ブライドメイトについて教えてください

レス32
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

ドキドキまま

イギリスの友人からブライドメイトを頼まれました。

親友の結婚で嬉しく思ってるのですが、ブライドメイトのことを良く知らなくて困ってます。
どういったことをするのでしょうか?
私は結婚して一人の子供もいます。
私のイメージだと未婚の友達でないとダメだと思ってました。
また、式で着るドレスもあちらで用意してくれるようなんですが、お礼は必要なのでしょうか?
そして靴はどういったものを用意すればいいのでしょうか?
そしてご祝儀は?

また、一緒に行く主人の服装は?ブラックフォーマル?スーツ?
教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 特にありません

    ブライドメイドって花嫁の介添えというか,引き立てというか・・・
    基本的にブライドメイドって数人の男女を選びます
    そして,その人たちに同じ衣装を着ていただき
    新郎新婦の側にいていただくって感じです
    用意するものは特にありません
    しっかりとドレスに合ったお化粧と髪型をしてもらってください
    お礼は要らないですよ・・・・
    式場の雰囲気を上げる飾り・・・(って表現悪いですが)に似ています

    詳しくは海外の結婚式のあるドラマや映画をご覧下さい
    私の知人は海外で式をあげてブライドメイド3人に青いドレスを着てもらったそうです

    ユーザーID:

  • 基本は

    「花嫁(ブライド)のお世話係(メイド)さん」です。

    メイドオブオーナーという、花嫁の一番近くにいて挙式のセレモニー中にブーケを持ったり、ドレスを直したりする人もいます。
    場合によってはメイク等を頼まれることもあります。

    既婚でも頼まれることはもちろんありますよ。
    お子さんはご主人と一緒にいることになります。

    式で着るドレスは、数名いるブライズメイドとお揃いのものを着るので、同時に用意するのが普通です。
    お礼は特に必要ないと思いますが、日本でいうご祝儀の代わりに、プレゼントを用意してはいかがでしょう。
    靴は先方からドレスに合わせたもので色や形を指定してくるか、先方がドレスと共に用意してくれます。

    ご主人はベストマンでない限り、あくまで出席者のうちの一人なので、スーツ(礼服)で充分です。

    ユーザーID:

  • ブライドメイドですね

    花嫁にはブライドメイド(brides maid)がつき、花婿にはベストマン(best man)がつきます。
    映画でよく見る花嫁と同様の服装をしている付き人、介添人という感じですが、実際どのようなことを望まれているのか、服装も含めて確認されるしかないと思います。

    ユーザーID:

  • 聞くのが一番!

    お友達にドレスコードを聞かれるのが一番です。
    ヨーロッパの場合、招待する側がドレスコードを決めることが多いので、普通は招待状にその旨が書かれています。ただ日本からタキシード等持っていくのは大変だと思うので、男性の場合は礼服に黒の蝶ネクタイでも全く問題ないと思います。

    ブライズメイドは、普通未婚の女性(姉妹や仲の良い友達)がやることが多いようです。が、花嫁が貴方にやって欲しいと言うのであれば引き受けてもいいのではないでしょうか?

    洋服を花嫁が手配するのは、向こうに任せても良いと思います。恐らく思い描くイメージがあるのかもしれないですしね。その代金は、お友達が旅費・宿泊費等を負担して下さるなら、お渡ししたほうが良いと思います。そうでなければ、ご自分次第ですよね。また、ご祝儀というより結婚するカップルの新生活に役立つものを贈る方が多いかと思います。これも、旅費等の負担との兼ね合いによりますが。

    何よりも遠方での式の場合、友人が駆けつけてくれる事が何よりのお祝いだと思います。式の打ち合わせ等を一緒にして、盛り上げて下さいね!

    ユーザーID:

  • 私もやりました。

    私も去年、友人のブライドメイドやりました。(オーストラリアで)

    ドレスは友人が用意しましたが、靴などメイクは自分で払いました。
    靴は指定されていなければ、ドレスに合うものを用意すれば良いと思います。
    ドレスのお礼と結婚祝いは、プレゼントでしました。
    ちなみに、コーヒーテーブルを送りました。

    一緒に行くご主人は、一般の招待客としてふさわしい服装で良いと思いますよ。

    また、ブライドメイドの仕事はブライドの手伝いと、精神的サポートが目的です。
    何か自分が出来る事があるか聞いて、それをしてあげるのが役目だと思います。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • アメリカでのことなのですが

    私自身、2度ブライドメイドを経験し、自分が結婚した時も6人のブライドメイドを頼みました。
    結婚しているかどうかは関係ないです。私の時は皆既婚の方に頼みました。

    もともとブライドメイドは、お嫁さんのお手伝いのために選ばれるものです。
    ただおそろいのドレスを着て式に出るだけではなく、例えば当日ドレスに着替えるのを手伝ってあげたり、飲み物を持っていってあげたり、新郎新婦のご両親のためにお嫁さんに頼まれたことをしてあげたり(特に日本人が外国での場合、言葉などで苦労していないか、などチェックしてあげたり)。

    勿論お嫁さんにもよりますので、何もしなくて良い場合もあります。

    ご祝儀とありましたが、アメリカだとWedding Registryといって、カップルがデパートなどで欲しいものをリストし、それを家族や友人が買うような形になっています。

    大体はインターネットで注文できますので、お嫁さんにレジスターしているか聞かれると良いと思いますよ。
    勿論、海外の場合、遠くから来てくれるのでいらないわよ〜、と言う人もいます。

    ご主人に関しては多分スーツだと思いますが、これも結婚するカップルによる場合があるので、お嫁さんに聞かれると良いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 欧米では・・・。

    欧米ですのでどこまでご参考になるか分かりませんが、過去3回やりました。役割は「花嫁に次・会場の花」「花嫁の付き添い」です。衣装はドレスを用意してくれますが、支払いは自己負担です(クレジットカードの場合が多い)。

    サイズ合わせは、多分事前にドレスを贈ってもらって、すそを合わせたりします。靴は、色をドレスの色に染めてと言う人もいるし、ドレスの色と似たような色の靴を買ってと言う人もいます。ヒールの高さを指定する花嫁は多いです。どの場合も自己負担です。

    アクセサリーも普通は自己負担ですが、3回中2回は花嫁からもらいました。当日は髪をどうしたらいいか、花嫁と事前に話して決めておくこと。他のブライドメイドがサロンに行くのであれば、同じところに行くと楽です。

    私は3回とも自分でアップにしました。いろいろお金はかかりますので、特にオーバーに包む必要はないと思いますが、私は気持ちだけ包みました。イギリスに行ってホテル代や飛行機代も自分で出されるのでしょうから、行くだけでも喜ばれます。

    旦那様の服装は式場の雰囲気によります。普通はスーツとネクタイで十分だと思いますが、花嫁さんに事前に聞いてみてください。Enjoy!

    ユーザーID:

  • 私の場合は・・。

    去年、式を挙げたのですが、そのとき友達にブライドメイトをお願いしました。
    レストランウェディングだったのですが、プランナーの方には「次に結婚しそうな方にお願いしてください」と頼まれました。

    お祝儀は必要だと思いますが、それ以外には特に必要ないと思います。

    逆に、私は友達にありがとうの意味を込めて食器のセットを渡しました。

    ひょっとしたら日本とイギリスでは意味が違うのかもしれませんねー。(あいまいなレスでごめんなさい!)

    ユーザーID:

  • いやいや。

    ブライドメイドなんて!!うらやましい。海外生活8年してますがいまだに私にはその機会はありません。

    靴は、ドレスにあったものと、なりますので、あちらでドレスと一緒に用意してくれることもあります。それか色を指定されたり。あちらに聞いてみないと分かりません。

    ダーリンの服装についても、どういう結婚式、(昼、夜、ガーデン、ETC ...)か、によります。これもあちらに聞いてみるべき。

    ご祝儀。。。と言う考え方はイギリス系の国にはありません。結婚式にはプレゼントです。何か新居で使えるようなものが一般的。

    つまりは、何でもその友達に聞いてみればいいのです。

    ユーザーID:

  • その壱

    ブライドメイドに選んで頂いたなんて、楽しみですね。私も5年前になりますが、イギリス人の親友にお願いされて、ブライドメイドをしました。

    当時、あの手この手を尽くして、現地の情報を得ようとしましたが日本で得れる情報で「これ!」といった決定打って、ないんですよね。日本の冠婚葬祭については、いっぱい本出てるのに・・・。

    人にもよると思うのですが、お祝いをお金で済ませることもあるようですが、何て言ったって、渡航費もかかることだし(お子さんとご主人の分も!)、「おめでとう」の気持ちで、出向けば、心から喜ばれるはず。

    私の場合、当時独身でしたので、いつも通りの日本の民芸品もどきのお土産に、プラス、心ばかりの結婚のお祝い品にカードを添えて持って、あっちに行けば何とかなるだろうと思い、出向きました。>続く

    ユーザーID:

  • その弐

    出来れば、式の日の前に出来る限り余裕をもって行けるといいと思います。

    私の場合、親友に「早めに来て」と言われたのですが、仕事の都合もあったので、出来る限りで行ったのですが、新郎新婦、ブライドメイドのドレスの寸法直しや、教会でのちょっとした練習や披露宴での段取り等、いろいろなところに新郎新婦、ブライドメイド、ベストメンと連日一緒に行き、(結構ヘトヘトになったけど、もっと早く行けばよかったと思うくらいで)充実して楽しかったです。

    当日着たドレスや靴や宝飾品等は頂きました。そもそも写真を撮るのが好きな私は、結婚式までの道のり(招待状から、ドレスの寸法直しのシーンやお花選び等等)を写真に撮っていて、帰国後、アルバムにして、ドレスのお礼として送ったら、今でも遊びに行くと、喜んでいて、大好評でした。

    思えば、当日披露宴がハードで、オールナイトで騒いでいたみたいでしたが、ブライドメイドでしたが、先に帰って、休みました。

    男性は、日本の結婚式と変わらない感じで、色目のシャツに派手なネクタイな感じスーツでした。是非、楽しんできてくださいね。

    ユーザーID:

  • わたしの経験では…

    メイド・オブ・オナーじゃなくて、ブライドメイドをするのですね。

    それでしたら、既婚でも大丈夫です。
    ドレスは他のブライドメイドとお揃いのものになると思います。
    靴は自前なのでしたら、予めドレスの色と丈を教えてもらい、それにこちらで合わせるといいでしょう。

    >>お礼は必要なのでしょうか?
    必要ありません。

    >>そしてご祝儀は?
    あちらではレジストリーという習慣がありますので、お友達にそれを聞いてみてください。

    >>また、一緒に行く主人の服装は?ブラックフォーマル?スーツ?
    ダークスーツで大丈夫です。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私はイギリス人と結婚する日本人の友人に頼まれたことがあります。イギリスでの結婚だったんですが、同じですか?

    私の場合、イギリスまでの往復の飛行機代やらホテル代などすべて友達が負担してくれたので、少しお祝いははずみました。服装は色の指定をされたのでそれに合わせた靴を選びました。私は一人でいったのですが、ご主人側のヘルパーはタキシードでした。

    イタリア系イギリス人の結婚式だったので披露宴が10時間というすごい長丁場だったので靴は少しヒールの低いものを選びました。

    ユーザーID:

  • ブライドメイドしました

    アメリカ人の友人のブライドメイドをしたことがあります。
    基本的に、新婦の仲の良い女友達が何人か選ばれるので、独身であるかどうかは関係ないです。
    ドレスは新婦たちが決めた色・デザインをみな着ますので、分かったらその店で試着や図ったりするのに、足を運ぶ必要があります。新婦側支払いが多いですが、絶対ではないようですので、確認が必要です。靴も指定のものを履きます。
    ブライドメイドは式のとき、新婦の隣に立ち花を持ったりする役目です。写真も一緒に撮ると思います。あとは、レセプションでは、普通の招待客と同じように食事したりしていいのです。
    リハーサルには参加する必要があるでしょう。美容院などは、私の場合みな一緒に予約してやりましたが、これも人それぞれですから確認してください。

    ユーザーID:

  • 続き2

    祝儀というのは、日本でやる式なのでしょうか?日本で、ということだと必要な場合もあるでしょう。イギリスはわかりませんが、アメリカだと普通その前にブライドシャワー、ウェディングシャワーなどシャワーをするので、そのときにレジスターされた品を贈る必要があると思います。ブライドメイドに選んでくれたのだから、一応それなりの金額のものをプレゼントした方がいいかと思います。これをすると、当日は何ももっていく贈り物などはありません。

    式の間、ペアになるのは、新郎の選んだベストマン(だったかな?)になり、廊下から式場へ歩くのに、その人と腕を組み、ゆっくり式へ向かいます。そのとき、ご主人は座ってみているだけですから、服装は普通のスーツやタキシードなどでOKです。ご主人が選ばれてなかったら、彼は特に役目はありません。

    普通、ブライドメイドをすると、リハーサル後の親戚一同お食事会などで、妊婦さんからもちょっとしたプレゼントが贈られます。

    ユーザーID:

  • 遠い昔の話ですが・・

    アメリカへお嫁に行った友の結婚式で
    お手伝いしました。

    友があらかじめブルーのロングドレスを作ってくれ、
    私に送ってくれたので、それに合うミュールを
    履いていきました。

    確か花嫁さんが教会に入るときに
    ドレスの裾を整えたりした記憶があります。
    (10年近く前の話なのではっきり覚えてなくて・・
    すいません)

    あとはちょっとしたお手伝いをする為に
    前の方の席に座っていました。

    男性はフォーマルなスーツを着ていました。

    ユーザーID:

  • ブライドメイトとは

    従姉妹なり友達などドレスを着た女の人が、花嫁と同じようなドレスを着て挙式に列席します。
    「美しすぎる花嫁が悪霊に狙われないように目くらましをするため」だそうです。
    いわばダミーですね。

    なので・・・真っ白というのもなんでしょうが
    華やかなドレスで行くのがいいのではないでしょうか?
    頼まれているのならいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • ブライズメイドは大役

    本来、ブライズメイドは「未婚の姉妹か友人」なので、既婚者が頼まれた場合、お断りするか、matron of honorとして引受けるかのどちらかになります。でも、そのお友だちは、あなたが既婚であることを承知して頼んだんですよね? そしてあなたの他に、ブライズメイドの役割を熟知したチーフ・ブライズメイドの人がおそらくいるんですよね?

    チーフ・ブライズメイドの役割は重要で、色々と大変です。招待客の出欠をチェックしたり、ウェディングドレス選びに付き添ったり、イギリスならhen night、アメリカならbridal showerを催したりと、要するに、花嫁に代わって万事滞りなくウェディングが進むように心を砕くのが仕事です。

    当日も早めに行って終始花嫁に付き添い、支度する間ブーケを持ったり、レセプションのファーストダンスの後ベストマンのパートナーと踊ったり、ウェディングケーキを保管したり、と大忙しです。

    ブライズメイドのドレスは花嫁さんと相談して決めますが、ドレス代はブライズメイドが払います。靴もブライズメイドがドレスの色にピッタリ合ったものを自分で用意します。

    同行されるご主人はスーツでも構いません。(出番はないので)

    ユーザーID:

  • ドレスのサイズは早めに知らせましょう

    トピ主さんのお友達の立場で1年前に海外で挙式しました。その時は、現地在住の日本人の友人たちにブライドメイドを頼みました。というのは、サイズの合うブライドドレスを探すのは意外と大変で、既製品でも直しが必要なので、日本在住の友人だと準備がしづらいかな、と思ったからです。早めに、各サイズの寸法を正確に測って、お友達に知らせておくといいのではないでしょうか。

    ブライドメイドのドレスも靴も花嫁側が負担するのが普通です。他のメンバーとの兼ね合いもあるので、靴なども花嫁に選んでもらうのが無難だと思います。)お礼は特に必要ないですが、ご祝儀は日本の相場の半額ぐらいを持参するのでいいのでは。(イギリスまでの交通費が自己負担なら、ご祝儀はなくてもいいぐらいだと個人的には思います。私が花嫁の立場だったら、ご祝儀は遠慮するかな。)
    (長くなるのでいったん送信します)

    ユーザーID:

  • ドレスのサイズは早めに知らせましょう 2

    (続きです)
    あとは、ブライドメイドは原則的には未婚の若い女性であることが条件なので、お友達の結婚される相手が現地の方であれば、新郎のゲストの中には既婚者がブライドメイドを務めることに違和感を持つ方もいらっしゃるかもしれません。ご主人同伴はOKだと思いますが、あまり既婚者であることをアピールすることは避けた方がいいかもしれません。(恋人同士みたいに装うとか…)ご主人の服装は、スーツで十分だと思います。それでは、綺麗にドレスアップして、式と披露宴に華を添えて下さいね。楽しい結婚式になりますように。

    ユーザーID:

  • えっと

    先日出席した結婚式(アメリカ)ですが、ブライドメイト二名は同じ種類のドレスを着て、花嫁がバージンロードを歩く前にベストマンと腕組んで歩いて入ってきました。

    式中は祭壇?の所に新郎新婦と一緒に立ち、式進行を眺めていました。
    また、新婦のドレスが動くたびによれたりした時に、すかさず直していました。
    ようするに日本で言う介添え人みたいな感じでした。

    ユーザーID:

  • やりました

    もう10年も前になりますけど・・・・。

    だいたいにおいて、男性の友人介添え役(ベストマン)とペアになります。(腕を組んだりはすることがあるかもしれませんが形式的なものなので、どちらかが結婚していたり婚約中だったりしても構いません)

    そして結婚式の際、後見の役を果たします。(証人として結婚証明書にサインしたり)

    うろ覚えですが、式でヴァージンロードから入場する順番は、ページボーイ(リングを持つ男の子)、花嫁&花嫁の父、フラワーガール(ベールを持つ女の子)、ブライドメイドのという順です。

    パーティではダンスをしたり、という場面もあるかもしれませんが、思い切って楽しんじゃいましょう。

    ドレスは私も用意してもらいました。式の前にフィッティングしてドレスも選んで、どんなドレスを自分が着るのかわかっていたので、靴はそれに合うようなのを自分で用意しました。

    ヘアメイクもつけてもらったので、私は(すごく仲の良い友達だったから)ご祝儀も多めに包んだし、それとは別にプレゼントも渡しましたよ。
    でもmustじゃないと思うし、要は気持ちだと思います。

    素敵な結婚式になるといいですね

    ユーザーID:

  • 友達(花嫁)に聞いては?

    国ごとの違いもさることながら個人でも多少の違いはあるので、ご友人に直接聞いた方がいいと思いますが?

    そうは言ってもお金に関する事は聞き辛いでしょうから私の例を言いますと。。ブライドメイドのドレスは花嫁が負担するのが普通。(オージーの旦那談)

    もし交通費を自己負担されるなら、御祝儀も必要無いと思います。靴はフォーマルな物なら全く問題無いでしょう(ドレスの色やデザインを確認してみては?)

    ご主人の服装も現地の他の方達はどういった服装で来られるのか確認した方が余計な心配しなくていいと思います。私の場合はパートナー曰く参列者はジーンズ以外なら割とカジュアルでもOKって言われました。

    海外では介添人や専門の進行役の人がいないので、
    ブライドメイドやベストマン(新郎の友人)は一緒にいて、ちょっとしたお手伝いや華を添える役目だと思います。(写真も桔構一緒に並んで撮りますしね)

    ブライドメイドなんて馴染みがなくても普通なので
    不安な事は遠慮せずに聞いてみても失礼では無いと思います。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    親友(アメリカ人)のブライドメイドをしたことがあります。
    兄弟姉妹、友人が頼まれることが多いようです。
    どういうことをするかは、花嫁や他のブライドメイドの人たちが教えてくれると思うのであまり心配せずに。

    私の場合、男性・女性とも同じ衣装着用で、男性はどうしたのか知りませんが、女性陣は日時を決めてドレスを作ってくれるお店に何回か行って採寸、仮縫い、試着などしました。
    あと、ドレスに合わせて布製のパンプスの色も染めたりしたので、靴屋さんにも行きたました。

    本番の何日か前に教会(彼女の場合は大学キャンパス内の教会)に集まり、リハーサルをしました。

    式当日の前日にホテルに入り、新婦と一緒にドレスに着替えたり着替えを手伝ったり・・・式ではリハーサル通りにやるだけで、特に何かをした記憶はありません(何せ10年ちょっと前のことなので、細々したことはあまり覚えてない・・・)

    ただ、私の場合、大学卒業後は大学から車で6時間の場所にいたので、移動が大変でした。。。

    花嫁さんにとっては一番大切な日ですが、ブライドメイドとしても楽しんでください。

    ユーザーID:

  • 貴方はメイドオブオーナー

    私もイギリスでしました。お友達は日本人?イギリス人?大抵、ブライズメイドは花嫁の姉妹、親友がなります。既婚の方はメイドオブオーナーと呼びます。全員が未婚ならブライズメイドの中からチーフブライドメイドを選びます。普通、式前の準備を手伝ったり、ドレスを一緒に選んだり、当日は日本の介添えさんのように花嫁のサポート(精神的にも)をします。式の時は一緒に歩き、指輪の交換の時、ブーケを持ってあげたり。直接本人に他に何人ブライズメイドがいるのか?チーフのコンタクトをもらって靴、アクセサリーを揃えたりされた方が良いと思います。打ち合わせもしないと当日オロオロしてしまうので。私達の時はベストマン、アッシャー、ブライズメイドで何度も念入りに打ち合わせをしました。ただ結婚式の規模にもよります。最近はレジスターオフィス(市役所)で簡単に式をしその後インフォーマルなパーティーをする人も増えていますから。長いので切りますね。

    ユーザーID:

  • 続きです

    お祝いは大抵のカップルがギフトリストを作っています(プレゼントが重ならないように)。花嫁さんにギフトリストがあるか聞かれては?その中から選ぶのが無難かも。日本と違って、リストの内容は20ポンドから50ポンド(1人)が主流です。後大きいアイテム(ソファーとか)にいくらか貢献するシステムとか。だから大げさに考えないで。もしイギリス人なら、旅費は自費を覚悟して下さい。お車代とかそういった概念はありませんから。ご祝儀制度のないイギリスでの新郎新婦の負担はかなりのもので、その為にローンを組んだり結婚式が出来ずにいるカップルも多いのが現状です。ドレスは花嫁側の負担ですから気にせずに。その分しっかりサポートしてあげて下さい。ご主人の服装はスーツで良いと思います。披露宴は夜12時までダンスをしたりで盛り上がるので気合を入れてきて下さいね!

    ユーザーID:

  • Wedding

    何を皆さん言っているの?ブライドメイドに選ばれたって事は、あなたは彼女にとって一番大事な友達の証ですよ。引き立て役やお世話役では、ありません。ブライドメイドのドレスは大体、花嫁さんの挙式のイメージの色のドレスが用意されます。向こうで多分用意してくれるはずなので聞いてみるといいですよ。靴はドレスの色がわかってから合うのを自分で持っていくとよろしいですよ。旦那は出席するだけなら(ベストマンならタキシードですが)スーツでいいと思います。結婚するときの彼女の心の支えになってあげてください。きっと素敵な思い出になりますよ。

    ユーザーID:

  • 追記:お祝い

    お祝いについて書き忘れました。

    私の場合、ブライダルシャワーの時にプレゼントを渡しました。新婦が希望する品をデパートに登録してあり、その中から選ぶという、非常に合理的なシステムでした。

    ドレスと靴の代金は、自分で支払ったような記憶があります。ただ、これも新婦側に確認された方が良いかと思います。

    ユーザーID:

  • 私の場合 - 続き -

    こちらのサイト (www.theknot.com) で Home → Idea & Advice → Wedding Etiquette のところでメイドの役割など、いろいろ情報を見ることができますよ。ここでも通常はメイドが各自ドレスなど負担と書いてあります。

    まあ慣習うんぬんではなく、ドレス代や役割などは花嫁さんの意思や考えによるところが大きいと思いますが、参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 重箱の隅をつつく様ですが

    既婚の付き添い人はメイトロン・オブ・オナー(MATRON OF HONOR)、戸籍登記所はレジストリー・オフィス(REGISTRY OFFICE)ですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧