外資系勤務の夫

レス33
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

由布子

結婚半年の27歳(女性)です。私は外資系でない日本企業の一般事務員として働いています。夫は外資系企業の専門職(技術)として働いているのですが、夫の勤務状況で私には理解できないことがあります。
まず、比較的簡単に仕事を休みます。全く休まない月もありますが、風邪で3日位休み、引越し・免許更新等で1日、半日休んだりします。私はなるべく休日や平日勤務時間外に済ませるよう努力しています。またこれは1年に1度位ですが、盆正月以外に海外旅行で1週間位休みます。ズル休み、目的のない休みはありません。ちなみに私は5年間の勤務で、盆正月以外はほとんど休んだことがなく風邪でも出勤します。お互いの仕事内容が違うので比較になりませんが。でも同じ会社の男性はあまり休みません。
あと40代半ば以上の中年の方が職場にはほとんどいないそうです。皆さんいつか会社を辞めて転職するのでしょうか。私の父は公務員だったので終身雇用ではないのに少しとまどいましたがこのご時世こんなものですよね。
夫は真面目に働いていて日々勉強しているので不安ではないのですが、自分の職場と違うので驚きました。外資系にお勤めの方よろしければ状況を教えてください

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家は

    夫(50)ですが早期退職し
    現在はフリーで仕事をしています。
    現役時代の勤務状況は
    月〜金はとても忙しく深夜2時3時に
    タクシーで帰ってきました。

    土日もテレビを見ながらのんびり
    過ごすようなことはなくなにかいつも勉強
    していました。
    外資の方皆さんそうではないか
    とおもうのですが向上心があり常に新しいことを
    学んでいました。

    打って変わり夏や冬にはこんなに休んでいいの?
    と思うような長期の休暇をとり私たち家族を
    旅行に連れて行ってくれました。
    その期間は夏は3週間ぐらい冬は2週間ぐらいです。

    トピ主さんの旦那さんの会社は
    40代半ば以上はいないようですね。
    夫の会社も50すぎは大体早期で退職しています。
    その後は会社を起こしたりフリーで契約したり
    しているようです。
    会社にもよりますが外資で50まで働けば退職金も
    かなりの額です。その後根詰めて働かなくとも
    悠悠自適の老後がおくれますよ。

    あくまでも私どもの年代の場合ですが。。

    ユーザーID:

  • 外資系ではありませんが・・・

    うちの夫(大手企業で技術系の研究?部門)もそうです・・・というかもっと『お気楽』な感じで、医療系だった私には信じられない、一見とてもうらやましいような勤務体制です。

    でも理由をきくと、「業績給」(仕事の結果について給料がもらえる)なので出社するしないにあまり関係しない、ネットで家でも会社と同等の仕事ができる・・・からということで、ある意味厳しいですね。ただ会社へ行ってそこにいればいい(失礼な言い方ですが)、という訳ではありませんから。

    実際、朝起きてすぐに会社のネットワークと繋ぎいろいろ情報をチェック、出社前にも自宅で仕事、人よりは遅く出て早く帰ることもあるが、また真夜中も仕事・・・などなど大変な面もあるようですが、これからはこんな勤務も増えるんでしょうね。自己管理能力がますます必要な世の中ですね!

    ユーザーID:

  • 会社のカラー

    父が大学卒業〜定年まで外資系コンピューター
    メーカー勤務でした。
    そうですね、風邪をひけば簡単に休むし、世の中が
    土曜日半ドンの時代でもしっかり休日でした。
    クリスマスは出勤だったけど会社からお花とケーキ
    をもらっていたっけ。

    家族と過ごす時間を最優先させる会社の方針だ
    そうです。のんびりしているのは南ヨーロッパ
    の会社だからかな。

    ユーザーID:

  • IT系の外資です。休むときは休みます

    「休むときは休みます」変な日本語ですね。

    私の場合、風邪はめったに引かないので、風邪での
    休みは1日程度ですが、「疲れたから」休むことも
    あります。ようは休みたいから休むだけで、それ以上
    の理由が必要とも思ってなかったので...
    毎年行ってるわけではないですが、お盆、正月は高い
    し、混んでいるので、それを避けて1週間くらい
    休むことはあります。

    最初に勤めていた国内メーカーでは、トピ主さんと
    同じような勤務をしてましたが、「疲れたから休む」
    ことはその頃からしてました。
    周りに影響のない範囲でですけど。

    ユーザーID:

  • 正にそんな感じです。

    夫が勤めている会社がまさにそんな感じです(外資コンサル)。私も同じ会社でしたが、フツーにそんな感じでお休みとってました。
    当たり前すぎて、トピ主さんが何を疑問に思ってるのかよくわからなかった位です。

    長い時は1ヶ月まとめてお休みを取ることもあります。しかし忙しい時は半端ではなく、毎日タクシーで朝帰り。オンとオフが激しいというか。

    また転職者やキャリアを途中で変更する人が多いです。早期リタイアも多く、私が働いてた頃は30代半ばが一番の年長でした。

    私は院にいくために辞めましたが、同期は入社5年目で3割くらいしか残ってません。
    ほんと気軽に会社を辞めます。
    そして転職に苦労したという話も聞いたことがありません。特に外資同士では転職が多いと思います。
    転職してあわなかったらまた転職するだけですからがけっぷち感も漂ってません。

    今度夫も会社を辞め勉強する予定ですが、親戚友人は「そんなことして再就職できるの?」と心配ばかりします。
    そういうカルチャーを知らない人からすれば、清水の舞台から飛び降りるくらい大変なことなんでしょうね。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 似たような感じです

    外資系って古い体質の日本企業とはかなり違うようですね。
    うちの夫も外資系の専門職ですが比較的簡単に休みます。
    飲み会の翌日とか。。。

    仕事的に今日は大丈夫そうという日に限りますが。
    夫だけではなく周りもそんな感じです。
    飲み会の途中で明日休みまーすとか。

    休みの連絡もメールでいいとか!
    朝も10時出社なのに寝坊して平然と10時半出勤とか!
    あぁうらやまし〜と思っていました。

    休みはお盆休みというものがないので
    各自調整して1週間ほど休みを取っています。

    でも、定年までいられる人は少ないようです。
    仕事ができそれなりに出世した一部の人は残れますが
    ほとんどの人は転職していきます。

    安定を求めてとにかく会社にしがみついて、ということは難しいようです。
    仕事ができれば社風も仕事のやり方も比較的自由で勤めやすい気はします。

    ユーザーID:

  • そんな感じだった

    以前派遣で行っていた外資系PC会社はそんな感じでしたよ。
    ワタシのいた部署は人材開発の部署だったのですが自分の
    関わるプログラムの前後にはみんな大体長期休暇を取ってました。
    1ヶ月とか。アメリカの本社に行ってる人もいましたが
    旅行や家で家族と過ごすって言う人もいました。
    それ以外は土日もなく働いてましたけど。夏休みも固定で
    ないですしね(外資だからお盆休暇がない)。
    勤務時間も繁忙期とそれ以外だと全然違いました。
    私は派遣だったので定時が決まってましたけど用があるので
    担当者のところの行ったらもう帰ったとかまだ来てないとか
    ざらだったのでデスクの上はメモだらけでした。
    外資系ってそんなものなんだなぁって改めて感心した次第。
    あと年俸制になってるせいもあるのかもしれないですね。
    うちのダンナも外資じゃないけど年俸制なので休みは自分の
    好きなように組んでます。相手があるので基本は土日休んでますけど
    突然休んだりしてびっくりします。

    ユーザーID:

  • 外資系の会社にいました

    外資系の会社は、仕事がどれだけ出来るかが評価の対象なのです。重要なポジションになればなるほどそうです。要は要求された仕事がこなせれば、有給休暇を全て使っても誰も文句は言いません。権利ですから。

    逆に無遅刻無欠勤で真面目に出社しても、要求された仕事が出来ない人はクビです。

    それって、理に適っていると思いませんか?

    わたしは風邪引いて具合悪そうにしているのに出社して、周囲の同情を引き、ウイルスをばら撒いている人が美徳とされる日本企業の方が不可思議です。

    ユーザーID:

  • うちの夫もそうです

    技術職なので、自己裁量に寄るところが多いようです。端から見るとそれはもう自由です。歯医者に午前中行って出勤とか、私の病院通いに付き合ってくれたりとか。引越しの日はまる一日休みました。

    最重要なのは「結果を出す」ことらしいので、長時間仕事をすれば良いもんじゃないそうです。もちろん、上司にも寄ると思いますが。

    有給なんて次の年に持ち越すことなんてほとんどないし、時間外労働もしません。ただ、自分の仕事が終わらない、または納得が行かないときには休日出勤をしたりすることが一年に一回くらいあります。周囲がどうのこうの、というのではなく「自己責任」が全てのような気がします。

    ユーザーID:

  • 会社によっていろいろ

    私が新卒で働いていたA社は、病気以外で有給を使う人なんでおらず、年一度会社が強制的にとらせる1週間の連続休暇が唯一有給を使う機会でした。
    転職したB社は生理休暇も毎月とれましたし、
    有給も消化するのが当たり前でした。
    どちらも日本の会社です。
    会社の社風によりますよね。

    ユーザーID:

  • 米国系IT関連の日本法人

    SEです。
    確かに休みは取りやすいです。ま、部署によるのでしょうけど、同期と話をしてもたいてい、休みたいのに無意味に休めない環境ではないようです。
    フレックスだしね。

    でも、本番前後や納期前は休めません。
    休日出勤もあるし、深夜残業もあります。1ヶ月近く休み無しということもありました。
    しかも、内容によっては残業代も出ません。

    日系企業や公務員では想像もつかないらしいですが、私の勤務先は「有償稼働率」で計算されるので、利益につながらない残業はつかないのです。
    その代わり、基本の給料や年収は高いです。そうじゃないとやってられない。

    勉強はずっと続きますね。
    新しい製品は次々と出てくるし、勉強するのが仕事みたいなもんなので。
    これはSEでなくとも、美容師でも、ケーキ屋でも、新しい技術や薬や流行などについていくために、勉強するだろうから、みんな同じなんだなと思っています。

    ユーザーID:

  • うちの夫は週3日出勤です

    夫は通常週3日,多くて週4日出勤します。
    出勤してもミーティング等が終われば3-4時間後に
    帰宅することもよくありますよ。

    パートタイマーではなく,正社員です。
    出勤しない日は家で,朝から晩まで・・・時には徹夜で
    図面をかいています。

    アイディアが浮かばないときは,
    一日中ゴロゴロしたり(頭は使っているらしいが)
    料理ばかり作ったり(単に気分転換),
    スポーツクラブに行ったり(やけくそ?)もします。

    変わった会社だと言ったら,「だって通勤時間がもったいないでしょ」
    「社員の数だけデスクを置くのは無駄」
    と言い返されました。

    私も慣れてきて,最近は日本の企業の方がおかしい(無駄が多い)
    ように感じるようになりました。

    ユーザーID:

  • 海外在住の者です。

    日本の会社が厳しすぎると思いますよ。

    欧米の会社はもちろん上司によりますが、残業とか有休に対してあまり文句はいいません。誰だって家庭を持っている身ですから、お互い様なんです。それより、会社できちんと仕事がこなせているか、それが問題になってきます。

    もちろん休みを取る際、同僚や上司や部下の都合を伺っておくとか、下準備さえ出来ていれば、(なんでこんな時期に)というタイミングのほうが結構休みやすかったりします(GWを外すとか、夏休みや新年を外すとか)。

    病気や手術の為に別に有休がもらえる会社も多いです。会社に行って人にうつすより、完全に直ってからの出社のほうが周りに迷惑がかかりません。

    そう割り切れる会社もあります。もちろん社風とか、上司の性格とかあると思いますが、適度な範囲であれば外資系の会社は融通が利きます。彼の仕事に問題はないと思っていいでしょう。

    ユーザーID:

  • 不安の方が大きいです

    私も休まないのは良い事だという価値観の、まさに「ザ・日本企業」に勤めていたので夫(外資系メーカー事務職)との企業文化の違いにびっくりします。

    休める時は休む、が徹底してますね。盆正月は2週間、繁忙期を乗り切った後は休暇をとる、飛び石連休は有給とって繋げるのが普通という雰囲気です。

    繁忙期も午前様で帰宅し仮眠をとって朝には出社、ではなくその日は休んで翌日出社なんですよ。有給扱いでなく普通の勤務体制だそうでこれは驚きました。現在は基本的に在宅勤務で夕食は家族そろって食べられます。

    でもいい事ばかりではないですけどね…
    とにかくリストラが激しく50代で残っているのは数人の取締役のみ。競争相手は社内だけでなく数ヶ国語を話せる上にコストの安い中国人始めアジア全体。

    勤めていられるのは40代までだろうという前提の下、夫は資格取得に向け勉強しています。私も転勤さえなければ正社員の職を探したい。今は高額の早期退職金を貰えるようですが将来どうなるかはわかりませんから。

    出世できなくても閑職や子会社という受け皿のある日本企業(大企業に限るでしょうが)の方がいいかもと思う事も多々あります。

    ユーザーID:

  • 外資系の一般論

    あくまで一般論ですが、外資系の方が日本企業より周囲に気兼ねなく休みが取りやすい傾向はあると思います。

    というか、日本の企業が休みづら過ぎな気がします。
    トピ主さん自身も、有休をきちんと消化することに罪悪感を感じるのが当り前になっていませんか?

    それは本来おかしな事なのだと思います。
    (現実にはなかなかそういかない部分もありますが)

    それよりも、外資系の一般論として注意すべきは「結果主義」と「M&A」と「日本撤退」です。会社に長時間出勤していればいいってもんじゃないです。

    最近は日本企業でも年俸制や成果主義の導入が進んでいますが、ご主人も「結果さえ出せば」良いということでしょう。だからある意味逆に厳しいですよ。
    そしてもっと怖いのが後の2つ。

    ご主人がいかに会社に貢献しようと、ヘッドでこの2つが決定すれば社員の命運ははかないものです。

    妻としてはその辺の覚悟が常に必要かと。
    >不安ではないのですが
    などと安心していてはいけません。

    ユーザーID:

  • いまは外資系ですが

    某日本の古い企業に勤めてたころは50人くらいの部署でしたが、毎日だれかが休んでいました。有給はだれもが20日ー40日あるし、私もしょっちゅう休んでいました。ただあまり長期で休みを取る人はいなかったようなきがします。

    いまは外資で有給の日数も15日くらいですが、長年勤めているひとは20日くらいありますので皆さん1週間休むことはザラにあります。外人など2週間とか1ヶ月とか平気で休みます。ちょこちょこ休む人もいます。技術系だと土日出勤があれば代休もありますし。

    会社によってずいぶん習慣が違いますので気になさらなくても大丈夫だとおもいます。

    ユーザーID:

  • 外資じゃないけど。

    う〜ん、そんなに不自然ですかねぇ・・。確かに、日本企業って、「働きすぎて、サービス残業当たり前。それで良し。」的なトコ、あったから、そういう風潮にドップリとひたってしまった人達には違和感があるかもしれませんね。

    でも、最近の日本企業でも、こういう会社(社員さん)って、増えていると思いますよ。要は、キチンと仕事して、周りに迷惑かけてなければ良いんじゃないんでしょうか?

    私は、現在勤めている会社がこんな感じで(派遣で勤務。)、正社員さんはこんな感じです。とっても、羨ましいですよぉ。早く、浸透すればいいな、と、個人的には思います。現状では無理でしょうが。

    日本もいい意味でいろんな人に、本当にやさしい国になってほしいものです。人間らしく、暮らしていける国に。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私も外資系勤務ですが、そんな感じです。有休20日は毎年消化します。毎年2週間ぐらい海外旅行に行きます。
    朝も30分ぐらい遅れていって、残業は家に帰ってします。いつまでも会社に残っているのは時間管理ができない無能と思われます。
    日系に勤めていた時と比べると、日系企業では、みんなおしゃべりが多いし、タバコ休憩も長いと思います。
    勉強はし続けないとだめかなあ。
    40代後半以降は、マネージャーレベルが数人いますが、少数ですね。

    ユーザーID:

  • ベンチャーもそんな感じ。

    私はベンチャー企業に勤務していますが、そんな感じですよ。

    体調が悪いままダラダラ出勤して1週間も2週間も治らないよりは、1日2日シュパッっと休んで完治する方がいくらか生産性がいいですよね。また風邪とかだと、周りの人間に感染しかねないので、無理して出勤されるだけ迷惑な話だったりします。

    また仕事時間の長さより質や結果が重視ですから、残業しているとかえって「勤務時間内に仕事を終えられない無能者」という評価になりかねません。あくまでも飄々としながら、みえないところでバタ足している感じですね。

    会社から研修なんてものは皆無ですから、身に付けたければどんな学校にも自腹で行くし、どんな本も自腹で買います。それが仕事で役に立てば、また評価が上がり、待遇も良くなる。

    いままでの既存日本大企業から転職してきた40代のなぁ〜んにもしない向上心の欠片もない人が、半年で首を切られたこともありました。

    どこもベンチャー企業はそんな感じです。ベンチャーが大企業になる(?)頃、日本も変わるのかな?

    ユーザーID:

  • 外資もさまざまでしょうが

    うちの夫もそんな感じですよ。
    それに日本法人の社長(外国人)自らも
    クリスマスバケーションは どんなに忙しくても
    家族のために長い休暇を平気で取ります。

    どんなに休んでもいいのですが
    昇給や昇進は結果がすべて。
    ミスが多い人は キャリアが長くてもずっと平社員。
    また 管理職から平社員の降格などは日常茶飯事。
    だから どんなに経費を使おうが 休もうが
    きちんと結果(利益)を出していればいいみたいですよ。

    休んだ人の分の仕事を誰かがやってくれる日本の
    共同作業で収益をあげる みたいな雰囲気ではなく
    「○○は休んでいるので その件はわかりません」みたいな
    個人プレーが集まった組織 という感じだそうです。

    あと外資の場合は
    転職はマイナスと捉えるのではなく
    キャリアアップのために「プラス」と捉えて
    いる人も多いです。

    とくに海外などは できる人ほど転職して
    年収と役職をどんどん上げていくようです。
    日本ではまだ転職回数が多いと マイナスという
    イメージがあるそうで外資でも転職しない主義の
    人は多いかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • IT系ではありませんか?

     IT系の外資企業で働いています。技術系の仕事です。外資に限らずIT系は仕事に波がありますから、谷のときに1週間くらい休むのは簡単なことだと思います。その代わり山場のときに会社に泊まりこんだり、早朝4時に電話がかかってきて「今すぐタクシーで来て」と呼び出されることもあります。
     また、外資のIT系はフレックスタイム制が多いので、午前中は休むというのは別にどうということはありません。技術系の仕事ですと、顧客や取引先も深夜や連休中に作業をすることが多いので、普通の企業の窓口が開いている時間とは違う時間に仕事が入ってくることが多いです。また、外資ということで本社との時差がありますから、日本時間の夜にかけて仕事のピークを迎えることがあります。日本時間の午前中は、まだ深夜である国が多いので、他国の社員と連絡もとれないし、あまり仕事がありません。
     最後に、トピ主さんが心配されているとおり、外資系(IBM以外)勤務の人が大黒柱になるのはハイリスクだと思います。日本企業のように住宅手当だの扶養手当だの出ませんし簡単に解雇されることもあります。

    ユーザーID:

  • 私自身がそうです

    私の勤務先は超伝統的な日系財閥系総合商社ですが、トピ主さんの旦那様のような感じです。私自身は事務職ですが、総合職の男性も皆そうです。お盆休みというものが会社に無い為、長期(といっても1週間前後ですが)の休みは好きな時にとります。男性でも、子供の入学式や免許の更新、風邪等で簡単に休みます。もちろん自分の業務上不都合がない範囲で、です。ただ、若干上司の方針に左右されるところがあるので、古いタイプの上司だと休み辛い部署がたまに有る、という感じです。一方私の夫は伝統的な日系大手都市銀行です(財閥系ではない)。夫の方は大体トピ主さんと同じような感じで、普段のスポット休みというのは弔事でもない限り無いです。但し、夏休みに関しては私と同様に会社で盆休みが無い為好きな時に各自とります。日本企業でも、トピ主さんのダンナ様のようなところもあるということでご参考までに・・・

    ユーザーID:

  • 全くその通り

    夫と同じ外資系の会社に勤めていましたが
    (現在私は専業主婦)
    トピ主さんの旦那さんの会社と全く同じ感じでした。

    自分の仕事さえやってれば、休みなんか
    いつでも取れるって感じです。
    毎年年末年始、夏休みは、いつも1,2週間休みを取っていました。他の人皆そうしてました。

    ほんと、外資系は自由でよいですよ〜
    外資系に勤めるともう日本の企業では
    働きたくないと思う人多いみたいです。

    ユーザーID:

  • 外資系って・・・・

    確かに以前派遣社員として働いていた外資系企業でも、派遣社員は毎日休まず出社しているのに、社員は遅刻や欠席が多く有給もキチンと消化していました。日系企業だと有給を全て消化するなんて考えられませんが(ましてや上司が取らないのに部下が取るなんて有り得ない!)、外資系では有給は権利で堂々と消化する事が出来る環境でした。要するに他人の勤務体制には口をはさまず、仕事さえキチンとすればOKということなのでしょうか。私はしがらみがなくて働きやすい環境でうらやましかったですよ。

    ユーザーID:

  • うちの会社も

    私の勤務している会社もそんな感じです。

    特にSick Leaveは取り易いですから、体調が悪い時は休みますし、疲れている時等も、休むようにしています。
    Vacationも2週間くらいは取れますし。有給が足りずにun paidになってしまう人もしばしば。

    その代わり、プロジェクトにいったん入ってしまうと、泣きそうな程働きますが。。。

    ユーザーID:

  • うちは有給の消化が義務付けられてました

    トピ主さんの所では、病気の時以外は休まないのですね?しかも、病気といっても風邪程度では休まないで、インフルエンザとか、あるいは事故にあって通勤できないとか、そのくらいの状況でないと休まないのでしょうか?
    うちは外資系ではありません。都銀です。銀行では、有給の消化が義務付けられています。(同じ人が休まず勤務すると、不正が発覚しずらいというのが理由)
    数年前に退社したので今は日数等違うかもしれませんが、当時は一年の中で5日連続を1回、2日連続を一回、一日だけを2回、合計9日間を必ず休まなければいけませんでした。
    この制度が出来た当初(20年ぐらい前だと思います)は、年配の人ほど休みたがらなかったようですが、今はほとんど全員が休みます。休めない人=仕事を調整する能力の無い人とみなされますので、こちらも必死で休みを取ります。

    こういう会社もあります。

    ユーザーID:

  • それもこれもアリ

    「有給がある限り、仕事の状況を見ながら休みたいときに休む」というのは当然の権利かと思っていました。でも周りを見ていると、確かに休暇をとることについてもっとシビアな会社もあるようですね。あ、申し遅れましたが私は外資コンサル勤務で、夫は中堅の商社勤務です。夫の前の会社(サービス系)では、「有給」というものが1年に1日も与えられておらず、月の休みが6日まで。風邪などでそれより1日でも多く休んでしまったら、「欠勤扱い」でお給料は天引きとなります。
    業界や企業により、本当に様々ですよ。。。
    どれが一般的、というのはありません。

    ユーザーID:

  • 凛さんへ

    とびずれ、すみません。
    >わたしは風邪引いて具合悪そうにしているのに出社して、周囲の同情を引き、ウイルスをばら撒いている人が美徳とされる日本企業の方が不可思議です。

    というか、外資系社員なら、仕事がある以上は土日で
    あれ、病気であれ、仕事が終わってなければ、出社
    しなきゃいけないんですけど。
    もちろん、健康管理は会社員である以上、必要ですが。
    言っている意味がちょっと分からないな。
    本当に外資系??

    ユーザーID:

  • あぁ何だか安心しました

    外資系金融に勤める夫を持つ妻です。

    私の夫も、私からすると
    「そんな簡単に休んでいいの?!」
    という位 さっくり休みます。

    こっちがドキドキするような理由で
    休む時もあります。
    (寝坊、だるい、眠いから午後からなど)

    他のかたの発言を呼んで
    想像以上に 同じような理由のお休みが多くて
    ほっとしました。

    私の夫も年に2回くらい長期休暇をとります。
    外資ならでは、ですね。
    その代わり、いつも11時頃帰宅、
    ここ最近は数ヶ月、毎晩タクシーで午前帰りでした。

    最近、夫も疲れているみたいで
    老後のこととか、公務員はいいなあなんて
    つぶやく時があります。
    実力主義で、安定してないのが
    私は少し不安です。

    私の夫の会社も定年まで勤める人は殆どいないので
    夫もそのうち転職すると思います。
    地方の同じ業界で、お給料が安くなってもいいから
    自然に囲まれた環境に、なんて言ってます。
    どうなることやら。
    でも夫を信じてついていくのみです。
    この人なら何とかやっていけそうだと
    信じていられるのは 妻バカなのかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主さんに感謝〜!

    先に発言した 主婦 です。夫のお気楽ぶりを具体的に書かなかったのですが・・・実際には、あんまりだ〜と思う事ばかりで書けなかったのですが・・・みなさんからの投稿を読んで一安心しています。こんなトピをたててくれたトピ主さん、ありがとうございます!

    ついでにここで一言・・・どなたかも発言していらっしゃいますが・・・うちの夫はこの冬、具合悪いのに無理に会社に出てきていた上司からインフルエンザをうつされました!うちには受験生の息子がいて、一応ワクチンはしていたものの、大変心配しました。自分が会社や通勤途中でウイルスをばらまいているのに、平気で出社し、具合悪いのに働くのがエライみたいな考え方、よくないです!
    うちの夫はちょっとでも具合が悪いとすぐに会社を休みますが(家でも仕事ができますし)、それって大事なことなんですね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧