ゾッとする言い回し、おしえて!

レス751
(トピ主0
お気に入り44

趣味・教育・教養

元気

レス

レス数751

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 長崎の方言?

    「そ〜ね」長崎県人でもない叔母が夫の実家の長崎に行って帰ってきてから使うようになり、それに影響された母までもがつかうようになった。かなりムカつく。

    ユーザーID:

  • キス、ハグ、サプライズ

    もう何でも外国の真似事してればOKなのかって思ってげっそり。この言葉使う人とは大抵話が合わないからってのあるかな。雑誌の受け売りばっかりで面白い会話にならないこと多し。

    ユーザーID:

  • ペコリ

    テレビの影響だと思うんですけど、
    お辞儀をしたあとに自分でペコリって言う人がいるんです、知人に。

    「はじめまして〜、○○です。ペコリ」とか、
    「コレ貸してくれてありがとう〜、ペコリ」とか・・・

    虫唾がはしります!!

    ユーザーID:

  • これ

    「いつも貴方の幸せを考えてるのに」を連発する
    母の言葉。

    ユーザーID:

  • いろいろあります

    「〜してみそ。」
    と言われた時、寒気がしました。

    「ゲッツ」、「リアル」、「ぶっちゃけ」
    は苦手です。

    あと「○○っす」という人。
    どうして「○○です」と言わないのでしょうか。
    かっこいいと思っているのかな。

    ユーザーID:

  • 何かいいことな〜い?

    「何かいいことな〜い?」
    ですね。
    「とりあえず何不自由なく暮らしていられる事がいいことじゃん」とか思ったり、「今度TDL行くんでしょ?」とか言ったりします。
    自分で何かしたり気付こうとしない言葉で聞くたびに嫌になる言葉ですね。

    ユーザーID:

  • 不動産広告のタイトルほとんどすべて

    「○○に住まうという贅沢」とかね。
    なんだかとても嘘くさい。

    「〜じゃないですかぁ」も苦手。

    「〜のほうはよろしかったでしょうか」は
    もうぞっとするというほどには
    気にならなくなってしまいました。

    ユーザーID:

  • 相方。。。。

    結婚相手のことを「相方」という人。
    漫才コンビじゃあるまいしなんなの?あなた達って思う。。。
    「私達は夫婦だけど男女関係というよりは、世間とはちょっと違って愉快な対等な関係にあるんです!」っていう感じを暗に説明されているような気がしてげんなりしてしまうのかも。
    普通に妻とか夫とか言ってほしいな。

    ユーザーID:

  • 名前で言う

    自分の事を名前で言う人。
    子供なら良いのですが、27,8歳にもなって使っているのを聞くと、思わず舌打ちしたくなります。

    女子高校生も頻繁に使うのか、電車の中等で会話が聞こえてくると(しかも会話をしている2人共使ってる場合は特に)イライラしてきます。

    ユーザーID:

  • あたし

    この小町で、自分のことを「あたし」と書いてあるトピはスルーしてしまいます。

    ユーザーID:

  • コレ!

    私はこの言葉!
    「男のロマン」です。
    はっきりいってワケわかんない。
    都合よく使っているだけにしか思えない。
    この言葉を聞くたびに「ケッ」って感じです。

    ユーザーID:

  • あるあるある

    「地球に優しい」

    地球に優しい車、地球に優しい電気製品…。
    本当に優しかったら、自分で歩け、薪を使え。

    「元気/勇気を貰う」「感動をありがとう」

    トピ主さんをはじめ他の方も書かれていますが、この手のフレーズは気持ちが悪いです。

    「〜したっけ」

    方言ではありません。思い出を語るような文で、例えば「皆で遅くまで残ったっけ…」。
    うわぁ、打っていても鳥肌が立つ!

    ユーザーID:

  • ご主人様、先生

    「旦那」が嫌いというレスがありましたが、同感です。時代物のドラマの中の老舗か問屋の旦那みたいですよね。

    私も「主人」とは間違っても言いませんが、「ご主人様は?」と聞かれると、彼はご主人様じゃないんだけどと、不快になります。「奥様」っていうのも、本来、奥に居るからなんでしょうね。

    それから「先生」も。医者が先生でも、なんで政治家が先生で、大画家も先生なんでしょう。

    そう呼ばれることに満足する人がいるから、あるんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 知ったかぶり

    知人で、ことわざや慣用句を
    得意げな顔で口にする人がいるのですが
    使い方が間違っていてぞっとします。

    女性誌がよく使う
    「○○(←その女性誌の名称)世代の××」
    という表現が嫌いです。
    さすがに最近は減ったようですが
    一部ではまだ使われています。

    ユーザーID:

  • 相手に向かって「自分」

    大阪にいたとき、友人同士、あるいは目下の者に対して「自分はなあ〜」っていわれたとき、けんか売っているのかと思いました。
    そうではないとわかってからもこの呼び方にはなじめません。

    ユーザーID:

  • お詫び申し上げたいと思います

    思うだけ?言わないの? と言いたくなります
    同じ意味で、
    お礼申し上げたいと思います
    感謝したいと思います
    も、嫌いです

    この国は・・・自分の国じゃないのかい?

    ユーザーID:

  • あるある〜

    「頑張った自分にご褒美」
    これ、本当に気持ち悪いです。
    綺麗ごと言ってごまかしてないで、
    「欲しいから買う」
    それでいいじゃないですか〜。

    ユーザーID:

  • 「癒し系」に「ナマ足」などなど。

    何によって癒されるかは、人それぞれなのに。
    「癒し系の…」という枕詞が付けられた商品は、まず手を出す気がしなくなります。
    大抵、ただの流行り物って場合が多いけれど…。

    今は減ってきたかも知れないけれど「ナマ足」は、本当に聞いていて気分が悪くなりました。
    「素足」って、昔からの表現があるのに、何故それを使わないのか、疑問で仕方ありません。
    それに、テレビでタレントを紹介するのに、「ナマ誰それです」と言ってるのを聞いた時には…
    「誰それさんが生出演してくださいました」じゃ駄目なのかしら?

    ユーザーID:

  • かぶりますが。

    簡単に軽く言わないで欲しい言葉。
    自分探し。本当の自分。癒し。癒されたい。アダルトチルドレン。

    地球に優しい。
    って、なんちゅー傲慢な言葉だ。人間は地球より上か!?

    「コピーとってきてあげようか?」「買ってきてあげる」等の「〜してあげようか?」「〜してあげる」という表現。「コピーとってこようか?」「買ってこようか?」でいいのでは。親切の押し売りみたいで嫌。「いや、自分でやるしいい」て断りたい。(実際は、ありがとう〜、になる事多いが)

    教えてやって下さい(頭を下げる絵文字付き)等の「〜してやって下さい」
    個人HP等ネットでよく見る表現。何か違和感。教えて下さい、では駄目なのか? 必要以上に自分を下げすぎて、逆に馬鹿にされてる気がする。最近は慣れたけど。
    ちなみに「うちら」は日常語です(関西人)。自分へのご褒美も最近使うなー。だって誰もプレゼントくれないし、誉めてもくれないんですもの!(苦笑)

    ユーザーID:

  • お節介 老婆心 私的

    自分で自分のことを“お節介”だとか“老婆心ながら”とか言って、あれこれ言いたい放題のオバサン!ムカッ
    私“的”には〜、オバサンが使うな!

    私が許せないのは、オバサンが若い子の言葉を使うこと。
    やめて〜!とくに掲示板で使っているオバサンには引く。

    私は、イマドキの若い子は別にどんな言葉を使ってもいいと思います。
    私もティーン(死語)の時は、バシバシ使ってましたから。
    悲しいかな私が若い頃は、間違っているのを解っていて使っていた言葉ですが、今の子は間違いに気がついていませんからね。

    ユーザーID:

  • 微妙〜(鼻声)、他

    とりあえず思いつくままに挙げてみました。

    ・微妙〜 (不適切な場面でも使われすぎ)
    ・自分へのご褒美 (勝手にやってろ)
    ・〜じゃないですかぁ? 
    ・〜ですかね?(自分で使ってゾゾッとすることあり)
    ・心の闇 (解明する必要なし)
    ・(口語で)カッチーーン(この言葉自体に腹立つ)
    ・ご理解とご協力をお願いします(2つも要求しないで)
    ・出会い系(系が余計)
    ・セレブ (間違って使われている)
    ・自分の夫を「だんなさん」妻を「奥さん」「嫁さん」など
    ・(小町限定)投稿の出だしで「私のことかと思いました(笑)」
    ・ママ友 (なんとなくいやな響き)
    ・入籍 (一般人が使うと特に違和感あり)
    ・キレイ目 きれい系 など(綺麗とは程遠い人が使ってると特に・・)

    ユーザーID:

  • ゾッとしてるくせに使ってしまう

    「元気をもらう」私もイヤですねーーー。
    でも、つい使ってしまう。人をほめる時に便利な言葉なので。「XXXさんと話すと元気がもらえる気がする」とか。。。ゾー。。。「元気が出る」でいいのにね。

    どなたかもおっしゃってましたが、
    「自分さがし」は多分私が一番ゾーッとする言葉かも。「自分さがしだー???自分はここにおるやん!」と突っ込みたくなります。

    それと、これも同じ意見があって、思わず深くうなづいてしまったんですが、「書き込みの中で、引用部分でも自分のことをペンネーム言う」というのも、読んでて恥ずかしいーくなります。

    ところで、私がここで使ってる、「かも。」という終わり方や、「突っ込む」や、「思わず、、、したくなってしまいます」なんてのも、もしかしたらここのレスに上がるかも?と、思わず心配になってしまいます(笑)。

    ユーザーID:

  • インタビューでの

    「では最後に、あなたにとって○○とは何ですか?」という質問。
    どのインタビュアーも、判で押したみたいに。

    それまでいろいろな質問に真摯に答えていた人に、「たった一言で全部言い表せ」と言ってるんですよね!
    「馬鹿にしてんの?たった一言で言えるほど薄っぺらいものじゃないわい!」と言いたい。

    「元気をもらう」「感動をありがとう」「自分へのご褒美」も大っ嫌い。
    どれもこれも、安っぽい表現だと思います。

    ユーザーID:

  • ガッツリ、心臓がバクバク、潜入、秘話、打ち明ける

    ゾッとするほどでもないが違和感ありということで

    ・元気をもらう
    元々「勇気付けられる」「励まされる」などと表現するところを、誰かが少しイレギュラーな形で少し個性的な言い方をしたところ、他の人も安直に使うようになったという印象。

    別に普通に「励まされる」とか言えばいいのではと思う。

    ・心臓バクバク
    昔はドキドキが一般的だったのが、インパクトのある個性的な表現として誰かが「バクバク」と言ったのが一般化した感じ。どうでもいいんだけど。

    ≪以下、マスコミ関係≫
    ・潜入
    別に普通に、「○○に行った」と言えばいいところを、わざわざ「潜入」って、相手の許可をとって普通に取材させてもらってるのに何を大げさな、という感じ。

    ・秘話
    特に皇室関係の話題などで。もってまわってたいそうに「秘話」なんで言わなくても、別に誰も特に隠してないでしょう、こういう微笑ましいエピソードがありましたというだけではと思う。

    ・打ち明けた
    インタビューなどで別に普通に話した内容を「打ち明けた」なんて大げさな。

    こういうマスコミの言い回しにも流行があるようで、どこかが使い始めると他のマスコミも追随したりする。

    ユーザーID:

  • 若者言葉?

    なるほどなぁ〜私も嫌だわ!などと頷きながら
    読みました。

    私がぞっとする言葉は
    「なにげに」「さりげに」などの言葉。
    何気なく、さり気なくって言ってよぉ!って
    思います。
    何気なくはまだ耐えられるけど、さり気には
    もう絶対嫌です。

    あとメールなどの文章でいやなのが
    「いちよ」あるいは「いちお」、「けして」など。
    耳で覚えた言葉をそのまんま何も考えないで使って
    いるんでしょうが、本とか読まないんだろうなぁと
    思います。
    これらの言葉をメールで多用する知人が以前いたの
    ですが、国文科出と聞いたときには驚きました。

    ユーザーID:

  • 安全運転でお過ごしください

    ラジオの道路交通情報でここのアナが、最後にこう言って終わるんですが、ゾッとするというか変な言い方ですよね。結構いい年のおじさんが言ってるんですよ。
    丁寧なつもりで言ってるんだと思うんですが、何も言わない方がまだましです。
    皆、何も言わないんですかねー。

    ユーザーID:

  • 政治家などが使う『いかがなものか』とか

    ○○の受け皿、とかもイヤですね。

    ユーザーID:

  • 野球の勝利インタビュー

    私は野球中継最後の“勝利投手・本日のMVPインタビュー”でのインタビュアーの話し方がぞっとします。

    「3回の裏に満塁というピンチがありました」
    「今日はホームランの後、2000本安打となるヒットもうまれました」などなど…。事実のみで質問になっていない。

    それを言うなら「(略)ピンチがありましたが、そのときの心境は?」でしょう。質問の形になっていない質問を投げかけられて苦笑する選手もいるようですが、ああいうインタビューがいつからまかりとおるようになったんでしょうか?不思議です。

    ユーザーID:

  • グルメ番組で・・・

    エビに対して→プリプリ
    ラーメンの汁等に対して→あっさりしてるのにこくがある、濃厚なのに濃すぎない
    焼きたてのパンに対して→外はカリカリなのに中はモチモチ(若しくはフンワリ)
    甘いケーキ等に対して→甘すぎない大人の味
    良質の肉に対して→口の中でほどける
    総合的に→出汁がきいてる、香ばしい
    などなど。。。
    グルメ番組でこのようなコメントがなされるたびにゾッとしています。どんなに好きな俳優でも一気に冷めます。

    ユーザーID:

  • 頑張ってください、かわい〜!

    ゾっとはしませんが、うんざりします。

    とりあえず、むやみに使ってほしくないです。

    人に使われても気にならないが、自分では使わない言葉は
    「でかい」「ヤツ」「〜だよ」
    「〜なんか」「〜って」「じゃないですか〜」

    また、私は東京台東区生まれ、代々職人の家ですが、自分で「江戸っ子」とは言えません。東京っ子とはいえるんですが。。安っぽく使いたくないのかもしれません。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧