• ホーム
  • 学ぶ
  • ご伝授ください 英語&数学の分かりやすい教え方

ご伝授ください 英語&数学の分かりやすい教え方

レス15
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

困った講師

私は、塾の個別指導の講師をしている者です。

講師を始めてしばらく経つのですが、最近教え始めた生徒(中学一年生の女の子)への教え方について、途方にくれております。

と言いますのも、今まではある程度の学力がある生徒たちを教えてきたのですが、この度教え始めた子は一年生での英語と数学の内容をほとんど理解していないのです。
どうにか、1年間分の勉強を取り戻したいようなのですが、週1日2時間のみの指導だけでそれをするのは無理があり、大変困惑しております。
彼女は何が分からないのかをも分かっていないような状態なのです。
もうすぐ二年生も始まってしまうので、じっくり詳しく教えるような時間はなく、正直、焦っております。

(家庭の金銭面もあるので)指導日数を増やす以外の方法で、少しでも彼女にとっていい指導の仕方をご伝授願いたいのです。
ちなみに、ご両親もあまり勉強は得意な方ではないようです。

教師、講師の経験者の方、もしくは、苦手教科を克服した経験をお持ちの方、どんな些細なこと、どんな方法でも構いません。ご伝授ください。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 数学は小学生範囲から。

     「週2時間」は、指導の時間で、後はそれの復習問題を家でやってもらうのがいいかと思います。

     数学は、小学校の算数を理解していないと中学のもわかりません。ちなみに、自分がどこが解らないか、わかっている子は「出来る子」です。解らないのが普通です。
     英語は、一年生の最初から、やはり時間をかけてやること。一日1時間はやっていましたが、1年分取り戻すなら、2時間くらいかな。時間というより、なじみが出ればいいので、洋楽を聴くとか洋画を見るとか、興味を持たせるのも一つです。

     どちらもいきなりは無理なので、1年分取り戻すなら1年計画ぐらいで気長にやりましょう。

    ユーザーID:

  • 英会話講師ですが

    私は学習塾というよりは英会話教室を開いている講師ですが、中一で躓くのであればまだ救いようはあります。

    ABC大文字・小文字からやり直しても間に合うと思います。また、簡単な文法しか中1ではやっていないのですから教科書をわかるまで繰り返しするのはどうですか?

    英語の歌を歌ったり。ゲームをして英語が楽しいと思わせたり。

    幼児から英会話を教えていますが会話だけではなく文字やその時に使うフレーズを教えているのでいざ、その子たちが中学になっても抵抗なく英語を勉強していってくれると思っています。
    実際小学校3年生から通ってきてくれてる現在中1の生徒は英語はほぼ満点を取ったと喜んでいました。テキストブックを使っていれば中一といわず文法・フレーズが出てきます。知らない間に身につき、中学校へいき、確信したのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 小学校から!

    元塾講師&家庭教師です。
    私の生徒でも「どこからわかってるの?」って子いました。
    やっぱり小学校からやり直すのがベストです。
    四則計算ぐらいは出来てると思うので分数からやりましょう。分数の加減乗除は、中学でもxやyが絡んで出ますよね?だからカッコを使ったものでも分数をキッチリ出来るようにしましょう。私は簡単なもの・3つ以上の数字が出るもの(A+B−Cとか)・数字がややこしいのと3種類の練習問題を100題ぐらいずつ作り、プリントを自作していました。
    あと、通分や約分がわからない子も多かったので、そこもいろんなおもちゃを使って教えました(フェルトで枝豆のサヤと豆をあらかじめいっぱい作って「サヤに3つずつ豆を入れると、枝豆何個できるかな?」とか。で、これが3の約分だというモデルを目で見せるんです。残った豆は分子に載せることもわかります。夜なべして作った甲斐は絶対にあります!)。
    分数がわかったらすっごく褒める。で、実際の高校入試の問題から単純な計算問題などで単純な分数だけで解けるものを解かせて、うまく出来たら大げさにほめる。これで結構数字アレルギーは撲滅できましたよ。

    ユーザーID:

  • その2

    中学校の範囲は、マイナスを理解させるのが肝心。やっぱり絵ですね。
    中2になると、一次関数が出るのかな?これにつまずく子が多かったので本当にしつこくやりました。「傾き」と定数aの関係は絶対に理解させてください。「xに1つ進む幅でyが3進む傾きが3だよ、式になると3xになるんだ」とわからせないと次に行けません。

    忘れがち?なのが、「掛算割算は足算引算より先にやるんだよ」ということ。理解できてる筈なのに計算ミスがありえない数字だなあ・・という子はみんなこれでした。けっこう知らない子いますよ。

    次は、私が使ったものをかこうと思います。

    ユーザーID:

  • しつこくその3です

    私は、ひたすら無地の紙にいっぱい絵を書いて説明しました。無印の落書き帳(100円ぐらいのわら半紙の束で安くていい)にはお世話になりました。
    図解のためにはどんどん絵を描いて、あとはドンキホーテで買った安いけどいっぱい色数のある安いペンのセット!300円ぐらいで40本ぐらい入ってるやつです(色は微妙だけど、気にしない)。すぐダメになるので、常時3本ぐらいずつ使って使いつぶしました。 あと、枝豆のような目で見るモデルを作るために厚紙・折り紙!私は絵が苦手なので、こういうものにお世話になりましたよ。
    そして何よりパソコン。いろんな問題を作って自作のプリントを作るのに、本当に便利でした。

    大変だと思いますが、生徒が理解して問題が解けるようになった時の顔の輝きは何にも換えがたいですよね。先生、頑張ってね!

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 教え方。

    はじめまして。

    私の教え方が参考になるかわかりません「が」
    以前下のクラスばかり教えていました。
    しかも受験生。
    みんな受かったのでそれなりに参考になるかも
    しれません。

    まず「数学」
    ですが、1 11-7などのくり下がり計算2 九九
    3 分数
    だいたいここ(小学校ですね)がポイント
    になります。
    ほとんどできない子の転ぶところは同じです。
    できないポイントがわかれば
    授業の前に小学校のドリルをさせてみることを
    お勧めします。
    ここができると1〜3年までの計算はできる
    ようになるので復習。ただ小学校の範囲を知ると
    モチベが下がる子もいます。
    (あとは応用だけれども以外にできる子がおおい)

    「英語」
    ですが「動詞」をつめます。
    「Be動詞」と「一般動詞」をのパターン化をしてしまいます。
    そのあと否定・疑問・助動詞とつめていく。

    なんて事をやりながら教えてました。
    (まだまだ二年生・・3年で繰り下がりできないときは・・・ないた)

    だいたいできない子の転ぶ所やクリアすべきところは
    明確なのでそこさえできれば
    一気に点数取れますよ!

    参考にならなかったらごめんなさい

    ユーザーID:

  • 僭越ながら・・

    発言するには申し訳無いですが。

    娘がお世話になっている塾の塾長が同じ様な中1生を小5から面倒を見ていたようです。

    どうも、英数が公立の中学でも出来ないお子さんであるならば、それは原因が国語にあるとおっしゃっていたのです。

    で、塾長はその女のお子さんに小学生の間は新小学問題集を中学生には新中学問題集をというように国語をまず勉強の初めにほんの少しずつ勉強してもらったそうです。

    その結果、そのこは来年度から新中3になるそうですが中2の3学期の期末で見違えるほど伸びたそうですよ。しかも英数が。

    塾長も涙が出るほど出来ない子だったので物凄く嬉しかったと。

    このまま行けば高校もきっと一流を狙えると喜んでいました。上手く成績が伸びるといいですね。

    頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 一意見

    塾講師と家庭教師の経験があります。
    私も個別指導の塾でさまざまな子供たちを教えていました。

    基本が分からない生徒には、とにかく「勉強をする」「問題を解く」ということを楽しんでもらえるよう努めました。一人ひとり、のみこむスピードが違うので、まずは生徒のことを分かろうと近づいてみて、そしてある程度見えてきたら、どうしたらどういう反応を示すのかも分かってくると思います。少しでも「楽しさ」「おもしろさ」を味わってもらえれば、分からないことを分かろうと、生徒自身が今度は近づいていってくれると思います。基礎が分からない子は勉強するのも嫌いな子でしたので、まずはできる問題(少し前の学年の問題でも何でも)、できそうな問題から始め、関係のない話でもして距離も縮めつつ、一緒にがんばっていきました。

    どちらもいきなり理解できる教科じゃないと思うので、前の方も書かれていたように、気長に長期計画で進めることを考えてみてはどうでしょうか。楽しいと感じることは難しいけど継続する力にもなってくれると思います。時間がかかると思いますが、生徒さんと一緒にがんばって下さい。

    ユーザーID:

  • 和田秀樹さん、ほりえもん、ドラゴン桜

    和田秀樹さんの本は既読、でしょうか。
    ねんのため書かせていただきました。

    和田さんの、東大の本とか、
    あとほりえもんのホリタンと、
    漫画でドラゴン桜ってあるそうですね。

    復習が大切なのですよね。
    記憶曲線のお話をされると、
    納得してもらえるかもしれません。

    マインドマップ方式のノートの取り方も。

    すでに取り入れられているとは思いましたが、
    ねんのため書かせていただきました。

    一生懸命な感じが伝わってきました。
    その生徒さんがうらやましい。

    ユーザーID:

  • 数学だけですが

    私も数学がとても苦手でした。
    苦手のまま3年生まで来てしまい、その時入った塾で小学校の算数が出来ていない、と苦手の原因に気づいてくれました。
    しかも小学校4年生くらいからわかっていなかったのです。

    私の通っていた塾は個別指導ではなかったので、塾の時間は皆と同じく中学3年生の内容を勉強。
    そして私にだけ算数の宿題がプラスされ、塾の授業が終わってから算数の指導を受けていました。

    算数の勉強をしだすと、今まで理解できなかった数学が理解できるではありませんか。
    おかげで中学校の3年間分を半年たらずで習得できました。

    ユーザーID:

  • 小学生からやりなおし

    算数は、夏休みまでをめどに 徹底的に小学生レベルに戻って教える。私も中2の子の数学を教えていた時、何をやってもできない、どこがわからないのかも自分でよくわからない、どうしようもない子がいました。

    四則計算のきまり、分数の計算、約分通分、小数の計算…これができていないと中学数学はできません。
    毎日続けて、これらをマスターさせることを薦めます。おまけに たぶん計算力が足りないだろうから、100ます計算もやらせたらよいと思います。

    1学期中は、なかなか進まないと思います。親にもそのことは伝えて、中2中3高校でも困らないためには、戻って基礎をやるしか伸びる方法はないことを理解してもらいましょう。

    小学校の時に、親がちゃんと子どもの学力を見ていなかったからですよ。まちがいない!

    ユーザーID:

  • 少々横ですが

    個別指導塾は様々なレベルの生徒に対応できるのが売りなんですから、各レベルごとの基本的な指導方法は本来は塾に蓄積されているはずです。だから塾長さんや経験豊かな他の講師の方に相談された上で小町でさらにアドバイスを求めるならわかるんですが、トピ主さんの塾では講師個人にすべて任されているのでしょうか?

    と、文句だけ書いて終わるのも何ですから、私が個別指導の講師を10年ほどやってきた中で、各生徒の初回授業でやっていることを書いておきますね。

    まずは普段家で勉強に使っているものを問題集だけでなく文房具も含めて見せてもらっています。罫線のないノートで計算していて、数字が前の行とつながってしまい、計算ミスをするとか、いつも定規無しでいい加減なグラフを書いていて、関数の特徴などがいつまでも覚えられないといったケースもあるからです。

    また、必要な復習のレベルを見るために何年も前の既習分野の問題をやらせる時は、「みんながよく間違えるところだから、チェックするよ」などと言って、「あなたをバカにしているわけではない」という気持ちが伝わるようにしています。

    ユーザーID:

  • トピ主です。 その1

    気付かない間に大変たくさんのレスを頂いていたようで、レスが遅くなり、申し訳なく思っております。
    そして、本当にありがたく思っております。

    昨日がその生徒の指導日でした。
    小学生の算数のプリントをたくさん作り、計算させてみました。
    百ます計算(掛け算版)ではほぼ全問正解でしたし、一見、順調にできているように見えました。
    しかし、色々な問題を解かせていると、分数の掛け算で通分してみたり、分母の違う分数同士の足し算で分母同士と分子同士の足し算をしてみたり‥。
    言えば、はっと気付いてすぐに訂正し、正解するのですが、私が言うまでは気付かず続けてしまうのです。

    つまり、今まで量をこなしていないためか、どういう時に何をしたらいいのかという理論の部分をハッキリ分かっていないようなのです。基本的な四則計算自体は問題なくできるのに‥。

    ユーザーID:

  • トピ主です。 その2

    やはり、学校での勉強についていく以前に、とにかくイヤというほど、算数の計算問題を解かせてみようという結論に達しました。
    このようなことは、学校の授業についていく以前の問題ですよね。

    みなさまのご意見で、とても気付かされることが多かったです。
    本当に感謝しております。

    いつか、その子が数学に対する苦手意識を克服し、勉強を好きになり、更に成績が伸びたら、必ずこちらに報告に伺いますね。

    もしよろしかったら、どなたか、英語の指導について更にご意見を頂けないでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 私が通っていた英語塾の先生

    今まで全くなじみのなかった英語というものになじんでいくために、
    まずはひたすら教科書に出てきた単語を繰り返し繰り返し書かされました。
    次に、教科書の全てのページを空で暗礁できるよう覚えてくるようにと言われました。
    正直大変でした、学校の勉強もろくにしていなかった私が塾の前には何時間も勉強しなくてはなりませんでした。
    でもおかげで英語の授業で苦労したことはありません。
    物事を覚えるのに、目で追っているだけではダメなんですよね。書いたり声に出したりってすごく効果があるんです。
    単語や全体の流れも頭に入っていない状態で文法とか教えられても応用が効かなかったりするのではないでしょうか。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧