アメリカ大学卒業・大学教員

レス7
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

さら

現在アメリカの大学で勉強中です。

仕事をしたい分野は決まっており、
それに向かって日々勉強してるのですが、
最近具体的な職業について考え始め、
色々考えているうちに大学の教員というものに
興味がでてきました。

教員をするならば、日本でと考えていますが、
日本で大学の教員になるには、どのような道があるのでしょうか?そして、日本の大学教授の就職状況なども教えていただけるとありがたいです。

まだ大学1年目ですが、こちらで同じ分野で大学院に行くことも考えています。自分なりにリサーチもしていますが、小町の皆さんの意見も聞きたくて、投稿しました。ちなみに学部はメジャーがSocial work child welfare concentration、マイナーはParents educationの予定です。よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 茨の道

    まず大前提として、日本では大学教員=研究者と考えてください。大学教員になりたいのであれば、とにかく研究者としての業績がないとお話になりません。稀に、そうでなくて教授になる人もいますが、これは一部の天才だけの例外ですし、そのような人でもやはり何らかの大きな業績を上げています。

    一般的な「教授への道」は以下の通りです。
    ・大学院を出て学位(博士号)を取る(まともな業界ならば、アメリカの学位=Ph.Dでも問題ない)
    ・ポスドクや非常勤講師などで食いつなぎつつ業績を上げる
    ・助手などの常勤職(最近は5年程度の期限つきであることが多い)に就いて業績を上げる
    ・助教授、教授へ

    こう書くと何だか簡単そうにも見えますが、ポストはたまにしか空かないし、空いたかと思うと数十倍の競争率を勝ち抜かなくてはなりません。茨の道です。学部生だった頃、同じ志を持った仲間が5人(私を入れると6人)居ましたが、気がつくと残っているのは私一人だけになってしまいました。

    間違っても、「毎年新卒採用があって、あとは年功序列」という世界ではありえません。それでも敢えて目指すというなら、是非頑張ってください。

    ユーザーID:

  • こね

    日本の大学教員への道はコネがほとんどです。中には公募してるところもあるのでまめに公募情報をチェックするのも手です。

    ただアメリカにいると日本とのコネクションがうすくなってしまう可能性があるので、留学生仲間やOB・OGとまめに連絡をとり、ご自分の専門分野の学会に入り積極的に研究発表をして名前を売ることです。

    友人はアメリカの大学院に留学中に日本の大学に50校以上も履歴書を送ったのですが、全部だめだったそうです。最終的には留学時代の先輩のコネで非常勤講師からスタートされ、現在は公募で合格して専任として勤務されています。

    がんばって!!

    ユーザーID:

  • 学位は必須です。

     理系の研究員をしています(博士号はもっています)。私も、なんとか大学の教員になるべく就職先をさがしているところです。理系と文系では多少事情が異なるとは思うのですが、大学の教員になるには学位は必須です。最低限でも修士号は必須ですので、まずは大学院を目指して頑張ってください。
     それから、最近の日本では(特に理系)、大学院で勉強して博士号をとっても、即大学の教員になれるひとはまれです。なぜなら単純に博士号取得者>>大学の教員数だからです。それから、日本の大学の教員の就職は、(公募という形をとっていても)コネによるものが多く、アメリカの大学および大学院出身の人が日本の大学の教員になるのは、正直にいって非常に難しいです。特に文系の人はその傾向が強いようです。
     まだ大学1年生ということなので、これから興味のある分野を勉強しながら、日本ではどの大学(大学院)がその分野に実績があるのかとか、どんな教授がどんな研究をしているのかとかに目を向けてみてください。その上で日本の大学院を視野に入れて、大学院進学を目指すとよいと思います。

    ユーザーID:

  • 頑張って下さい。

    アメリカの大学→大学院を出て日本の大学教員になるのはかなりの至難の業だと思います。
    が、ソーシャルワーク部門は結構人手不足なところもありますので、バンバン論文を出していること、日本の社会福祉士の資格を持っていること(日本で現場経験あれば言うことなし)を満たせば、結構すんなり就職できるように思います。
    国際福祉論系でしたら資格がなくてもOKかと思いますが、そうするとマーケットを狭めてしまうことにもなってしまいます。
    就職状況は、若手の助手・講師ポストには、たとえ任期付きポストであっても100倍とかザラです。
    学部出て10年就職なくて当然という世界です。

    それにしても、小町では近頃「大学教員希望」の人って多いですね。

    ユーザーID:

  • 狭き門

    大学教員は大変に狭き門です。一般的に4大卒業だけでなれる人は殆どいません。

    ですから大学院までは行かれた方がいいでしょう。それでも、なれる確率は低いです。

    でも、せっかく目指したのだから、勉強頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • アメリカでも日本でも

    大学の教員になるなら最低でも修士号を取得しないといけないのではないですか?アメリカでも教員はそれが最低限の学歴だったように思えます。

    そのままある程度出世したければやはりPhDはあったほうが良いでしょう。

    とりあえず,大学のホームページで,募集要項などごらんになってはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • アメリカの大学で頑張ってみては?

    日本で大学教員をしたいのだったら、早めに日本に帰ってきた方がいいですよ。せめて、大学院はまず日本の大学に通った方がいい。

    私はアメリカの大学を卒業し、一般企業に勤めていますが、日本の大学のゼミなどに通ったことがないので、日本における恩師や推薦状を書いてくれる先生というものは一人もいません。つまり、日本の大学には、コネクションが全然ないのです。

    アメリカも日本も、大学もビジネス界も同じですが、コネクションやネットワークは非常に重要ですよ。学位は所詮紙切れでしかありません。必要なのはコネと実力です。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧