止みません。

    ユーザーID:

  • リカバリーサポートセンター&聖路加病院

    http://www.rsc.or.jp/index.htm

    こちらのサイトを載せておきます。

    前の方がおっしゃってますが、聖路加病院(プロジェクトXにもでてましたよね)にもご連絡されたらいかがでしょうか?

    現場を自力で立ち去って、その結果治療が遅れた方にも後遺症がでているようです。検診を受けたほうがよろしいかと思います。

    私が寝坊したため数本遅い電車に乗る羽目になった身内が事件に巻き込まれました。幸い身内に後遺症はでておりませんが、私の不注意で苦労をかけてしまったことが今でも悔やまれます。

    ユーザーID:

  • お聞きしたいのですが

    サリン事件の翌日に地下鉄を利用しました。

    駅は消毒薬の匂いでしょうか、薬品臭がきつく鼻にツンときました。
    もう毒(サリン)は消えてるんだよね?とすごく心配になり、地下鉄使わなければ良かったと後悔しました。

    タクシーを使えば良かったのに、と。
    書き込みを観ていたら視力の事があり、私も徐々に視力が下がって行ったのでまた不安になり・・サリンとは関係なく、私個人の問題ですよね?
    一日経っていればもう大丈夫ですよね?

    こんな書き込みをして、不快に思われた方がいましたら本当にすみません。
    いつもどこかで不安に思っていた事なので、つい書いてしまいました。お許し下さい。

    ユーザーID:

  • あの時、偶然。。。

    あの日は丁度週末と祭日との間の平日でした。
    事件の二日前に思い立って温泉に行くことを決め、会社を休むことにしました。

    そして、事件。
    会社へ行っていたら。。。

    あの時間、あの車両。まさにサリンのまかれた車両に乗っていたはずでした。
    今こうしていられないはず。

    そう思うと、このちょっとした運命の差でこんなにも人生が変わってしまうものか、と今現在ながらも愕然とします。

    ユーザーID:

  • 頑張って下さい。

    私は知人を「松本サリン」で亡くしました。

    なぜ、知人がそんな事件に巻き込まれなければいけなかったのか、未だに解りません。その時にちゃんと「オウムの犯罪」と解っていれば「地下鉄サリン」も起きなかったでしょう。
    しかも、「死人に口なし」なので事件は風化していっているように思います。

    トピ主さん、体調も決して良くなる事はないし、これと言った補償も無く大変お辛いだろうと思います。

    だけど、被害にあった多くの人の為に「声を上げる」ことのできるトピ主さんにこれからも声を上げ続けて欲しいと思います。

    ユーザーID:

  • 友人の御父君はニアミス

    トピ主様、体調はいかがですか?
    きらっちょ様のおっしゃるとおり、前代未聞の大惨事だったため、後遺症については未知数の部分もあるのではないかと思います。
    何か気になることがあったら、博物館様からの情報を元に、早めの受診をお勧めします。
    おからだ、お大事になさってくださいね。

    私の友人のお父様の話ですが、事件当日、いつも乗るはずの千代田線に1本遅れてしまったそうです。
    が!
    毎日、まさに薬物を撒かれた車両に乗っていたのだそうです!
    その日に限って、寝坊してしまったことが幸いしたのです。
    友達のお父様は、このように命拾いしましたが、「もし寝坊しなかったら」と考えるだけで恐ろしいですし、実際、いつもどおりの時間に、いつもどおりの車両に乗っていた方が大多数だったのではないでしょうか。
    そして逆に、その日たまたま地下鉄を利用したという方も・・・
    運命と呼ぶには許されないテロ行為です。
    亡くなられた方のご冥福と、重症を負った方、後遺症やPTSDに苦しむ方がお健やかで平穏な日々を取り戻されることをお祈りすると共に、二度とこのようなことが起こらないよう、強く願います。

    ユーザーID:

  • 松本サリン事件ですが・・・

    眼の症状、確かにあります・・・。
    車の運転がしにくいと思うときも。

    今からでも遅くないです。
    病院に行ってはいかがでしょうか?
    私は事件から5年後に病院に行きました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧