同僚の愚痴や悪口を避ける方法

レス13
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

私は先輩

会社の同僚に困っています。

彼女は30代後半、結婚願望が強いものの独身で、自分が結婚できないのは日本男性のレベルが低からだと言わんばかりに何かにつけ男性の悪口を言います。

仕事は腰掛気分と断言しているいっぽうで、社歴が長いので責任ある仕事を上司に求められ、上司と衝突しているようです。会うと毎回同じ内容の男性・会社の愚痴・悪口の繰り返しで罵詈雑言を聞く事自体が不愉快ですし相手をするのが疲れる為、一年前から距離を置いて避けていました。今までは同じ会社でも勤務地が全く違う為顔をあわせることがなかったのに4月の組織変更で私の職場と同じフロアに部署ごと引っ越してくるようです。

お昼を一緒に食べようとかいろいろまた話したいことがあるから聞いてとか最近メールが来ています。共通の知人いわく彼女の愚痴・悪口は更にヒートアップしていて、アドバイスをしてといいつつその内容が気に入らないと逆切れするのも相変わらずの様子。

彼女の愚痴の聞き役を避け続けたいですがどうしたらよいでしょうか?仕事上での接点はないです。共通の知人が社内にいますので、出来れば波風を立てずに避け続けたいのですが。アドバイスをよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いたなあ、同じタイプ

    悪口が止まらないひといました。
    周りの人間、元彼(本当につきあってたのか?)、家族…
    疲れないんだろうか。
    聞いているこちらはぐったりですよ。
    みんなで避けていました。

    同じ部署の人たちとお昼を取るようにして
    「最近ランチ取りながら打ち合わせもしてるの。ごめんねー」
    で避けることはできるでしょうか?

    ユーザーID:

  • 同調せず短く切り上げる

    そういう人って、自分の話のトーンに合わせてずーっと聞いてくれる人をターゲットにします。

    なるべく接触しないように心がけ(忙しそうに見せる)、それでも話をされるハメになったら内容がネガティブで暗くても貴女はあくまでも同調せずハキハキとした明るい調子で短く答えます。

    どうせ出口のない内容なんでしょうから、その人の求めていないノーテンキで明るい解決策などを提案してみたりして満足感を与えないことです。
    「私は何もしてあげられないし、その上司と一度ハラを割ってとことんお話しされた方がスッキリするかもー」とか「でも今日はお天気もよくてそれだけでもハッピー♪」とかトンチンカンな受け答えをするとか。

    でもとにかく時間を長引かせないことです。
    時間が経ってくると、貴女までまたその人のネガティブなエネルギーに影響されて運も下がってしまいますから。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    やれやれさん、サテライトさん、レスをありがとうございました。
    忙しいフリをして避けること、トンチンカンな明るい話で受け答え、ためしてみます。ところで、こういうのはまずいでしょうか「わたし、○○さんの話を聞くと、その後2〜3日具合が悪くなっちゃうの。とても私には対応できないから占い師さんとかカウンセラーとかプロの方に相談してみたら?」。このパターンはニコニコ笑いながら言ってもとげがある角が立つパターンでしょうか?

    4月1日の午後、早速満面の笑みをたたえて彼女は私の席へやってきたので、就業時間後に彼女に声をかけられる前にさっさと退社してしまいました。やりかけの仕事を自宅に持ち帰ってしまったわ。ふぅ…。

    ユーザーID:

  • トイレに逃げる

    『ごめん、ちょっとトイレ』と、毎回逃げましょう。
    それでも追いかけられるようなら「へー、大変だね」
    と笑顔で気のない返事。
    おおかたこれで次のターゲットを見つけに遠のいていきます。
    その後は、自分の悪口も言われるかもしれませんが放っておきましょう。
    悪口を聞いているだけでも運て逃げていくと思いますよ。 あなたも引きずられないように強く自分を持ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 好かれたいですか?

     私も隣席との人との食事が苦痛だったことがあります。トピ主さん、これから大変ですね。私は、会社で一番楽しみ&息抜きのランチの時間が憂鬱でした。でも、仕事の内容、席が後ろになった、等の変更を機会に、ある日ランチを同席するのを無言でやめました。
     相手には私の嫌悪がはっきり伝わったから、嫌がらせもありましたが、気分はすっきりしました。
     
     嫌われたくないとか面倒を避けるために、口実を考えるストレスより、いっそ嫌われたほうがラクではないか、という提案は、ダメですか?
     逆切れされてもいいから、自分の意見を言って、誘われなくなることを想像してみてください。肩の荷がおりるのではないですか? 返事はいつも、「そうね、でも・・・」と必ず「でも」で返す。相手は返事に不満だから、誘わなくなると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 大変ですね

    アドバイスしても逆切れするのですよね?

    「○○さんの話を聞くとー」でなく、「忙しいから」とか「ちょっと体調が悪いから」とさっさと逃げる。
    仕事上の接点がなければ、無視できませんか?

    あとは「男の人から好かれたければ、悪口は言わないほうがいいと思うよ」と言ってしまう。

    本人が気が付いてないから始末悪いですよね〜。
    読んでいるだけでも憂鬱になってきてしまいました。

    もしくは、いい本を薦めるとか。本だと自分で気づけるということがありますから・・・。
    読んでもアンテナに引っかからない人もいるかもしれませんが。

    そしてトンチンカンな話をするのは、賛成です。
    この人に相談しても無理だと思われればしめたもの!

    ユーザーID:

  • 好かれなくても結構、と考えています。

    ははんさん、Kさん、コメントをありがとうございます。

    おととい、残業時間に例の彼女がやってきてどかんと私の隣の席のいすに腰をかけてなにやら話しかけてきたので、にっこり笑っておもむろに「ごめんね、今至急の案件に対応して手が離せないの」と会話を切って背を向けてしまいました。彼女は怪訝な顔をしていましたが「あ、ごめんね、忙しいのね。」と言いつつ自分の席に戻ったようです(彼女のその後を追わなかったので定かではない)。

    私は彼女の話に付き合うくらいなら、彼女に嫌われたり悪口を言われるほうを選びます。ははんさんがおっしゃるとおり、悪口のシャワーを浴びるとこちらの運までが下がってしまいそうなので、とことん避けるつもりです。

    その際には、おもむろに無視したり嫌悪をあらわにすることは控えて、なるべく明るくすっとぼけて、どんなにしらじらしくても100も200も口実を作って避ける作戦でいこうと思っています。私が嫌悪をあらわすことで私自身の運も下がってしまいそうなので、そんなところで運を下げたくないなぁ〜、なんて考えています。

    引き続き、皆様からのアイディアや体験談を教えていただければうれしいです!

    ユーザーID:

  • 似たようなタイプがいました

    私も以前似たようなタイプの同僚の相手に苦労しました

    こういうタイプは「相談」といいつつも期待している答えは決まってるようなものです。ある日から意を決して、あえて反対の答えを答えることにしました。

    「私、この会社辞めたほうがいいのかな(といいつつ、そんなことないよ君は必要な人だから、というのを期待)」
    →今すぐやめたら、次の4月人事で配慮してもらえるね

    「日本の男は幼稚で、大人の女を相手にできない」
    →私の彼は違う人でよかった

    「○○さんて意地悪」
    →ええ?、私には親切よ

    ユーザーID:

  • トピ主さま案をアレンジしてみました

    「知人がとってもいい先生だって言ってたの」と
    占い師さんやカウンセラーのパンフを渡し、
    「私はこの本を読んで変われたのよ」と
    自己啓発本をごっそり押しつけましょう。

    後は相手に口を開く隙を与えず、
    瞳をキラキラさせて、センセイや本が
    いかにすばらしいかを語ってください。
    さらに「私が紹介した先生にもう相談した?
    貸してあげた本読んでくれた? 」と
    笑顔で毎日毎日毎日毎日しつこく催促を。
    彼女がうんざりして逃げるまで。

    私の同僚にも負のパワー炸裂状態の人が
    いましたが、愚痴や悪口を聞かされる度に
    聖書のお話をしてさしあげたら、
    避けてもらえるようになりました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    う〜〜んさん、コメントをありがとうございます。「男の人から好かれたければ、悪口は言わないほうがいいと思うよ」これって、いいですね。使ってみます。

    読書は興味ないようですが、お勧めの本についていろいろ紹介してあげると言うのも、一種のとんちんかんでよいかもしれないですね。

    逆切れされるのもやっかいなので、明るいとんちんかんが一番ですね。

    ユーザーID:

  • すっきりするかもしれません

    いたいたさん、コメントをありがとうございます。
    私の彼は違うタイプでよかった、を是非使ってみようと思います。
    前向きなフレーズで彼女の期待をはずす、というのがいいですね。

    今日、彼女が私たちのランチに参加しました。早速上司の愚痴をいいかけたのですが間髪をいれずに「そういう試練も必要よね〜ミワアキヒロさんもこの前TVで言っていたわよ。そうそう、その番組でね...」と話題を変えた人がいてあっぱれでした。

    ユーザーID:

  • またまたありがとうございます

    たていすかんなさん、アレンジをありがとうございます。私も聖書のお話しをして差し上げようかなと思います。「一緒に勉強しない?」なんていうのも、いいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • みなさん面白い!

    「私は先輩」さん、コメントのみなさん、楽しい方たちですね!
    明るいトンチンカン、すごくいいです。私も取り入れてみたいです。

    愚痴などは、はじめは「聞くだけならできるから」と聞いているのですが、だんだん辛くなっていきますよね。そういうとき、「自分は友だちがいが無いな〜」と、自分を責めたりしてしまうのですが、言うほうも配慮がない場合が多いので、冷たくではなく、明るく遮断できたらいいですね(その人のためにも)。

    一方的な愚痴や悪口を言いがちな人は、この「すっとんきょうさ」がないんですよね。深刻な問題はちゃんと考えるべきですが、そうでもないことについては、逆に面白がってしまえばいいのにね。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧