• ホーム
  • 子供
  • 精神不安定になりやすい子供におすすめの本

精神不安定になりやすい子供におすすめの本

レス5
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

ゆみこ

小5の女の子なのですが小さいときから感情の起伏が激しく学校がおもしろくない(お友達関係はいいのですが担任がいやなようです。小4で持って頂いたとても嫌な先生が又クラス替えの5年でも担任になりショックをうけているようです)ので学校やめたいと言い出したり(登校拒否はしていませんが)姉とよく喧嘩して ひどい言葉をなげかけられ・・(妹もわがままなので悪いところもかなりあるのですが)死にたいといってヒモを首にかけたりして・・(すぐに止めましたが)今とても精神が不安定で心配です。気分のむらも激しいのです。生きていても面白くない、ちょっと叱られると私が居なかったら(死んだら)嬉しいやろ?・・・ダカラ死んでやる・・・脅しなのかよくわからないのですが かなり 悩んでいます。そんな子供に 子供でもよみやすい いい本はないでしょうか?生きる喜びを子供に感じてほしい。やさしい気持ちをもってほしいと思っています。母子で一緒に感じながら よんでやりたいと思っています。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本よりも親が変わらないと

    いけないンですよ。自己否定しまくっている娘さんがとても心配で子育てに疲れているのですね。
    自己否定している中でも親に言葉をぶつけたり、こぼせる部分は救いですね。
    でも、何か本を読ませるなんて他力本願ですね。
    親も苦しいけど、こういう時こそ逃げちゃだめです。
    娘さんはそううったえ続けていると思いますよ、
    もう限界なんだ、良い条件を揃えた子供であることしか価値がないのか、とか・・。
    子供である娘さんもずっとひとりっきりで本当に悩んでいるのでしょうから
    ここは腹をすえて、一緒に山や谷を歩いていくしかないと思う。ちゃんと心が穏やかに親子関係もうまくいく道もあるんですよ。
    自己否定をうったえてきたら、そんなことないのにとか怒ったり、あたふたしない方がいいです。
    そう感じさせた部分が自分にないか考えつつ、
    言葉はなくともただ一緒にいる、抱きしめる、
    無理なら一緒に考えていきたいと伝える。
    まずは命あっての娘さんですから
    学校や勉強や習い事などはひとまずおいて
    娘さんの心が休まるには親が変わることが必要だと悟ることですよ。それで親自身も救われて親になっていくのでは。

    ユーザーID:

  • 必要なのは本じゃない

    と思います。

    正直、私の子供の頃に似てます。その経験から言えることは、本を読んだからって「生きるってすばらしい」「死ぬなんてバカみたい」とは思わないということです。どんな母子関係なのかにもよりますが、少なくとも私はそうです。本を読まれたってむしろそういう考え(生きる喜びとか)を押し付けられてる気持ちになるかもしれないです。

    大事なのは本に書いてあることやキレイ事なんかじゃなく、お母さんや周りの人がどんなに自分を愛してくれているか、どんなに大切に思ってくれているか、自分を信頼してくれているか、そういう事を感じさせてあげる事です。

    死にたい、自分なんて‥と思うのには必ず原因があるはずだと思います。

    ユーザーID:

  • 書店員(児童書担当)より

    「みどりのゆび」岩波文庫

    「ルーム・ルーム」金の星社

    「わたしと小鳥とすずと」JULA出版(詩集)

    「ともだちは海のにおい」理論社

    「霧のむこうのふしぎな町」講談社

    楽しい、夢中で読める、と言うよりも
    読んだ後、やさしい気分になれるものを挙げてみました。
    比較的どれも読みやすいと思います。
    最後の本は「千と千尋の神隠し」に影響を与えた作品です。

    ユーザーID:

  • ストレスを発散させる

    「ごきげんななめのてんとうむし」エリック・カール

      怒りん坊のてんとう虫が、大きな動物たちを相手  に喧嘩を売って行き、最後に出会ったのは鯨。
      ほのぼのとした終わり方です。

     大勢の子どもに読み聞かせるときは、同じセリフが繰り返される為に途中でだれやすく、読み方に工夫が必要です。

    ユーザーID:

  • もう一度。。。

    >母子で一緒に感じながら よんでやりたいと思っています。

    5年生と言うことで前回は読み物を提案しましたが、親子で読むと言うことは絵本の方がいいのでしょうか?
    絵本だと内容は随分子供向けになりますが、大人が読んでもじーんとくる内容のものをいくつか挙げておきます。

    「しろいうさぎとくろいうさぎ」福音館書店

    「アレクサンダとぜんまいねずみ」好学社 *教科書に取り上げられてるかも…

    「やさしいらいおん」フレーベル館

    「てぶくろをかいに」皆成社・ポプラ社

    「泣いたあかおに」フレーベル館

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧