海外でのボランティアや活動について

レス29
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

早苗

今度、高校一年生になる女です。

私は、ボランティアなどについての批評がしたいのではなくて、私の将来についての相談という形で、みなさんの意見が聞きたいのですが。。。

私は最初、外国の文化や言葉に興味を持っていて、高校では語学に力を入れようと思っています。それに加え、世界遺産や自然などにも興味があって、将来は海外で活躍してみたいと思っていました。更に、中学校の3年間では色々な人に出会い、感謝の気持ちを持っていて、そこから更に「将来は人の役に立ちたい」と思うようになりました。

それをふまえて将来について考えていたら、「海外でのボランティア活動はどうだろう・・」と思うようになりました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • JICAをご存じですか?

    海外ボランティアに興味があるなら、このサイトを見てみては如何ですか?

    http://www.jica.go.jp/Index-j.html


    私はいろいろな国に住んできましたが、各国でJICAの方は活躍されています。
    JICAの中でも、農業や林業、水産などの専門家の方は、日本の公務員として海外派遣され、お給料などもきちんとしているようです。

    まだ高校生という事ですので、何か興味のある分野を勉強されて、何かの専門家になって、他国の発展を助ける為に働くというのも方法ですよ。

    ユーザーID:

  • 続きです

    ただ、やはり「ボランティア」ですので、自分でしっかり稼ぐことは出来ないし、やっぱりオシャレに暮らしたいし、たまに贅沢したいし・・とかいう気持ちもあります。
    それに、ただ「外国で仕事したい」とかいう気持ちで決めるのも、すぐに飽きてしまったり「思ったより大変だ!」とかいう気持ちになっても簡単に「やめます!」で済むことでもないし。。。

    国際公務員というのも考えたのですが、機関にもよりますが「修士号」が必要なところがほとんどみたいで、大学院まで行かなきゃいけないとなると、無理な気がします。
    頭も良くて、大学院まで出られて、お金も気にならないっていう人は他にもたくさんいると思うので、私がわざわざなる必要もないかなーとか思っちゃいます。

    そこで、「すごく努力して希望の職業に就いた方」「海外でのボランティアの経験がある方」「将来の自分の職業ですごく悩んだ方」「夢をあきらめた方」、ぜひその時のお話、聞かせてください!

    よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • どこで何が出来るのか?

    一生続けていくと言うのは大変なことです。
    きちんとした組織に属して、社会保険や手当などが確立しているならいいのですが、そうでない形でのボランティアには将来不安が付きまといます。

    私がいる国にも、「ボランティア」という人達が来ています。
    資格を持って活動をしている人もいますが、ほとんどの人がこれといった資格もなく、「困っている人を助けてあげたいと思って」という程度で、実はこの国について何も知らず、この国の宗教や歴史・文化にも無知な人もいる有様です。揉め事に巻き込まれて日本大使館のお世話になる人もいます。

    ボランティアは素晴らしいことです。
    まずは、世界情勢を見極め、どの国で、自分に何が出来るかを考えて見ましょう。

    言葉なら、現地の人だって話せます。それこそ助けられる側の人でも、自分の意思を表現できるだけの英語を操る人はザラにいるのです。

    必要なのは、何かが出来る人です。

    ユーザーID:

  • それは良いけど

    どうやって生活していくのかな?ボランティアの場合,実費は旅費も入れて,自分で出すものだと思うのですが。

    高校生くらいの時って確かに色々理想が膨らんでいく頃なんだよね。私もそういう時期ありました。でも,一生親のすねかじっているわけにも行かないし,生活していかなきゃいけないんだよね。

    そしたら今から調べて,他の方法で色々出来ないか,もっと現実的になることをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 考え直して

    ちょっと考えてみてください。海外から来た身元がよくわからない、言葉に不自由でコミュニケーションがうまくとれない外国人がいたら、あなたはボランティアを頼もうと思いますか?せめて言葉に不自由しないか、言葉がなくても手に職(例えばマッサージ師や美容師など)がないと、ボランティアを頼む側としても困ると思います。

    トピ主さんの文章からは本当にボランティアをしたいというより、語学を勉強するためにボランティアという立場を利用するという感じがします。もしかして、推薦入試に有利なように、海外でボランティアの経験が欲しいのかしら?

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 得意分野を確立

    話に続きがあるような雰囲気ですがコメントいたします。

    仕事柄、海外に出張することがたくさんあります。バングラデシュなどの発展途上国と呼ばれる地域にも出向いています。

    NGOや宗教団体に混じり青年海外協力隊の隊員とも交流があります。どの方も得意分野を持っていてその力量を使い、現地の人たちの役になっているようでした。

    僕自身は民間の企業に勤めているのですが、納入する機械はインフラ整備に不可欠なモノであり、現地の発展に役立つ・人の役に立つ仕事をさせてもらっています。

    トピ主さんも自分に得意な分野をまず確立させることをお薦めします。看護師などの資格を取ってからですと青年海外協力隊などに参加しやすいです。

    目標を持った高校生活はきっと楽しいですよ。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 青年海外協力隊は?

    どうでしょうか?友人が何人か参加しました。
    希望の国に行けるとは限らないようですが、
    専門分野について学べば(ものによっては実務経験も必要)、
    その知識や経験を活かせる国に派遣されると思います。
    任務は2年なので「たまには贅沢したい」という気持ちも
    我慢できる範囲なのでは?
    募集分野や体験談、説明会などの情報がホームページに載ってますので、
    「青年海外協力隊」で検索してみてくださいね。

    ユーザーID:

  • 青年海外協力隊

    青年海外協力隊経験者です。

    私も若い頃から海外でボランティアをしたいと思っていました。もともと英語圏からの帰国子女なので海外にあこがれはありませんでしたが、途上国で人のために働くことを夢見ていました。

    結局私は普通に大学、就職、修士取得を経て、三十路まぎわに夢を実現できました。

    経験して感じたことは、技術が一番大切、次に語学、次に対人スキル、そして最後にやる気です。やる気だけですと、カラまわりすることが多いと思います。あと、途上国ほど学歴重視です。大学卒で語学が不十分だと見下されることがあります。

    ボランティアというと、「体1つで行って井戸を掘る」みたいなイメージがあるので簡単そうですが、まじめに役立つことをするためには、学歴と技術力が必要だと思います。

    まずは大学と語学。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 体験と仕事は別

    体験的なものなら色んな機関がやっています。少し
    調べれば分かります。しかし職業としてやるのなら
    別です。内戦地帯でもない限り現地の人も日常生活は
    普通に行っているわけです。ボランティアにはそれなりの
    能力を期待しています。大学院までとは言いませんが
    それなりの勉強をして知識を身につけなくてはなり
    ません。あなたが仮にボランティアを受ける側だったと
    して考えると分かりませんか。単なるお手伝いくらいなら
    周りの人で十分ですよね。外国から来る人となれば
    それなりの専門性を期待するでしょう。

    ユーザーID:

  • ボランティアは余裕がないとできないんだって・・・。

    私の友人A君(男性)がカンボジアでボランティアをしています。
    その友人は某有名脚本家さん主催のボランティア団体に所属しており、月にお給料として15万円程頂いているそうです。
    A君は東京→カンボジアと往復の生活をしているのですが、その生活費はお給料15万と実家からの仕送り10万。
    悠々自適な生活を送っているそうです。

    私がその快適生活に疑問を感じてA君に問うとこう言いました。
    「ボランティアって結局、余裕のある人しかできないんだよ」

    ーそうです。私はボランティアは「自らのしのぎを削って活動するもの」というイメージがありました。
    しかし、お金に関しても、精神的にも「余裕」がないとボランティアってできないものなんですよね…。
    納得できないけど、これが現実なんです。

    A君はカンボジアでは子供たちの為に学校を建設し、東京では六本木で飲み三昧…。
    けれど、団体主催の脚本家さんには熱い信頼があるそうです。
    まぁこういう一例もあるってことで参照にしてください。

    ユーザーID:

  • やっぱりJICA

    JICAのHPは見ましたか。

    お判りかと思いますが、海外青年協力隊は有給のボランティアです。生活費などの心配は無用です。
    ただし発展途上国ですから、日本と同じ生活レベルは望めません。

    わたしの友人が何人も行っています。
    行く国は選べませんが、語学は事前研修があるので問題ありません。

    引く手あまたの分野と、競争率がとても高い分野があります。
    はっきりいって文系より理系の方がチャンスが多いですよ。
    本気ならそのつもりで大学の専攻を選びましょう。
    日本で就職してからでも、休職扱いで行ける場合もあります。

    個人的な意見としては、看護婦は、どこでも歓迎されるし、日本での再就職も困らなくて良いかと思います。目指してはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 外語大学をめざす!

    是非、外語大学や外語専門学校をめざしてください。
    とにかく、何ヶ国語も勉強してみてください。そこで完全に話すことができる外国語を手に入れてから海外へ行ってください。

    夢を持っていることはとてもいいことだと思います。目標があるなら、その目標を達成する為に多くの努力が必要です。
    今できることは、とにかく外国語の勉強です。それ以外は外国語を覚えてからでも遅くありません。

    しかし、何のボランティアをしたいのですか?
    人の役に立つことをしたいなら、ボランティアでなくてもあると思いますが。ボランティアは並大抵ではないですよ。

    ユーザーID:

  • 日本と同じではない

    「ボランティア」という言葉から、日本で阪神大震災や中越地震のあとに、お手伝いのために駆けつけるような行為を想像していらっしゃるのではないでしょうか。

    海外の場合、個人でふらりと、何か人の役にたつことをしたいと出かけるのは非常に難しいです。単なる観光旅行でない長期滞在にはVISAが必要です。「ボランティア」という名目で、個人的にVISAを取得することはまずできません。発展途上国の場合は治安の問題などもあり、個人が長期間、不明確な目的で滞在することを好みません。

    何かの役に立ちたいのならば、まず何かしらの技術が必要でしょう(看護とか、自動車整備とか)。あるいは大学院の修士か博士までいって、現地の専門家になる必要があります。その上で、NGOなどの組織を通して
    渡航するというのが一番確実な方法です。

    ユーザーID:

  • 素晴らしい!

    いろいろ厳しいコメントもありますが、発展途上国と呼ばれている国在住のわたしとしては、ぜひ頑張って欲しいと思います。

    特に、わたしのいるところでは、自然破壊やゴミ処理に問題があるようで、また、人はみな発展、投資誘致、インフラ整備のみに目がいき、自然や環境問題への関心は二の次、三の次です。

    ただ、ボランティアではなく、ぜひしっかり勉強されて、がっちり稼げるご職業にしていただきたいです。
    そのことにより、早苗さんのやっていることに対する社会的な評価もあがり(どうかと思われますがこういう面もあります)、なりたい人も増え、結果的に社会のためになると思います。ボランティア、活動、運動なども勿論素晴らしい活動と思います。
    でもやはり現地に根を下ろし、お手伝いではなく本気でその社会のために活躍してくれる人が必要だと思います。
    お金というのはあるところにはあるのです。
    それを使ってぜひあなたを必要とする社会のために働いてください。応援してます。

    ユーザーID:

  • やってみたらどうですか

    アメリカ在住です。
    この国では、ボランティアは誰でもできることで、そんなに堅苦しく考えるものではありません。

    例えば、友人は、ネットで見つけたボランティアをしています。週1回、捨てられたり虐待されたりしたペットと保護施設の中で数時間遊んであげて、人間を信用させ養子先を見つけやすくするボランティアです。図書館の返却された本を棚に戻すボランティアもありますし、病院や老人ホームで話相手になるボランティアもあります。そんなもんです。

    ボランティアに触れてみたかったら、以下のような団体で体験ツアーをやってます。(自分が参加したわけではないので、事情を知っているわけではないことはお断りしておきます。)
    http://www.nydevolunteer.org/

    他にも探せばいろいろあるでしょう。
    夏休みに旅行やホームステイの傍らにちょっとボランティアしてみる・・・、そんなところから始めてみませんか。

    ユーザーID:

  • ボランティアいいじゃん!

    「地球の歩き方」のホームページから学生旅行→海外ボランティアで、いろいろな海外ボランティア体験のツアーが載っていますよ。
    私の場合違う会社でしたが、1ヶ月ほど保育園でボランティアをしました。30万くらいかかりましたが、今も私の人生の指針となるほど良い体験でした。
    でも思ったのが、必ずしも現地でボランティアをすることだけが、現地の人々を助けることにならないということです。
    たとえば、日本でテレビを作っていても、それが海外に輸出され、結果的に現地の人の生活を豊かにして喜ばれるなど、あると思うんです。
    私はそう考えて、自分のやった仕事が、結果としてあのときお世話になった人、可愛かった子供たちが喜んでくれるように、という考えの下、今の日本の職場を選びました。
    高校生のうちからいろんな体験をして、自分の人生の選択肢の幅をたくさん広げることは、きっとあなたの人生を豊かに楽しくしてくれるでしょう。
    今から一生ボランティアで生きるわ!などと力まず、まずは体験してみてはどうでしょう。結果はどうあれ、実り多きものになること間違いなしですよ。

    ユーザーID:

  • 本気じゃないんだ。

    >私がわざわざなる必要もないかなーとか思っちゃいます。

    読んでてガクッときました。本気というか真剣さが私には感じられない。ここで、他の人の苦労話、挫折、成功体験を単純な興味で聞くというのは、トピ主にどんな意味があるのかよくわからない。

    人の苦労話を聞いてあなたの進み道が決まるのか?
    あなた自身がしたいことを考え、チャレンジできるなにかを探すのが大事だと思います。それがボランティアでも、スパーセクレタリー、普通のOL、良妻賢母でもなんでも良いです。

    でも自分探しで放浪の旅にでないでね。
    すごい何か、別な自分を探すのは流行かと思う。

    ユーザーID:

  • ボランティアの現実

    トピ主さんは将来海外でのボランティア活動を検討されているようですが、青年海外協力隊については以下の本が参考になりますよ。
    ただ、現実を直視する勇気がなければ読まないほうがいいかも。

    「青年海外協力隊の虚像」石橋慶子 健友館

    ユーザーID:

  • 10年ほど前ですが

    夏休みを利用して海外でボランティアをする若者、欧米圏では珍しくありませんよね。
    遺跡発掘、地質調査、病院、etc。。

    私も10代の頃同じ思いを持ち、実際に具体的な世界中の連絡先が書いてある本に出会い、今に至ります。
    ただ、名前を失念してしまいました、ごめんなさい。

    たしか、イギリス人の旦那様と結婚された日本人女性が書いた本で、連絡の取り方、英文手紙の書き方、心得、そして、各国にあるボランティアを要請している機関、協会、施設の住所、電話番号が載っていました。

    ボランティア先で会った友人は、その本の(私が貸した)ボランティアの施設に渡英し、大学に通いました。
    日本でボランティアっていうと、大仰なイメージがありますが、住み込みの働き場というかんじでしょうか。

    働いている人皆が皆、理想に燃えているわけではなく、自分の懐事情にあった働き方をしています。(だから、ボランティアをしながら学校に行く人もいますし、旅行地で尽きてしまった旅行資金をためる人もいます。大抵はわずかな賃金が出ます。例外もありますが)

    本の名前がわかったらまた来ます。

    ユーザーID:

  • 海外でないとダメですか?

    少し視野を広げて、国内ではどうでしょう?
    「人の役に立つ」というのは色々な分野でさまざまな仕事があります。公のもの、利益を追求しないものだけではありませんよ。

    それでもやっぱり海外というなら、まずは「どんな仕事(活動)があるのか」ということを知ってください。それに何が必要で、期間はどれくらいなのかということも。
    更に厳しいことを言うならば、任期があるものならば戻ってきた後がどうなのかということもね。

    海外に興味があって、言葉がしゃべれれば何か出来るというのはちょっと甘い気がします。悪いとはいいませんが、きっかけとしては非常にいいと思いますが、それだけでは足りないのではないでしょうか。

    言葉だけでなく文化や習慣を学ぶとか、必要とされている知識・技術を身につけるとか、そういう努力もしてみましょう。もっとも、地域や国を絞らないと大変な苦労をすると思いますけどね。

    ユーザーID:

  • 補足

    実際の活動については、JICAなどを紹介されているので調べてみてください。

    それから、現代社会の授業はじめのレポートみたいですが・・・日本が海外に対して行っている援助のキーワードを3つほど出しておきますので、気が向いたら調べてみてください。
    ちょっと少ないけれど、とっかかりとしてはいいと思うので(ここでは援助系ばかりを出しましたが、決して「日本はいいことをしてあげているんだ」と言いたいわけではありません。これらについても問題点は多いのですよ。ひもつき援助とか、実際の必要性とかね)。

    1.政府開発援助

    2.円借款

    3.民間海外援助

    ユーザーID:

  • その間の生活費は?

    アメリカで博物館や公共施設がたくさんある都市に住んでいます。毎年、日本からたくさんの女性がインターンと称してやってきて、博物館などでただ働きに近い状態で働いています。彼女達は、「ボランティアで国際貢献する」という言葉に甘い幻想を抱いて、業者に高いお金を払ってアメリカへやってきたようですが、現実はそんなに甘くありません。
    まず、言葉が不自由な人は、博物館で体のいい小間使いとしてこき使われ、毎日、来客者の子守をさせられています。
    そして、問題は生活費です。彼女達の多くは日本で働いてお金を貯めてアメリカへ来た人が多く、アメリカでは貯金を切り崩しながらかつかつの生活をしています。
    そんな惨めな生活をするぐらいなら、日本へ帰ったほうが安定した生活ができるのに、なぜアメリカに居残ろうとするのか不思議です。子守ならそんなに英語が上達するわけでもなし、外でランチするお金もないので現地で人付きあいもできないし。

    ユーザーID:

  • 一時的でいいなら、協力隊

    一時的に海外ボランティアをしてみたいのなら、
    やはり一番いいのは協力隊でしょう。

    でも、海外を拠点にしているボランティア団体で、
    コーディネーターなどの仕事をしたいのなら
    (つまりボランティアでお金をもらうなら)、
    やはり専門分野で修士号は必要じゃないかな。
    そして、修士を出て団体に就職したとしても、
    なかなかお金面は厳しいことには
    かわりはないという話を聞いたこともあります。

    国際的に活躍したいなら、
    語学と専門分野、そして学歴って
    結構3つそろってないと厳しいかもね。
    まだ若いんだし、できないってあきらめないで、
    やってみてください!

    ユーザーID:

  • ピースボート

     ピースボートというのはご存知ですか?3ヶ月で世界一周の船旅をしようという団体です。費用もそれなりにかかりますが、たくさんの国々へ行けて自分でコースを選べば現地の人々と交流できたり、世界遺産の見学もできます。しかしピースボートはただ単に船旅で旅行なだけの団体ではありません。払った旅費はアフリカの地雷撤去に使ったり、恵まれない子供たちにオモチャ(サッカーボールなど)を届ける活動をしています。私は現在ピースボートセンターというところでボランティアをしています。1時間ボランティアをすると船旅に参加するとき1000円引きになるんですよ!(←ボランティアなのかと思いますが笑)その制度で旅費を少しでも貯めて船旅に参加する人もいます。ボランティアスタッフになるためにはなにも資格もいりませんし、年齢も関係ありません。私は高校生なんですが、学校帰りなど時間があるときや、気が向いたときにボランティアへ行っていますよ〜!興味があるならピースボートのホームページなどに行ってみてください!

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさんのご意見、ありがとうございます。

    「真剣さが足りない」というのは、たくさんの方が思われたと思います。私はわざわざ、少し軽い感じのする文章で書きました。少し厳しい意見も聞きたかったからです。やっぱり「やる!」と決めるのにはそれなりの覚悟がいるし、犠牲になることもたくさんあると思う。「ボランティア」っていうことについて考え出したのも割と最近の話。厳しい意見を聞いて「じゃぁやめよう」って思ったならそれまでだったってことだし、それでも「頑張ろう」って思えるならもっと真剣に考えてみようと思いました。自分で自分を確認したいという気持ちもありまいした。

    「私がわざわざなる必要もないかなーとか思っちゃいます。」という文ですが・・・、自分でもアホだなって思うのですが、私は「全てのことには必然性がある」とかいう考えがあって、私がボランティアをするべきならもっとそれにあった環境にいるのではないか・・みたいな気持ちがあったんです。すいません、自分でもアホっぽいなって思ってるんです。だから一応ここにつっこみは入れないでください。。

    ユーザーID:

  • トピ主です 2

    全体的にもっとマシな文面でかけたら良かったですね・・ごめんなさい。

    みなさんのレスを読んで「やっぱり甘いな、私は」と思いました。今すぐ自分の人生を決めなきゃいけない訳ではないので、みなさんのレスを参考にしながら、もっとよく考えて、情報を手に入れていきたいと思います。なんだか少し焦ってました。甘い心構えや軽い気持ちでやっていいものだとは思っていないので、もっと考えてみます。

    応援してくださったみなさん、ありがとうございます。また具体的な参加方法や団体名を教えてくださった方々も、ありがとうございます。これからもっと知識を蓄えて、将来どうしていきたいかを考えていきたいと思います。

    ユーザーID:

  • まず、参加することが大事!

    ごめんなさい。皆さんボランティアについて、すごく構えて考えてるのに、びっくりしました。日本の一般人の海外協力がなかなか身近にならないのも、失礼ながら、わかるような気がしました。
    私は、植林をするボランティアグループ(NGO法人)に入っています。そこが実施する植林ツアーには毎度、大学生や小中高校生が、必ず参加しています。参加のきっかけをきいてみたら、植林に興味があるから、海外協力に興味があるからという、世間からみてまっとうなお答えを返す人は殆どいません。大体「面白そうだから」「親が進めたから」というのが圧倒的です。
    でも、そうやってきっかけはあやふやでも、個人差はあるものの、学んだり体験できたりすることは計り知れません。きっかけ単純組の人で、リピーターになり、運動に感心を向けてゆく方は本当に多いのです。そういう方の方が、素直なのです。
    逆に、変に志を強くして、理想にもえて・・の人の方が、挫折して行きます。自分の思いとか理想が強い分、ギャップが激しいと、周囲とも上手くいかなくなるのです。
    続きます

    ユーザーID:

  • まず、参加することが大事!2

    体験者として、いう事は、まずやって「みて」下さい。軽い気持ちでも構いません。なぜなら、ボランティアは、奉仕活動する仕事量より、活動によって学んだり体験で得た糧の方が遥かに大きいからです。
    私がお勧めするのは、単独でどこかの国にぽっといくより、まず海外の協力活動を草の根レベルでやってる団体に参加してみることです。その団体の活動を通して、自分なりに、いいと思った部分と悪いと思った部分(悲しいかな、NGOも人の集団なので方針の違いで揉める事もあります)を自分なりに考えてみるのが大事です。それで、自分だったらこうしたい、という事をはっきりさせて、次の活動に移るのがいいと思います。
    JICAを勧めてる方もいましたが、私はJICA主催の行事にも参加したことがありますが、単なる上層レベルの交流という印象を受けました。でも、経験としてJICAの主催行事に参加してみてもいいと思います。
    地域の市役所区役所に「国際交流課」というところはないでしょうか。色んな行事のパンフレットをおいていますよ。

    ユーザーID:

  • 青年海外協力隊の虚像

    モラトリアムさんの書いていた、石橋慶子著「青年海外協力隊の虚像」を読みました。
    強烈な感銘をうけて、落涙とまらず。

    まさに、迫真のノンフィクションとは、このこと。
    それで、知人の協力隊員OBに聞いたら、協力隊は、単に日本政府の宣伝で、日本国民は、その、きれいごとの宣伝に、だまされているだけ。事実は、あの本のとおり、だと。

    本当にボランティアしたいなら、協力隊はやめた方がいいとしか思えません。まったく、海外ボランティアになど、なってませんね。

    遅いレスながら、あまりに「青年海外協力隊の虚像」に衝撃をうけ、かつ、いい意味で好感をもって読んだので、書き込みしました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧