腓骨神経麻痺による就職難

レス1
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

kyo007

昨年の7月、足の痛みを感じ起きてみると立ち上がることができませんでした。病院でみてもらったところ、腓骨神経麻痺か、ざ骨神経麻痺とのこと。しかし何度も検査をしたのですがはっきりとした原因は未だわかりません。症状は1週間は足と腰の痛みで眠ることもできませんでした。2週間目でやっと立ち上がることができました。2ヶ月後には補助器具で歩くことができるようになりました。そして現在9ヶ月たつのですが、未だに完治はしておりません。歩行は出来るのですが、走ることができません。完治するのでしょうか?それとこれをきっかけに会社を退職して、現在再就職先をさがしています。しかし面接で必ず退社してから今まで何をしていたのか聞かれ、リハビリをしていたと答え、まだ麻痺が残っていると言うと障害者認定はしているの?と聞かれます。どうしても面接ではマイナスになってしまいます。私はまだ21歳なので、将来がとても不安です。同じ経験をした方、神経麻痺に詳しい方何かアドバイスがあればお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病院ではどういう説明でしたか?

     何科にかかられたのでしょうか。整形外科?神経内科?
     原因不明ということですが、坐骨か腓骨の神経との診断は出ているようなので、もう少し詳しく調べてもらう必要があるかもしれません。(必要なら転院して。)

     病院で検査の結果、おおよその治癒レベル、それにかかる期間、再発の可能性について、聞くことが出来るかと思います。

     現在、回復がみられているようなので、この先も回復が進む可能性は高いと思いますが、走れるようになるかどうかまでは、ここに書かれた内容だけでは判断できません。


     回復が進む間は、リハビリ療養中と捉えてください。どこまで回復するかわからなければ、貴方も不安でしょうし、採用する側もどう評価していいかわかりません。就職活動は、回復が進む所まで進んでからの方が、いいかもしれません。

     この先、もし回復したけれど走れない状態でしたら、身体障害者手帳を取得した方が得かどうか、考えればいいと思います。

     走れなくても支障のない職はありますし、20代で病気療養に数年を費やす方も少なくないので、その点を理解の上で採用するところはあります。なんとかやっていけるものですよ。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧