ゾッとする言い回し、おしえて!

レス751
(トピ主0
お気に入り44

趣味・教育・教養

元気

レス

レス数751

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
181210 / 751
次へ 最後尾へ
  • 「〜してあげてくださいね」

    料理番組などで、講師の先生が
    「茹でたら、水にとって冷ましてあげて下さい」
    「焼き色がついたら、ひっくり返してあげて…」
    と、素材や材料に対して「してあげる」と言う言い方にゾ〜っとします。
     
    同じく、美容関連の仕事の人の
    「これをつけて、マッサージしてあげて…」とか
    洋服屋の店員さんの
    「洗濯するときはネットに入れてあげて下さいね」
    などという言い方も、嫌悪感をもってしまいます。

    「物」や「自分(や他人)の身体の一部」に対して「〜する」ではなく「〜してあげる」という言い方にはとても抵抗があります。

    ユーザーID:

  • 「友達がね〜」

    会社の同僚の口癖にゾーっとしています。

    彼女が語る話題の80パーセントに、この言葉がついている。
    「昨日友達の家に行ってね」
    「それ友達が同じもの持ってるよ」
    「(ププっといきなり笑って)友達から変なメールきた〜(仕事中)」

    おかげで私は、面識もない同僚の「友達」の過去・家族構成・趣味・日々のスケジュールなど、すべて知っています。
    も〜いい加減にして!そんな同僚に寒すぎてゾーっとしています!

    ユーザーID:

  • 私の場合

    掲示板やメールで「ワタシ」、「オット」←何でわざわざカタカナなのかがよくわからん。

    「私のお友達が〜」←何故「お」をつけるのか。
    上品ぶっている感じであまり好きじゃない。
    「誰々さんのお友達」みたいな使い方なら不快ではない。
    親や身内の事を他人に話す時と同じ感覚かな?

    ユーザーID:

  • どうしてもイヤ!

    おなかいっぱい
    どうよ?

    このふたつがとてもイヤ!

    ユーザーID:

  • 変な丁寧語が嫌

    洋服を「お洋服」という人が嫌いです。
    そういう人って、まだ4月なのに
    流行先取りで初夏の格好をしていたりする。

    食べるを「いただく」もちょっと嫌。
    「からしじょうゆを付けていただくと
    格別のお味」とか。
    何を気取っているのか。

    ユーザーID:

  • 『価値観が同じ』および『価値観が違う』

    ムシズが走る。。
    価値観なんて言葉を使っていて、確固たる自分の価値を見出している人が何人いるか。
    大体、芸能人と、芸能人の言動を流行として使いたがる人たちがこの言葉を使っていると、

    ちっ。って感じです。

    ユーザーID:

  • 自分の子供を…

    自分の娘を「姫」、息子を「王子」と呼ぶ。
    ネットの日記でよく見かけます。
    日記の中だけであることを祈ります。

    ユーザーID:

  • 着せてあげる

    服を買いに行ったとき、TVで服のコーディネートの話などを見たとき、「インナーをこんな色にしてさし色にして着せてあげると引き締まりますね」などと使われると、(着せてあげるう〜???)(あげるって・・・???)とゾッとします。

    ユーザーID:

  • 「私、サバサバした性格だから」

    他にも「男っぽい性格」など女性が使うと
    ゾッとします。でも自分で言う人に限って、
    大抵本人がそう思いこんでるだけなのよね。

    ユーザーID:

  • たくさんあります

    *ちょいワルオヤジ
    最近流行っていますが、本当に気持ち悪い言葉です。
    鳥肌が立って口に出せません。
    これを目指している人たちには、開きすぎの開襟シャツに日サロ焼け、素足に革のドライビングシューズなど・・・日本人には無理です。

    *プレママ
    お腹に赤ちゃんがいるなら、もうママでいいのでは?
    何も新しい呼び名作らなくても・・。
    かわいい名前つけて受け入れられようっていう無理やりさを感じます。

    *○○くんママ
    何かの投稿などのペンネーム。
    とっさにペンネーム考えるのは難しいものですが、安直に子供の名前+くんorちゃん+ママ、を使う人が多いので。
    「ママ」って言葉自体があまり好きじゃないからかな?
    20代になっても「母」と言えない人は苦手です。

    *「すいません」と文字で書く
    口ではそう言っても、「すみませんが・・」等と書きますよね?
    正式には「申し訳ありません」とかですが。。。
    40代の社会人男がこう書いていて吐き気がした。

    ユーザーID:

  • 「永遠の少年」「ちょい悪オヤジ」

    タイトルの言葉を聞くと、全身の毛が逆立つような気持ち悪さです。

    少年な自分が大好きな男は女を抱く資格なし!おかあちゃんのおっぱい吸ってろ!

    枯れたくないオヤジ、何がイヤってその「あきらめてない感」、「俺ってまだいける」と思っているその勘違いなギラギラ感。私たち20代の女が考える「素敵なオヤジ」には、若い女にもてることを意識している時点でもう失格ですので。

    でも私は女なので、同姓が同じようなことを言っててもそれはOKですけどね。

    ユーザーID:

  • いいトピですね〜

    福祉関係のイベントなんかでよくある当て字?の
    「ふれ愛」が大嫌いです。ウソくさい・・・

    「〜〜と思ってるのは私だけでしょうか?」という
    書き方も嫌。そういうのに限って、どこにでもあるような、誰でも思うような意見だったりするし。

    ユーザーID:

  • 「全部です。」

    芸能人などを追っかけているファンの人が、
    「○○さんの魅力とは?」
    と、インタビューされて、
    「全部です!」
    とか
    「全て。」
    などと答えているのをみると、
    『ファンなら具体的に言わんかい!!』
    と、思ってしまいます…。
    でも、具体的に語っている人のは、編集でカットされているのかもしれませんが。

    ユーザーID:

  • そーですかー(京なまりで)

    ちょっと違うかも知れませんが、職場の京都出身の女性なのですが、性格がきつく、意地悪で怖い人がいます。その人が、会話の中で無感動に『そーですかー』と発する時、たいてい機嫌が悪くイライラしていて、あたられる事が多く、本当にぞーっとします。

    ユーザーID:

  • 〜住み

    どこからこんな言葉が出てきたのか分かりませんが、
    ネットの自己紹介とかでよく見かける、
    「どこ住み?」とか「○○区住みの××です」とかいうのが気持ち悪くてたまりません。

    もう本当〜〜〜〜〜〜〜〜に嫌いです。

    ユーザーID:

  • 妻として母として一人の女として、etc

    とりあえず思いつくままに・・・

    「妻として母として一人の女として」
    →歌手または女優が人生の節目などに、「がんばってきた私」を
    冒頭の台詞で自己陶酔気味に語っているのをたまに見かけるが、
    思わず「みんなそこそこやってますよ〜」とツッコミたくなる。

    「絶対負けられない試合」
    →あまりに使われすぎててかえって重みがない。

    「自分へのご褒美」
    →高い買い物をする後ろめたさを否定したいがために
    「ご褒美」という言葉で強引に自分を肯定する自己満足
    にしか聞こえない。

    他にもありますが、既に上がっているものばかりでした(笑)

    ユーザーID:

  • 自分磨き

    って言葉に鳥肌が立ちます。

    「もっと女を磨いて見返す。」とか「自分を磨いて・・」というアドバイスを見るとイライラします。自分でもなぜかはよくわかりません。ついでに「自分探し」も痒すぎます。うさんくさくて我慢できません。

    ユーザーID:

  • デビュー

    ○○デビューという言葉に虫唾が走ります。
    公園デビュー、病院デビュー、社会人デビューなど。
    一体なんなんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 自分磨き

    エステとか趣味とか留学とか、うかうか載せられて大金払っていることの言い訳に使う人!お気の毒です。
    しかも頻用する人に限ってくすんでいるのはなぜ?

    ユーザーID:

  • 「そういうのって○○だったり〜」

    よく若い芸能人(広○、浜○とか)が雑誌やテレビでプライベートについてインタビューされているときに、
    「○○だったりだとか、○○だったりするんですけど〜」と
    「○○じゃないですか〜?」という『だったり』『じゃないですか』という言葉遣いが好きではありません。

    それは自分の価値観を相手に押し付けている感じがするからだと思います。

    ユーザーID:

  • 「うまそう」が嫌

    男女差別といわれるかもしれませんが、女の子同士の会話で食べ物のことを「うまそう」「うまい」とか言っているのがすごく嫌いです。

    レストランのガイドブック見ていて、「これうまそうだから今度行ってみようよー」って。やめてくれー!

    ユーザーID:

  • Presents

    Presents(プレゼンツ)です。

    よく、いろいろなジャンルのアーティストが公演や個展をを開きますが、お金を払って見に行くのに、公演名等に
    「○○○Presents」とかサブタイトルをつけているのがとてもイヤです。

    「プレゼント」ならタダでいーじゃんと思ってしまいます。
    何かとても偉そうに感じます。
    何故か「○○○が贈る」という表現ならまだOKなんですけど。

    ユーザーID:

  • あるある!!!!!

    国会議員を先生と呼ぶ。
    細木数子を先生と呼ぶ。
    国会議員は議員だし、細木数子は占い師。先生じゃないのにそれを先生と呼ぶ人には下心を感じて見る目が変わる。

    あと、「ラグジュアリー」「サプライズ」「お色」「おサイズ」テレビに出てくるマダム達が使っているのを聞くと寒気というかげんなりします。
    何故か頭が悪くて下品に見えます。

    ユーザーID:

  • セレブ

    この言葉を聞くと、ゾッとしてゲンナリします。

     本来の意味を無視して使っている雑誌やメディアが多いので、恥ずかしいです。
    金持ち・著名人=セレブと言う安直な解釈をするな!!

    ちょっと名の売れた女優やモデルをセレブと表現するのもさることながら、あの○姉妹をセレブと呼ぶヤカラに喝を入れたいです。

    出自もはっきりしない高級○春婦の彼女達のどこがセレブなんですかね?

    ユーザーID:

  • がんばりたいと思います

    スポーツ選手などが使う「がんばりたいと思います」が嫌いです。
    どうして「がんばります」と言えないのか・・・
    がんばろうと思うけど、がんばらないかもしれないのか?思うだけ??と、妙に引っかかります。

    類似の言葉で「がんばっていきたいと思います」も同じ意味で嫌いです。

    ユーザーID:

  • 「癒す、癒し」
    「感動を与えたい」
    「手作り」
    きらいです。使う人を胡散臭い奴だと思います。
    最近いやなのは「〜してあげる」です
    「あなたのお肌に〜してあげると・・・」
    やめて下さい。

    ユーザーID:

  • 〜してあげると…

    私は物に対して“〜してあげると〜なってくれる”
    と言う言い回しが嫌です。極端な例えですけど
    「フライパンを熱して“あげる”と温かくなって“くれる”」というような言い方。
    物が自発的に変化しているようで違和感を感じます。

    あとこれは伊東家の食卓でよく聞くのですが
    “〜してくれちゃうんです!”って言い方。
    「紙が余計な水分を吸い取ってくれちゃうんです〜」
    …「水分を吸い取るのです」じゃダメなの?!

    ユーザーID:

  • 『遺憾の意』って何!

    タイトル通り、政治で使われる『遺憾(の意)』が嫌い。
    残念なの?怒ってるの?失望してるの?

    「某国の代表者の発言について『遺憾』に思う」って、日本人でもこの政治家がどの意味で使たのかはっきりわからないんじゃない。

    ましてや日本語が母国語じゃない国の通訳の人はどの意味で約して、その発言した人に報告するのかねえ。

    政治家が「遺憾」って言葉を使った時点で「こいつ使えねぇ」って感じてる。ちゃんと相手にはっきり意味の伝わる言葉を使えよ!

    あと『ぶっちゃけ』って言葉が嫌い。
    どんなに深刻な相談を受けててもこの言葉を聞くと、冷めて親身になれなくなる。本当に悩んでんの?って感じる。

    ユーザーID:

  • そうそう!

    「元気をもらう」「感動をありがとう」←ゾゾゾ〜
    「地球に優しい」「ワタシにやさしい」←鳥肌
    「(なんでもかんでも)癒されたい」←いっぺん砂漠で井戸掘りでもしてみ
    「心の闇」←解明する時間とお金、他に使って(切実)。
    「心のケア」←日本語にして。心(精神)の治癒、とか。
    「パートナー(夫婦で)」←夫、妻と言えんか
    「絶対〜かも」←どっちや!
    「・・・と思いますけど。」←「けど」は余計
    自分を棚に上げて挙げればキリがないのだけれど、特にここ数年、タレントから一般国民、著名人、政治家まで皆が皆使っているけど聴く度に「ぞっ」とするのが、
    「・・・かな、と」。百歩譲って通常会話は良いとしても(イヤだけど)、公式な場で「・・・かな、と」はないでしょう。
    「・・・ではないかと思います」と言ってください。お願い。

    ユーザーID:

  • 「小梨」!

    小町で初めて知ったこの言葉が、気持ち悪くてたまりません。
    自分のことをこう書いている方はいったいどういう思いで使っていらっしゃるんでしょう。

    自虐的ユーモアのつもりかもしれませんが、間接的に他の子供のいない女性をもおとしめていることに気づいてほしいものです。

    ユーザーID:

先頭へ 前へ
181210 / 751
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧